FC2ブログ

【楽曲解説】ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番

Ludwig van Beethoven
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)


Streichquartett Nr. 16 F-dur, Op. 135
弦楽四重奏曲第16番 ヘ長調 作品135



 ベートーヴェン最後の弦楽四重奏曲となった第16番は、慢性的な内臓疾患に加えて甥カールの自殺未遂という事件もあり、心身共に破滅的な状況下で作曲されました。事件後に静養していたカールとグナイクセンドルフで過ごした2か月ほどの間に書き上げた後、わずか半年足らずで死を迎えることになります。この作品に対してしばしば用いられる「簡明さ」「軽さ」といった形容には、このような伝記的背景が強く投影されています。それはすなわち、第12~15番で示された人生の困難に対する巨大で強靭な意志と諦観との壮絶な葛藤を経て到達した「終着点」としての悟りの境地が、第16番に表れているとするものです。しかしながら、出版社とのやり取りの中で「“大きな作曲の構想”がたくさんある」と手紙に記していたベートーヴェンが、この時点で自身の創作活動の終わりを想定していたとは考えられません。むしろ、第1番 Op.18-1と第7番 Op.59-1という革新的な2つの曲集の嚆矢となった作品と同じヘ長調が採用されていることを踏まえると、第16番は新境地を拓いたベートーヴェンの新たな「始発点」と捉えるのが相応しいようにも思われます。
 やや小規模な展開部を持つソナタ形式の両端楽章にスケルツォと変奏曲が挟まれた4楽章の構成は、第12番以前の古典的な形式に回帰したように見えますが、全体の簡潔な佇まいとは裏腹に、様々な新機軸が随所に盛り込まれた、極めて精妙な作りになっています。第1楽章は軽やかな第1主題で開始されますが、断片的な動機によって形成された旋律は歌謡性とは程遠く、マーラーの交響曲第9番冒頭などと同種の旋律の残骸とでも呼ぶべきものです。開始早々現れるカデンツ(終止形)は再現部の始めと楽章の終わりでも繰り返され、まるで楽章が3度終わるかのような構成が、この楽章の断片的な印象を強めています。第2楽章に聴かれるリズムの狂騒(トリオ後半では同じ音型の反復が50小節近くに及ぶ)では、ベートーヴェンの偏執的な性向が抽象性へと昇華されています。第3楽章はベートーヴェンが得意とした変奏曲形式ですが、第2変奏「più lento」を中心とした三部形式と見做すこともできます。他の後期作品と同様、この緩徐楽章は全曲の核心です。終楽章の冒頭には「Der schwer gefaßte Entschluß(ようやくついた決心)」という見出しの下に、「Muss es sein?(そうあらねばならぬか?)」「Es muß sein!(そうあらねばならぬ)」という禅問答のようなテクストと、それぞれに対応したフレーズが記された譜表が付けられています。後者は、この作品の数ヶ月前に書かれた4声のカノンWoO 196の主題と同一です。この「Es muß sein!」音型は、第1楽章冒頭でヴィオラが奏でる動機の中にも組み込まれています。この謎めいた言葉の由来には様々な説や逸話がありますが、ベートーヴェンはこの第16番を皮切りに、後のロマン派を先取りした様々なモットーを持つ一連の曲集を構想していたのかもしれません。


シュペーテ弦楽四重奏団 第9回公演(2019年4月27, 29日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Beethoven,L.v. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】ヴォルフ:イタリアのセレナーデ

Hugo Wolf
フーゴ・ヴォルフ(1860~1903)


Serenade
イタリアのセレナーデ



 ブラームスの弦楽六重奏曲第1番が初演された年に生まれたヴォルフは、ドイツリート史上で最大の作曲家として広く知られていますが、完成に至った作品は少ないながら器楽曲も手掛けています。弦楽四重奏のための作品はわずか3曲のみですが、その最後を飾るこの曲は、ヴォルフの全作品中で最も親しまれているものの一つです。セレナーデとは本来、夜会などの機会において夜に演奏される音楽のことでしたが、19世紀になると夜のイメージをもった楽曲にこの名が付けられることが多くなりました。しかし「Sehr lebhaft(とても元気よく)」と記されたこの楽曲には、そのような雰囲気は微塵もありません。
 この曲を作曲した当時(1887)、ヴォルフは後にアイヒェンドルフ歌曲集としてまとめられる歌曲群に集中的に取り組んでいました。おそらくはその過程で読んだと思われるヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ(1788~1857)の『Aus dem Leben eines Taugenichts』(『愉しき放浪児』として岩波文庫に邦訳あり)に着想を得て、この曲が作曲されました。1挺のヴァイオリンを片手に放浪の旅に出た“のらくろ者”の青年が、イタリアに向かう道中で美しい令嬢に恋をするが……といった物語ですが(軽いミステリー仕立てになっているので、ここではあらすじを記しません)、主人公のお気楽な放浪の情景を描いたのがこの作品です。つまり、「“イタリア”を目指して放浪する青年が、道中で“セレナーデ”を奏でる情景」というのが、「イタリアのセレナーデ」という表題の意味です。作曲時には単に「セレナーデ」と記されていましたが、初演後にヴォルフ自身が手紙の中で「イタリアのセレナーデ」と呼んで以来、これが曲名として広く使われることになりました。
 後に、この曲を第1楽章とした3楽章の作品にしようという試みがなされましたが、残念ながらスケッチ以上に発展することはありませんでした。弦楽合奏で演奏されることも多い作品ですが、ヴォルフ自身による小管弦楽のための編曲もあります(レーガーの編曲と言われることもありますが、レーガーはヴォルフの没後に総譜の校正をしただけです)。


シュペーテ弦楽四重奏団 第9回公演(2019年4月27, 29日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Wolf,H. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番「狩」

Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)


Streichquartett Nr. 17 B-dur, KV 458
弦楽四重奏曲第17番 変ロ長調 KV 458「狩」



 「ハイドン・セット」の前半(第14~16番)と後半(第17~19番)との間には、1年半近いブランクがあります。後半の3曲は、展開部とコーダの充実による大規模化、緩徐楽章の深い情感、対位法的な緻密さといった点で前半の3曲と区別され、これらの特徴はその最初の作品となった第17番にも明らかです。「狩」という愛称は、第1楽章の冒頭主題が狩猟時に用いる角笛の響きに似ていることから後世に付けられたものです。全曲の親しみやすい雰囲気や当時の聴衆の好みを意識したサービス精神に溢れた構成などから、「ハイドン・セット」の中で最もハイドン的な作品と言われています。
 「vivace assai(とても快活に)」という言葉の意味を余すところなく音楽で表現した第1楽章は、楽章全体を振り返り要約するような長大なコーダで閉じられます。第2楽章の優美なメヌエットを挟んで、モーツァルトの真面目で情熱的な特質が存分に発揮された深い感動を湛えた第3楽章が続きます。18世紀では「Adagio」という指示は速度よりも感情を表すものであり、それはモーツァルトにおいても同様でした。「ハイドン・セット」でアダージョが指定された緩徐楽章はこれが唯一で、「聖母マリアのためのリタニア」KV 195 (186d)の第5曲「Agnus Dei(神の子羊)」(この曲もAdagioと記されています)の動機が用いられています。ハイドン風の軽快さを持った第4楽章では、精緻な対位法が駆使された展開部の密度の高さが光りますが、同時にモーツァルトらしい疾走感が爽やかな余韻を残しつつ、全曲が締めくくられます。


シュペーテ弦楽四重奏団 第9回公演(2019年4月27, 29日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mozart,W.A. 演奏活動_DasSpäteQuartett

若きピヒラー

  • ヴォジーシェク:交響曲 ニ長調 アンチェル/チェコPO (Supraphon LPM 33 [10”mono])
  • フランク:チェロ・ソナタ、ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ グラフ (Vc)  ゴーゲン (Pf) (FSM Aulos FSM 53554 AUL [LP])
  • シューマン:弦楽四重奏曲全集 タカーチQ (Hungaroton SLPX 12314-15 [LP])
  • ショーソン:ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲 ルボーツキイ (Vn) エドリーナ (Pf) ボロディーンQ (Melodiya 33CM 02335-36 [LP])
  • ヴィヴァルディ:ギター協奏曲、ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲、ダウランド: 「ラクリメ、または7つの涙」より「デンマーク王のガリアード」「キャプテン・ディジェリー・パイパーのガリアード」、トレッリ:合奏協奏曲 Op.8-7、カルッリ:ギター協奏曲より第1楽章 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 19 071 St [LP])
  • ホフマン:マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラとリュートのための四重奏曲 ヘ長調、ジュリアーニ:マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラとリュートのための四重奏曲 イ長調 ウィーン・ゾリステン (turnabout TV 34016S [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から6枚が届いた。今回はショスタコーヴィチ関係に目欲しい物がなかったので、徒然なるままにオーダー。

つい先日、アンチェルの評伝を読了した。その内容の素晴らしさに加えて巻末のディスコグラフィーに触発され、アンチェルの未聴盤を検索したところ、ヴォジーシェクの交響曲がヒットした。この曲は、かつてかぶとやま交響楽団の第40回定期演奏会にエキストラ出演して弾いたことがある。その時に多少は勉強したつもりだったが、スピーカーから聴こえてきたのは、私の脳内イメージを遥かに凌駕する、名曲の超名演であった。同世代のシューベルトに共通する初期ロマン派の薫りが全編に満ちているのは当然として、とりわけ緩徐楽章ではドヴォルザークを彷彿とさせる時代を先取りした民族的な情感に驚かされる。古典派風の格調の高さとロマン派風の情緒とが、振幅の大きな表現力をもって圧倒的に表出されているのは、紛れもなくアンチェルの手腕によるものだろう。1950年代のチェコ・フィルは技術的には決して一流ではないものの、音の魅力は比類なく、随所でこの美質が余すところなく発揮されているのもたまらない。おそらく、この演奏でなければこの曲の真価は分からないだろう。




今回唯一のショスタコーヴィチ作品は、チェロ・ソナタ。ごくオーソドックスで滑らかな演奏。チェロにもピアノにもこれといった特徴はないものの、ソツなくまとめられた水準の高いアンサンブルである。ただ、特にフランクにおいては、もう少し力強い高揚感を求めたいところ。


タカーチQといえば、私にとってはDeccaに録音したハイドンの作品77の2曲とドヴォルザークの第14番の颯爽とした、それでいてどこか垢抜けない魅力的な秀演で印象的な団体である。その後のメンバー交代を経て以降の音盤は聴いていない。このシューマンの全集は彼らのキャリア初期のもので、洗練されたアンサンブルの一方で、表現が直線的であるが故に彼らの歌い回しの野暮ったさがより前面に出ている。ただ、私はこういうローカル色の強い音が大好き。いかにも若々しい覇気に満ちた音楽はシューマンにしては健康的に過ぎるものの、一気呵成に聴かせるに十分な魅力を有している。


ドゥビーンスキイ時代のボロディーンQには、D. オーイストラフとオボーリンを独奏者に迎えてのショーソンのコンセールのライヴ録音がある。ピアノにドゥビーンスキイ夫人のエドリーナ、そして彼女とのデュオも多いルボーツキイをヴァイオリンに迎えたこのスタジオ録音は、ルボーツキイの音色がこの曲に合わないことが全て。それ以外は、オーイストラフ盤と同様の、フランス色よりはロシア色の濃厚なロマン情緒に覆われた音楽を堪能できる。第3楽章のどんよりとした、それでいて猛烈な高揚感に、ボロディーンQの魅力が余すところなく発揮されている。


さて、今回最も楽しみにしていたのが、ウィーン・ゾリステンのアルバム。この団体の音盤は、モーツァルトのミラノ四重奏曲から第2、3、6、7番の4曲を収録したLPを持っているのみ。この団体、ギュンター・ピヒラーらが中心となって設立された弦楽合奏団で、そこにはクラウス・メッツェルとハット・バイエルレも参加している。今回入手した音盤の時点ではメンバーにはなっていないが、創立時にはトーマス・カクシュカも参加していたらしい(その後、ウィーン・トーンキュンストラー管の首席奏者?コンサートマスター?に就任するなどしたためのようだ)。要するに、後のウィーン・アルバン・ベルクQの母体と言って差し支えないのが、この団体なのだ。

バロック期の合奏協奏曲を集めたアルバムは珍しい収録曲にも目を惹かれるが、ABQのファンとしては、独奏者としてクレジットされているピヒラーの名に心躍ってしまう。あくまでもアンサンブルの枠を逸脱しないながらも、時折聴こえてくる踏み込んだ歌に若きピヒラーの才能の片鱗を窺うことができる。

amadeo-avrs19 071

マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラ、リュートという珍しい編成のアルバムには、ウィーン・ゾリステン名義ではないのだが、ピヒラーとバイエルレが参加している。マンドリンとの音量のバランスをとるためか両者とも非常に大人しいが、ジュリアーニの作品ではヴァイオリンとヴィオラの2人で演奏する箇所もあり、後の表現意欲が溢れ出しまくる演奏スタイルではないものの、隅々まで活き活きと清潔に弾き切る様に、この数年後には弦楽四重奏団を結成するに至る2人の出会いや経緯を想像して、微笑ましい気持ちになる。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_AlbanBergQuartet

亀山先生のショスタコ本

  • ヴォールコフ, S.・亀山郁夫・梅津紀雄・前田和泉・古川 哲(訳):ショスタコーヴィチとスターリン, 慶應義塾大学出版会, 2018.
  • 亀山郁夫:ショスタコーヴィチ 引き裂かれた栄光, 岩波書店, 2018.
発刊から既に1年以上が経ってしまったが、長らく積読していたショスタコーヴィチ関連文献2冊を読了。

まずは、2008年2月25日のエントリーで紹介したヴォールコフの『証言』に続くショスタコーヴィチ論の邦訳。ロシア文学らしいやたらと持って回った文体であるため、英語でも大意は把握できるものの、日本語で読めることは非常にありがたい。実際、先に読み飛ばしていた部分にも興味深い記述が少なからずあった。

ロシア=ソ連における体制と芸術、具体的には文学と音楽との関係を、ニコラーイ1世の時代とスターリンの時代とを比較対照しながら一種の文化史的な論述が繰り広げられている。その文脈の中で、ショスタコーヴィチには「聖愚者」「僭称者」「年代記作家」という3つの“仮面”があるとし、プラウダ批判前後とジダーノフ批判前後を中心にスターリンとの関わりの中で、その各側面について論考している。

『証言』の序文(日本語訳には含まれない)で提起された「ショスタコーヴィチ=聖愚者論」については、ロシアの文化に通暁している著者だけに、広範な背景の下に論理が展開されていて面白い。さりげなく文中で『証言』の意義や正当性を主張しているのには苦笑してしまうが、『証言』とは異なる第三者的な視点で事実関係が整理されているので、ショスタコーヴィチが描いた時代がどのようなものであったのかについても、大いに得るところがある。

ただ私には、「僭称者」の意味するところが腑に落ちない、というかよくわからない。作曲家と(同時代の)大衆との関わりを論じる鍵のようにも思えるが、いたずらに論を広げているだけのようにしか感じられず、また折を見て再読してみたい。



さて、発刊時から読むのを楽しみにしていたのだが、それ故についつい後回しになってしまっていた亀山先生によるショスタコーヴィチの評伝も、ようやく読了。

本書は、亀山先生によるショスタコーヴィチ論の集大成である。これまでは特定のトピックに集中して論を展開されてきた著者が、満を持してショスタコーヴィチの全生涯を網羅した評伝の形で存分に思いの丈を語っている。

ショスタコーヴィチは、20世紀の間は「ソ連の御用作曲家」「反体制の作曲家」という社会的側面から専ら論じられてきたが、生誕100年辺りを境に、女性関係なども含めた私的側面からの楽曲解釈などが盛んになり、体制との絡みを過度に強調するのはいささか時代遅れのようにも思われる。それを十分に承知の上で、『歴史的な文脈を抜きにショスタコーヴィチの音楽を語ることが可能か、という問いそのものが成立しない……』(P.13)というスタンスを徹底しているのが、何より潔くて心地よい。

また、最新のロシア語文献が引用されているだけでなく、関連する詩などの抄訳が随所に散りばめられているのは、著者がロシア文学者なればこそ。たとえばエフトゥシェーンコの『エラブガの釘』など、一部とはいえ、これまでそのタイトルしか知らなかった詩が日本語で記されていることの意義は少なくない。

著者の専門からして、ロシア・アヴァンギャルドに対する広範な知見が光るショスタコーヴィチ初期の論述が面白いのは当然。一方、中期のスターリンとの絡みは、熱のこもった緻密な筆致ながらも、亀山先生の著作をこれまで追ってきた読者にとっては目新しさはない。

共産党入党やサハロフ非難署名などの「よくわからない」エピソードに果敢に取り組んだ後期~晩年の記述は、どの評伝でもそう深く扱われていないトピックだけに、著者の意欲が窺われる。また、この部分は著者にとっても「これから」のテーマなのかもしれない。ただ、社会との関わりでこの時期のショスタコーヴィチを論ずることには、私は否定的だ。他者との関わりを断ち、ただひたすら自分自身との対話のみに閉じこもっていった作曲家の音楽を、他者や社会への「贖罪」とするのには賛成できない。例えば交響曲第14番の解釈などは、私の見解とは全く異なる。

個々の説や楽曲解釈については、読者の数だけ異論もあろう。ここではそれについて取り上げない。また、「何でもかんでも体制との軋轢ですか?」といった抵抗を感じる読者もいるだろう。こうした点について敢えてバランスを取ることをせずに、著者独自のショスタコーヴィチ愛で最後まで突っ走っているところが、本書の最大の魅力であろう。読み応えのある労作である。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター