『ラフマニノフ ―明らかになる素顔―』(ユーラシア・ブックレット, 2012)

甘美な旋律に彩られたヴィルトゥオージックなピアノ曲の作曲家であり、録音で聴くことのできる前時代の伝説的なピアニスト、といった辺りが、私にとってのラフマニノフ像であり、恥を忍んで正直に言えば、ピアノが弾けない私には一定以上の興味が抱けない音楽家であった。大学1回生の時にエキストラ出演した某大学オケで交響曲第2番を弾いた時も、その叙情が過剰であるように感じられて楽しめなかったし、サークルの少なくない数の仲間が夢中になってラフマニノフ作品に挑んでいるのを聴いても、音が多いなぁとしか思わなかったくらいだ。私自身は音楽学とは全く無縁ではあるものの、筆者が「はじめに」で「学者は理屈をこねるのが好きなので、理屈と接点を持たない作曲家とはくみしにくいのです」と指摘しているように、理屈で音楽を聴いていたということだろう。

明確な転機があったわけではない。年齢を重ねたからだろうか、19世紀ロシア音楽を爛熟させ、かつ洗練させたラフマニノフの音楽は、ごく自然に私の心を打つようになっている。とりわけ数々の歌曲の魅力は、グリーンカから現在に至るまでのロシア音楽の中でもトップクラスに位置づけられてしかるべきものだと思っている。著者の言う「距離を置きたがる研究者たち、甘美な旋律に酔う聴衆、楽譜を通して冷静に向き合う演奏家……この三者のラフマニノフの捉え方は著しく乖離しています」という状態が、私の中で解消されつつあるということなのだろうか。

客観的なデータを元に、これまでに確立されてきた人物像を一新するような見解を打ち出すのは、一柳氏の得意とするところだが、このわずか60ページ程度の本でも、氏の本領が存分に発揮されている。ロシア音楽史に対する広範で俯瞰的な知見を踏まえつつ、ラフマニノフという作曲家、そして演奏家を的確に位置付けようとする姿勢は、それだけでラフマニノフの真正な評価に対して大きく寄与するものだろう。

本書の欠点は、ブックレットという紙数の制約に起因する物足りなさだ。一通りの論点は網羅しているものの、いずれも紹介程度の紙数しか割かれていないために、もっとまとまった形で踏み込んだ記述を読みたいと思ってしまう。逆に言えば、それだけの魅力があるだけに、いかにももったいない。また、著者の主張を端的に伝えるためには仕方ないのだろうが、新しい知見を提示するに、十分な根拠をもって論理展開する余裕がないために、独断的な印象を受けなくもない(この点に関して、私は他の著作を読んだ経験から著者を信用していることを申し添えておく)。

私は、音楽家の評伝というのは、その人の音楽を聴きたいという気持ちを多くの愛好家に喚起するものでなければならないと考えている。その点で本書は、優れた評伝と呼ぶに値する内容を持っている。もちろんそれは、学術的な意義を損なうものではない。近い将来、相応の分量をもった著作をまとめられることを、大いに期待したい。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rachmaninov,S.V.

【ニコニコ動画】ラフマニノフ:交響曲第2番(スヴェトラーノフ指揮)

ニコニコ動画で、スヴェトラーノフが指揮したラフマニノフの交響曲第2番の全曲映像を見つけた。昨年の11月末に投稿されていたようだが、不覚にも全く気付かなかった。この映像の一部は随分前にYouTubeで視聴したことがあったが、この曲の白眉とも言うべき第3楽章の佳境手前のいいところだけが抜粋されていたので、是非とも全曲を視聴したいと思っていた。

1973年の収録にも関わらず白黒で、画質、音質共に優れないということは、あらかじめ断っておきたい。マスターに由来するのか投稿者所有のソースに由来するのかは分からないが、気になるレベルのノイズもほぼ全編を通してある。これらの事が気になるのならば、この映像はあまり楽しめないかもしれない。

壮年期のスヴェトラーノフの演奏は、Canyonレーベルの全集録音や、最晩年の2000年にNHK交響楽団を振った演奏の深み、あるいは高みには達していない。しかし、筋肉質で颯爽とした、それでいて甘美な泥臭さも感じさせる音楽は、この時期のスヴェトラーノフならではであろう。全員が音楽に没入しているかのようなオーケストラの姿、そして彼らの前に、少々の気取りを漂わせながら君臨するスヴェトラーノフの姿。物理的な品質の劣悪さを越えて、映像で視聴する愉しさや悦びを存分に味わうことのできる素晴らしい動画である。

投稿者に感謝!

第1~2楽章第3~4楽章
第3楽章(一部)
ラフマニノフ:交響曲第2番
スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO(1973年)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rachmaninov,S.V. 演奏家_Svetlanov,E.F.

カラヤンの芸術/国立モスクワ合唱団演奏会

  • ブラームス:交響曲第1番 カラヤン/ベルリンPO (1973 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • ブラームス:交響曲第4番 カラヤン/ベルリンPO (1973 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • チャイコーフスキイ:交響曲第4番 カラヤン/ベルリンPO (1974 録画 [NHK BS2 (2009.8.10)])
  • ロシア民謡(ノーヴィコフ編):ヴォルガの舟歌、ブラーンテル(アナーシキン編)カチューシャ、ロシア民謡(アナーシキン編):黒い瞳、ラフマニノフ:聖ヨハンネス・クリソストモスの典礼(抜粋) ミーニン/国立モスクワcho (2009.6.2 録画 [NHK BS-hi (2009.8.7)])
8月3日と10日の未明、カラヤン/ベルリンPOが1970年代前半に遺した映像が放映された。3日はベートーヴェンの交響曲(第3、5~8番)、4日はチャイコーフスキイ(第4、6番)とブラームス(第1、4番)の交響曲だったのだが、いずれも初出の映像ではないので、好きなブラームスの2曲だけを録画しておくことにした。しかし、録画予約しようとしたら番組名に「交響曲第4番」しか表示されず、どちらがブラームスなのかチャイコーフスキイなのかの区別がつかず、やむなく両方を録画。

一応はライヴ映像の体裁をとっているものの、この時期のカラヤンの映像作品であるだけに、隅々にまで手が加えられているのは言うまでもない。音楽そのものにも、映像の作り方にも徹底してカラヤンの美学が投影されているので、好き嫌いははっきりと分かれるだろう。僕は、指揮姿をはじめとして随所に作り物臭さを感じつつも、きびきびとした格好良さは素直に認めてしまう。“正統派”のブラームスとはとても思えないが、これだけの説得力を持つ演奏はそうめったにあるものではない。

ただ、チャイコーフスキイについては、妙に音痴に聴こえるトランペット(音色のせいなのか?録音のせいなのか?)や、騒々しさしか感じられない盛り上がりなど、全体を通してあま感心しなかった。確かに僕の好きな曲ではないのだが、おそらくはカラヤンの解釈がそれに拍車をかけているのだろう。

ミーニン率いる国立モスクワ合唱団の演奏は、何枚かの音盤を通して聴いており、その実力の高さは知っていただけに、最近の日本公演の映像が放送されると知れば、録画しないわけにはいかない。この映像は、2009年6月2日に東京オペラシティ・コンサートホールで行われた演奏会を収録したもの。客の入りは驚くほど少ないのだが、合唱の演奏会というのはこの程度が普通なのだろうか?ともかく、演奏は聴衆の数に反してとても素晴らしいもの。有名な民謡や大衆歌も良いが、とりわけラフマニノフが素晴らしい。「晩祷」と同じく正教会の典礼のために書かれた作品で、対位法的な複雑さはあまり感じられず、息の長い旋律線が独特の神々しい雰囲気を醸し出しているのだが、国立モスクワ合唱団の温もりのある清らかな透明さを感じさせる歌唱は圧倒的ですらある。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Karajan,H.v. 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Rachmaninov,S.V.

ラフマニノフの交響曲第2番

  • ラフマニノフ:交響曲第2番 スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (Canyon PCCL-00325)
昨晩は、練習後に澤先生と軽く飲みに行って、家に帰ったら午前0時半過ぎ。さすがに今朝はしんどかった。歳だねぇ。日記も2日分まとめてアップ。

澤先生の練習は、いつもながら丁寧で意図のはっきりとした説明と、それを実現するための細部の積み上げを大事にしたもの。解釈自体はごくオーソドックスなんだけれども、実に気持ちよく弾くことができる。「シェヘラザード」の2楽章は、約束事をみっちりと確認。最後に通してみると忘れていることがいっぱい。こういうことがきちんとできるようになると、もっと水準の高い練習ができるんだろうけど。

たまらなかったのが、シベリウスの7番。めちゃくちゃえぇ曲ですなぁ。全部の音に感情移入してしまいそうになる。いわゆる第1楽章に相当する部分の途中までしかやらなかったのが残念で仕方ない。技術的にはそんなに難しい曲じゃないから、これは音楽的に色々と詰めていけそう。

「ダンバートン・オークス」は、ひたすら丁寧に弾けないところをさらう。こちらも第1楽章の途中までだったが、皆必死で譜面にかじりついているのが楽しい。たまにはこういう曲で脳を活性化させないと。

札幌南高校時代に所属していた吹奏楽部のOB会MLで、ひょんなことから「春の祭典」談義になっていて、そこで話題になっていた部分について練習前に澤先生に質問したが、今度アナリーゼしたスコアを持ってきてくれるとのこと。先生は、最近ロシアに2回行ったそうで、「俺は将来絶対ロシアに住むよ」とえらい惚れ方。延々とロシア(ソヴィエト)音楽談義で0時過ぎまで飲んでしまったわけでした。

その場でラフマニノフの交響曲も話題にあがったので、今日は第2番を聴いてみた。これは、夫婦の趣味が一致する数少ない曲の一つ(^^;。やっぱこれはスヴェトラーノフの新盤がベストだな。プレヴィンの甘い歌や、ラトルのこだわりに満ちた若々しい演奏も好きだけど、この音じゃなきゃ。ロシア万歳。

さすがに昨日一日音の洪水(というほど大編成のオーケストラじゃないけど)の中にいたので、今日はもうこれだけでお腹一杯。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rachmaninov,S.V. 演奏家_Svetlanov,E.F. 演奏活動_かぶとやま交響楽団

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター