「レニングラードの春」音楽祭のLP

  • J. S. バッハ:前奏曲 ホ長調、ニ短調、ハイドン:ピアノ・ソナタ第44番、モーツァルト:ピアノ・ソナタ第2番、シューベルト:即興曲 作品90-1、ショパン:ポロネーズ第3番「軍隊」、前奏曲第15番「雨だれ」、グリーグ:抒情小品集第3集より「春に寄す」、ショスタコーヴィチ:3つの幻想的な舞曲 グエッラ (Pf) (Educo 9565 [LP])
  • Concert of Russian Music(ショスタコーヴィチ:映画音楽「呼応計画」より「呼応計画の歌」他) ベラルスキイ (B) 不明 (Pf) (Artistic Enterprises B-109 [LP])
  • ティーシチェンコ:「スズダリ」、プリゴジン:弦楽四重奏曲第1番、スロニームスキイ:歌劇「ヴィリネヤ」より抜粋 コズィレヴァ (S) マヌホフ (T) タネーエフQ アブドゥラエフ/スタニスラーフスキイ・ネミローヴィチ=ダーンチェンコ記念音楽劇場 (Melodiya C10-04843-44 [LP])
先月分をようやく聴き終えたと思ったら、Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から12月到着分が届いた。ショスタコーヴィチ作品は2枚のみ、それも小品が1曲ずつ。

まずは、「The Irl Allison Piano Library」というピアノ学習用の教材(?)と連動したアルバム。収録曲の間に演奏上の難易度以外の音楽的な関係はなさそう。いかにも模範演奏といった風情の丁寧な演奏ではあるが、全体に安全運転に過ぎるのがつまらない。ショスタコーヴィチの3曲目は、端正に弾き切ることを目指しているのだろうが、テンポは鈍重。

「Concert of Russian Music」は、ロシア歌曲の名曲アルバムみたいな内容かと想像したのだが、僕が収録曲で知っていたのは「呼応計画の歌」(本盤では「朝の光」と表記されている)と「暗い夜」だけ。雰囲気からすると流行歌の類が多いように思えるが、確証はない。甘く深い声質が、いかにもロシアン・ロマンスに相応しく、難しいことを抜きにして楽しめる。ただ、妙に人工臭のする録音には違和感がある。ちなみに、僕の手元に届いた盤は、レーベルが裏表逆に貼られていた。「呼応計画の歌」を知っていたからすぐにわかったが、もし何も知らない状態でこの音盤を聴いていたら、「『朝の光』というショスタコーヴィチの知られざる作品を見つけた!」なんてことになってたかも…(^^;

「レニングラードの春」音楽祭と表記されているアルバムは、何年に行われたものなのか、また録音はライヴか否かなど、曲名以外の詳しいことはさっぱりわからない。収録されている3名の作曲家は、全員、同世代のエヴラーホフ門下である。ティーシチェンコの作品は、歌(ソプラノとテノール)と室内アンサンブルのための連作歌曲といった感じ。曲名のスズダリ(Суздаль)とは、モスクワの東約200kmのところにある古都の名前。ロシア正教の教会を思わせる響きが印象的な作品である。おそらく、民間伝承の旋律なども取り込まれているのだろう。わりと前衛的な手法が多用されているせいか、ショスタコーヴィチの影はあまり気にならず、ティーシチェンコらしい思索的な雰囲気と響きが前面に押し出されている。プリゴジンの四重奏曲は、思いっきり現代音楽。それでも、旋律の断片らしきものが少なからず聴こえてくるところが、ソ連の作曲家らしい。多彩な響きを難なく再現していくタネーエフQの演奏も見事。スロニームスキイの歌劇からの抜粋も面白い。ただスロニームスキイについては、何が彼の特徴なのか、正直なところまだ掴みきれない。

この他、シチェドリーン作品が4枚届いているのだが、それはまた後日。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Tishchenko,B.I. 作曲家_Slonimsky,S.M.

ティーシチェンコ/スロニームスキイ

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8&13番 ラファエルQ (Attacca Babel 8416-1 [LP])
  • ティーシチェンコ:交響曲第3番、スロニームスキイ:コンチェルト・ブーフ E. フィッシャー/ムジチ・デ・プラハ (Supraphon 1 10 1433 [LP])
  • ファリク:弦楽のための音楽、ティーシチェンコ:シンフォニア・ロバスタ、スロニームスキイ:劇的な歌、ウスペーンスキイ:弦、打楽器のための音楽 トマシェク (Vn) ヴロンスキー/プラハSO (Supraphon 1110 2280 [LP])
  • A. ニコラーエフ:ヴァイオリン・ソナタ、B. チャイコーフスキイ:ヴァイオリン・ソナタ I. オーイストラフ (Vn) ゼルツァロヴァ (Pf) (Melodiya 33D 18445-46 [10" mono])
  • ジェミニアーニ(コルティ編):無伴奏ヴァイオリン・ソナタ、ロカテッリ(イザイ編):ヴァイオリン・ソナタ 作品6の7「墓にて」、パガニーニ:カンタービレ、カプリース第4番、クライスラー:ベートーヴェンの主題によるロンディーノ、ヴィエニャフスキ:エチュード・カプリース第4番、シチェドリーン:アルベニス風に クレーメル (Vn) ブラウン (pf) (Melodiya 33 CM 02387-88 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの11月到着分。

ラファエルQのショスタコーヴィチはCDもあるようだが、メディアに対するこだわりは特にないのでLPで入手。技術的にも音楽的にもよく整った演奏ではあるが、それ以上の魅力は感じられない。やや金属的な音色も影響しているのかもしれないが、表現力に不足する感は否めない。

ティーシチェンコの交響曲は、今回が初めて。室内オーケストラ用の第3番も単一楽章のシンフォニア・ロバスタも、そんなに作曲時期が離れていないせいか、聴後の印象に大きな差はない。どちらも、初期ショスタコーヴィチ風の管弦楽法に、後期ショスタコーヴィチ風のモノローグが展開されており、師匠の強い影響下にあることがすぐにわかる。もっとも、第3番はショスタコーヴィチに捧げられているので(1966年作曲なので、おそらくは60歳の誕生日を記念してのものだろう)、特にこうした直接的な影響を感じさせるのかもしれない。和声や響きに独自の趣味が窺えるが、それがティーシチェンコの個性なのかどうかは、もう少し後年の作品なども聴いてから判断したい。

上述した2枚のLPでは、ともにスロニームスキイの作品がカップリングされていた。『ショスタコーヴィチ自伝』にも、ティーシチェンコとスロニームスキイが並んで論じられていた文章があるし、同世代の有望株として並び称せられる存在の二人だったのかもしれない。僕の好みで言えば、断然スロニームスキイの方が面白い。現代的な響きで、いかにもソ連らしい劇性を持った、時にロマンチックですらある音楽が繰り広げられる様は、とても個性的。

ウスペーンスキイの名は、「山椒魚戦争」という歌劇の題のみを知っているに過ぎないが、やはりショスタコーヴィチ門下の一人である。ただ、カバレーフスキイのことを非常に尊敬しているという話をどこかで目にしたこともあり、ティーシチェンコのようにショスタコーヴィチの流れを汲む……、と無条件に考えるわけにはいかないだろう。多彩でよく響くオーケストレイションは、それだけで十分面白く、美しいものだ。

残るファリクという名は全く初めて目にした。ここまで挙げてきた他の作曲家と同世代(1930年代後半生まれ)だが、今回聴いた「弦楽のための音楽」に関する限り、やや保守的な作風なように感じた。もっとも、ネットで軽く調べてみると必ずしもそうではないようなので、現段階で断ずるつもりはないが。サンクト・ペテルブルグ音楽院で作曲と器楽(チェロ)のクラスを担当している(いた?)らしく、器楽科の卒業生にはゲールギエフがいるとのこと。

B. チャイコースフスキイのヴァイオリン・ソナタは、作曲家が27歳の時の作品だが、若書きと言っては、この十分に熟練した音楽に対して失礼だろう。品の良い劇性を備えた情感の瑞々しさが印象的な一方で、いたずらにヴァイオリンの技巧に拠らず真摯に音楽を紡いでいく様には、ちょっとした風格すら感じられる。なかなかの佳品である。これに比べるとA. ニコラーエフの作品は、正直なところあまりぱっとしない。I. オーイストラフは、ごく安定した演奏を披露しており、これらの作品を丁寧に、不満のない水準で再現している。

クレーメルのアルバムは、収録曲が面白そうだったので何となく気まぐれでオーダーしたもの。どうやら、クレーメル最初のスタジオ録音のようだ。入手したLPのジャケットには1977年と記されているが、1968年録音というのが正しいようだ。とすれば、たかだか20歳そこそこだったはずで、テクニックの完成度だけとっても尋常ではない研ぎ澄まされ方なのだが、“らしい”選曲のいずれにおいても、それまで誰もが見出すことのなかった新たな、そして魅力的な音楽世界が提示されていることに、ただひたすら唖然とする他はない。A面のジェミニアーニとロカテッリは、特に凄い。この演奏を聴いて、なおもこれらの作品を自ら演奏しようという度胸のあるヴァイオリニストなど、そうはいないだろう。

あと、シチェドリーン作品が2枚届いているのだが、それについてはまた後日。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Tishchenko,B.I. 作曲家_Slonimsky,S.M.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター