社会主義リアリズム三昧

  • アレーンスキイ:交響曲第1番、組曲第1番 セローフ、イヴァーノフ/モスクワ放送SO (EMI ASD 3642 [LP])
  • フレーンニコフ:バレエ「軽騎兵のバラード」(組曲) フェドセーエフ/モスクワ放送SO (eurodisc 206 406-425 [LP])
  • カバレーフスキイ:カンタータ「わが祖国」、カンタータ「明日の歌 春と平和」、歌曲(学生時代、おやすみ、幸せ) キタエーンコ、カバレーフスキイ/モスクワPO 児童合唱団“春” (Melodiya C10 22421 000 [LP])
  • アルテュニャーン:トランペット協奏曲、クリューコフ:トランペットと管弦楽のための協奏的詩曲、ヴァーインベルク:トランペット協奏曲 ドクシーツェル (Tp) ロジデーストヴェンスキイ、ジュライティス/ボリショイ劇場O (Melodiya C10 02273 009 1968 [LP])
  • My Boundless Motherland(ドゥナエーフスキイ:祖国の歌、ホールミノフ:レーニンの歌、トゥリコフ:我ら、共産主義者、バスネル:労働者階級は行進する、ショスタコーヴィチ:E.ドルマトーフスキイの詩による4つの歌曲より「祖国は聞いている」、フレーンケリ:ロシアの曠野、ロシア民謡:カリーンカ、ノーヴィコフ:星に向かって、ロシア民謡:雪の山で、ポノマレーンコ:その歌は何処で聴けるの、ロシア民謡:行商人) (Melodiya 33CM-03745-6 [LP])
  • ディレーツキイ:Solemn Song「 Glorify the name of the Lord」、クレスチヤーニン:Befittingly、カラーシニコフ:12声部のコンツェルト「ヘルヴィームの歌」、ベレゾーフスキイ:Do not reject me in my old age、ボルトニャーンスキイ:ヘルヴィームの歌第7番、コンツェルト第24番「I lift up my eyes to the hills」、ヴェーデリ:コンツェルト第3番「How long, O Lord, how long wilt thou forget me?」 ユルローフ/ロシア共和国合唱団 (EMI ASD 3102 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番、ボロディーン:弦楽四重奏曲第2番 ブルガリアQ (Harmonia Mundi HMO 34.709 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの、11月到着分。ここ数ヶ月、何かとばたばたしていたせいか、LPに針を落とすのは久し振りのような気がする。

アレーンスキイの甘美な音楽は、グラズノーフと並んで僕の愛好するところだが、交響曲第1番も期待に違わぬ憂愁の旋律美に満ちた素敵な作品である。セローフのやや直情的な演奏も、作品の若々しい魅力を率直に伝えてくれる。カップリングの組曲第1番も同様だが、イヴァーノフに剛毅でスケールの大きな演奏を期待していただけに、よくまとまった普通の演奏ではあるものの、どこか肩透かしをくらった感じ。もちろん悪くはないのだが、この曲に関してはスヴェトラーノフ盤の方が良い。


フレーンニコフの「軽騎兵のバラード」は、スヴェトラーノフお得意のアンコール・ピースでもある「アダージョ」しか聴いたことがなかった。できれば全曲盤が欲しいところではあったが、この組曲(編者は分からなかった)も20曲が抜粋されているので、とりあえずは良しとしよう。誰もが口ずさめるような分かりやすく平易な旋律に、大仰で華やかなオーケストレイション、程よく民族臭が散りばめられた和声とリズムなど、まさに「社会主義リアリズム」の極致と言っても構わないだろう。こういう曲をやらせたら、フェドセーエフは天下一品だ。


カバレーフスキイの児童合唱用の作品集も、「社会主義リアリズム」のお手本のようなアルバムだ。2曲のカンタータは、一聴しただけでは明確に区別できないほど曲調や構成などがよく似ている。音楽史上にその名を轟かせるような作品ではないが、ソ連音楽のある時代の特徴が凝集した作品と言うことはできるだろう。カバレーフスキイ自身が伴奏をした3つの歌曲は、映画音楽や劇音楽などからの抜粋なのか、元から児童合唱用に作曲されたものなのか定かではないが、伴奏のオーケストレイションも含めていずれも魅力的な小品である。


ドクシーツェルが独奏を務めた現代ソ連トランペット協奏曲集は、彼のアルバムがいつもそうであるように、ドクシーツェルの圧倒的な名技を堪能すべき内容。有名なアルテュニャーンの協奏曲は言うまでもなく、クリューコフの幾分地味な作品でも、ドクシーツェルの華麗な音楽が惜しげもなく繰り広げられる。とはいえ、このアルバムのメインはヴァーインベルクの協奏曲だろう。ショスタコーヴィチ風の瞑想から民族色が暴発し続ける狂喜乱舞まで、ヴァーインベルグの音楽の諸相を適切に音化しつつも、その全てをドクシーツェル色に染めてしまう音楽性と個性の強烈さが素晴らしい。


恐らくはソ連時代の愛国歌集と思われるアルバムが、リストの中にあった。そこにショスタコーヴィチの名前が挙がっていたので、既に架蔵済みの音源である可能性が高いと思いつつもオーダーしてみた。届いた現物を確認してみると、「My Boundless Motherland(広大なる我が祖国)」というタイトルで、アエロフロート社50周年を記念して制作・頒布されたアルバムであった。雰囲気から察するに国外からの旅行者を対象としているようだが、搭乗者全員に無償で渡されたのか、それとも機内販売のような形で希望者だけが購入したものなのかは判然としない。それはともかく、ソ連大衆歌曲の粋を集めた内容は、単なるお土産の域を超えている。イヴァーン・ペトローフの雄大極まりない「祖国の歌」の名唱に、「リェエーニィイーン」の甘美な連呼が次第に理性を蝕んでいく「レーニンの歌」と続く最初の2曲で、ソ連大衆歌曲の世界が畳みかけるように聴き手の心身を縛り付けてしまう。残念ながら目当てのショスタコーヴィチは、ガガーリンが宇宙で歌ったとされる「祖国は聞いている」の有名な録音で、予想通りの結末であったが、いかにもな愛国歌が並べられたA面の威力は相当なものである。一方のB面は、映画音楽などの大衆歌謡と古典的なロシア民謡とが交互に並べられた構成。とりわけ憂愁のロシア情緒が惜しげもなく垂れ流される歌謡曲は、抗い難いほど魅力的だ。映画「小悪魔たちの大冒険」(1969年)の挿入歌「ロシアの曠野」のグリャーェフ、「星に向かって」のズィーキナ、「その歌は何処で聴けるの」のヴォローネツといった、当時のソ連で人気のあった歌手達の雰囲気豊かな歌唱も素晴らしい。音源の選択が実に絶妙なアルバムだ。



映画「小悪魔たちの大冒険」より
Новые приключения неуловимых
フレーンケリ:ロシアの曠野
グリャーェフ(歌)
ノーヴィコフ:星に向かって
ズィーキナ(歌)
ポノマレーンコ:その歌は何処で聴けるの
ヴォローネツ(歌)


濃厚なロシアの香りを堪能した後のクールダウンに、17~8世紀のロシア聖歌集というのは、期せずして良い選択となった。ボルトニャーンスキイ以外は今まで名前しか知らなかった作曲家ばかりで、各々の個性を明確に把握するには至らないものの、資料として十分に価値がある。ただ、ユルローフ/ロシア共和国合唱団の演奏が楽曲の時代様式をどれほど踏まえているかには疑問が残る。もちろん、いわゆるヒーリング・ミュージック風の聴き易さに文句を言うつもりはない。


ブルガリアQのショスタコーヴィチは、ディモフQ名義の架蔵済みLP(Columbia OS-2901-HA)と同一音源。技術的な怪しさはあるものの、それほど悪くない演奏である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : USSR大衆歌曲 作曲家_Arensky,A.S. 作曲家_Khrennikov,T.N. 作曲家_Kabalevsky,D.B. 作曲家_Weinberg,M. 演奏家_Dokschitzer,T.A. その他_正教会

ロシア正教会の音楽/ボルトニャーンスキイ:「鷹」/パシケーヴィチ:「守銭奴」

  • ロシア正教会の音楽 Vol. 5 ゲッダ (T) フォートナット/ロンドン・ロシア正教会聖歌隊 (Ikon IKOS 6 [LP])
  • ロシア正教会の音楽 Vol. 8 ゲッダ (T) フォートナット/ロンドン・ロシア正教会聖歌隊 (Ikon IKOS 10 [LP])
  • ボルトニャーンスキイ:歌劇「鷹」、パシケーヴィチ:歌劇「守銭奴」 A. レーヴィン、アグロンスキイ/モスクワ室内音楽劇場 (Le Chant du Monde LDX 78018 [LP])
言いたくはないが、それにしても暑い。暑さ故の無気力のせいか、別に多忙でも何でもないのだが、何も進まない割に妙に気ぜわしさだけは感じる毎日である。せめて心を鎮めて穏やかに過ごしたいところだが、うってつけの音盤が未聴のままであった。ということで、8月8日の記事の続き。

正教会の聖歌について、文献やウェブを通して若干の知識を得ることができたものの、やはり音楽は実際に聴いてみなければ始まらない。ともかく手当たり次第に聴いてみようと、Ikonレーベルのシリーズ物からカタログに載っていた2枚をオーダーしてみた。ボルトニャーンスキイの他にも、リームスキイ=コールサコフ、グレチャニーノフなどの見慣れた名前があるが、彼らが新規に作曲したものはほとんどなく、古いズナーメンヌイ聖歌などを彼らが和声化したものが中心である。したがって、聖歌の様式がニコラーイ1世によって西ヨーロッパ風にゆがめられた時期の歌ではないかと推測するが、確かなことを知るには、今しばらくの勉強が必要である。いわゆるロシアの合唱とは異なる薄味の歌唱であるが、清澄な響きはいかにも教会音楽らしい雰囲気を湛えており、ひんやりとした聖堂の空気が灼熱の部屋に流れ込んでくるような気持ちになる。ゲッダは、貫禄の歌声。



18世紀後半のロシア歌劇にも本腰を入れて取り組みたいと思い、カタログで目に付いたものをいくつかオーダーしたところ、今回入手できたのはボルトニャーンスキイとパシケーヴィチの2曲を収録した4枚組のセットのみだった。箱はLe Chant du Mondeレーベルのものだが、音盤自体はMelodiyaレーベルのものがそのまま入っている。ライナー等であら筋程度は分かるだろうと期待していたが、フランス語の台本が添付されているのみ。フランス語はかじったことすらないので、完全にお手上げ。もっとも、両曲ともにたわいもない喜劇のようで、台本の詳細が分からないながらも、雰囲気だけは十分に伝わってくる。

学術的な意味でどの程度原典に準拠したプロダクションなのかは分からないが、ウィーン古典派以前の宮廷歌劇の亜流のような楽曲の佇まいはよく分かる。こぎれいなボルトニャーンスキイと快活な表現力に満ちたパシケーヴィチ、どちらも“ロシア音楽”成立以前のロシア音楽が持っていた一定の水準を、魅力的に聴かせてくれる。

モスクワ室内音楽劇場の演奏は、ピリオド奏法ではないながらも、当時の舞台を彷彿とさせるような典雅で愉悦感に満ちたもの。史料的な価値と同時に音楽的な価値も持ち合わせた、見事な音盤と評して構わないだろう。なお、ボルトニャーンスキイの作品は元来フランス語の台本であるが、本盤ではロシア語で歌われている。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Bortniansky,D.S. 作曲家_Pashkevich,V.A. その他_正教会

『ギリシャ正教(講談社学術文庫)』/『我主イイススハリストスの新約』/『北槎聞略(岩波文庫)』


  • 高橋保行:ギリシャ正教, 講談社学術文庫, 1980.
  • 我主イイススハリストスの新約, 正教會, 1985.
  • 正教会聖歌集, 1985.
  • 桂川甫周・亀井高孝(校訂):北槎聞略―大黒屋光太夫ロシア漂流記―, 岩波文庫, 1990.
5月22日の記事でも簡単に触れたが、ロシア音楽史を自分の中で簡単に整理してみようと、今まで断片的にしか知らなかったロシア史やロシア文化について、やや集中的に勉強してみた。中でも正教に関する事柄は、キリスト教自体にほとんど馴染みがなかったこともあって、僕にとってはすこぶる新鮮で面白く、妻には「洗礼でも受けるつもり?」と呆れられるほど、没頭してしまった。4月25日の記事で紹介したクレマンの著作に続き、今度は講談社学術文庫に所収されている高橋氏の著作を読了。正教会について日本語で読めるまとまった本は、専門書を除くと、事実上この2冊だけのようだ。

翻訳であることも影響しているのだろうが、やや客観的で理詰めな印象のあるクレマンの本と比較すると、この本はより主観的で情緒的だ。また、奉神礼についてのやや具体的な記述をはじめとする、祈りや信仰の細かなことについても紙数が割かれているので、ごく一般の正教徒の日常を脳内で仮想的に体験できるような気がする。正教がロシア文化の根幹を成していることを、今回の読書を通して、より深く理解できたように思う。



さて、正教会について少し知識がついてくると、聖書からの引用なども正教会の訳でしたくなってくる。調べてみると、日本ハリストス正教会の訳は新約のみとのこと。ネットで軽く探したくらいでは、普通に売っているところを見つけられず、今でも手に入るのかどうかすら定かではない。結局、教会に直接問い合わせるしかないだろうとの結論に至る。

6月25日の記事にも書いたが、御茶ノ水へ行く用事があったので、ついでに東京復活大聖堂(ニコライ堂)にも足を運んだ。大聖堂すぐ横の事務局の扉を開けると、出版物や頒布品がコンパクトなスペースに並んでおり、いともあっさりと聖書を手にすることができた。

東京復活大聖堂

せっかくなのでショーケースを眺めてみると、聖歌をまとめた2枚組CDがあったので、これもついでに購入。グレゴリオ聖歌とビザンツ聖歌の違いもはっきりと分からないほど、教会音楽については初心者以前の状態であるだけに、このCDの内容を論評することは、現時点では避けておきたい。

正教会聖歌集


閑話休題。大学受験は日本史を選択したのだが、当時はさして興味を持つこともなかった大黒屋光太夫という名も、彼がエカテリーナ2世に謁見しており、宮廷で歌劇などを観たのではないかということを知ると、俄然気になって仕方なくなる。帰国した彼の話を書き留めた『北槎聞略』は、岩波文庫から出版されていたものの、今は品切重版未定とのこと。そのまま神保町へと足を伸ばし、勘に任せて探してみようと、まずは巌松堂をのぞいてみた。

一軒目でいきなり見つけることができたのは、神のお導きか……アミン。

文語体の文章も、聞き書きの比較的くだけた文章のせいか、最初の数ページで慣れてしまえば、あとは苦もなく読み進めることができる。細かな風俗や事物に関する記述はともかく、自身が体験した出来事の記述は、非常に面白い。娼館のくだりなどは実に生き生きとしており、話し手の光太夫にしろ、聞き手の甫周にしろ、男っていうのはいつの時代もしょうがないなぁと思ったりして。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : その他_正教会

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター