スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『驚異のデュオ』

  • ヴァーインベルグ:交響曲第4番 コンドラーシン/モスクワPO (MK C 311-312 [10"mono])
  • スヴィリードフ:パルティータ、7つの小品 V. ブーニン (Pf) (Melodiya C10-17129-30 [LP])
  • シチェドリーン:24の前奏曲とフーガより(ハ長調、ニ短調、ト長調)、トロイカ、バレエ「せむしの仔馬」より3つの小品、2つのポリフォニーの小品、ピアノ・ソナタ第1番、ユーモレスク、アルベニス風に シチェドリーン (Pf) (Melodiya 33D 014081-82 [LP])
  • シチェドリーン:ピアノ協奏曲第1&2番 ペトローフ、シチェドリーン (Pf) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya 149 001 [LP])
  • L. モーツァルト:12の二重奏より、ハイドン:3つの二重奏より、レーガー:古風な様式による組曲より、バルトーク:44の二重奏より、シニートケ:モーツ=アルト クレーメル、グリンデーンコ (Vn) (eurodisc 200 083-405 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの10月到着分。ここのところ中古LPばかりで、すっかり新譜とはご無沙汰で、HMVのウィッシュリストもひたすら増え続ける一方。来年はLPを控えてCD中心にしようかな。

今月もまた、ヴァーインベルグの交響曲を入手。今回聴いた第4番は、ヴァーインベルグ入門にはもってこいの聴きやすく、それでいて作曲家の個性が十二分に刻まれた逸品であった。冒頭からユダヤ風の音調が支配的で、哀しくも力強く、綿々と続く決然とした楽想はヴァーインベルグならではのもの。それでいて、聴き映えのする格好良さが全曲を貫いている。反面、胃がキリキリするような切実さは後退しているようにも思えるが、作品全体の完成度が高いので気にはならない。コンドラーシンの芝居っ気たっぷりの切れ味の良さも、作品とよく合っている。

スヴィリードフのピアノ作品を聴くのは初めて。パルティータは、その名の通りバロック風の荘厳な雰囲気が漂う7曲から成る組曲。師匠であるショスタコーヴィチの影響も確かに認められるが、現代的ながらも平易な旋律と和声感覚は、明らかに後年の作品に通ずるスヴィリードフ独自のものである。ショスタコーヴィチに師事する以前の作品である7つの小品は、同時期のプーシキンの詩による6つの歌曲とよく似た、スヴィリードフ最初期の素朴な魅力に満ちた音楽。楽曲構成などはパルティータに及ばないものの、親しみやすい素敵な作品である。V. ブーニンの力強い演奏は、これらの作品の姿を適正に伝えてくれる。

シチェドリーンの自作自演をまとめて聴くのも初めて。気の利いた小品も楽しいが、いささか直截的な洒落っ気がトッカータ風の奔流に乗って繰り広げられるソナタも、若いなぁと思いつつ、独特の格好良さに惹かれてしまう。

ピアノ協奏曲第1番も、こうした格好良さという点ではなかなかのもの。緩徐楽章のちょっとした和声などにシチェドリーンらしさの片鱗が窺えるが、さすがに最初期の作品だけあって、シチェドリーン以外の雑味の方が多い印象。音楽的には、第2番の方が圧倒的に面白い。シチェドリーンのピアノはタッチの色彩感に不足するものの、ショスタコーヴィチの神経質な皮肉とは異なり、斜に構えていながらも豪胆に笑い飛ばすような雰囲気に、自作自演ならではの味わいがある。

かつて日本でも「驚異のデュオ」というタイトルでLPが発売されていた、クレーメルとグリンデーンコのアルバムは、ちょっとした思い出の一枚。A面に収録されているL. モーツァルトとハイドンの2曲は、当時習っていたヴァイオリンの先生が、弟と一緒にやりなさいと課題で与えてくれた曲で、その模範演奏としてこのレコードを貸してくれたことがある。カセットテープにダビングしたので、今でもどこかにあるはずだが、いずれにしてもそれ以来、25年近く聴いていなかったものだ。今、改めて聴いてその完成度の高さ、音楽的な内容の豊富さに吃驚。寸分の違いもないイントネーションやアンサンブルも、それだけで芸術と言ってよい水準ではあるが、ヴァイオリン二重奏という音域的にも音色的にもある程度の限界がある編成のスコアから、常識では考えられないほどの多彩さを読み取り、引き出す二人の才能が、まさに“驚異”。どの曲も素晴らしいが、作品の好みでレーガーの2曲をアルバム中のベストとして挙げておく。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Weinberg,M. 作曲家_Sviridov,G.V. 作曲家_Shchedrin,R.K. 作曲家_Reger,M.

雑多な買い物記

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第1&5番 マズア/ロンドンPO (London Philharmonic Orchestra LPO-0001)
  • ブラームス:交響曲第2番、レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ ベーム/ベルリンPO (DG 474 989-2)
  • ヘンデル:合奏協奏曲 Op. 3-4、6-10、6-12 トレチャコフ/ソヴィエト国立室内O (Yedang YCC-0045)
  • ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲集「四季」、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ トレチャコフ(Vn & Cond.)/ソヴィエト国立室内O (Yedang YCC-0127)
5月1819日と、かぶとやま交響楽団第32回定期演奏会の曲目について本欄に書いたが、当然のことながら、せっかく音盤屋に足を運んでそれだけの買い物で終わろうはずがない(^^;。今日は、それ以外の買い物について。

Tower Records難波店では、マズアのショスタコーヴィチを。ロンドン交響楽団の自主制作レーベルはもう結構な枚数がリリースされているが、ロンドン・フィルも新たに自主制作レーベルを立ち上げたとのこと。その第1弾にショスタコーヴィチが選ばれたのは、なんとなく嬉しい。マズアのショスタコーヴィチは、交響曲に限って言えば第7番と第13番(ともにニューヨークPO)がリリースされている。今回のアルバムは、オーケストラの影響なのか、ややおとなしい演奏である。第1番では若々しくも落ち着いた抒情に満ちていて、どこか格調の高さを感じさせる。若書きだからというわけではないが、もう少し表現意欲が漲っていても良いような気もする。第5番も基本的には似た傾向の演奏だが、この曲の場合、やはりある程度の押しの強さがなければ退屈してしまう。全体に“勝利”ではなく“悲劇”を強調した解釈がとられていて、そのこと自体にさして問題はないものの、それでも終楽章のコーダは少々やりすぎだと僕には思われる。こういった文学的な解釈が前面に出た演奏は、僕の好みではない。

一方、Tower Records梅田店では閉店間際に駆け込んだにもかかわらず、3点を捕獲。

ベームのブラームスは、僕が大学の学部生だった頃に「レコード芸術」誌の名盤復刻企画でベートーヴェンの「運命」とのカップリングで復刻されたものを既に持っている。今回はレーガー作品が目当て。ベームの同曲は、本欄でも2003年10月24日に紹介した1938年のライヴ録音があったが、さすがにこれは録音が悪すぎて、何が何だかわからない。ということで、1956年のスタジオ録音である本盤を見つけて迷うことなくレジへ直行した次第。これはいぶし銀の秀演。冒頭の主題から、何とも言えない優しさと渋い情感が満ち満ちている。妙に分析的にはならず、終始音楽的な流れと独特の和声を自然に表出しているところに好感が持てる。これは、当時のベルリンPOの魅力的な音色のおかげでもあろう。

吉田秀和が絶賛したこともあるらしいブラームスの第2番も、実に立派で素晴らしい演奏。中間楽章の引き締まった抒情が特に魅力的。なお本盤は、「Musik...sprache Der Welt(音楽…世界共通の言葉)」というシリーズの一枚。

クラシックのコーナーに入るところで、Yedang Classicsのワゴンセールをやっていた。なんと一枚590円(税込)!この値段なら、ということでトレチャコフが指揮と独奏をしているアルバムを2枚購入。ジャケットには「ソヴィエト国立室内O」と記されているが、これは恐らく「モスクワ室内O」のことだろう。ある時点で国立の団体になったのだろうが、詳しいことは知らない。

ヘンデルの合奏協奏曲は大好きな曲だが、隅々まで透明に響き渡るソ連サウンドで聴くのはまた格別。これは弦楽合奏の一つの極致である。ライヴ録音のようだが、これを生で体験していたら文字通り失神してたかも。

ヘンデルの出来に「四季」も期待が高まったが、こちらは…う~ん…微妙。もちろん、技術的には完璧で、その点においては不満はない。ただ、瞑想的な雰囲気が支配的で、トレチャコフ独自の解釈として完成度は決して低くないのだが、この曲はもうちょっと脳天気で良いのではないだろうかと思ってしまう。4曲中では、「冬」の出来が一番良い。このような傾向はサン=サーンスでも同じ。こういう華やかなショウピースに相応しい解釈とは言えないような気がする。まぁ、弾くだけなら寝てても完璧にできるだろうから、色々考えてしまうのかもしれないが。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Reger,M. 作曲家_Händel,G.F.

現実逃避の日々

  • J. S. バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲、モーツァルト:協奏交響曲、ブラームス:ヴァイオリンとチェロのための協奏曲、J. S. バッハ:無伴奏チェロ組曲第3番よりブーレ D. オーイストラフ (Vn & Va) I. オーイストラフ (Vn) メニューイン (Vn & 指揮) ロストロポーヴィチ (Vc) コンドラーシン/モスクワPO他 (EMI DVB 490450 9[DVD])
  • レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ シュタイン/ベルリンPO (WOWWOW [録画])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第15番 K. ザンデルリンク/クリーブランドO (Erato WPCS-5539)
  • Paris1955 ピアソラと彼のオルケスタ (Sono Punch EU1045)
25日はかぶとやま交響楽団の練習。レーガーの初見だった。まともにメンバーが揃わなかったので、文字通り初見しただけという感じだったが、いやはや難しい曲ですな。正確に弾けないとそれだけで台無しになってしまう部分が多くて、どうやって仕上げたものかと途方に暮れてしまう。まぁ、きちんと一つずつ積み重ねるしかないのだけれど。

オーイストラフのDVD、残るモーツァルトとブラームスを観た。メニューインの偽善的な微笑みはどうしても好きになれないが、モーツァルトは実にくつろいでいて、また華やかな、とても素敵な演奏。それにもまして、ブラームスの圧倒的な完成度。確かにロストロポーヴィチがでしゃばりすぎなのだが、オーイストラフもコンドラーシンも大人の器量で包み込んでいる。単なるロシアン・テイストというのを超えた、ブラームスの響きにただただ魅了された。

レーガーのビデオを知人から借りた。肝心な部分のボウイングが映ってなかったりして今ひとつ参考にならなかったが、演奏自体はしっかりとしたもの。こういう曲はいかに正確に楽譜を再現できるかが勝負な部分もあるだけに、ベルリンPOの達者さには素直に感心する。シュタインの音楽作りも地に足がついていて、作品の魅力をきちんと引き出している。1日のかぶとやま交響楽団の練習は僕が見たのだが、まぁ、再び初見といった感じでなかなか勉強の成果を反映させるところまでは行かなかった。それにしても、これを整理していくのは一苦労。

