スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アレーンスキイ:組曲第1&3番他/リームスキイ=コールサコフ:交響曲第1~3番他

  • アレーンスキイ:組曲第1、3番、歌劇「ナルとダマヤンティ」序曲 スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya SUCD 10-00148)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響曲第1番、第2番「アンタール」(1875年版) スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (RCA 09026 62558 2)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響曲第3番、音画「サドコー」、歌劇「ムラーダ」より「貴族たちの行列」、歌劇「プスコーフの娘」序曲、歌劇「皇帝の花嫁」序曲、歌劇「サルタン王の物語」より「3つの奇跡」 スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (RCA 09026 62684 2)
6月25日および7月3日の続き。スヴェトラーノフが指揮した19世紀ロシアの音楽を3枚聴く。

モスクワ楽派の系譜を辿ると、チャイコーフスキイとラフマニノフとを繋ぐ位置にいるのがアレーンスキイとS. タネーエフである……と思っているのだが、恥ずかしながら両者ともにその作品をあまり知らない。「作曲者名A」の棚から順に音盤の物色を始めたら、いきなり目についたのが「Anthology of Russian Symphony Music」シリーズの第1巻である、このCDであった。アレーンスキイについては他に迷うような音盤もなく、すぐに確保。組曲は元来2台ピアノのための作品だが、アレーンスキイ自身が管弦楽編曲したもの。第1番は、いかにも若書きの冗長な作品だが、平明な旋律の美しさにアレーンスキイの個性を窺うことができる。代表作でもあるピアノ三重奏曲第1番などと同じ時期に書かれた第3番は、とても魅力的な作品である。第9変奏「夜想曲」などは、いささか俗っぽいが、でもたまらなく素敵で印象に残る。やはり同じ頃の作品であるチャイコーフスキイの主題による変奏曲(弦楽四重奏曲第2番の第2楽章を弦楽合奏用に編曲したもの)と同じく、憂愁の美しさが際立つ佳品と言ってよいだろう。「ナルとダマヤンティ」序曲も、とても良い。



リームスキイ=コールサコフは、たとえば「シェヘラザード」のような有名曲はそれなりに知っているものの、決して知られていないわけではない3曲の交響曲は聴いたことがなかった。スヴェトラーノフがソ連崩壊後間もない1993年にRCAレーベルに録音した2枚が揃って棚に並んでいたので、これもまた迷わず確保。

交響曲と「サドコー」は、いずれも20代の内に仕上げられた若書きの作品である。ただし、交響曲第3番だけは、彼がサンクト・ペテルブルグ音楽院の教授に就任して以降の作品である。音楽院に加わったリームスキイ=コールサコフは、“力強い一団”の特徴でもあったディレッタンティズムを完全に払拭しようと努めた。その表れの一つが、初期作品の度重なる改訂である。交響曲第1番、「サドコー」、そして「アンタール」(交響曲第2番)には複数の版が遺されている。

便利なことに、IMSLPのサイトで異稿のいくつかを閲覧することができる。リームスキイ=コールサコフの全創作を俯瞰するには初稿も聴いておきたいところだが、普通に鑑賞するだけならば最終稿だけで十分だろう。本盤でスヴェトラーノフが演奏しているのも、いずれも最終稿である。「アンタール」は第2稿(1875年版、ただし、ジャケットには1876年版と記されている)と表記されているのだが、スコアを見る限りは最終稿=第3稿(1897年版)である。IMSLPでは3つ全ての版が閲覧可能であり、第2稿と第3稿のファイルが入れ違いになっているなどの問題がない限りは、本盤が第3稿であることに間違いはない。インターネットを検索してみても、このスヴェトラーノフ盤は第2稿であるという情報しかなく、どうも釈然としない。

さて、本盤に収録されている作品はいずれも独特の東洋情緒を湛えた、いかにもリームスキイ=コールサコフらしいものばかりである。ただ、「シェヘラザード」でもそうだが、彼の音楽は旋律や構成よりも絢爛豪華な管弦楽の響きで聴かせる部分が多く、その意味では、改訂後とはいえ、散漫な印象しか残らないのも致し方のないところだろうか。しかしスヴェトラーノフの演奏は、こうした弱点を補って余りある素晴らしいもの。柄の大きな表情が、スコアを超えた効果をスコアから引き出している。版の問題を別にするならば、これらの作品については本盤さえ聴けば十分だ。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Arensky,A.S. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A.

まとめて…

  • ビゼー(シェドリーン編):カルメン組曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 キーシン (Pf) カフェルニコフ (Tp) スピヴァコフ/モスクワ・ヴィルトゥオージ他 (Melodiya MEL CD 10 00618)
  • レーガー:ヒラーの主題による変奏曲とフーガ、モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ、管弦楽のためのバレエ組曲 カイルベルト/バンベルグSO、ハンブルグ州立PO (Teldec 3984-28175-2)
  • ブラームス(シェーンベルグ編):ピアノ四重奏曲第1番、アルヴェーン:歌劇「山の王」から「牛飼いの娘の踊り」、シベリウス:交響曲第5番、ショスタコーヴィチ:組曲「ボルト」より ロジデーストヴェンスキイ/ストックホルムPO (Melodiya C 10-13297-300[LP])
  • Kurt Sanderling The Soviet Years 1947-1956 (HDN C 0013)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、グリーグ:「ペール・ギュント」組曲第1&2番 クリヴィヌ/フィルハーモニアO、スメターチェク/プラハSO (Denon COCO-70322)
  • リームスキイ=コールサコフ:歌劇「ムラダ」より「貴族たちの行列」、交響組曲「シェエラザード」、スクリャービン:法悦の詩 スヴェトラーノフ/ロンドンSO、ソヴィエト国立SO (BBC Legends BBCL4121-2)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
  • シベリウス:交響曲第5&7番 カラヤン/ベルリンPO (DG POCG-2090
  • R. シュトラウス:交響詩「英雄の生涯」、交響詩「ドン・ファン」 カラヤン/ベルリンPO (DG 429 717-2)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番(1978年ライヴ) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Scribendum SC 027)
いよいよ、かぶとやま交響楽団の第29回定期演奏会が今週末に迫ってきた。週末はその練習で、週が明けてからは本業でバタバタしていたため、断片的にしか音楽を聴く時間がとれなかった。今日列記した音盤は、週末から今日にかけて聴いたものを並べている。

本番直前ではあるが、来年5月に予定している第30回定期の選曲も進めなくてはならない。メインがドヴォルザークのチェロ協奏曲に決定しているので、前半の曲目は単に有名なだけではない、洒落たものにしたいのだが、何せ団員数が少ないので選曲の幅が狭くて苦労する。シェドリーンのカルメン組曲は、一度機会があったらやりたいと思っているので今回スコアを見ながら検討してみる。弦楽器は18型の指定があるものの、小編成で無理があるわけではないし、技術的にも十分可能な範囲。ただ、この曲は打楽器の負担が大きいので、打楽器が完全にトラ頼みの当団では無理だろうな。スピヴァコフの演奏は、スコアをよく見るとカスタネットのリズムがえぇ加減だったりするのに気付くが、基本的に精緻な演奏で模範になる。編成的な問題を考えると、レーガーのモーツァルトの主題による変奏曲とフーガは、まさにかぶ響向き。譜面づらはそんなに恐れるほどのものではなかった。が、レーガーの弦楽四重奏曲などを遊びで弾いた経験からすると、この和声感覚は相当難物だろうと想像される。弦楽器がDivだらけなのも、当団にはきついか。でも、素晴らしい曲。フーガ直前の第8変奏なんか、完全にレーガーの世界で恍惚としてしまう。やりたいなぁ。でも、やったら後悔するかな。

先日1枚目のブラームス=シェーンベルグのみを聴いたロジデーストヴェンスキイのライヴ録音の2枚目を聴く。シベリウスの第5番は、モスクワ放送響とのスタジオ録音に比べるとオーケストラの響きが落ち着いていて、ある意味シベリウスらしい。全体的には比較的つつがない演奏で、モスクワ放送響との全集みたいな個性的なものを期待すると拍子抜けする。「ボルト」組曲は、チェコ・フィルとクレジットされているPraga盤がほぼ同じ収録曲なのでひょっとしたら同じ演奏ではないかと思ったのだが、ざっと聴き比べた感じではよく似た演奏ではあるが、どうやら違う音源のようだ。ただ、楽器のバランスや、終演後の拍手が違うからといって、絶対に演奏が違うとまでは言えないのがPragaレーベルの罪なところ。まぁ、こういうあら探しみたいな作業はつまらないので、あまり深くこだわらないことにする。

今週末の演奏会に向けて、少し勉強をする。「ダンバートン・オークス」は、最近購入したザンデルリンクのソ連時代のライヴ録音で。きちんと仕上げられた丁寧な仕事だが、アクセントの効かせ方が今ひとつで、ストラヴィーンスキイならではのエキセントリックなリズム感があまり出ていない。これはザンデルリンクの趣味なのかもしれないが、あまり納得できない。アンサンブルはよく整っているが、それでもあちこちで走ったりしているのを聴くと、プロも同じやんけ、と安心したりするのは志が低いでしょうかね?

「シェエラザード」は、結局それほど音盤を集めたりしなかったのだが、何となく気に入っている3枚を立て続けに聴いた。クリヴィヌ盤は、非常に水準の高い演奏。常に廉価盤で出ているためにどうしても軽く扱ってしまいそうになるが、ここまできれいな響きで磨き上げた演奏もないような気がする。譜面に盛り込まれた効果が、余裕をもって引き出されていることで、多くの聴き手がこの曲に求めていることが余すところなく実際の音になっている。カントロフのVnソロは完璧。こう弾けたらなぁ。ま、無理なので今さら夢は見ないけどね。一方、スヴェトラーノフ盤は、まさにこれぞロシアといった演奏。濃厚な表情がたまらないが、これは大編成じゃないとね。自分の演奏の参考にはならない。でも、イギリスのオーケストラをこれだけ自分の色に染めてしまうというのは、やはり偉大な個性と言うべきだろう。洗練されながらもロシア臭を失っていないという点では、ゲールギエフ盤が随一。中央アジア風の民族色も感じさせる周到な表情付けは、聴けば聴くほどその綿密な仕上げに感心する。もちろん、こうした音楽作りはオーケストラの高度な機能にその多くを負っていることも間違いない。勉強、という意味では、この演奏が一番勉強になる。

続いて、シベリウスの第7番。練習番号Aの後にある弦楽器のコラールがとてもきれい。ここの部分がどうしてもうまくいかないんだよな。曲全体のまとめ方もうまいし、ミリタリックな金管の響きも僕は嫌いじゃない。それにしても、何と素晴らしい曲なんだろう。本番が待ち遠しいけれども、それでもう当分は弾く機会がないのかと思うと寂しい。

カラヤンついでに、大編成の管弦楽曲で契機付けを。なんだかんだ言っても、やはりこういう曲がオーケストラの醍醐味であることは否定しようがない。もっとも、聴くのも弾くのもこういう曲ばっかりだと、ものすごくつまらないんだけど。どうせ大編成ならってことで、シメはスヴェトラーノフの「レニングラード」ライブ。最高!

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shchedrin,R.K. 作曲家_Reger,M. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A. 作曲家_Sibelius,J. 作曲家_Shostakovich,D.D.

[2003-06-21分] ネイガウスのブラームスと「リヒテルは語る」

  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
  • J. S. バッハ:平均率クラヴィーア曲集第1巻より(6曲)、モーツァルト:ロンド、ブラームス:8つのピアノ曲 作品76より(7曲)、作品118-2、作品119より(2曲) H. ネイガウス (Pf) (Denon COCQ-83664)
今日は、かぶとやま交響楽団の練習日。午前中は子供の関係で用事があったりして、ほとんど音楽を聴く時間がとれなかった。

とりあえず、先日購入したばかりの、ゲールギエフの「シェエラザード」をまた聴き直してみる。隅々まで丁寧に磨き抜かれていることに、改めて感心。たとえば弦楽器に多用されているハーモニクスなどが実に鮮やかで、リームスキイ=コールサコフが意図したオーケストラの響きが、理想的といって良い形で再現されているように思われる。同じパターンの繰り返しながらも単調さを感じさせないのは、こうした地道な細部の積み上げによる成果なのだろう。テンポ設定は、いかにもスタイリッシュで颯爽としたものだが、時にあっさりと流れ過ぎと感じなくもない。キーロフOの各首席奏者は皆、実に達者。最新録音ゆえ、美しい響きも存分に堪能することができる。結局、こういう曲は、奏者の名技が前提条件になるんだろうな。アマチュアだの、音楽性だの、といった能書きは、単なる言い訳にしかならない。練習あるのみ。

どうしても、ネイガウスのブラームスを聴きたくなった。何という情感、何という完成度、何という音楽。どの曲をとっても、最初の一音からブラームスの音楽が溢れ出てくるような感じ。一つ一つのフレーズが聴き手を縛り付け、それが解けない内に次のフレーズがさらに聴き手を縛り付ける。まさに魔法。

ボリソフ著の「リヒテルは語る 人とピアノ、芸術と夢」を読了したが、モンサンジョン著の「リヒテル」とほとんど似たような印象。ここのエピソードは異なるものの、語り口はそっくり。楽曲を具体的なイメージでストーリー立てて捉える独特の感覚は、必ずしも共感できるわけではないが、大変興味深い。実は、僕はさしてピアノ音楽が好きではないので、リヒテルのピアノ演奏もごく数えるほどしか持っていないし、聴いてもいない。それでも、最近こうしてよく聴いているネイガウスの演奏を引き合いに出して語っている部分も多いので、リヒテルの難解な言葉のいくらかは理解することができたように思う。この本に出てくる録音のいくつかは僕も持っているので、せっかくの機会だから近い内に聴き直してみよう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A. 作曲家_Brahms,J. 演奏家_Gergiev,V.A. 演奏家_Neuhaus,H.G. 演奏活動_かぶとやま交響楽団 演奏家_Richter,S.T.

とりとめもなく…

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集「プロシャ四重奏曲」 東京Q (DG POCG-2790/1)
  • メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲、シェーンベルク:浄夜 バルトークQ他 (Hungaroton HCD 31351)
  • ブラームス:8つのピアノ曲 作品76、2つのラプソディ 作品79、幻想曲集 作品116 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70664)
  • ブラームス:3つの間奏曲 作品117、6つのピアノ曲 作品118、4つのピアノ曲 作品119 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70665)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
昨日取り出した東京Qのハイドンを、改めて全部聴き直した。僕は、ハイドンの弦楽四重奏の緩徐楽章が持つ泥臭い感傷性が大好き。それはこの作品50の数曲にもあって、それをまた原田幸一郎が実に泥臭く歌い上げている。日本人的な歌の感覚に共感しているのかもしれないけれども、模範的なアーティキュレーションや品の良いアンサンブルのおかげで、単なる演歌に陥ってはいない。

こういう泥臭さは、ハンガリーの団体にも感じることが多い。バルトークQは中でも好きな団体だが、メンデルスゾーンの八重奏曲を収めた一枚は、曲の良さとも相まって彼らの美質が存分に発揮された仕上がりになっている。8人全員が本当に気持ち良さそうに、伸び伸びと歌っているという点で、この演奏は傑出している。同質の楽器による八重奏ということでバランスの取り方が難しいところだが、この演奏は表面を整えることではなく、全員がしっかりと音を出して歌いきることで結果的に望ましいバランスを得ているのが特徴的。このことで、対位法的な絡み合いが、全体の熱気溢れる大きな流れの中で理想的に響いている。しかも、いわゆる室内楽的な親密感やまとまりは失われている。この曲を弾いたことがある人なら誰でも経験しただろう高揚感や満足感を彷彿とさせてくれる名演。シェーンベルクも同様。ただ、完全に後期ロマン派な演奏だけに、こちらは人によって趣味が分かれるかもしれない。

今、ボリソフ著の「リヒテルは語る 人とピアノ、芸術と夢」を読んでいるのだが、そこにブラームスのピアノ曲がいくつか出てくる。リヒテルの本にネイガウスやヴェデルニコフの演奏というのは、いかにも重い組み合せなので、今日はレーゼル盤全集の中から、先週聴かなかった後期の2枚を一気に。ブラームスのピアノ曲については先週何度も書いたし、BGMがてら聴いていたこともあるので今日は特にコメントせず。時に力任せになるものの、レーゼルの演奏からはブラームスの魅力が素直に伝わってくる。本当に素晴らしい曲だ。

日曜日の練習後、家まで送ってくれたYさんの車の中で聴いて好印象を持った、ゲールギエフの「シェエラザード」を昨日購入した。正直、この曲に2000円以上の投資をするつもりはなかったのだが、昨年非常に話題になったディスクでもあるし、最新録音を1枚くらい持っていてもいいだろうとこの度ようやく入手したもの。すごく巧い演奏だなぁ、というのが感想。まず技術的な精度が素晴らしい。特に管楽器の音色もインターナショナルなロシアン・サウンドといった感じで聴きやすくまた十分に魅力的。この曲、同じような旋律を延々と繰り返しているだけの側面もあって、どうしても退屈してしまうのだが、それを感じさせないゲールギエフの指揮も巧い。各楽器のソロの生かし方も優れている。早めのテンポで颯爽とまとめあげながらも、時々はったりをかますゲールギエフの特徴が良い形で表れた演奏だと思う。併録のボロディンとバラキレフも同様。ま、でも、これは好き嫌いがわかれるだろうな。僕は結構好き。

今日は結構とりとめもなく聴いたな。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_BartókQuartet 演奏家_Rösel,P. 演奏家_Gergiev,V.A. 作曲家_Haydn,J. 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A.

[2003-06-15分]続・練習に向けて(シェエラザード他)

  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、グリーグ:「ペール・ギュント」組曲第1&2番 クリヴィヌ/フィルハーモニアO、スメターチェク/プラハSO (Denon COCO-70322)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」 コンドラーシン/アムステルダム・コンセルトヘボウO (Philips PHCP-20359)
  • ストラヴィーンスキイ:「ダンバートン・オークス」(自作自演集) ストラヴィーンスキイ/イタリア・スヴィツェラ放送SO (Ermitage ERM 156)
  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番、バルトーク:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、パガニーニ:「わが心はうつろになりて」の主題による序奏と変奏曲 ムローヴァ(Vn) (Philips 32CD-835)
午前中は、昨日同様かぶとやま交響楽団第29回定期演奏会に向けた予習。今日は「シェエラザード」を。クリヴィヌ盤は、カントロフのヴァイオリン・ソロ目当てで購入したもの。この曲のヴァイオリン・ソロに関しては、これが最も納得できる。これでもっと線が太ければ文句なしなんだけど。オーケストラは技術的に文句があるはずもなく、クリヴィヌの指揮もスコアを見ながら丁寧に聴くと、実に真っ当な仕事で好感が持てる。鑑賞用ということになると、同じ主題が延々と繰り返されるだけのこの曲の場合、こういうアプローチでは少々退屈になるが。

古典的な名盤ということでコンドラーシン盤も聴いてみたが、スコアを見ながら聴くと、細部が結構荒っぽい。はったりの利いた演奏自体は面白いんだけど。クレバースのヴァイオリン・ソロは、いかにもオケマンらしい端正なもの。もちろん良い音がしているけれども、色々な細かい処理が僕の好みとは違う。

オーイストラフがソロを弾いているゴロヴァーノフ盤も聴こうかと思ったが、ソロはともかく、オケの部分は自分が弾くための参考にはならなさそうなので、今日はやめた(^^;。

引き続いて、「ダンバートン・オークス」を。ストラヴィーンスキイって、正直言って良いと思った曲がない。この曲も同様。だから、以前ワゴンセールで見つけて“資料”のつもりで買ったこの1枚しかCDを持っていない。これは、自作自演とはいえ、オーケストラの技量が低く、かなり適当。ま、雰囲気は分かるんだけど。理屈としてどういう曲なのかは分かるんだけど、「ここがいいんだよねぇ~」と言えないのが辛い。本番までに、作品に共感することができるだろうか。

最後に、テンションを高めるべく、“巧い”ヴァイオリンを聴こうと思って、ムローヴァの無伴奏曲集を取り出す。彼女の3枚目の録音だったと思うが、この圧倒的な切れ味の鋭さは実に爽快。渡辺和彦氏のように、(当時の)ムローヴァを音楽に表情がなくただ左手だけが達者なヴァイオリニストと評することもできるだろうが、少なくともこの録音に聴かれる完璧な技巧は、それだけで十分に魅力的。選曲もいいし。久しぶりに聴いたけれど、いつものようにヴァイオリンを弾きたくてたまらなくなってきた。

練習まで3時間くらいあるから、何年振りかで基礎練習でもしよう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A. 演奏家_Kondrashin,K.P. 演奏活動_かぶとやま交響楽団

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。