タネーエフ3題

  • ダルゴムィーシスキイ:ペテルブルグのセレナード、タネーエフ:無伴奏合唱曲(作品15、27より) サーンドレル/レニングラード放送cho (Melodiya C10-17571-2 [LP])
  • タネーエフ:弦楽四重奏曲第4番 タネーエフQ (Melodiya 33 C 10-08785-86 [LP])
  • タネーエフ:ピアノ三重奏曲、アリャービエフ:ピアノ五重奏曲 D. オーイストラフ (Vn) クヌシェヴィーツキイ (Vc) オボーリン (Pf) ベートーヴェンQ ギレリス (Pf) (Westminster XWN 18679 [LP])
12月4日および5日の記事の続き。Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.に今回注文した音盤の内、残る3枚はいずれもタネーエフ作品を収録したもの。

ダルゴムィーシスキイの「ペテルブルグのセレナード」は、民謡あるいは流行歌のような小曲をまとめたもの。全体にロシア音楽らしい音調が漂っており、グリーンカと“五人組”との間を繋ぐ、ダルゴムィーシスキイらしい作品と言えるだろう。一方、タネーエフ作品は5曲収録されているが、いずれも甘美なだけではなく、憂愁とでも形容すべき独特の仄暗さが魅力的。ムーソルグスキイやチャイコーフスキイを経て、いわゆる“ロシア音楽”が確立されたことを再確認させるような佳曲である。



タネーエフの弦楽四重奏曲は、作曲者によって番号が振られたものが6曲あるが、それ以前の習作にはその後の番号、すなわち第7~9番が与えられており、若干の混乱が生じている。この第4番は、ずっしりとした手応えのある大作である。形式的、作曲技法的に凝ってはいるものの、実際に演奏会場で聴くとなるとかなり冗長な気もするが、自宅でリラックスして聴く分には、陰鬱と言うにはあまりに甘美な抒情を楽しむことができる。とりわけ、第3楽章は素晴らしい。



タネーエフの作品中、ピアノ三重奏曲は演奏頻度の高い曲のようだ。わかりやすい楽想や技巧的に華麗なパッセージなどが存分に散りばめられているので、実演でも効果的なのだろう。オーイストラフ・トリオは、少々生真面目に過ぎる気はするが、劇的で引き締まった演奏は、この作品に相応しい。もちろん、ロシアの土の香りにも不足しない。ただ、翳りが感じられない音楽だけに、いかにも長い。むしろ、アリャービエフのピアノ五重奏曲が持つ屈託のない伸びやかな抒情が好ましく感じられた。ギレリス&ベートーヴェンQは、これぞロシア、という響き。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Taneyev,S.I. 作曲家_Dargomyzhsky,A.S. 作曲家_Alyabyev,A.A.

「サンクト・ペテルブルグ・リサイタル」/アリャービエフの室内楽曲集

  • ボルトニャーンスキイ:チェンバロ協奏曲 ニ長調、V. マンフレディーニ:チェンバロ・ソナタ第3番、ボルトニャーンスキイ:チェンバロ・ソナタ ヘ長調、チェンバロ・ソナタ 変ロ長調、パイジエッロ:前奏曲とロンド、歌劇「岐路に立つアルチーデ」よりシンフォニア、グリリョーフ:前奏曲 変ホ長調、コズローフスキイ:「奥様、よろしいですか」によるポロネーズとトリオ、グリリョーフ:前奏曲 ニ長調、作者不詳:「カーチェンカは村一番のべっぴんさん」による7つの変奏曲、グリリョーフ:前奏曲 ハ短調、カラウーロフ:「みなしごのおまえよ」による10の変奏曲 ボーモン (Cemb) (Erato 2564 68967-6)
  • アリャービエフ:ピアノ三重奏曲、弦楽四重奏曲第3番、モスクワの思い出 アンバルプミャン (Vn) クニャーゼフ (Vc) ヴォスクレセンスキイ (Pf) モスクワ室内管弦楽団Q グラーフ (Vn) ヴェルビツキイ/ソヴィエト国立SO (Venezia CDVE 04369)
目当ての音盤があったので、久し振りにHMV ONLINEで買い物をした。まずは、ついでに購入した音盤2枚を聴いてみた。

「サンクト・ペテルブルグ・リサイタル」と題されたボーモンのアルバムは、18世紀後半のロシアを彩った鍵盤音楽をまとめた、なかなか興味深い一枚である。使用楽器は1770年製とのことで、まさに当時鳴り響いた音が再現されているのだろう。この時代の音楽様式や、いわゆる古楽器の演奏技術については、何かを語るほどの知識を持ち合わせていないので、演奏内容については、とても楽しんだ、とだけ記しておく。

ただ、エカテリーナ2世時代の宮廷楽長も務めたパイジエッロに始まり、ロシアにおける職業作曲家の祖とも言うべきボルトニャーンスキイからグリーンカ登場前夜を彩ったグリリョーフに至るまで、怒濤の西欧化圧力を受けた18世紀ロシア音楽の発展過程が手に取るように分かる選曲の妙に唸らされたことだけは、特記しておきたい。

HMVジャパン


歌曲の作曲家として高名なアリャービエフの室内楽曲集は、芸術音楽の世界では後進国であった18世紀ロシアにおいて、それまでの初期古典派の様式から一気に初期ロマン派の様式にまでロシア音楽を押し進めた、アリャービエフの歴史的な役割を再認識させるような音盤である。アリャービエフがシューベルトやメンデルスゾーンよりも年長であったことも考えると、収録された作品を聴くだけでも、その天分がいかに傑出したものであるかが理解されるだろう。

演奏はいずれも高水準のものだが、ヴァイオリン独奏の「モスクワの思い出」だけは、残念ながらとても聴き辛い録音である。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Alyabyev,A.A.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター