FC2ブログ

スヴィリードフの宗教音楽と、レーガーのピアノ独奏曲

  • スヴィリードフ:バーンズの詩による歌曲、デニーソフ:バーンズの詩による5つの歌曲より、ショスタコーヴィチ:イギリスの詩人の詩による6つの歌曲より、レヴィチン:バーンズの詩による歌曲集、フレーンニコフ:バーンズの詩による5つのロマンスより サヴェンコ (B) ブローク (Pf)(Toccata TOCC 0039)
  • シェバリーン:プーシキンの詩による5つの無伴奏合唱曲、レールモントフの詩による3つの無伴奏合唱曲、ソフロノフの詩による3つの無伴奏合唱曲、タンクの詩による6つの無伴奏合唱曲、イサコーフスキイの詩による4つの無伴奏合唱曲、モルダヴィア詩人の詩による3つの合唱曲、子供のための4つの無伴奏合唱曲「我が孫たちに」、子供のための7つの無伴奏合唱曲「森の端で」、映画「グリーンカ」より国防市民軍兵の合唱「おお、我が夜明けよ」 ホンジンスキイ/ルースカヤ音楽院室内カペラ(Toccata TOCC 0112)
  • スヴィリードフ:聖歌と祈祷 プリシュ/クレド室内合唱団(Toccata TOCC 0123)
  • ラフマニノフ:晩祷 スヴェトラーノフ/ブルガリア合唱団(Russian Disc RDCD 00719)
  • ヴィラ=ロボス:アマゾンの森 ゲラシーモヴァ (S) スヴェトラーノフ/ロシア国立SO(Russian Disc RDCD 00530)
  • レーガー:ピアノ独奏曲全集 ベッカー (Pf)(NCA 234239)
かなり間が空いてしまったが、11月8日のエントリーに続き、アリアCDから届いた音盤を。

Toccataレーベルのセールでは、声楽曲ばかり3枚をオーダー。

ロバート・バーンズの詩によるロシア人作曲家の作品を集めたアルバムは、スヴィリードフとショスタコーヴィチの有名曲と、世界初録音のレヴィチンの作品などのあまり聴かれる機会のない曲とがバランスよく配置された聴き応えのある一枚。サヴェンコの歌唱は現代的な洗練を感じさせるもので、旋律の明晰なフレージングと、伴奏の和声に寄り添って移ろう色合いの変化が美しい。収録曲の全てがそれぞれに魅力的だが、歌謡曲的な旋律線という点で、フレーンニコフの作品が記憶に残った。デニーソフ作品の美しさも忘れ難い。


シェバリーンの無伴奏合唱曲全集というのも、このレーベルならではの企画。シェバリーンにとってこの編成が重要な位置を占めていたことがよく分かる分量だ。モスクワ音楽院の院長であったシェバリーンの後任がスヴェシーニコフだったのも、故なき事ではなかったのかもしれない。収録曲の間にそれほど大きな作風や曲調の違いは見出せず、いずれもロシア民謡風の素朴さが楽しい。もっとも、収録曲は全てジダーノフ批判以降の作品であることを忘れてはならない。


スヴィリードフの晩年は専ら宗教曲に没頭したようだが、「聖歌と祈祷」はその集大成のような曲集。ただ、奉神礼(カトリックでいうミサのようなもの)などを当初から想定して系統立てて作曲された訳ではなく、曲順等はあってないようなもの。このアルバムでは、旧約・新約それぞれの話の流れに沿って配列されている。

これがとてつもなく美しい。とにかく美しい。信者であれば各曲の表題や歌詞からその宗教的な内容も加味して聴くことができるのだろうが、この神々しい美しさはその知識が皆無な私の心をも優しく、それでいて力強く鷲掴みにする。


私にとってロシア正教会の宗教音楽といえば、何はさておきラフマニノフの「晩祷」である。結局のところはスヴェシニコフ盤に回帰してしまうのだが、スヴェトラーノフのラフマニノフとなれば一度は聴いておきたく、この機会に入手。しかし残念ながら、合唱の強烈なブルガリア色が耳につき過ぎて、スヴェトラーノフの解釈云々に辿り着くことができなかった。ロシアの女声もかなり鋭いが、比較にならない。


ヴィラ=ロボス最晩年の大作「アマゾンの森」は、ヘップバーン主演の映画「緑の館」(1959)の映画音楽を再構成した作品。ディスクを通してチャプターが1つしか打たれていないため、スコア無しでは楽曲構成のポイントを把握するのが難しく、結果としてラテン色に満ちた気怠くも官能的な情感を漫然と愉しむだけになってしまった。スヴェトラーノフの演奏はこうしたヴィラ=ロボスの音楽に期待される要素を手堅く的確に表出しており、作品を知るという点において十分に優れた演奏である。ただし、どんな曲でもロシア色に染めてしまう強烈な「スヴェトラーノフ/ロシア国立響」の刻印を求めるファンには物足りなさが残るかもしれない。


今回最大の買い物は、レーガーのピアノ曲全集。Max-Reger-Instituteのサイトで見る限り、作品番号なしの作品については若干の未収録もあるようだが(それらが演奏できる状態で遺されているかどうかは知らない)、「全集」と称するに十分値する労作である。この膨大な量の作品群を、音楽的にも技術的にも非常に高い水準で、しかも一人で弾き切っているだけでも驚嘆する。さすがに数度聴いた程度で各曲を個別に認識することは無理だが、どの曲にも咽せ返るほど濃密な後期ロマン派的情緒が充満し、「ドイツ」の名に期待する響きが十全に繰り広げられている。総じて私の好みど真ん中の楽曲と演奏であり、CD12枚を聴き通すことに何ら苦労はない。私が知るレーガーは、専ら室内楽曲と弦楽器の独奏曲ばかりだが、彼の魅力はピアノ曲の方が理解しやすいのかもしれない。もっと演奏頻度が高くてもよいと思うし、もっと広く聴かれてもおかしくないとも思う。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V. 演奏家_Svetlanov,E.F. 作曲家_Shostakovich,D.D.

ミーニン合唱団のスヴィリードフ&ラフマニノフなど

  • リームスキイ=コールサコフ(カバニーヒン編):歌劇「雪娘」より「道化師の踊り」、グラズノーフ(チェルノフ編):バレエ「ライモーンダ」より間奏曲(第1幕)、ブラームス(チェルノフ編):ハンガリー舞曲第7番、ショスタコーヴィチ(チーホノフ編):バレエ「ボルト」より「ワルツ=スケルツォ」、ドヴォルザーク(チェルノフ編):スラヴ舞曲第10番、ファルカシュ(チェルノフ編):バレエ組曲「小賢しい学生たち」より「チャールダーシュ」、コニャーエフ:演奏会用小品、ゴロドフスカヤ:ロンド、クリコフ:即興曲、リヴォーフ=カンパニエーツ:会話、トゥリコフ:奇想曲 チーホノフ (balalaika) ヤーコヴレフ (domura) ドゥブローフスキイ/オーシポフ記念国立ロシア民族楽器O (Melodiya 33 CM 02849-50 [LP])
  • スクリャービン:5つの前奏曲 Op.15、4つの前奏曲 Op.22、ピアノ・ソナタ第5番、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガより第3、5番、プロコーフィエフ:4つの小品 Op.32、4つの練習曲 Op.2より第3曲 アレクセーエフ (Pf) (Melodiya 33 C 10-11159-60 [LP])
  • スヴィリードフ:室内オーケストラのための音楽、ペイコー:挽歌形式の詩「ミャスコーフスキイの思い出に」、ドビュッシー:神聖な踊りと世俗の踊り スミルノーヴァ (Hp) アガルコフ/グネーシン記念音楽教育大学CO (Melodiya C10 20931 005 [LP])
  • スヴィリードフ:カンタータ「夜の雲」、ラフマニノフ:「聖金口イオアン聖体礼儀」より ミーニン/モスクワ室内cho (Melodiya C10-15907-08 [LP])
最近、めっきり利用することがなくなったArs Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.だが、気まぐれに4枚ほどオーダー。

まずは、オーシポフ民族楽器オーケストラのアルバム。ショスタコーヴィチの小品が収録されている未架蔵の音盤である。A面はクラシックの名曲の編曲、B面はマンドリン・オーケストラなどで取り上げられることの多い作曲家の作品、という構成。選曲も編曲もこの編成によく合った秀逸なもの。B面の作品群はバラライカやドムラのためのオリジナル作品なのか、元来はマンドリンなどの他の楽器のための物なのかは判然としないが、少なくとも違和感は全くない。

演奏は鮮やかで愉しく、ロシア情緒に満ちた響きを堪能するに十分な仕上がり。ショスタコーヴィチ作品は、まるでバラライカのために書かれたのではないかと錯覚するほど、楽器の音色と楽曲の雰囲気とが一致している。編曲者でもあるチーホノフの独奏も、バラライカの魅力を存分に伝える見事なもの。


アレクセーエフによる20世紀前半のロシア・ピアノ音楽集は、微妙に渋い選曲が素敵。和声の変化が織りなす多彩な色合いの表現が秀逸で、特にスクリャービンの前奏曲集は素晴らしく印象的な演奏。一方で第5ソナタのような大曲になると、楽曲の大局的な構成力に不足するのか、全体に散漫な印象が否めない。ショスタコーヴィチの2曲は比較的地味な印象の楽曲ながらも、アレクセーエフの多彩な音色が耳を惹くが、フーガの造形に物足りなさが残る。


グネーシン記念音楽教育大学の学生オーケストラのアルバムは、非常に意欲的な選曲である。いずれも前衛音楽ではないのだが、演奏効果が派手でない割にアンサンブルの精度が求められる作品ばかりで、(プロ音楽家の卵とはいえ)学生オケの水準をはるかに超えた聴き応えのある演奏に感心する。


ミーニン合唱団による、スヴィリードフとラフマニノフのややマイナーな合唱曲を収録したアルバムは、ロシア風の野性味と洗練とのバランスが素晴らしく、ロシアの合唱の神髄とまで言ってしまいたくなるような内容。スヴィリードフの「夜の雲」は、以前にラストヴォローヴァ/モスクワ新合唱団の音盤を紹介したことがあったが(2010年3月22日のエントリー)、アンサンブルの緻密さ、響きの豊かさ、表現の彫りの深さなど、あらゆる点で本盤の方が上である。ラフマニノフの「聖金口イオアン聖体礼儀」は全20曲中7曲の抜粋だが、こちらは更なる名演。ただひたすらに美しい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Sviridov,G.V.

渋めのロシア音楽5題

  • ヴァーインベルグ:ピアノ五重奏曲、弦楽四重奏曲第8番 ヴァーインベルグ (Pf) ボロディーンQ (Melodiya MEL CD 10 01998)
  • ボロディーン:弦楽六重奏曲、スケルツォ(「金曜日の曲集」第2集より)、グリエール:弦楽四重奏曲第3番、ミャスコーフスキイ:弦楽四重奏曲第9番 ボリショイ劇場Q バルシャーイ (Va) クヌシェヴィーツキイ (Vc) (Melodiya MEL CD 10 01750)
  • ストラヴィーンスキイ:「春の祭典」より、ポンキエッリ:歌劇「ジョコンダ」より「時の踊り」、ショスタコーヴィチ:バレエ「黄金時代」より「ポルカ」、スヴェトローフ:組曲「老淑女の訪問」、フォーレ:パヴァーヌ、ベンジャミン:ジャマイカのルンバ、ラヴェル:歌劇「子供と魔法」より「五時のフォックストロット」、フリオ・オスカル・パネ:余談とタンゴ、チェルニコフ:夜曲 QuARTru (Bomba-Piter CDMAN 342-08)
  • ラフマニノフ:「徹夜祷」より、チェスノコーフ:「徹夜祷」より、チャイコーフスキイ:「イオアーン・ズラトウーストのリトゥルギーヤ」より、ロシア民謡:トローイカ、スヴィリードフ:「プーシキンの3つの詩」より、「プーシキンの花輪」より、「ユヴェナリスの鞭」より、「A. プロコーフィエフの4つの詩」より ベグレツォフ/スモーリヌイ聖堂室内cho (Bomba-Piter CDMAN 395-09)
  • スヴィリードフ:「ロシアの詩人の詩による5つの合唱曲」、「祖国への賛歌」、「プーシキンの3つの詩」、劇音楽「皇帝ヒョードル・イヴァノーヴィチ」より3つの合唱曲、「3つのミニアチュア」  チェルヌシェンコ/カペラ・サンクトペテルブルク (Manchester Files CDMAN 155)
レコードプレイヤーが壊れてしまい、LPはぼちぼちと購入しているものの聴くことができず、ブログの更新もすっかりご無沙汰。今回の5点は、アリアCDで購入。

まずは、Melodiyaレーベルから2枚を注文。ボロディーンQによるヴァーインベルグ集は、作曲家自身が参加しているピアノ五重奏曲の方は2011年7月10日のエントリーで既に紹介済み。四重奏曲の方も、ヴァーインベルグの猛烈なテンションを万全の技術で地に足の着いた、それでいて極めて劇的に再現した名演。

HMVジャパン

ボリショイ劇場Qは、その名の通りボリショイ劇場管の首席奏者による団体。第1Vnのイサーク・ジュークは、後にモスクワPOのコンサートマスターを務めたヴァレンティン・ジュークの父。洗練とは対極の野暮ったさが純然たるロシアの香りと表裏一体の、実に魅力的な音を持った団体である。ロシア室内楽のコアなファンしか知らないような曲ばかりだが、いずれも楽曲の真価を十分に表出しきっており、各曲の最高の演奏だと断言したくなるような水準の仕上がりである。豪華メンバーを加えた六重奏曲などは、まさにロシア音楽の真髄と言ってよいだろう。

HMVジャパン

近年Bomba Piterと改称したManchester Filesレーベルからは、3枚をオーダー。サロン音楽風のアンサンブルQuARTruによる様々な舞曲作品の編曲集は、クレズマー風の響きが楽しく、編成と相性の良い選曲と編曲にセンスの良さが感じられる、気の利いたアルバムである。


先日スヴィリードフの作品リストを整理し直したところだが(6月14日のエントリー)、それに伴って数多くの楽曲が未聴であることが明らかになった。スヴィリードフの合唱曲を収録したアルバムをカタログに2点見つけたので、注文。

スモーリヌイ聖堂室内合唱団によるアルバムは、その名の通り19世紀の宗教曲が前半に収められているのだが、後半のスヴィリードフ作品が何の違和感もなく続くところに、スヴィリードフのロシア的本性であったり、晩年に聖歌へと傾倒することになる音楽的志向の礎などを感じた。合唱の技術的な巧拙の判断はつかないのだが、神々しくも生気に溢れた歌心が、とても心地よい。


チェルヌシェンコ指揮のアルバムは、オール・スヴィリードフ。作曲年代はまちまちなのだが、作風の変遷というものはあまり感じられず、むしろ全てを貫くスヴィリードフ独特の響きを堪能した。日本でも知られた合唱団だが、手堅く洗練された歌唱には、安心して身を委ねることができる。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V.

スヴィリードフの全作品リスト

  • Свиридовский институт, Георгий Свиридов: Полный список произведений (Нотографический справочник), Национальный Свиридовский Фонд, 2001.
私はスヴィリードフの音楽が大好きなのだが、「吹雪」のように有名な器楽曲はともかく、彼の創作の大半を成す声楽曲については、言語の壁ゆえかまとまった情報が非常に少なく、音盤に収録されている楽曲の素性を調べるにもかなり苦労する。
  1. まず、同じ詩人の歌詞につけた楽曲群を、どのような単位で捉えるべきなのかがわからない。たとえばエセーニンの詩による歌曲は多数あるのだが、「さまようロシア」のように連作歌曲のようにまとまって演奏されるものではないのに、「エセーニンの詩による4つの歌曲」みたいなタイトルがついているものもあり、しかもそれが音盤や楽譜によって様々に異なっていたりする。
  2. 次に合唱曲なのか独唱曲なのか、あるいは独唱&合唱なのか、ピアノ伴奏なのか管弦楽伴奏なのか、編成がいまひとつはっきりとしない。いわゆる歌謡曲的な捉え方をするならば伴奏の形態にこだわる必要はないのかもしれないが。
  3. そして何よりこれが一番の問題なのだが、楽曲のタイトルが日本語はもちろんのこと、英語訳すら限られたものしか分からず、しかも詩である以上、単に直訳しただけでは意味を成さないものばかりで、流通している訳が正しいのかどうか判断に苦しむ。
そんな悩みのいくらかでも解消してくれるだろうことを期待して、スヴィリードフの全作品リストなるものを一年ほど前に入手したのだが、軽く眺めただけでずっと放置していた。せっかくの情報なのにそれではあまりにもったいなく、気の赴くままに整理してみた(こちら)。
  • 作品リストでは編成(ジャンル)別に番号が振られているが、スヴィリードフの創作の過程を編年的に追うことを目的に、年代順に並べ直した。
  • 楽曲群のまとまりは、出版時の都合で様々なようなので、ひとまず作品リストに従い、その収録曲のタイトルも併記した。
  • スヴィリードフの情報はロシア語に偏っているので、ロシア語タイトルはキリル文字で表記し、コピペで検索しやすいようにした。
  • 日本語タイトルは、ごく常識的に直訳して問題のないもの以外は、ネットでの検索結果を基本に訳を検討し、問題のなさそうなもののみを記載した(まだ途中)。
  • 英語タイトルも同様だが、Melodiya盤のライナーに表記されている英語訳も利用した(まだまだ途中)。
  • 作品リストでは同一曲ながら伴奏等の編成が異なるものには別番号を振っているので、同様に別作品扱いした。編成についての記述は、とりあえず省いている(今後、必要に応じて追加するかも)。
  • 手持ちの音盤の情報を併記した。
  • YouTubeにある動画へのリンクもまとめた(まだ途中)。ただし、既発の音源をアップしただけのものは除外した。
楽曲名の問題は依然として残るものの、「スヴィリードフにはどんな作品があるのか」ということについて私自身が知りたい情報は、とりあえずではあるが、これで整理することができた。

今回、YouTubeなどで集中的にスヴィリードフの音楽を聴いたが、とりわけブロークやエセーニンの詩による歌曲群の、たまらなくロシア的な世界に、改めて魅了された。往年の有名演奏家達によるスヴィリードフ作品の演奏会の動画を以下にまとめておく。いずれも珠玉の名演である。
オブラスツォーヴァ (MS) スヴィリードフ (Pf)
19761977
ヴェデルニコフ (B) スヴィリードフ (Pf)生誕100年記念演奏会
スヴィリードフの夕べ
(1)(2)
Время Георгия Свиридова - documentary
(1)(2)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V.

ショスタコーヴィチのピアノ・ソナタ(フドレーイ)とスヴィリードフの歌曲(オブラスツォーヴァ)

  • ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ第1&2番 フドレーイ (Pf) (Melodiya C10 18977 007 [LP])
  • スヴィリードフ:ブロークの詩による歌曲(A. ブロークの詩による9つの歌、「ペテルブルグの歌」より) オブラスツォーヴァ (MS) スヴィリードフ (Pf)他 (Melodiya C10 20793 007 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの12月到着分。

フドレーイによるショスタコーヴィチのピアノ・ソナタは、シニートケ作品など(当時の)現代曲を得意としたピアニストらしく、過度の感情移入や飾り気といったものが排された、淡々とした音楽の運びながらも透明で澄んだ響きの多彩さをじっくりと聴かせる演奏である。当然の帰結として、第2番は優れた仕上がりである。もちろん第1番も楽曲の構造がクリアに呈示されていて悪くないが、この曲の場合はもう少し芝居がかった演出があってもよい。


スヴィリードフの歌曲集は、そのほとんどが作詞者の別に応じてまとめられているだけであり、いわゆる連作歌曲のような内容的に各曲が関連し合う類のものではない。したがって、作品全集に記されている「A. ブロークの詩による9つの歌」といったタイトルが、単なる出版時に便宜的にまとめられたものなのか、作曲家自身による何らかの意図を反映したものなのかは判然としない。作曲家本人のピアノによるこのアルバムも、2つの歌曲集からの選曲されており、「9つの歌」全てが取り上げられているものの、曲順は任意に並び替えられている。この辺りが、スヴィリードフの全創作を俯瞰し難い要因の一つだろう。

それはさておき、楽曲自体は、いずれも素晴らしい珠玉の歌ばかり。オブラスツォーヴァの鋭く突き刺さるような、暗い色調を帯びた歌声は、ロシア歌曲の真髄と言ってよい。ラフマニノフを想起させるような鐘の音を執拗に奏でるピアノ伴奏もまた、ロシアの魂を強烈に感じさせる。わかりやすいメロディ・ラインではあるが、この強烈なロシア臭は決して万人受けする類のものではないだろう。だが、だからこそ、ロシアを代表する傑出した歌曲(集)なのだと、スヴィリードフの作品を偏愛する私は、主張したくなってしまうのだ。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Sviridov,G.V.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター