スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽曲解説】シューマン:弦楽四重奏曲第3番

Robert Schumann
ロベルト・シューマン(1810~1856)


Streichquartett Nr. 3 A-dur, Op. 41-3
弦楽四重奏曲第3番 イ長調 作品41-3



 シューマンが室内楽曲に集中的に取り組んだ1842年、いわゆる「室内楽の年」は、ウィーン古典派の弦楽四重奏曲の研究に始まりました。その最初の成果が、作品41としてまとめられた3曲の弦楽四重奏曲です。とはいえ、古典派の粋でもある弦楽四重奏曲というジャンルは、ロマン派の旗手を自認していたシューマンにとって以前からの関心事でした。特に1830年代半ば頃からフェルディナンド・ダヴィッド(メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の初演者)と親交を結ぶようになり、彼が主宰する弦楽四重奏団の演奏に触れたことは、シューマンに大きな影響を及ぼしました。とりわけ第12番と第14番をはじめとするベートーヴェンの後期作品には強く惹かれていたようです。いくつかのスケッチや習作の試みを経て、1842年の6月からわずか 2ヶ月足らずの期間で全3曲が一気に書かれました。初演は愛妻クララの誕生日に開かれた内輪の集いで、ダヴィッド四重奏団が行いました。初版譜には盟友メンデルスゾーンへの献辞が印刷されましたが、自筆譜には「愛するクララの誕生日に捧げられる」と記されています。
 第3番は、先行する2曲を通して古典派の書法を掌中に収めたシューマンが、その枠を超えて真にロマン派の様式を確立した、極めて独創的な作品です。旋律、和声、リズムの全てに斬新な書法が採られ、2つの中間楽章には性格的小品の形式が導入されています。また、第1楽章の冒頭で溜息のように奏される印象的な主題「Fis-H」は、移動ドで読むと「ラ-レ(la-re)」となり、愛妻クララ(C-la-ra)の音名象徴となります。このように音型や旋律に文学的な意味を秘める手法も、シューマンが導入した新機軸です。

シュペーテ弦楽四重奏団 第6回公演(2016年4月16, 23日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Schumann,R. 演奏活動_DasSpäteQuartett

映画版「カテリーナ・イズマーイロヴァ」のDVD

  • ショスタコーヴィチ:歌劇「カテリーナ・イズマーイロヴァ」(映画版) K. シーモノフ/キエフ歌劇場O他 (Dreamlife DLVC-1104[DVD])
  • シューマン:クライスレリアーナ・リスト:ピアノ協奏曲第2番 H. ネイガウス (Pf)他 (Denon COCQ-83665)
3月に発売されたDVDをようやく購入した。既にLDで持っていたため、解説や字幕に若干の変更があるとは聞いていたものの、ついつい後回しになっていた。一昨日読了した「わが父ショスタコーヴィチ」の中に、ここで演奏を担当しているキエフ歌劇場でのこの作品の公演に、ショスタコーヴィチ自身が大変満足していたとの記述があった。事実、素晴らしい出来である。ヴィシネーフスカヤの熱唱も凄いが、それだけが突出して全体のバランスが犠牲になったりすることはない。映画としての完成度も高く、音楽映画としては贔屓目なしに最高級の仕上がりということができるだろう。それにしても、何という音楽か。第4幕の音楽などは、全てが切実で感動的。妻子のいる休日の日中に鑑賞するようなものでもないのだろうが、一人大満足の時間を過ごした。

子供が昼寝している間に、ネイガウスの「クライスレリアーナ」をそっとかける。元々録音状態のよくないものを小さな音量でかけているから、細部はさっぱりわからないのだが、自然で品のある流れの中に、尋常ならざる内面の情熱が迸っている様は、やはりネイガウスならではのもの。男性的で格調の高いピアノの響きも素晴らしい。リストの協奏曲では、一層ロマンティックな響きが魅力的である。

何ともだらしのない巨人の試合を見た後、何気なく「N響アワー」を見る。「プルチネッラ」組曲の抜粋(準メルクル指揮)が流れていたが、う~ん、篠崎さん、もうちょっと音程くらいは整えた方がいいんじゃなかろうか。あまり面白い演奏でもなかったので、テレビを消して、いしいひさいち著の「現代思想の遭難者たち」(講談社)を読む。

今、ショスタコーヴィチの「明るい小川」について、手持ちの資料でわかる範囲のことを整理したWWWページを準備中である。今年の4月に、モスクワのボリショイ劇場にて復活初演がなされたのだが、その公演をモスクワでご覧になったIさんのご好意で、公演パンフレットを入手することができた。これが、なかなかしっかりとした内容で、ただ死蔵しているだけではもったいないと、少しまとめてみようと思い立ったもの。今週中には公開できるようにしたい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Schumann,R. 演奏家_Neuhaus,H.G.

引き続きブラームスとシューマン

  • ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、3つの間奏曲 作品117、6つの小品 作品118 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83657)
  • ブラームス:ピアノ五重奏曲 P. レーゼル (Pf) ブラームスQ (Deutsche Schallplatten 32TC-32)
  • ブラームス:ピアノ五重奏曲、ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲より第2楽章 レオンスカヤ (Pf) アルバン・ベルクQ (EMI CE33-5400)
  • シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 P. レーゼル (Pf) ゲヴァントハウスQ (Deutsche Schallplatten 32TC-132)
  • シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 デムス (Pf) バリリQ (Westminster MVCW-19027)
まずは昨日の続き。ヴェデルニコフによるブラームスの作品117と118を聴いた。これはしかし、もの凄い演奏だなぁ。これらの曲集がこんなに多彩な世界を持っていたとは。各曲が絶妙のバランスで自立していて、身動きしただけで崩れてしまいそうな純度の高い繊細さを持っている。音符はその場に静止しているだけなのに、そこから歌が溢れ出してくるような感じ。しかも、曲集としてのまとまりまで感じられる。ネイガウスも凄いが、作品118は第2曲だけだし作品119も2曲のみの抜粋ということで、この点に関してはヴェデルニコフと比較しようがない。6月11日の当欄ではヴェデルニコフのブラームスについてあまり肯定的ではないような感想を書いたが、あれは曲の問題だったんだろうな。この一枚について言えば、これ以上の演奏は考えられないと言いたくなってしまう。そう言いながらもアファナシェフ盤を聴いたらまた同じようなことを言いそうだけど。

ブラームスとレーゼルつながりで、ふとピアノ五重奏曲の録音があったことを思い出した。渡辺学而氏だったか誰だったか忘れたが、僕が高校生だった頃の「音楽現代」誌のブラームス特集で同じレーゼルのピアノ独奏曲全集と一緒にこの録音を誉めていたような記憶がある。で、この演奏だが、これはもうひたすら勢いのとまらないレーゼルを楽しむためのもの。ドレスデン・シュターツカペレの首席奏者による団体というブラームスQは、完全に力不足。雰囲気はいいんだけど。第1楽章の展開部なんて、奔放なレーゼルの魅力全開といった趣き。

そこで今度は弦楽器を楽しもうとアルバン・ベルクQ盤を取り出してみた。これは、自分の小遣いで買ったごくごく初期のCDなので懐かしい。確か高校3年生の冬のことだったと思う。CDがまだ全部で10枚もなかった頃。この頃のABQは、本当にいいなぁ。たぶんピヒラーがまだガダニーニに持ち替える前の時期で、冒頭から癖のあるフレージングなんかがいかにもピヒラー節なんだけれども、それがまだ自然さを持っている。90年代に入ってからは急速に、作為的で人工的な節回しが強くなってしまったから。今や“円熟の境地”などと言われているが、誰が何と言おうと彼らの全盛期は80年代中頃だと思う。G. シュルツじゃなくてメッツェルの方が、カクシュカじゃなくてバイエルレの方が良かったという人も少なくないだろうが、良くも悪くもこの団体のスタイルが確立したのは、この時期だろう。そういう部分が、ブラームスの第3楽章によく表れていると思う。圧倒的なアンサンブル能力を駆使した、単位時間あたりの変化量が極めて大きい音楽作りは、まさに彼らならではのもの。レオンスカヤとの相性も実に良い。アンコールのドヴォルザークは、ピヒラー節が全開でファンとしてはたまらない。ドヴォルザークの全曲がこの時期にこの顔合わせで録音されなかったことが残念でならない。

レーゼルつながりで、今度はシューマンの作品44と作品47を聴いてみる。こちらはズスケ時代のゲヴァントハウスQなので、ブラームスQのような不満はない。が、逆にズスケががちがちに締め付けてしまったのか、レーゼルがすっかりおとなしい。これじゃ、全くもってつまんない。いかにもドイツ風の響きはいいんだけどね。

五重奏曲の方は録音も結構あるから選択肢があるが、四重奏曲の方はあまり目ぼしいものがない。だから、いつも結局バリリQ盤を聴くことになる。これは大学2回生になる春頃に、京都の河原町今出川にある「つだちく」という店の中古LPコーナーで見つけて初めて聴いた演奏。この店、良心的なのか相場を知らないのか、当時ウェストミンスター盤は全くCD化されてなくて、まさにバリリQのベートーヴェン全集やウラッハの一連の録音、ウィーン・コンツェルトハウスQ他のモーツァルト全集が初CD化されようとしていた時期なのに、1000円そこそこで買った記憶がある。で、初めて聴いたピアノ四重奏曲の第3楽章の美しさに惚れ込んで、その年の4月にあった京大音研の新歓演奏会で弾いたのは懐かしい思い出。演奏については、今さら何を言う必要もないだろう。これが音楽だとしか言いようのないフレージング、高貴な優しさに満ちた音色。何度聴いても、初めて聴いた時の感激を思い出す。

それにしても、今日聴いたディスクの内3枚は1枚3200円とかいう大昔の値段。まだ消費税がなくて物品税だった頃なんだな。消費税導入後は3008円(税抜き2920円)とかいう小さい紙が貼り付けてあったことを思い出した。懐かしいな。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Rösel,P. 演奏家_AlbanBergQuartet 演奏家_BarylliQuartet 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Schumann,R.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。