スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽曲解説】ブラームス:弦楽四重奏曲第2番

Johannes Brahms
ヨハネス・ブラームス(1833~1897)


Streichquartett Nr. 2 a-moll, Op. 51-2
弦楽四重奏曲第2番 イ短調 作品51-2



 2曲の弦楽六重奏曲などの成功によって既に室内楽の大家として名声を確立していたブラームスが最初の弦楽四重奏曲を発表したのは、40歳の時でした。作品51の2曲に至るまで最低でも8年の歳月をかけ、それ以前に破棄された習作は20曲にも及ぶと伝えられます。このことは、43歳の時に発表された交響曲第1番(作品68)と同様に、弦楽四重奏曲と交響曲において巨大な成果を残したベートーヴェンに対する畏敬の念ゆえの艱難辛苦と言われています。とはいえ、ブラームスの弦楽四重奏曲は、シューマンの弦楽四重奏曲(作品41)の後継にして完成形とでも評価すべき真にロマン派的な作品で、主題労作や対位法へのこだわりは、むしろハイドンを想起させます(ちなみに「ハイドンの主題による変奏曲 作品56」は、作品51と同じ1873年に完成しています)。また、友人のヴァイオリニスト、ヨーゼフ・ヨアヒム(1831~1907)が1869年から自身の名を冠した四重奏団を結成して活躍していたことも、シューマンにおけるフェルディナンド・ダヴィッド(1810~1873)の存在と同じく、ブラームスの弦楽四重奏曲に対する関心に大きく影響したと思われます。
 第2番は深い憂愁を秘めた抒情的な作品で、劇的な第1番と対をなしています。第1楽章冒頭の第1主題「A-F-A-E」には、ヨアヒムの有名なモットー「Frei Aber Einsam(自由だが孤独だ)」が織り込まれていて、楽章を通じてこの動機が用いられます。第2楽章の美しい旋律も、シェーンベルクが例に挙げて称賛したほど作曲技法的に緻密な構成を持っています。「Quasi Minuetto(ほぼメヌエット)」と記された第3楽章は、三部形式の舞曲であることは確かですが、「メヌエットの亡霊」のようなロマン派的情緒が印象的です。中間部の経過句には、トリオの主題(Vn1&Va)とメヌエットの主題(Vn2&Vc)とを組み合わせた二重カノンが挿入されます。終楽章は、暗い情熱を湛えたハンガリー風のロンド。第2楽章中間部の劇的なレチタティーヴォ風の音楽(Vn1とVcのカノン)と呼応しています。全編に渡る対位法的書法と分厚い和声がいかにもブラームスらしい、名作です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第7回公演(2017年4月22, 29日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】ブラームス:弦楽六重奏曲第1番

Johannes Brahms
ヨハネス・ブラームス(1833~1897)


Sextett Nr. 1 B-dur für 2 Violinen, 2 Violen und 2 Violoncelli, Op. 18
弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調 作品18



 ブラームスがベートーヴェンを崇拝するあまり、最初の交響曲を発表するまでに20年以上もの歳月をかけたことは有名ですが、それは弦楽四重奏曲においても同様でした。40歳になってようやく最初の弦楽四重奏曲が発表されましたが、それ以前に20曲にも及ぶ習作を破棄したとも伝えられています。とはいえ、卓越したピアニストであったブラームスが最初に手にした楽器はヴァイオリンとチェロだったこともあり、これらの楽器と深い関連を持つ室内楽は彼にとって決して苦手なジャンルではなく、むしろ創作の原点とも言えるものでした。
 現存する最初期の作品のほとんどがピアノ曲と歌曲ですが、22歳の時にシューマンの「マンフレッド」序曲を聴いて交響曲の構想を練り始めたブラームスは、2曲のセレナードによって管弦楽の可能性を探究し始めます。同時期に書かれたピアノ協奏曲第1番 作品15がいかにも交響曲的な重厚な風格を持つのに対し、当初は室内楽編成で書かれた第1番 作品11、そしてヴァイオリンを欠く変則的な編成をとる第2番 作品16と、2曲のセレナードで追求されたのは室内楽的な明晰さの中に中低弦を活かした独自の柔らかくも厚みのある響きでした。こうした試みの集大成が、1860年に作曲された弦楽六重奏曲第1番 作品18です。奇しくもベートーヴェンの初期弦楽四重奏曲集と同じ作品番号を持つ本作品は、室内楽分野におけるブラームス最初の成功作であると同時に、交響曲作家ブラームスの原点でもあります。
 ソナタ形式の第1楽章、変奏曲形式の第2楽章、スケルツォの第3楽章、ロンド形式の第4楽章と楽曲構成面ではオーソドックスな古典派の様式を踏襲しつつ、瑞々しくも深い陰影を伴ったロマンティックな旋律が全編に渡って流麗に紡がれていく様は、新古典派と呼ばれることもあるブラームスの面目躍如たるものがあります。ルイ・マル監督の映画「恋人たち」(1958)に用いられたことでも有名な第2楽章は、作曲後すぐにピアノ独奏用に編曲され(「主題と変奏」作品18b)、誕生日の記念としてクララ・シューマンに贈られています。

シュペーテ弦楽四重奏団 特別公演~アダルベルト・スコチッチ氏を迎えて~(2015年11月22日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【録画】ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番

  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番より第1楽章、ピアノ四重奏曲第3番 樫本大進 (Vn) 川本嘉子 (Va) 趙静 (Vc) 小菅優 (Pf) (2010.6.10 録画 [NHK BS-hi(2011.2.21)])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番 徳永二男 (Vn) 菅沼準二 (Va) 徳永兼一郎 (Vc) サヴァリッシュ (Pf) (1989.5.13 録画 [NHK ETV(1989.11.12)])
2010年10月24日2月6日の記事で紹介した放送に続き、今回の放送で、樫本大進他によるブラームスのピアノ四重奏曲全曲が揃った。

基本的には上質の演奏として楽しんだのだが、一方で、単なる好き嫌いとは異なる物足りなさも残った。その理由が、今回の第3番の第3楽章を聴いて分かったような気がする。要するに、フレーズがとても短く、音楽がぶつ切りになっているのだ。細かな表情は、常設の団体でないにもかかわらず、非常に丁寧に付けられているとさえ感じるのに、何とも惜しい。

ということで、手元にある同曲の別の映像を視聴してみた。それは、10年近く前に亡くなった祖母が生前に録画していたVHSテープである。とりたててクラシック音楽に興味などなかったはずだが、VHSデッキを買って間もない頃の録画なので、きっと機械操作の練習がてら、たまたま撮ったものなのだろう。

「サヴァリッシュ・N響室内楽の夕べから」と題された番組は、今となってはとても懐かしいN響の首席奏者達による演奏会である。芥川也寸志、木村尚三郎、なかにし礼の3氏がN響アワーをやっていた時代だ。これが、なかなか素敵な演奏なのである。サヴァリッシュの折り目正しく几帳面なピアノと、派手さはないが渋く味わいのある弦楽器の響きが、作品に相応しい。僕は特に菅沼準二のヴィオラに惹かれるが、それはあくまでも好みの話で、各個人の水準だけではなく、アンサンブルの完成度も非常に高い。彼らの表情はいかにも“お仕事”といった雰囲気の無愛想なもので、舞台を楽しんでいるかのような樫本らのそれとは正反対と言ってもよいだろう。さらに、樫本らが微に入り細に入り工夫を凝らしているのに対し、サヴァリッシュらの仕上げは、敢えて言えば何の変哲もない、ごく淡々としたものである。にもかかわらず、音楽から受ける感銘には大きな差がある。

若きブラームスの作品には、中年男性の演奏がよく似合う、といったところか。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J.

【録画】NHK交響楽団 第1690回定期公演/ブラームス ピアノ四重奏演奏会

  • ラヴェル:ピアノ協奏曲、リゲティ:ムジカ・リチェルカータより第1曲、ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 エマール (Pf) デュトワ(指揮) (2010.12.15 録画 [NHK BS-hi(2010.1.30)])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番より第2楽章、ピアノ四重奏曲第1番 樫本大進 (Vn) 川本嘉子 (Va) 趙静 (Vc) 小菅優 (Pf) (2010.6.10 録画 [NHK BS-hi(2011.1.17)])
夜、子供に頼まれたガンプラを作りながら、撮りためていた録画を観た。

1年ほど前は、N響定期でショスタコーヴィチ作品が取り上げられる機会が多く、結構な頻度で録画した記憶があるが、今回は少し間隔が空いての登場、それも大好きな第8番とあって楽しみに視聴した。

流れが良く、いたずらに深刻ぶらない軽やかさを感じさせながらも多彩な表情やニュアンスが意味深さを感じさせる音楽、といった辺りがデュトワの目指した解釈であったように感じた。それは、デュトワのショスタコーヴィチ演奏に共通する姿勢でもある。N響は、技術的な困難をほとんど感じさせず、むしろ軽々と楽曲を演奏していたと言ってもよく、デュトワならではの流れの良さや軽やかさは十分に表出できていた。しかし問題は、多彩な表情やニュアンスといった要素に欠けていたことである。とりわけ管楽器は、とても達者に譜面を吹きこなしているにも関わらず、肝心の音が無味無臭。もちろん、録音による不利はあるにせよ、悪い意味でN響らしい演奏になってしまった。2005年にアシケナージの指揮でこの曲を演奏した時は、技術的にボロボロだったパートがあったりして、それと比較するならば文句無しに上質な演奏ではあったのだが、N響の能力に期待すればこそ、少々の物足りなさを感じた。エマールのラヴェルは、素晴らしかった。

樫本大進らによるブラームスのピアノ四重奏曲全曲演奏会から、2010年10月24日の記事で紹介した第2番に続き、第1番も放送されていたので録画して視聴してみた。有名曲でもあるし、全員がよくノった快演だった、と言いたいところであるが、時折、音楽の中に作為的な表情が聴こえるのが気になる上、全体に仕上げが粗いように感じられた。第3番は第2楽章のみだったが、こちらもやはり荒っぽい演奏。地上波で放送した第2番が、演奏会の白眉だったということなのだろう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Brahms,J.

【録画】芸術劇場 -ブラームス ピアノ四重奏演奏会-

  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番 樫本大進 (Vn) 川本嘉子 (Va) 趙静 (Vc) 小菅優 (Pf) (2010.6.10 録画 [NHK ETV(2010.10.16)])
樫本大進をはじめとする若手(?)注目株の4人による、ブラームスのピアノ四重奏曲。一夜で全3曲を演奏するという意欲的なプログラムだったことを知り、ハイビジョンやBSで放映された時に視聴しようと思いつつもつい録画予約し損なっていたのだが、地上波で放映されたこの第2番は逃さず録画することができた。録画してから実際に視聴するまでに随分と時間が経ってしまったのは、いつものこと。

どちらかと言えば内向的な感じがするものの、燃えさかる熱情を秘めた抒情がとても魅力的な作品で、特に第1楽章と第2楽章が僕は大好きである。ゆったりと構えた演奏は、円熟したスケールの大きさというよりは、おっとりとしながらも瑞々しい輝きを放っていて、とても素敵な仕上がり。これは、樫本大進の個性が強く反映しているような気がする。4人とも卓越した技術を持っているだけに、つまらない弾き損じもなく、安定したアンサンブルが繰り広げられている。もっとも、趙静の音色には高音域にキツさが感じられ、一方で低音域の豊かな広がりには欠ける傾向があり、小菅優もそれほど低音が強くないのか、僕の好みからすると重心が少し浮ついていたようにも思えた。ただ、川本嘉子がそうした不満を相当軽減していたのには感心した。

いずれにしても、実力者による室内楽は、ずっしりとした手応えに加えて華やかさもあって愉しい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。