京都大学音楽研究会の先輩から、メールが来た。ふとしたことで聴いたショスタコーヴィチの第15交響曲に心を奪われたという内容。僕にまで飛び火してしまいました。最初の仏壇の鐘みたいな2発から完全にショスタコーヴィチの世界。ここで描かれている内容を理解するには、まだあまりにも人生経験が足りない。もっとも、死ぬ直前になっても理解なんてできないのかもしれないが。ただ、生に対する執着というか、異様なまでの生命力の強さが僕を縛り付ける。

ショスタコーヴィチの呪縛を解くために、若きピアソラのアルバムを聴く。ショスタコーヴィチとは対極でありながら、生きる力、情熱は同じように満ちている。こういう素晴らしい音楽を聴きながら、締め切りに追われる日々から逃避してる自分って…

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Oistrakh,D.F. 作曲家_Reger,M. 作曲家_Shostakovich,D.D. Tango_Piazzolla,A.

まとめて…

  • ビゼー(シェドリーン編):カルメン組曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 キーシン (Pf) カフェルニコフ (Tp) スピヴァコフ/モスクワ・ヴィルトゥオージ他 (Melodiya MEL CD 10 00618)
  • レーガー:ヒラーの主題による変奏曲とフーガ、モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ、管弦楽のためのバレエ組曲 カイルベルト/バンベルグSO、ハンブルグ州立PO (Teldec 3984-28175-2)
  • ブラームス(シェーンベルグ編):ピアノ四重奏曲第1番、アルヴェーン:歌劇「山の王」から「牛飼いの娘の踊り」、シベリウス:交響曲第5番、ショスタコーヴィチ:組曲「ボルト」より ロジデーストヴェンスキイ/ストックホルムPO (Melodiya C 10-13297-300[LP])
  • Kurt Sanderling The Soviet Years 1947-1956 (HDN C 0013)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、グリーグ:「ペール・ギュント」組曲第1&2番 クリヴィヌ/フィルハーモニアO、スメターチェク/プラハSO (Denon COCO-70322)
  • リームスキイ=コールサコフ:歌劇「ムラダ」より「貴族たちの行列」、交響組曲「シェエラザード」、スクリャービン:法悦の詩 スヴェトラーノフ/ロンドンSO、ソヴィエト国立SO (BBC Legends BBCL4121-2)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
  • シベリウス:交響曲第5&7番 カラヤン/ベルリンPO (DG POCG-2090
  • R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」、交響詩「ドン・ファン」 カラヤン/ベルリンPO (DG 429 717-2)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番(1978年ライヴ) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Scribendum SC 027)
いよいよ、かぶとやま交響楽団の第29回定期演奏会が今週末に迫ってきた。週末はその練習で、週が明けてからは本業でバタバタしていたため、断片的にしか音楽を聴く時間がとれなかった。今日列記した音盤は、週末から今日にかけて聴いたものを並べている。

本番直前ではあるが、来年5月に予定している第30回定期の選曲も進めなくてはならない。メインがドヴォルザークのチェロ協奏曲に決定しているので、前半の曲目は単に有名なだけではない、洒落たものにしたいのだが、何せ団員数が少ないので選曲の幅が狭くて苦労する。シェドリーンのカルメン組曲は、一度機会があったらやりたいと思っているので今回スコアを見ながら検討してみる。弦楽器は18型の指定があるものの、小編成で無理があるわけではないし、技術的にも十分可能な範囲。ただ、この曲は打楽器の負担が大きいので、打楽器が完全にトラ頼みの当団では無理だろうな。スピヴァコフの演奏は、スコアをよく見るとカスタネットのリズムがえぇ加減だったりするのに気付くが、基本的に精緻な演奏で模範になる。編成的な問題を考えると、レーガーのモーツァルトの主題による変奏曲とフーガは、まさにかぶ響向き。譜面づらはそんなに恐れるほどのものではなかった。が、レーガーの弦楽四重奏曲などを遊びで弾いた経験からすると、この和声感覚は相当難物だろうと想像される。弦楽器がDivだらけなのも、当団にはきついか。でも、素晴らしい曲。フーガ直前の第8変奏なんか、完全にレーガーの世界で恍惚としてしまう。やりたいなぁ。でも、やったら後悔するかな。

先日1枚目のブラームス=シェーンベルグのみを聴いたロジデーストヴェンスキイのライヴ録音の2枚目を聴く。シベリウスの第5番は、モスクワ放送響とのスタジオ録音に比べるとオーケストラの響きが落ち着いていて、ある意味シベリウスらしい。全体的には比較的つつがない演奏で、モスクワ放送響との全集みたいな個性的なものを期待すると拍子抜けする。「ボルト」組曲は、チェコ・フィルとクレジットされているPraga盤がほぼ同じ収録曲なのでひょっとしたら同じ演奏ではないかと思ったのだが、ざっと聴き比べた感じではよく似た演奏ではあるが、どうやら違う音源のようだ。ただ、楽器のバランスや、終演後の拍手が違うからといって、絶対に演奏が違うとまでは言えないのがPragaレーベルの罪なところ。まぁ、こういうあら探しみたいな作業はつまらないので、あまり深くこだわらないことにする。

今週末の演奏会に向けて、少し勉強をする。「ダンバートン・オークス」は、最近購入したザンデルリンクのソ連時代のライヴ録音で。きちんと仕上げられた丁寧な仕事だが、アクセントの効かせ方が今ひとつで、ストラヴィーンスキイならではのエキセントリックなリズム感があまり出ていない。これはザンデルリンクの趣味なのかもしれないが、あまり納得できない。アンサンブルはよく整っているが、それでもあちこちで走ったりしているのを聴くと、プロも同じやんけ、と安心したりするのは志が低いでしょうかね?

「シェエラザード」は、結局それほど音盤を集めたりしなかったのだが、何となく気に入っている3枚を立て続けに聴いた。クリヴィヌ盤は、非常に水準の高い演奏。常に廉価盤で出ているためにどうしても軽く扱ってしまいそうになるが、ここまできれいな響きで磨き上げた演奏もないような気がする。譜面に盛り込まれた効果が、余裕をもって引き出されていることで、多くの聴き手がこの曲に求めていることが余すところなく実際の音になっている。カントロフのVnソロは完璧。こう弾けたらなぁ。ま、無理なので今さら夢は見ないけどね。一方、スヴェトラーノフ盤は、まさにこれぞロシアといった演奏。濃厚な表情がたまらないが、これは大編成じゃないとね。自分の演奏の参考にはならない。でも、イギリスのオーケストラをこれだけ自分の色に染めてしまうというのは、やはり偉大な個性と言うべきだろう。洗練されながらもロシア臭を失っていないという点では、ゲールギエフ盤が随一。中央アジア風の民族色も感じさせる周到な表情付けは、聴けば聴くほどその綿密な仕上げに感心する。もちろん、こうした音楽作りはオーケストラの高度な機能にその多くを負っていることも間違いない。勉強、という意味では、この演奏が一番勉強になる。

続いて、シベリウスの第7番。練習番号Aの後にある弦楽器のコラールがとてもきれい。ここの部分がどうしてもうまくいかないんだよな。曲全体のまとめ方もうまいし、ミリタリックな金管の響きも僕は嫌いじゃない。それにしても、何と素晴らしい曲なんだろう。本番が待ち遠しいけれども、それでもう当分は弾く機会がないのかと思うと寂しい。

カラヤンついでに、大編成の管弦楽曲で契機付けを。なんだかんだ言っても、やはりこういう曲がオーケストラの醍醐味であることは否定しようがない。もっとも、聴くのも弾くのもこういう曲ばっかりだと、ものすごくつまらないんだけど。どうせ大編成ならってことで、シメはスヴェトラーノフの「レニングラード」ライブ。最高!

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shchedrin,R.K. 作曲家_Reger,M. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A. 作曲家_Sibelius,J. 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。