スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

渋めのロシア音楽5題

  • ヴァーインベルグ:ピアノ五重奏曲、弦楽四重奏曲第8番 ヴァーインベルグ (Pf) ボロディーンQ (Melodiya MEL CD 10 01998)
  • ボロディーン:弦楽六重奏曲、スケルツォ(「金曜日の曲集」第2集より)、グリエール:弦楽四重奏曲第3番、ミャスコーフスキイ:弦楽四重奏曲第9番 ボリショイ劇場Q バルシャーイ (Va) クヌシェヴィーツキイ (Vc) (Melodiya MEL CD 10 01750)
  • ストラヴィーンスキイ:「春の祭典」より、ポンキエッリ:歌劇「ジョコンダ」より「時の踊り」、ショスタコーヴィチ:バレエ「黄金時代」より「ポルカ」、スヴェトローフ:組曲「老淑女の訪問」、フォーレ:パヴァーヌ、ベンジャミン:ジャマイカのルンバ、ラヴェル:歌劇「子供と魔法」より「五時のフォックストロット」、フリオ・オスカル・パネ:余談とタンゴ、チェルニコフ:夜曲 QuARTru (Bomba-Piter CDMAN 342-08)
  • ラフマニノフ:「徹夜祷」より、チェスノコーフ:「徹夜祷」より、チャイコーフスキイ:「イオアーン・ズラトウーストのリトゥルギーヤ」より、ロシア民謡:トローイカ、スヴィリードフ:「プーシキンの3つの詩」より、「プーシキンの花輪」より、「ユヴェナリスの鞭」より、「A. プロコーフィエフの4つの詩」より ベグレツォフ/スモーリヌイ聖堂室内cho (Bomba-Piter CDMAN 395-09)
  • スヴィリードフ:「ロシアの詩人の詩による5つの合唱曲」、「祖国への賛歌」、「プーシキンの3つの詩」、劇音楽「皇帝ヒョードル・イヴァノーヴィチ」より3つの合唱曲、「3つのミニアチュア」  チェルヌシェンコ/カペラ・サンクトペテルブルク (Manchester Files CDMAN 155)
レコードプレイヤーが壊れてしまい、LPはぼちぼちと購入しているものの聴くことができず、ブログの更新もすっかりご無沙汰。今回の5点は、アリアCDで購入。

まずは、Melodiyaレーベルから2枚を注文。ボロディーンQによるヴァーインベルグ集は、作曲家自身が参加しているピアノ五重奏曲の方は2011年7月10日のエントリーで既に紹介済み。四重奏曲の方も、ヴァーインベルグの猛烈なテンションを万全の技術で地に足の着いた、それでいて極めて劇的に再現した名演。

HMVジャパン

ボリショイ劇場Qは、その名の通りボリショイ劇場管の首席奏者による団体。第1Vnのイサーク・ジュークは、後にモスクワPOのコンサートマスターを務めたヴァレンティン・ジュークの父。洗練とは対極の野暮ったさが純然たるロシアの香りと表裏一体の、実に魅力的な音を持った団体である。ロシア室内楽のコアなファンしか知らないような曲ばかりだが、いずれも楽曲の真価を十分に表出しきっており、各曲の最高の演奏だと断言したくなるような水準の仕上がりである。豪華メンバーを加えた六重奏曲などは、まさにロシア音楽の真髄と言ってよいだろう。

HMVジャパン

近年Bomba Piterと改称したManchester Filesレーベルからは、3枚をオーダー。サロン音楽風のアンサンブルQuARTruによる様々な舞曲作品の編曲集は、クレズマー風の響きが楽しく、編成と相性の良い選曲と編曲にセンスの良さが感じられる、気の利いたアルバムである。


先日スヴィリードフの作品リストを整理し直したところだが(6月14日のエントリー)、それに伴って数多くの楽曲が未聴であることが明らかになった。スヴィリードフの合唱曲を収録したアルバムをカタログに2点見つけたので、注文。

スモーリヌイ聖堂室内合唱団によるアルバムは、その名の通り19世紀の宗教曲が前半に収められているのだが、後半のスヴィリードフ作品が何の違和感もなく続くところに、スヴィリードフのロシア的本性であったり、晩年に聖歌へと傾倒することになる音楽的志向の礎などを感じた。合唱の技術的な巧拙の判断はつかないのだが、神々しくも生気に溢れた歌心が、とても心地よい。


チェルヌシェンコ指揮のアルバムは、オール・スヴィリードフ。作曲年代はまちまちなのだが、作風の変遷というものはあまり感じられず、むしろ全てを貫くスヴィリードフ独特の響きを堪能した。日本でも知られた合唱団だが、手堅く洗練された歌唱には、安心して身を委ねることができる。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V.

ゲールギエフによるショスタコーヴィチの「映像」全集(買い物録その4)

  • ショスタコーヴィチ:交響曲&協奏曲全集、ドキュメンタリー『ドミートリィ・ショスタコーヴィチ:いくつもの顔を持つ男』 ディジョーエヴァ (S) ペトレンコ (B) レーピン、バーエワ (Vn) カプソン、ブルネロ (Vc) トリフォノフ、マツーエフ (Pf) マルティノフ (Tp) ゲールギエフ/マリイーンスキイ歌劇場O (Arthaus 107552 [Blu-ray])
6月16日18日7月19日のエントリーの続き。一連の買い物の主目的は、このBDボックスであった。ショスタコーヴィチ・ファンならば必携のセットと思いつつも、今頃になってようやく入手。今回はセール価格での購入だったが、基本的には高価な(とはいえ、1990年前後にCDでリリースされた交響曲全集などに比べれば十分に安価ではある)セットということもあってか、世間ではいまだにそれほど話題になっていないように感じられるのは少々寂しい。

映像の視聴は、音盤を聴くのとは異なり、基本的に他の作業と並行することができないため、この分量を全て踏破するのに随分と時間がかかってしまった。私は日々の通勤にかかる時間が長いため、タブレット等で視聴できれば非常にありがたいのだが、タブレット用にリッピングすることは違法行為なので、我慢せざるを得ない。正規に購入しているにも関わらず、こうした不便さを強いられることには忸怩たるものがあるが、致し方ないのでしょうね。

さて、このセットでは、全ての楽曲についてゲールギエフが簡単な(2分程度)解説を行っている。かれこれ20年ほど前のドキュメンタリー「戦争シンフォニー~ショスタコーヴィチの反抗~」では、ショスタコーヴィチの音楽を彼の生きた時代/社会体制と結びつけて解釈し、実際にそのような雰囲気を強く漂わせた演奏を聴かせていたゲールギエフであるが、ここでは驚くほど“純音楽的な”見地で各曲を語っているのが面白い。ショスタコーヴィチという作曲家の受容のあり方が時代と共に変わっていることの証左であろうし、ゲールギエフの音楽観が歳を重ねると共に音楽の諸相を重層的に消化したがゆえに単純な形に結実してきた、ということなのかもしれない。「スターリン」という名のインパクトが、もはや現代では生々しい存在感を失っていることも、また事実であろう。

約2年に渡る8回のコンサート(すべてパリのサル・プレイエル・ホール)で、交響曲15曲と協奏曲6曲の全てを演奏し、映像収録を行うという、あらゆる面でのコストが極めて大きいこの狂気じみたプロジェクトは、やはり狂気じみたバイタリティーの持ち主であるゲールギエフにしか成し得ないことだろう。だからまず何よりも、その成果であるこのBDセット自体に対して最大限の敬意を払いたい。その上で、当然ながら、収録された21曲全てが極上の出来ということではない。弦楽器のピッチの不揃いなど、オーケストラの基本的な状態が万全でないものもあるし、当初の設定がいまひとつなのか、流れの構築に失敗した結果なのかはわからないが、テンポの停滞が気になる曲もある。また、これはゲールギエフの特質なのかもしれないが、聴かせどころの爆発力と、そこに至る全体設計の巧みさは卓越しているものの、全曲を通じて緊張感が持続することが少なく、どうしても気の緩む瞬間が存在してしまうのも気になる。

一方で、オーケストラの威力を存分に活かした、時に扇情的な、時に威圧的な音の洪水は魅力的。ヴァイオリン協奏曲第1番の第3楽章などが良い例だが、突如スイッチが入ったかのように舞台上が音楽に完全に没頭した瞬間の凄まじさも格別である。

60分弱のドキュメンタリー(監督:ライナー・モーリッツ)は、基本的に本セットの演奏映像と上述したゲールギエフによる各曲の解説(でカットされている部分を含む)との組み合わせに、既にリリースされている他の映像作品から演奏風景(ボロディーンQの第8番と第15番だけは、初見であった)やインタビューを+αした構成。最晩年のショスタコーヴィチの映像が使われているのは嬉しいが、いかにもなアメリカ英語が被されているのには心の底からがっかりする。「Many Faces」に迫る内容はなく、ごく常識的に交響曲を中心に編年体でショスタコーヴィチの生涯をなぞっただけである。本セットのプロモーション映像と考えるのがよいのだろう。

歌詞も含めて、全てに日本語字幕あり。録音・録画の品質も非常に優れているし、装丁も価格に見合ったもの。ただし、箱からBDケースを取り出しづらいという難点がある。またハードカバーの解説書は、装丁に比して内容はありきたり。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

セール品4題

  • モーツァルト:弦楽四重奏曲第20~23番 クイケンQ (Denon COCO-73249→50)
  • チャイコーフスキイ:交響曲第5番、ショスタコーヴィチ:祝典序曲 ソヒエフ/トゥールーズ・キャピトル国立O (Naive V5252)
  • ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1&2番 庄司紗矢香 (Vn) リス/ウラルPO (Mirare MIR166)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ロジデーストヴェンスキイ/ロンドンPO (London Philharmonic Orchestra LPO-0069)
またまた、HMV ONLINEからの案内メールに釣られて買い物。きちんとリサーチすればもっとお得に入手できる可能性もあるのだが、関心のある音盤全てにそれをすることは事実上不可能なので、手軽さを優先してしまう。今回の4枚は、全て1,000円台前半という価格で縛って選択したもの。

クイケンQのハイドンは揃ったので、次はモーツァルトを。単に慣れの問題かもしれないが、ハイドンに比べるとモーツァルトの弦楽四重奏曲にはピリオド楽器でなければならないという必然性はあまり感じられなかった。とはいえ、楽器の特性がはっきりとしているせいか、「プロシャ王」の3曲の響きの特異性が際立つのは面白い。また、和声の繊細な移ろいにハッとさせられる瞬間も少なくない。快活な高揚感のあるクイケンQの演奏は、いつもながら立派なもの。

HMVジャパン


ソヒエフのチャイコーフスキイの第5番は、N響に客演した際の演奏でも聴いたことがあるが(2014年3月6日のエントリー)、録音時期が近いこともあって解釈等に違いはないものの、手兵との演奏だけあってその音楽の特徴がより明確に示されているように思う。スマートな演奏で、卓越したリズム感に導かれる淀みのない音楽の流れの中に、刺激的な咆哮や甘美な歌が効果的に散りばめられた、有無を言わさず聴き手を熱狂させる仕上がりである。現代風に洗練されたカラヤン、といった雰囲気で、とにかく格好良い。

このアルバムの目当ては、言うまでもなくショスタコーヴィチの祝典序曲。上述した特長が全て活かされる小品だけに、あらゆる点で理想的な演奏である。敢えて不満を言うならば、オーケストラの響きにロシア色が感じられないことくらいか。これも私個人の趣味の問題で、演奏の価値を損なうものではない。

HMVジャパン


庄司紗矢香によるショスタコーヴィチの協奏曲は、端的に言えば“地味”な印象。それはオーケストラの音色が大きく影響しているのだろうが、編成からも分かるようにスコア自体が志向している響きを理想的に音化していると捉えるべきだろう。この演奏方針であれば第2番の方がより良い仕上がりだろうと想像したが、呟きのような音の連なりの中に微妙な散漫さが感じられ、音楽の密度という点では第1番の方が優れている。テンポ設定などの基本的な解釈は両曲ともごく模範的で、奏者の威力を見せ付けるような豪華絢爛ささえ求めなければ、楽曲の真正な姿を聴かせてくれる立派な演奏として広く推薦に値する。

HMVジャパン


ロジデーストヴェンスキイの第8番は、ソ連文化省SOとの全集録音と同時期に行われたロンドンでのライヴ録音。オーケストラこそ違うものの、演奏解釈に違いはない。ただ、主として録音のせいだろうが、異様に暴力的な音の洪水が印象的だった全集録音が嘘のように、全体としては常識的な響きに収まっている。こちらの方が聴きやすいのは確かだが、ロジデーストヴェンスキイの名に期待する聴き手にとっては肩透かしだろう。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

弦楽四重奏曲のセット2題(買い物録その3)

  • アマデウス四重奏団 RIAS録音集第IV集(ブリテン:弦楽四重奏曲第2番、ティペット:弦楽四重奏曲第2番、パーセル:シャコニー Z 730、ファンタジア Z 738、ファンタジア Z 740、シェイベル:弦楽四重奏曲第3番「抒情的四重奏曲」、バルトーク:弦楽四重奏曲第4,6番) アマデウスQ (audite 21.429)
  • イタリアの弦楽四重奏曲(ボッケリーニ:弦楽四重奏曲集 Op. 8、39、41、64、52、バッジーニ:弦楽四重奏曲第1~6番、ヴェルディ:弦楽四重奏曲、プッチーニ:「菊」、ザンドナーイ:弦楽四重奏曲、レスピーギ:ドリア旋法の弦楽四重奏曲、弦楽四重奏曲、マリピエロ:弦楽四重奏曲第1~8番) ヴェネツィアQ (Dynamic CDS 486/1-10)
6月16日のエントリーおよび18日のエントリーの続き。

7月10日のエントリーで紹介した書籍に刺激され、ウィーン古典派以前の弦楽四重奏曲を聴きたくなった。

auditeレーベルからリリースされているアマデウスQの初出放送録音集は、いずれも彼らの活動初期の記録であるが、第I~III集がモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトといったオーソドックスな内容であるのに対し、この第IV集は(当時の)現代曲にパーセルという、彼らとしては、少なくとも音盤上では珍しいプログラムである。いずれの曲も彼らが初演者ではないものの、ブリテンやティペットとは縁が深かったようで、この録音時点で作曲家との親交があったかどうかは分からないが、他の有名なレパートリーと同様に共感に満ちたアマデウス節で歌い上げられている。

当時としては技術的に明晰な演奏であったのだろうが、今となってはおっとりとした鈍さを感じさせる前時代的な雰囲気が支配的であることに加え、アマデウスQの代名詞とも言えるブレイニンの奔放さが控え目であり、全体として物足りなさが残る。とはいえ、目当てのパーセル(ブリテンの作品との関連でプログラムに収められたのだろう)は、その前時代的なロマンティックさに満たされた演奏がとても美しい。現代のピリオド的な観点からすれば間違った演奏になるのかもしれないが、どこか懐かしさを感じるせいか、理屈を超えて胸を打たれる。

HMVジャパン


上述した書籍で最も興味を惹かれたのが、ボッケリーニ。Peters版の曲集は持っているが、それすら弾き通した記憶はなく、そもそもどの曲が有名なのかすら知らない有様。弦楽五重奏曲についてはボッケリーニ五重奏団の音盤(Testament)を架蔵しているものの、弦楽四重奏曲は何かのカップリングですら持っていないことに気付いた。

ということで、とりあえず安価でまとまった量を聴いてみようと、ヴェネツィアQによる「イタリアの弦楽四重奏曲」というBOXセットをオーダー。ヴェルディ、プッチーニ、レスピーギの曲以外は全て初めて聴くものばかり。さすがにまだ全ての曲や楽章を個別に認識できはしないが、ボッケリーニの歌に満ちた豊かな内容に圧倒された。今までの不明を恥じるばかりである。耳慣れたソナタ形式とは異なるが、尽きることなく湧き出るような歌の奔流が実に魅力的で、このセットに収録されている曲あるいは曲集が一般にどう評価されているのかは分からないが、質量ともにハイドンの弦楽四重奏曲と肩を並べる楽曲群であると感じた。情熱的な歌の魅力という点では、アリアーガを経てシューベルトに至る、ウィーン古典派とは別の源流と言えるのかもしれない。

ボッケリーニに比べると、他の作曲家の作品はいずれも、それぞれに個性的な美質を有しつつも、いかにも“亜流”感が否めない。好事家のコレクション・アイテムといったところか。中では、マリピエロの8曲が聴き応えがある。ミヨーの作品群と同様、隠れた佳曲として、もう少し広く聴かれても良いような気がする。

ヴェネツィアQは、堅実なアンサンブルで伸びやかな歌を聴かせてくれている。個別にはさらなる深刻さや鋭さが欲しいと思わせるところもあるが、全体として、これら演奏頻度の低い曲のファースト・チョイスとしては申し分のない水準である。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

『レコードによる弦楽四重奏曲の歴史』

  • 幸松 肇:レコードによる弦楽四重奏曲の歴史, 上巻, DU BOOKS, 2016.
  • 幸松 肇:レコードによる弦楽四重奏曲の歴史, 下巻, DU BOOKS, 2016.
書店の「音楽書」の棚にそのタイトルを見つけ、躊躇なく即確保した一冊(二冊…か)。弦楽四重奏というジャンルの、少なくともわが国における権威である著者の手による大部の著作(上下巻合わせて約1,000ページ)だけに、その内容にも十分な信頼をおくことができる。

さて、本書は“新刊”ではあるが、収録されている文章は雑誌『LP手帳』の連載記事(1975~82)であるために、記述内容そのものは現時点での最新の知見ではない。現在の若い読者にとっては、ヴィオラがバイエルレ時代のアルバン・ベルクQが最若手という布陣には古臭さしか感じられないかもしれないし、近年の新譜や若手団体といったリアルタイムの鑑賞活動に対する有用な情報に欠けると思われるかもしれない。敢えて誤解を恐れずに言えば、“昔の評論本の復刻”であるからだ。

しかしながら、本書は弦楽四重奏を愛する者にとって類のない名著である。まず、楽曲そのものではなく、決して少なくないそのそれぞれについて、これまた少なくない量の音盤を(執筆当時の時点において、ではあるが)網羅し、その演奏を全て詳細に評論し尽くしているというだけでも偉業と呼ぶに相応しい。連載の事情でハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、というごくオーソドックスな、しかも限られた作曲家だけが取り上げられているが、それでもその音盤を網羅するというのは、音盤の種類が今よりは少なかったとはいえ、それだけでも驚嘆に値する。

1970年前後に結成された団体の壮年期を同時代的に経験してきた私にとっては、カペーQやレナーQを基本とし、ブダペストQとバリリQを双璧とみなし、ジュリアードQやスメタナQの技術水準に感心する、という全体的な嗜好は、いささか古臭く、前時代的に感じられるが、個々の評価やそこに反映される著者の嗜好といったものは、そもそも読者と一致することの方が珍しい訳で、自分と異なる価値観のその背景をこそ堪能すべきであろう。その意味で、本書は著者の考え方やスタンスが揺るぎなく、しかもその根拠が明示されており、たとえ個々の評価に異論があったとしても、個々の楽曲をどう味わうか、それぞれの作曲家の何を聴くか、アンサンブルのどこに勘所があるのか、といった全体的な主張は、極めて示唆に富んでいる。

記述の詳細度と分量を考えると、“読み物”として通読するよりも、まずはざっと全体を俯瞰した上で、その時々の興味に応じて該当する箇所を繰り返し精読するような読み方の方が相応しいように思う。いまさらブダペストQでもないだろう…などと言わずに、本書と共にかつての名盤を改めて味わってみることで、本書では扱われていない近年の演奏に対しても新たな聴き方ができるに違いない。

シューベルトまでしか扱われていないことが本書の最大の欠点ではあるが、ルネサンス期にまで四声音楽の源流を遡り、貴重な音盤を紹介している上巻の前半部分は非常に面白く、困ったことに、蒐集欲を駆り立てられてしまう。またいわゆる弦楽四重奏曲の範疇を超えて、たとえばベートーヴェンの作品118のような楽曲まで紹介されているのも楽しい。両冊を揃えると7,000円近い出費になるが、それだけの価値は十分にある。

theme : クラシック
genre : 音楽

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。