FC2ブログ

亀山先生のショスタコ本

  • ヴォールコフ, S.・亀山郁夫・梅津紀雄・前田和泉・古川 哲(訳):ショスタコーヴィチとスターリン, 慶應義塾大学出版会, 2018.
  • 亀山郁夫:ショスタコーヴィチ 引き裂かれた栄光, 岩波書店, 2018.
発刊から既に1年以上が経ってしまったが、長らく積読していたショスタコーヴィチ関連文献2冊を読了。

まずは、2008年2月25日のエントリーで紹介したヴォールコフの『証言』に続くショスタコーヴィチ論の邦訳。ロシア文学らしいやたらと持って回った文体であるため、英語でも大意は把握できるものの、日本語で読めることは非常にありがたい。実際、先に読み飛ばしていた部分にも興味深い記述が少なからずあった。

ロシア=ソ連における体制と芸術、具体的には文学と音楽との関係を、ニコラーイ1世の時代とスターリンの時代とを比較対照しながら一種の文化史的な論述が繰り広げられている。その文脈の中で、ショスタコーヴィチには「聖愚者」「僭称者」「年代記作家」という3つの“仮面”があるとし、プラウダ批判前後とジダーノフ批判前後を中心にスターリンとの関わりの中で、その各側面について論考している。

『証言』の序文(日本語訳には含まれない)で提起された「ショスタコーヴィチ=聖愚者論」については、ロシアの文化に通暁している著者だけに、広範な背景の下に論理が展開されていて面白い。さりげなく文中で『証言』の意義や正当性を主張しているのには苦笑してしまうが、『証言』とは異なる第三者的な視点で事実関係が整理されているので、ショスタコーヴィチが描いた時代がどのようなものであったのかについても、大いに得るところがある。

ただ私には、「僭称者」の意味するところが腑に落ちない、というかよくわからない。作曲家と(同時代の)大衆との関わりを論じる鍵のようにも思えるが、いたずらに論を広げているだけのようにしか感じられず、また折を見て再読してみたい。



さて、発刊時から読むのを楽しみにしていたのだが、それ故についつい後回しになってしまっていた亀山先生によるショスタコーヴィチの評伝も、ようやく読了。

本書は、亀山先生によるショスタコーヴィチ論の集大成である。これまでは特定のトピックに集中して論を展開されてきた著者が、満を持してショスタコーヴィチの全生涯を網羅した評伝の形で存分に思いの丈を語っている。

ショスタコーヴィチは、20世紀の間は「ソ連の御用作曲家」「反体制の作曲家」という社会的側面から専ら論じられてきたが、生誕100年辺りを境に、女性関係なども含めた私的側面からの楽曲解釈などが盛んになり、体制との絡みを過度に強調するのはいささか時代遅れのようにも思われる。それを十分に承知の上で、『歴史的な文脈を抜きにショスタコーヴィチの音楽を語ることが可能か、という問いそのものが成立しない……』(P.13)というスタンスを徹底しているのが、何より潔くて心地よい。

また、最新のロシア語文献が引用されているだけでなく、関連する詩などの抄訳が随所に散りばめられているのは、著者がロシア文学者なればこそ。たとえばエフトゥシェーンコの『エラブガの釘』など、一部とはいえ、これまでそのタイトルしか知らなかった詩が日本語で記されていることの意義は少なくない。

著者の専門からして、ロシア・アヴァンギャルドに対する広範な知見が光るショスタコーヴィチ初期の論述が面白いのは当然。一方、中期のスターリンとの絡みは、熱のこもった緻密な筆致ながらも、亀山先生の著作をこれまで追ってきた読者にとっては目新しさはない。

共産党入党やサハロフ非難署名などの「よくわからない」エピソードに果敢に取り組んだ後期~晩年の記述は、どの評伝でもそう深く扱われていないトピックだけに、著者の意欲が窺われる。また、この部分は著者にとっても「これから」のテーマなのかもしれない。ただ、社会との関わりでこの時期のショスタコーヴィチを論ずることには、私は否定的だ。他者との関わりを断ち、ただひたすら自分自身との対話のみに閉じこもっていった作曲家の音楽を、他者や社会への「贖罪」とするのには賛成できない。例えば交響曲第14番の解釈などは、私の見解とは全く異なる。

個々の説や楽曲解釈については、読者の数だけ異論もあろう。ここではそれについて取り上げない。また、「何でもかんでも体制との軋轢ですか?」といった抵抗を感じる読者もいるだろう。こうした点について敢えてバランスを取ることをせずに、著者独自のショスタコーヴィチ愛で最後まで突っ走っているところが、本書の最大の魅力であろう。読み応えのある労作である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ユーリィ・エゴロフの放送録音集

  • 「ルブリンのヤンのタブラチュア」から(クラコヴィエンシス:Alia poznanie、Hayducki、作者不詳:Preambulum)、作者不詳:Przez Twe swiete zmartwychwstanie、Cantio polonica、チェルノホルスキー:トッカータ ハ長調、フーガ ニ長調、フーガ イ短調、リーネク:前奏曲 ハ長調、クハシュ:ファンタジア ト短調、スメタナ:6つの前奏曲より第3&4曲、ドヴォルザーク:前奏曲とフーガより第1曲(前奏曲)、第6曲(フーガ)、ヤナーチェク:グラゴル・ミサより第7曲「オルガン独奏(後奏曲)」、ショスタコーヴィチ:歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」よりパッサカリア(第2幕第4場から第5場への間奏曲)、グバイドゥーリナ:光と闇、キュルチイスキー:オルガンのためのアリア、スパソフ:創造、死と観念、クリステヴァ:復活のいけにえに クリステヴァ (Org) (GEGA NEW GD 225)
  • チャイコーフスキイ:6つの小品より「創作主題と変奏」、「四季」より「秋の歌」、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガより第3曲、リスト:「パガニーニによる大練習曲」第3番、バルトーク:ピアノのための組曲、ブラームス:3つの間奏曲、プロコーフィエフ:ピアノ・ソナタ第3番、スカルラッティ:ソナタ(8曲)、ラヴェル:鏡 エゴロフ (Pf) (Etcetera KTC 1520)
アリアCDにオーダーしていた物の中から、2枚が届いた。ここのところ、他の通販サイトでも欲しい物を入手しそびれることが多く、今回も、本来欲しかった音盤は悉く抽選漏れだったり完売だったりした。この2枚は、それぞれ1曲ずつショスタコーヴィチ作品が収録されていることからオーダーしてみたもの。

16世紀頃から現代に渡るスラヴ圏のオルガン曲集は、ブルガリアのコンサート・ホールに設置されたパイプオルガンを使用している。全体にこじんまりとした印象で、壮麗な響きとは言い難いが、楽曲の細部がクリアに聴き取れるのは、私のようにオルガン曲に不慣れな聴き手にとってはむしろありがたい。

比較的宗教色の薄い選曲ということもあり、各曲の多彩な雰囲気を楽しむことができる。クリステヴァの演奏は手堅く、音の運びは軽量ながらも、様式の異なる多様な楽曲を巧みに弾き分けている。目当てのショスタコーヴィチについては、基本的に他の収録曲と同様の印象だが、パッサカリアらしい盛り上がりがあまり感じられず、物足りなさは否めない。


ユーリィ・エゴロフは、その若すぎる死によって知る人ぞ知るピアニストといった存在であるが、かつてショスタコーヴィチのピアノ・ソナタ第2番を収録した音盤を聴いた時には、率直に言ってピンと来るものがなかった。チャイコーフスキイ国際コンクールで第3位を獲得した1974年から、死の前年である1987年にかけての放送録音を収録したこの2枚組も、同程度の期待をもって聴き始めた。

しかしそんな先入観は最良の意味において裏切られ、冒頭のチャイコーフスキイから、その清冽に澄み切ったタッチの美しさ、時に旋律が背景に回ってしまうほどの和声に対する繊細な感覚、内省的ながらも陰影に富んだ表情の豊かさ、といった特別な個性に惹き込まれてしまった。とにかく、どの曲も素晴らしい。スカルラッティとラヴェルの自在さがとりわけ印象に残ったものの、完成度という点で優劣はつけられない。敢えて1曲を挙げるなら、最後に収録された1987年の「秋の歌」(本アルバムには、同曲の1974年の演奏も収録されている)になるだろうか。この唯一無二の世界がわずか33歳で断ち切られてしまったことが惜しまれるとともに、一部に熱狂的なファンが存在することも納得させられる、そんなエゴロフの真価が存分に発揮された凄い音盤である。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ショスタコーヴィチの新曲(!)

  • ショスタコーヴィチ:即興曲, DSCH, 2018.


新たに発見されたショスタコーヴィチの作品は、ヴィオラとピアノのための「即興曲」という小品。旋律線にはショスタコーヴィチらしい歪みがあるものの、基本的にはロシア歌謡のような暗く甘い情感に満ちた曲である。弦楽四重奏曲第1番の第2楽章や、バレエ音楽や映画音楽の抒情的なナンバーを思い起こしてもらえれば、大体の雰囲気が分かるだろう。一応緩-急の2部構成だが、1分半程度のごく短い作品である。ベートーヴェンQのヴィオラ奏者ヴァディム・ボリソーフスキイの個人コレクションの中から発見されたとのこと。

ディゴーンスカヤの解説によると、この作品は1931年5月2日にグラズノーフQのヴィオラ奏者アレクサーンドル・ミハーイロヴィチ・リフキンに献呈された。自筆譜には「作品33」と記されている他、裏面にはベートーヴェンのトルコ行進曲(創作主題による6つの変奏曲 Op. 76の主題/劇付随音楽「アテネの廃墟」Op. 113の第4曲)の弦楽四重奏用編曲という表題のみが書かれている(この編曲が着手されなかったのか、それとも破棄されたのかは不明)。

確定している事実はこれだけである。ディゴーンスカヤの解説では、作品番号についてショスタコーヴィチの備忘録から詳細な検討がなされているが、ここでは作品の成り立ちに関して非研究者でも興味がありそうな事柄のみを列記するに留める:
  • ショスタコーヴィチとリフキンの親交がいつから始まり、どの程度のものだったかは不明だが、1931年5月2日に2人は会い、その場でこの小品が作曲され、リフキンに献呈されたと思われる。
  • 会談に際してショスタコーヴィチはトルコ行進曲の編曲の草稿(ヴィオラ・パート譜のみ?)を持参し、その表紙の裏に書き記したようだ。
  • リフキンとボリソーフスキイはそれなりに親しい間柄だったようだ(病気のリフキンの代理でグラズノーフQの演奏会に出演したこともある)が、この自筆譜がなぜボリソーフスキイの手元に渡り、その後なぜボリソーフスキイがこれを死蔵していたのかは不明。
率直に言って、その規模からも内容からも、今後この作品が演奏会で取り上げられる機会は決して多くないだろう。この作品の旋律が他の作品に引用されているわけでもない(未完や未発表の作品に流用されている可能性はなくもないだろうが)ので、恐らくはCDのフィルアップくらいの位置付けに留まるものと思われる。

だが、結果として共同作業は「2つの小品」と弦楽四重奏曲第1番だけに終わったとはいえ、著名な演奏団体であったグラズノーフQと知己を得、将来の構想について語り合い、意気投合してその場で1曲プレゼント、といった情景を想像すると、何とも微笑ましい気持ちになる。

手元にあるグラズノーフQによる弦楽四重奏曲第1番のSP盤からは、古めかしいおっとりとした音楽が聴こえてくるが、ボリソーフスキイと同種の深く太いヴィオラの音色を堪能しながら、こんな妄想に耽るのも悪くない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

中古LP2題

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 P. コーガン/モスクワ国立SO (Classic Records CR 2001 [LP])
  • 白樺の木、丘の上のセイヨウカンボク、シロートキン:ポルカ、ベルゴロド地方の3つの輪舞、ショスタコーヴィチ:映画音楽「馬あぶ」より「人民の祝日」、シャモー:春、フヴァトフ:ロシアのコンサーティーナ、私のバグパイプを吹いておくれ、緑の草原で、シャラエフ:フットボール、シェドリーン:バレエ「せむしの仔馬」よりロシアン・カドリーユ、ジプシーの踊り、シャッツ:ザポロージエ・コサックの踊り (Melodiya C 01747-8 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から2枚が届く。欲しかった音盤は、残念ながら悉く入手できなかった。

P. コーガンが指揮したショスタコーヴィチの第5番は、スロヴェニアPOとのJugoton盤があるが、録音年が不詳の本盤も同様の流麗な演奏である。テンポ設定などに奇を衒ったところはなく、ごくオーソドックスな解釈がとられている。オーケストラはコンドラーシンの手兵だったモスクワPOなのかどうかはジャケットの表記からは分からないが、野性味のある金管楽器や打楽器はなかなかに魅力的である。


「ロシアの民族楽器」というタイトルのアルバムは、未聴のショスタコーヴィチ音源が含まれているのではないかという淡い期待を持ってオーダーしたのだが、残念ながら架蔵済みの音源、ヤーコヴレフのドムラ独奏による映画音楽「馬あぶ」の「民衆の祭日」であった。楽器の音色によく合致した選曲および編曲で、演奏自体は満足のいくもの。

様々なアルバムからの編集盤と思われるが、他の収録曲もヴァラエティに富んだ選曲と楽器編成で、ロシア情緒を満喫できる。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

中古音盤屋でのルーティン

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集 Op. 9 タートライQ (Hungaroton HCD 31296-97)
  • ハイドン:弦楽四重奏曲集 Op. 17 タートライQ (Hungaroton HCD 11382-83)
  • ベートーヴェン:初期弦楽四重奏曲集 スメタナQ (Denon COCO-9773→74)
  • ベートーヴェン:初期弦楽四重奏曲集 ジュリアードQ (CBS M3K 37868)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集 マンデルリングQ (audite 21.411)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集 Vol. 1 アレクサンダーQ ウッドワード (Pf) (Foghorn CD1988)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲全集 Vol. 2 アレクサンダーQ (Foghorn CD1991)
  • ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番、チャイコーフスキイ:ヴァイオリン協奏曲 ホンダ=ローゼンベルク (Vn) シャムバダル/スロヴェニア放送SO (Oehms OC 225)
帰宅途中で、ディスクユニオン 大阪クラシック館に寄り道。これといった目当てのない冷やかしに近い気分で入店したが、「中古音盤屋でのルーティン」で思いも寄らず収穫があった。

タートライQによるハイドンの弦楽四重奏曲全集は、まだ全集が珍しかった頃に少しずつ買い求めてはいたものの、価格の割に演奏の質に満足できないことが多く、コンプリートしないままになっている。それがまとまって陳列されていたので、滅多に聴くことのない初期の2セットを購入。

作品9には取り立てて有名な曲がある訳でなく、実演に留まらず演奏機会は少ないが、昔、弟と弾いて遊んだ「Op.99」と銘打たれた編曲者不詳のヴァイオリン二重奏曲集(Hob.VI:Anh1-3)にいくつかの楽章が収録されていることもあり、個人的には耳馴染みのある曲集である。まるで古楽器であるかのような鄙びた質感を持つタートライQの垢抜けない響きにも、どこか懐かしさを感じる。


一方の作品17は、個別の楽章はいざ知らず、曲集としては全くと言ってよいほど惹かれるものがない。こうなると演奏の良し悪しが重要になってるが、残念ながらタートライQにそれほどの煌めきは感じられない。


1月9日のエントリーに引き続いて、スメタナQによるベートーヴェンの初期弦楽四重奏曲のセットを発見。これでスメタナQの全集が揃った。第1番や第4番のように、いかにも燃えそうな曲では節度のある古典的な造形である一方で、叙情的な第2番などで内に燃え盛るロマンに耽溺するような熱い表現を聴かせるところが面白い。総じて1960年代の後期四重奏曲集と比較すると音色も表現も枯淡の境地ではあるが、現代の四重奏団の透明感とは異なる温もりに懐かしさと同時に時代を感じる。



ジュリアードQの2回目の全集も、中期のセット以外は買いそびれたままになっていた。1回目の全集を入手して以来、このワシントン国会図書館クーリッジ・ホールでのライヴ録音も揃えようと思っていたのだが、同じフォーマットのセットを店頭で見かける機会には恵まれないままだった。幸運にも上記スメタナQ盤の横に同じく初期と中期のセットが並んでいたので、後期がないのを口惜しく思いつつも初期被りを気にせず確保。

ジュリアードQといえば、とかく精密機械のようなアンサンブルで無機質な響き、のように評されることが多かったが、現代の耳で聴くと、録音のせいか乾いた響きこそするものの、音楽そのものは内面から迸る熱い思いが溢れ出す、非常に人間的な温もりに満ちたものであることがわかる。このベートーヴェンの初期も、とりわけ緩徐楽章の憚ることのないロマンティックな歌い込みは、スメタナQ以上に(悪い意味ではなく)前時代的なもの。こうなると、後期も早く聴きたくなる。



マンデルリングQによるショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全集は、そのリリースから既に10年近くが経つ。ショスタコーヴィチ作品の演奏傾向は生誕100年(2006年)前後に大きく変化したが、この全集は新世代の優れた演奏として話題になったもの。録音時点で約25年のキャリアを積んだ団体だが、ハーゲンQと同様にメンバーの3人が兄弟という事情もあり、ベテランの域に達した団体であるにも関わらず、メンバーの年齢はせいぜい中堅程度であったがゆえの成果なのかもしれない。

分売時はSACDハイブリッドであったが、この5枚組はCDのみ。また、第2巻(第3、6、8番)の初回プレス分には特典としてDVDヴィデオが付属していたが、現在は分売分も含めてこのDVDは新規に入手することはできない。

さて、まず全体的な傾向であるが、切れ味の鋭さや硬質な透明感といった技巧派の団体に聴かれる響きとは対極の、温もりのある陽性の響きによって特徴づけられる。メンバー中で唯一兄弟ではないヴィオラの音色が、この響きに大きく寄与しているように思われる。精密機械のような個人技を競い合うようなアンサンブルではないので、モノローグ的なパッセージの完璧さのみに関心がある向きには物足りないかもしれない。しかし、聴けば聴くほどに気付かされる類の音楽的なアンサンブルは、どの曲のどの一瞬においても四重奏団としての意志がごく自然に統一されていて、単なる手堅さとは異なり、広く聴き手を惹きつけるものである。

となると、第4番や第6番、あるいは第14番のような抒情的な楽曲が素晴らしいように予想されるが、実際に聴いてみると第5番、第9番といった英雄的な楽曲、第11番、第13番といった研ぎ澄まされた緊張に満たされた静謐感が支配的な楽曲が特筆すべき仕上がりで、逆に第4番や第6番は微温的な音楽に留まっているように思われた。これは、楽曲との相性ということもあろうし、第3巻と第5巻の収録時のコンディションが良かったことに起因している可能性もある。

とりわけ第11番は別格の名演である。極度に気難しく、気分や感情の振れ幅の大きな7つの楽章の性格を、これほどまでに見事にスケール大きく描き出した演奏は、他に数えるほどしかない。また、分裂しているように感じられる7つの楽章が、1つの楽曲としてまとめあげられている構成力も際立って素晴らしい。この演奏を聴くためだけでも、この全集を入手する価値があると言いたいほどだ。

いずれにせよ、15曲全てが文句なしという訳にいかないのは当然で、全体として水準以上の仕上がりでありながら、この第11番のような傑出した名演が含まれているという点で、非ロシアの団体による近年の録音の中では現時点におけるファースト・チョイスであろう。


マンデルリングQの全集の隣に、アレクサンダーQの全集(全2巻)も発見。これは彼らの自主レーベルであるFoghornClassicsからのリリースで、当初は彼らのHPでしか入手できなかったように記憶している(そう思い込んでいただけかもしれない)。

自主制作盤やCD-Rの類に対しては、そこまで手を広げるほどの気力がなく、さしたる蒐集意欲はないのだが、この全集については、この盤のリリース時には出版されて間もなかった未完の弦楽四重奏曲が収録されているという、そのただ一点において要確保リストに挙げていたものである。

この団体を聴くのは初めてだが、第1ヴァイオリンとチェロの音色のキャラクターが同質で、透明感のある響きを醸し出している一方、チェロが軽過ぎて重心の高い響きでもある。結果として、骨太で野性味のあるロシア風の響きは期待できず、楽曲によって相性の良し悪しが大きく分かれる。また、堅実ではあるものの安全運転に過ぎる面もあり、たとえば第9番の終楽章などは興醒めな程に落ち着いてしまっている。彼らの特徴をよく表しているのは第12番で、第1楽章は美しい響きでじっくりと聴かせる一方、第2楽章は力感と燃焼度に不足して物足りない。

未完の弦楽四重奏曲については、彼らの響きが楽曲の雰囲気と合致しているので、まずはリファレンスとして不足はない。ただ、中間部の速いパッセージでもたつくのは残念。なお、ここで演奏されているのは、ローマン・レデニョフによる補筆完成版である。

ウッドワードとのピアノ五重奏曲は、これといった特徴はないものの、十分に美しい演奏である。

この全集には、第1ヴァイオリンのザカリアス・グラフィーロが編曲した「24の前奏曲とフーガ」からの4曲(第1、15、17、20番)が収録されている。いずれもフーガが4声の曲である。編曲自体はごく常識的なものだが、演奏は精彩を欠き、アンコールピースとしての魅力はあまり感じられなかった。第15番は大好きな曲だけに期待していたのだが……
あと、レーベル名の「Foghorn=霧笛」に由来するのだろうが、各ディスクの最後のトラックに様々な霧笛が収録されている(数十秒程度)。これは、要らない。

マンデルリングQもアレクサンダーQも、過度の思い入れに溺れることのない理知的な演奏でありながら、ロシアの仄暗い情感が上品に表出されていることは大いに評価したい。

ホンダ=ローゼンベルクの独奏によるショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番を架蔵済みであることは記憶していたのだが、ジャケット(発売レーベル)が異なっている盤を見つけたので、安価であったこともあり、念のために購入。残念ながら、既に架蔵していたArte Nova盤の別レーベルからのリイシューであった。2枚保有しておくほどの演奏内容でもなく、ただの銭失い。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター