スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽曲解説】スメタナ:弦楽四重奏曲第1番「わが生涯より」

Bedřich Smetana
ベドルジハ・スメタナ(1824~1884)


Smyčcový kvartet č. 1 e-moll „Z mého života“
弦楽四重奏曲第1番 ホ短調「わが生涯より」



 チェコ音楽の祖とされるスメタナが連作交響詩「わが祖国」と共にこの弦楽四重奏曲を作曲した1876年、彼の創作活動は頂点を迎えました。心身の健康を著しく害して(病名には諸説ある)8年後に亡くなるスメタナにとっては、既に晩年でした。「わが生涯より」という作曲家自身がつけた副題からも明らかなように、自叙伝的な内容を持った標題音楽である本作は、絶対音楽の聖域ともいうべき弦楽四重奏曲の分野では異色の作品です。楽譜に記されているわけではありませんが、初演後に友人や出版社に宛てた手紙の中で、スメタナ自身が各楽章の内容について言及しています。ちなみに、内輪の試演時のヴィオラ奏者はドヴォルザークでした。
 第1楽章:「運命の呼びかけ(主要動機)、若き日の芸術への愛、あり余るほどのロマンティックな感情、漠然とした憧憬、やがて来る不幸の予兆(冒頭およびコーダのチェロのE音)」、第2楽章:「若い頃の楽しい生活の思い出、舞曲(ポルカ)の作曲家としての名声、長い年月を過ごした貴族社会の思い出(中間部)」、第3楽章:「のちに妻となったある少女(カテジナ・コラージョヴァー)への初恋の幸福」、第4楽章:「体得した民族音楽の特徴、成功の喜び、不吉な破局による中断、失聴の始まり(コーダの第1ヴァイオリンのE音)、暗い未来への不安、わずかな回復の希望も消え、最初の時代を思い起こしても苦悩しか残らない」。

シュペーテ弦楽四重奏団 第5回公演(2015年4月18, 25日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Smetana,B. 演奏活動_DasSpäteQuartett

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。