「禿山の一夜」(合唱版)

  • ムーソルグスキイ:歌劇「ソローチンツィの定期市」より「若者の夢」(「禿山の一夜」(合唱版))、歌劇「ホヴァーンシチナ」より(前奏曲、シャクロヴィートゥイのアリア、ゴリーツィン公の流刑、マールファの予言の歌、ペルシャの女奴隷達の踊り)、スケルツォ 変ロ長調、古典様式による間奏曲、行進曲「カルスの奪回」 コチェルガ (B) タラソヴァ (MS) アバド/ベルリンPO、ベルリン放送cho.、南チロル児童cho. (Sony SK 62034)
2010年6月25日の記事で紹介した「禿山の一夜」の原典版を聴いた後、面白いとの評判を耳にしていた第3稿も聴いてみようとHMV ONLINEで注文したものの、残念ながら廃盤扱いで入荷しなかったアルバムを、たまたまAmazonで目にした。この機会を逸したら入手しそびれたままになると思い、即決で発注した。なお、現時点ではHMV ONLINEでも取り扱いが再開している。

ムーソルグスキイの作品はそもそも少ないこともあって大半を聴いたことがあるのだが、「禿山の一夜」の異稿だけでなく管弦楽曲2曲も未聴だったので、その意味でも入手しておきたかった一枚である。

この第3稿は、歌劇「ソローチンツィの市」の第3幕第1場の「若者の夢」という合唱曲で、後年になってラムとシェバリーンがオーケストレイションを施している。明確に記されてはいないが、本盤の演奏もこのラム=シェバリーン版によるものと思われる。

リームスキイ=コールサコフはこの第3稿を元にして「禿山の一夜」(改訂版)を補筆完成したようで、楽曲の大枠は改訂版と共通している。にもかかわらず、第3稿が持つ悪魔?魔物?が野性的なまでに阿鼻叫喚する異様な迫力は、広く知られた改訂版とは全くの別物と言ってよい。

「スケルツォ」と「古典様式による間奏曲」は、原曲のピアノ版が持つ雰囲気を十分に活かしつつも感傷的な節回しが印象に残る、洒落た編曲で気に入った。

アバド/ベルリンPOの演奏は、技術的に不満のつけようがないもの。ロシア情緒には欠けるが、オーケストラの威力をこれほどまでに、しかもさりげなく見せつけられれば、そうした感想も言いがかりにしかならないだろう。特に、「ホヴァーンシチナ」からの抜粋はとても美しく、心に沁みる秀演である。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mussorgsky,M.P.

アファナーシエフのムーソルグスキイ/カルミナQの新ウィーン楽派

  • ムーソルグスキイ:組曲「展覧会の絵」、間奏曲、情熱的な即興曲、お針子、瞑想、夢 アファナーシエフ (Pf) (Denon COCO-70530)
  • ヴォルフ:イタリアのセレナード、ベルク:弦楽四重奏曲、シェーンベルク:浄夜 カルミナQ チャステイン (Va) グロッセンバッハー (Vc) (Denon COCO-70971)
11月24日の記事で紹介した買い物の続き。同じく“ついでに”注文した音盤から。

アファナーシエフによるムーソルグスキイ作品集は、「展覧会の絵」がたいそうな怪演であるという評判の音盤だが、ムーソルグスキイのピアノ小品の中で唯一未聴であった「夢」が収録されていることが今回の購入動機であった。目当ての小品集は、病的なまでの繊細さと柄の大きな表現力との対比が絶妙で、単なる心地よさに終始することのない、意味深い音楽に仕上げられている。さすが、と言うべきだろう。

メインの「展覧会の絵」は、予想をはるかに上回る特異な演奏である。徹底的にデフォルメされた音楽は、もはや原型をとどめていない。それでいて、その不思議な音楽世界には、ムーソルグスキイとは全く異質でありながらも、抗い難い妖しい魅力がある。よほどのマニアでもない限りは「展覧会の絵」を楽しむことはできないだろうが、そこは割り切ってアファナーシエフの奇才を満喫するべき音盤なのだろう。

HMVジャパン


後期ロマン派末期から新ウィーン楽派最初期にかけての3曲を集めたカルミナQのアルバムは、ヴォルフの「イタリアのセレナード」目当てで注文したもの。ブラームスの四重奏曲全集の余白に収録されていたプラハQの録音しか持っていなかったので、おっとりとした野暮ったさが魅力のそれとは異なる、現代風の颯爽とした格好良さに耳を奪われた。細身で切れ味の鋭い響きは複雑な和声が醸し出す微妙な色合いを鮮やかに描き出し、豊かな表現力は楽曲中に盛り込まれた様々な情景を喚起する。見事な演奏である。

ベルクとシェーンベルクにおいても、カルミナQのスタンスに違いはない。作曲家の初期作品ということを意識したのか、時に攻撃的に過ぎると思えるほどの表現意欲に満ちた演奏である。ただし、これらの2曲については、もっと後期ロマン派寄りの甘美な表現の方が僕の好み。もちろん、水準以上の演奏ではある。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mussorgsky,M.P. 作曲家_Wolf,H.

ボルトニャーンスキイの室内楽曲/「禿山の一夜」(原典版)

  • ボルトニャーンスキイ:鍵盤のためのソナタ第2番、五重奏曲 ハ長調、協奏交響曲 変ロ長調 ゴルボフスカヤ、ディジュール (Pf) エルデリ (Hp) N. バルシャーイ (Vn) ドブロホトフ (gamba) V. ベルリーンスキイ (Vc) モスクワCO (Multisonic 31 0253-2)
  • ムーソルグスキイ:禿山の聖ヨハネ祭の夜、センナヘリブの陥落、歌劇「サラムボー」より「巫女たちの合唱」、歌劇「アテネのエディプス王」より合唱曲、(リームスキイ=コールサコフ編)イエス・ナヴィヌス(ヨシュア)、(ラヴェル編)組曲「展覧会の絵」 ザレンバ (MS) アバド/ベルリンPO、プラハ・フィルハーモニーcho (DG POCG-1778)
先日、御茶ノ水で仕事があり、その合間に界隈を散策することができた。それほどゆっくりはできなかったが、半年ぶりということもあり、街の空気を楽しむには十分。もっぱらウィンドウショッピングで、音盤はディスクユニオンお茶の水クラシック館で数点購入したのみ。ショスタコーヴィチ作品の掘り出し物がなかったのは残念だったが、ロシア音楽の古典とでも言うべき作品群の穴埋め的な買い物ができたのは思わぬ収穫といったところか。稀少盤に手を出した訳ではないが、CD5枚にLP3枚で5500円程度という成果には、十分にお得感がある。

手始めに、CD2枚から聴いた。

ロシア音楽史上、最初の大作曲家とされることも少なくないボルトニャーンスキイだが、その作品についてはほとんど聴いたことがなかったので、室内楽作品を集めたアルバムは、目に留まると躊躇することなくカゴの中へ。教会音楽以外は何が彼の代表作なのかよく知らないが、ここに収録された3曲はいずれも18世紀半ばの、比較的単純な書法で書かれた音楽である。とりたてて個性的な要素は感じられず、ロシア音楽を特徴づける要素の萌芽もない。後世への影響という点で考えると、ボルトニャーンスキイをロシア音楽の祖として位置付けるのは不適当なのだろう。ただ、綺麗で心地好い音楽であることは間違いなく、ピリオド奏法とは無縁の演奏共々、楽しむことができた。

HMVジャパン


ムーソルグスキイは、生涯に遺した作品の数が少ないこともあり、その大半は既に聴いているが、合唱作品は長らく未聴のままだった。ムーソルグスキイを偏愛しているらしいアバドによる合唱作品集を陳列棚の中に見つけたので、迷わず確保した。

本盤は、「禿山の一夜」の原典版を中心に構成されている。ここで、「禿山の一夜」の4つの版について、簡単にまとめておく:
  1. 歌劇「サラムボー」の中で、その素材が初めて使われる(1864年)
  2. 「禿山の聖ヨハネ祭の夜」という名で呼ばれる、いわゆる原典版(1867年)
  3. 歌劇「ソローチンツィの市」の第3幕第1場に使われた、合唱付きの版(1880年)
  4. ムーソルグスキイの死後、リームスキイ=コールサコフが補筆完成させた版(1886年)
本盤の最初に置かれているのは、第2稿である。第1稿は、独立した楽曲として存在している訳ではなく、「サランボー」自体も未完である。本盤に収録されている「巫女たちの合唱」には、この第1稿に相当するものという意図があるのだろう。第3稿は未聴なので、なるべく早く聴いてみたいところだ。

収録曲はいずれもムーソルグスキイ以外の何者でもない個性的で独創的な音楽であり、短いながらも鮮烈な印象を受けた。アバドの演奏は、いささか綺麗事に過ぎる気はするものの、非常に高い水準で仕上げられた見事なもの。ただし「展覧会の絵」だけは、破綻はないものの覇気が感じられない凡演。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Bortniansky,D.S. 作曲家_Mussorgsky,M.P.

ショスタコーヴィチ、グラズノーフ、ムーソルグスキイ、ソルジェニーツィン…

eterna-826017.jpg
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、ゴーリツ:前奏曲集より第1、4、12、14番、ウストヴォーリスカヤ:ピアノと弦楽合奏、ティンパニのための協奏曲 P. セレブリャコーフ (Pf) Y. セレブリャコーフ/レニングラード・フィルハーモニー室内O (Melodiya CM 02439-02440 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲、弦楽四重奏曲第11番 ツェヒリン (Pf) ノヴァークQ (Eterna 8 26 017 [LP])
  • グラズノーフ:サクソフォーン協奏曲、サクソフォーン四重奏曲 ミハイロフ (Sax) コロニエフ/モスクワ放送SO モスクワ・サクソフォーン四重奏団 (Melodiya C10-06997-8 [LP])
  • ソルジェニーツィン・木村 浩(訳):マトリョーナの家,新潮文庫,1973.
  • 一柳富美子:ムソルグスキー「展覧会の絵」の真実,ユーラシア・ブックレット,115,2007.
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から、商品が届いた。

P. セレブリャコーフ独奏のピアノ協奏曲集は、非常に優れた内容。ショスタコーヴィチは、仄かな抒情を漂わせながらも、明晰な響きと端正な造形が印象的な格調高い秀演。オーケストラは少々控えめに過ぎるのが物足りないが、技術的な問題はない。ゴーリツという作曲家の名は初めて聞いたが、ロシア風の甘さがあって、なかなか素敵な作品であった。P. セレブリャコーフが初演した(初演時のオーケストラは不明)ウストヴォーリスカヤの協奏曲は、このアルバムの白眉。時に暴力的な和声の個性的な力強さと、後の作品には聴かれない甘い抒情とのバランスが良く、ウストヴォーリスカヤの原型とでも言える若々しい姿が見事に表出されている。

ノヴァークQという団体は初めて聴いたのだが、第1VnのA. ノヴァークはスークQの奏者として、Vcのチョヴァネツはドヴォルザーク・ピアノ三重奏団の奏者として、どちらも1970年代の録音を聴いたことがある。全体に速めのテンポで熱気を孕んだ音楽が展開されていて、なかなか面白い。ときにショスタコーヴィチとしては過度にロマンティックになる部分(たとえば五重奏曲の第4楽章など)も少なからずあるが、全体を貫くテンションの高さゆえに、違和感を抱く間もなく一気に聴かされてしまう…といった感じ。弦楽四重奏曲第11番も、良い意味で聴きやすい仕上がりになっている。

グラズノーフが最晩年に残した2曲のサクソフォーン作品は、どの演奏が良いのだろうかと迷っている内に、すっかり聴きそびれていた。亡命後の作品でもあるし、別にロシア人演奏家にこだわる必要もないのだろうが、たまたまカタログにあったので良い機会だと思いオーダー。インターネット上で検索してみると、わりと有名なアルバムのようだ。サクソフォーンの演奏流派等については全く分からないのだが、朴訥とした音色で伸びやかに歌い上げるミハイロフの演奏は、作品の魅力を伝えるのに全く不足はない。四重奏曲では少し金属的な音色が気にならなくもないが、十分に楽しむことができた。

Youtubeに、この協奏曲の動画があったので、貼っておく。

Part 1Part 2
Part 3
グラズノーフ:サクソフォーン協奏曲
(Andreas van Zoelen (Sax),Arjan Tien/Magogo Kamerorkest)


11月28日付の本欄で書いた古本市では、ソルジェニーツィンの小品集も確保。なんとも印象深く、そして人間の気高い美しさが散りばめられた素敵な一冊である。「焚火と蟻」という短編は、ソ連から亡命した人々、一方で決して祖国を離れなかった人々の胸の内を見事に描出した逸品。

一柳富美子氏の名前を最初に見たのは、『音楽現代』誌に掲載されていた「展覧会の絵」についての短期集中連載だった。ショスタコーヴィチ研究の第一人者でもある氏が、本業(?)のムーソルグスキイについて、コンパクトながら充実した一冊を上梓された。僕が関係した出版社だから宣伝するわけではなく(^^;、実によくできた本である。いくつかの説に異論があるとしても、無駄な行がなく、確度の高い情報がびっしりと満ちていることだけは確かだ。でも、ブックレットではなくて、もっとまとまった書籍だったら……と思ってしまうのは僕だけだろうか(^^)

マトリョーナの家 (新潮文庫 赤 132F)マトリョーナの家 (新潮文庫 赤 132F)
(1973/12)
アレクサンドル・ソルジェニーツィン

商品詳細を見る
ムソルグスキー―「展覧会の絵」の真実 (ユーラシア・ブックレット No. 115)ムソルグスキー―「展覧会の絵」の真実 (ユーラシア・ブックレット No. 115)
(2007/10)
一柳 富美子

商品詳細を見る

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Glazunov,A.K. 作曲家_Mussorgsky,M.P.

ベロフのムーソルグスキイ・HMV(11月分)

emi-3976952.jpg
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ビシュコフ/ケルン放送SO (Avie AV 2062 [SACD])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第1&6番 ユロフスキ/ロシア・ナショナルO (PentaTone PTC 5186 068 [SACD])
  • ショスタコーヴィチ(バルシャイ編):室内交響曲(弦楽四重奏曲第4番)、弦楽器と木管楽器のための交響曲(弦楽四重奏曲第3番) カントロフ/タピオラ・シンフォニエッタ (BIS BIS-CD-1180)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第5&15番 ソレルQ (Melodiya MEL CD 10 00980)
  • ショスタコーヴィチ:映画音楽「新バビロン」、組曲「生涯のような一年」 ストロベル/SWR放送O (hänssler CD 93.188)
  • ムーソルグスキイ:ピアノ作品集(「展覧会の絵」他)、バラーキレフ:ピアノ作品集(ピアノ・ソナタ他) ベロフ、R. スミス (Pf) (EMI 0946 3 97695 2 0)
  • グラズノーフ:ピアノ作品全集第3巻(前奏曲とフーガ ニ短調、4つの前奏曲とフーガ、前奏曲とフーガ ホ短調) クームズ (Pf) (Hyperion CDH55223)
  • Homenaje II ピアソラ、バルタール他 (Trova CD 123)
HMVから、11月注文分の商品が届く。今回は、注文してから10日ほどで全ての商品が揃い、随分早く手元に届いた。

11月7日付の本欄で紹介した第4番に続き、ビシュコフ/ケルン放送SOによるショスタコーヴィチ・シリーズから第11番を購入。このシリーズはこれで一応4枚全てが揃ったことになる。この第11番でも他の3曲と同様、丁寧な音楽作りがなされている。描写的なあざとさが前面に押し出されることはなく、徹底して交響曲らしい構成に終始した感が強い。聴きやすさに関しては随一だが、この曲に関する限り、物足りなさは否めない。

ロシア・ナショナルOによるショスタコーヴィチ・シリーズ(PentaTone classics)は、第8番(ベリルンド)と第11番(プレトニョフ)を架蔵済みだが、少し前に第5&9番(クライツベルク)もリリースされたので、とりあえずは旧譜の未入手分である第1&6番(ユロフスキ)をオーダー。ビシュコフ同様、端正な音楽作りに好感が持てる。内面に熱気を孕んだ洗練された音楽の流れはなかなかのものだが、全体に研ぎ澄まされた緊張感が感じられず、結果として淡々とした印象しか残らないのが惜しい。第6番では、オーケストラの音程の不安定さも気になる。

カントロフ指揮の室内交響曲集は、フィンランドの室内オーケストラとの共演。カントロフが指揮したショスタコーヴィチ作品には他に、弦楽四重奏曲第8番のバルシャイ編曲版(オーベルニュ室内CO:Denon)があるのだが、こちらは現在に至るまで入手できずにいる。さてこのアルバム、どこか浮遊感のある透明な響きと、奇を衒うことなく丹念に音楽を紡いでいる様が心地好い。楽曲の根底にある深刻な主題に対する内なる共感も十分に伝わってくるのだが、主として技術水準に起因する表現力の不足ゆえに、結果として表面的なきれい事に終始しているのが残念。

ソレルQによる弦楽四重奏曲全集も完結してから時間が経っているが、途中まで買い進めたものの、どうにも惹かれるものがなく、すっかり忘却の彼方へと追いやられていた。たまたま第5巻が安価になっていたので、再び忘れてしまう前にオーダー。無難なアンサンブルが繰り広げられているが、第5番では一層の力感が欲しいところ。特筆すべき特徴はない。第15番も同様だが、とりわけ弱奏部には多彩な表現力が求められるだけに、表現力不足の感が否めない。

ストロベル指揮の映画音楽集は、DSCH社刊の新全集を用いた「新バビロン」全曲と、CDでは初登場となる「生涯のような一年」のカップリング。楽譜を見てジャッド指揮のCapriccio盤ときちんと比較したいところだが、それはまたいつか(^^; 端正に整えられた演奏で、特に「新バビロン」においては、ソロイスティックな鮮やかさには欠けるものの、鑑賞する上での不満は特にない。「生涯のような一年」もクリアな録音で聴けるという以上の仕上がりではあるが、M. ショスタコーヴィチ盤のやみくもな熱狂とは対極にある落ち着いた演奏であるがゆえに、少々物足りなくもある。

ムーソルグスキイの作品も、遅々としたペースではあるが、聴き進めている。ムーソルグスキイの作品は、オペラはもちろんのこと、歌曲などでも版が複数あり、楽譜と対照しながらでなければ詳しいことがわからないものが多いのが難点。そうした細かいことを無視するならば、歌曲はほぼ全て揃ったので、次はピアノ曲でも……といった感じでHMVのカタログを検索していたら、ベロフという有名ピアニストの、それなりにまとまった曲数が収録されたアルバムが廉価でリリースされていたので、早速購入。展覧会の絵の展覧会という有名サイトの情報を参考にすると、このCDに収録されていないムーソルグスキイのピアノの曲は、以下の4曲のみ:
  • 4手のためのソナタ(1860年)
  • 夢(1865年)
  • Supreme bonheur
  • Reflexion
演奏内容を問わないのであれば、あと2枚程度購入したら、全部揃うことがわかった。ムーソルグスキイのピアノ曲集は、ポーストニコヴァのアルバムを所有しているが、若きベロフの演奏はそれと比べると鋭利な技巧で颯爽と華やかに弾き切っている印象が強い。どんよりとしたロシア情緒は後退しているが、色彩感に満ちた華麗なムーソルグスキイというのも悪くはない。次は、合唱曲と管弦楽曲に挑戦してみようかな。併録されているバラーキレフの作品集も、なかなか魅力的で思わぬ拾い物。もっとも、バラーキレフの作品を体系的に聴くのは、まだまだ随分先のことになるだろうが。

グラズノーフのピアノ作品全集も、3枚目となった。第3巻は計6曲の「前奏曲とフーガ」を収録した、わりと地味な内容。こういう渋い甘さを漂わせた音楽は決して嫌いではないのだが、取っ付き難さは否めない。もう少し大人になったら、自然に楽しめる日が来るのだろうか。

同じくHMVに、8月に注文していたものの未入荷だった1枚も、別便で届いた。ピアソラの自作自演を収録した編集盤で「Homenaje II」というタイトルだが、「I」はTrovaレーベルの有名な「アディオス・ノニーノ」というアルバムと、「ブエノスアイレスのマリア」からの5曲を組み合わせた編集盤で、こちらは既に架蔵済み。今回届いたアルバムもいかにもなありきたりの音源を集めた編集盤で、店頭でよく見かけていた頃には気にしていなかったのだが、最初の2曲(「チキリン・デ・バチン」「マティルデへの小さな歌」)が未聴音源だと気づいた時には、すっかり店頭で見ることはなくなっていたもの。ふと思い出してHMVで検索したところ、廃盤ではなさそうだったのでオーダーしてみた次第。このヴァージョンの「チキリン・デ・バチン」はなかなか素敵で、すっかり気に入った。ただ、『Piazzolla & Amelita Baltar』という編集盤が数年前に出ていたようで、こちらには今回入手した音源の他に、さらなる未聴分が含まれている。HMVのカタログにはなかったので気づかなかったのだが、ちょっと悔しい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Mussorgsky,M.P. 作曲家_Glazunov,A.K. Tango_Piazzolla,A.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター