スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の中古レコード・セールにて

  • モーツァルト:弦楽四重奏曲第19番、シューマン:弦楽四重奏曲第3番 東京Q (TDK TDK-OC019)
  • ガーシュウィン(ハイフェッツ編):歌劇「ポーギーとベス」より「サマー・タイム」「あの人は逝ってしまった」「ベスよ、お前はおれのもの」「そんなことはどうでもいいさ」、ショスタコーヴィチ(ツィガノーフ編):4つの前奏曲、サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ、チャイコーフスキイ:メロディ、サラサーテ:バスク奇想曲、ショーソン:詩曲、ドビュッシー(カレンバ編):「ベルガマスク組曲」より「月の光」 川久保賜紀 (Vn) ゴラン (Pf) (RCA BVCC-31109)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第14番 カーヒル (S) フィッシャー=ディースカウ (B) ベルティーニ/ケルン放送SO (Altus ALT162)
  • ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番、チェロ・ソナタ ガベッタ (Vc) ウルズレアサ (Pf) M. アルブレヒト/ミュンヘンPO (RCA BVCC-31109)
年末恒例の「中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセール」を覗きに、阪神百貨店へ。その後に用事があったためにゆっくりすることができず、今回はLP漁りを最初から断念。漫然とCDのみを見て回り、チェックはしていたが買いそびれていた物ばかり5点購入。それから一ヶ月以上も未聴のまま放置してしまったが、ようやく聴くことができた。

TDKオリジナルコンサートのCDシリーズからは、原田幸一郎時代の東京Qのライヴが2枚リリースされている。1979年のヤナーチェクの1番とベートーヴェンのラズモフスキー第2番他を収録したアルバムを、知人の家で聴かせてもらい、端正な佇まいの中に熱気を孕んだ硬派な音楽にいたく感心し、自分でも2枚とも入手しようと思っていたところ、時期を逸してしまい、既に販売終了の模様。今回見つけたのは「不協和音」とシューマンを収録した1973年に行われた二度目の“来日”公演ライヴ。初代メンバーによる最初期の録音は、確かに柔軟な自在さという点では後年の演奏に及ばぬ点が少なからずあるが、いかにも細部まで徹底し尽くしたと思われるアンサンブルの完成度は、新進気鋭の時期でしか実現し得ない類のものだろう。DGからのデビュー盤(ハイドンの作品76-1&ブラームスの第2番)とよく似た組み合わせで、その音楽の傾向もよく似ているが、ライヴならではの白熱した音楽の奔流は、若さゆえの魅力に満ち溢れている。曖昧さが一切排除された、それでいてしなやかな推進力が漲る「不協和音」は、まさに最良の意味での模範演奏である。シューマンでの感情表現は幾分ストレートに過ぎるようにも思えるが、それがシューマンの晦渋さを払拭して、表情の陰影に見通しの良さが加わった清々しい佳演に仕上がっている。録音状態には不満がなくもないが、音楽的な内容には全く不満はない。

HMVジャパン


2002年の第12回チャイコーフスキイ国際コンクールで最高位を受賞した川久保賜紀の小品集は、彼女にとって2枚目のアルバム。有名どころを微妙にはずした色彩感豊かな選曲だが、演奏そのものはやや単調。もちろん左手の技術は水準が高く、端正な仕上がりになっているものの、伴奏のゴランの多彩さには及ばないのが残念。

HMVジャパン


ベルティーニが亡くなってからもう10年近く経っていたとは思わなかった。専らマーラー指揮者として認識していたが、1988年の時点でショスタコーヴィチ、それも第14番を取り上げていたことを知らなかった不明を恥じるのみ。フィッシャー=ディースカウも既に鬼籍に入っており、まさに「死者の歌」といった感じでもある。ロシア語ではない「原語」での歌唱で、言葉の響きに大きな違和感があることは否めないが、一方で、どこか柔らかく漂うような歌の響きは、ふくよかで官能的なオーケストラの響きと渾然一体となって、陶然とした印象を生み出しているのが面白い。男声がバスではなくバリトンであることも影響しているのかもしれない。個性的な解釈の部類に入るだろうが、これがこの作品の一つの側面であることもまた事実。特に第9楽章以降は、たまらなく美しい。

HMVジャパン


若手女流チェロ奏者のショスタコーヴィチ・アルバムは、協奏曲第2番のライヴ録音という意欲的な内容。伸びやかで落ち着いた美感を持つチェロの音色は、いかにも最近の若手奏者らしい。音楽作りも素直で、いたずらに晦渋さを演出しないところに好感が持てる。ただ、表面的には地味な作品だけに、とりわけオーケストラにはもう少し多彩さを求めたいところ。彼女の美質は、ソナタでより発揮されている。ピアノ共々表現意欲に溢れた溌剌とした音楽は、清々しい。この奏者は、協奏曲第1番も既にリリースしている。そちらも聴いてみたいところ。

HMVジャパン


残る1点はBOXセットなので、また後日(いつになるか、分かりませんが…)。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_東京Quartet

懐かしのレーザーディスク

  • モーツァルト:弦楽四重奏曲第16番、バーバー:弦楽四重奏曲第1番 東京Q (東芝EMI TOLW-3705 [LD])
  • シューベルト:弦楽四重奏曲第14番「死と乙女」、ベルク:弦楽四重奏曲 アルバン・ベルクQ (東芝EMI WV060-3505 [LD])
僕が大学生だった1990年代前半、映像ソフトの主力メディアはレーザーディスクだった。レーザーディスクといえば、中学2年生の時に赴任してきた音楽のY先生のことを思い出す。Y先生はとにかく創意に溢れた人で、確か生徒会の顧問か何かで接する機会があり、何かと影響を受けたものだ。僕の中学時代といえば1980年代半ばである。その当時にY先生は、授業でレーザーディスクのソフトをいくつも観せてくれた。自身も声楽を学んでこられたこともあって、パヴァロッティのコンサート映像を流しながら熱く語っていた様子などは、今でもはっきりと思い起こすことができる。「サウンド・オブ・ミュージック」や「メリーポピンズ」を何回かの授業に分けて観せてくれたこともあった。

そんなこともあってか、音盤屋のレーザーディスクが置いてある一角には、一種独特の憧れが入り交じったような気分で足を運んだものだ。もっとも、1枚の値段が決して安くはなかったので、どうしてもCD複数枚とLD1枚を天秤にかけることになり、LDがDVDにとってかわられるまでの10年足らずの間に購入したLDソフトは、結局のところ、わずか50枚足らずであった。

7月の下旬だったか、知人のお宅で四重奏をして遊んだ後、酒を飲んでいると、ふと「ウンジャン時代の東京Qの映像があるなら観てみたい」という話題になった。LDを1枚持っていた記憶はあったのだが、収録曲がはっきりと思い出せぬまま帰宅し、さっそく棚を漁ってみると、モーツァルトの16番とバーバーの1番というカップリングのアルバムを発見。モーツァルトの16番は偶然にも練習中の曲だったので、酒の肴も兼ねた参考資料としてDVDにおとしてみた。



LDからDVDへの変換はMacを使って行ったのだが、エンコード等の処理に時間はかかるものの、DVD作成そのものはとても簡単であることを知り、機材をつないだついでに、めぼしいソフトを一気にDVD化することにした。C. クライバーのコンサート映像などは、今ではDVDで、それも比較的廉価で入手できるので今回はDVD化しなかったのだが、それでも予定したソフトの全てをDVD化するのに8月いっぱいかかってしまった。

ずっしりと重い光る円盤を手にすると、学生時代、部屋に仲間を集めて朝まで酒を飲みながら何度も繰り返し観た記憶が蘇ってくる。中でも、壮年期のアルバン・ベルクQの映像は、それこそ10年振り位に観たのだが、自分でも驚くほど隅々まで覚えていた。1984年の収録なので、最年長のピヒラーとカクシュカが44歳、エルベンは今の僕と同じ39歳で、最年少のシュルツは何と33歳(!)である。この頃にリリースされた「死と乙女」&「ロザムンデ」、ドビュッシー&ラヴェル、カーネギー・ホールでのライヴ、モーツァルトの弦楽五重奏曲第3&4番といった辺りがアルバン・ベルクQの技術的な頂点だったというのが、僕の持論である。確かに後年の録音や映像では音楽面のさらなる深化を聴くことができるものの、この若々しくも完成した映像の魅力と凄みが色あせることはない。



映像を観ている内に、それこそ使っている弦の種類まで真似するほど夢中になって観ていた当時の熱い想いが、ふつふつと沸き上がってきた。はやる心に身体がついていかない、運動会のお父さん状態なのが切ないが。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_AlbanBergQuartet

東京QとカルミナQ(NHK芸術劇場)

  • 東京クヮルテット 結成40年 円熟の響き(ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第2番、バーバー:弦楽四重奏曲より第2楽章、ラヴェル:弦楽四重奏曲) 東京Q (2009.7.28 録画 [NHK総合 (2009.9.4)])
  • カルミナ四重奏団 室内楽コンサート(バルトーク:弦楽四重奏曲第2番、シュナイダー:弦楽四重奏曲第3番「日は昇り 日は沈む」、ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第3楽章、ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ) カルミナQ (2009.6.13 録画 [NHK総合 (2009.9.4)])
  • カルミナ四重奏団 室内楽コンサート(ヴェレシュ:弦楽四重奏曲第1番、ラヴェル:弦楽四重奏曲、ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ) カルミナQ (2009.6.13 録画 [NHK BS-hi (2009.9.7)])
NHKの芸術劇場、9月4日放送分は弦楽四重奏特集だった。

東京Qの映像は、北海道苫小牧市にあるレナード・バーンスタイン・ペレカムイ教会にて、聴衆がいない状態で収録されたもの。1st Vnがコーペリマンに交代して以降の東京Qを聴くのは、恥ずかしながら初めて。バーバーなどでは首を傾げたくなるようなピッチの不揃いもあったが、基本的には高い水準で仕上げられたアンサンブルに感心させられた。ラヴェルの第2楽章で、第2Vnの攻撃的なpizz.に70年代の東京Qを想起したりもしたが、概してオーソドックスな音楽づくりがなされており、聴き手によってはそれほどの満足感は得られなかったかもしれない。僕は、これだけのキャリアを重ねた団体に対して、若々しく尖った音楽を求めてはいないので、十分に楽しみましたが。

後半は、今年の6月に東京の第一生命ホールで行われたカルミナQのライヴ映像。4夜連続で行われた彼らの演奏会は、各回にタイトルがつけられていて、放送されたのは「The Challengers―挑戦する者」と題された第4夜目のもの。この番組で放送されたのは演奏会の半分で、残りはBS-hiのクラシック倶楽部で別途放送された。当夜の演奏順は、以下の通り:
  1. バルトーク:弦楽四重奏曲第2番
  2. ヴェレシュ:弦楽四重奏曲第1番
  3. シュナイダー:弦楽四重奏曲第3番「日は昇り 日は沈む」
  4. ラヴェル:弦楽四重奏曲
  5. 【アンコール】ドビュッシー:弦楽四重奏曲より第3楽章
  6. 【アンコール】ジミ・ヘンドリクス(リフキン編):パープル・ヘイズ
20世紀の作品から構成されたプログラムで、ヴェレシュとシュナイダーは、カルミナQの本拠地であるスイスの作曲家である。

まぁ、とにかく完成度が高い。それでいて嫌味を感じさせない洗練された雰囲気が、カルミナQの美質であろう。バルトークもラヴェルも、そしてヴェレシュもシュナイダーも、さらにはジミヘンですら、楽曲と演奏者との一定の距離感が堅持されている。時に徹底した人工臭すら感じさせる(特に弱奏部)一方で、それが彼らの意図するものであることが常に明確な音楽づくりに、極めて卓越したアンサンブル技術以上に感心させられる。僕自身は、たとえ多少の隙があったとしても、より劇的な音楽に対する嗜好が強いので、正直なところ、こういう音楽を無条件に心から楽しんだわけではないのだが、カルミナQが楽曲に対して持つのと同様の距離感を持ってカルミナQの演奏を聴く限りにおいては、やはり当代随一の四重奏団だと絶賛しないわけにはいかない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_CarminaQuartet

とりとめもなく…

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集「プロシャ四重奏曲」 東京Q (DG POCG-2790/1)
  • メンデルスゾーン:弦楽八重奏曲、シェーンベルク:浄夜 バルトークQ他 (Hungaroton HCD 31351)
  • ブラームス:8つのピアノ曲 作品76、2つのラプソディ 作品79、幻想曲集 作品116 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70664)
  • ブラームス:3つの間奏曲 作品117、6つのピアノ曲 作品118、4つのピアノ曲 作品119 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70665)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
昨日取り出した東京Qのハイドンを、改めて全部聴き直した。僕は、ハイドンの弦楽四重奏の緩徐楽章が持つ泥臭い感傷性が大好き。それはこの作品50の数曲にもあって、それをまた原田幸一郎が実に泥臭く歌い上げている。日本人的な歌の感覚に共感しているのかもしれないけれども、模範的なアーティキュレーションや品の良いアンサンブルのおかげで、単なる演歌に陥ってはいない。

こういう泥臭さは、ハンガリーの団体にも感じることが多い。バルトークQは中でも好きな団体だが、メンデルスゾーンの八重奏曲を収めた一枚は、曲の良さとも相まって彼らの美質が存分に発揮された仕上がりになっている。8人全員が本当に気持ち良さそうに、伸び伸びと歌っているという点で、この演奏は傑出している。同質の楽器による八重奏ということでバランスの取り方が難しいところだが、この演奏は表面を整えることではなく、全員がしっかりと音を出して歌いきることで結果的に望ましいバランスを得ているのが特徴的。このことで、対位法的な絡み合いが、全体の熱気溢れる大きな流れの中で理想的に響いている。しかも、いわゆる室内楽的な親密感やまとまりは失われている。この曲を弾いたことがある人なら誰でも経験しただろう高揚感や満足感を彷彿とさせてくれる名演。シェーンベルクも同様。ただ、完全に後期ロマン派な演奏だけに、こちらは人によって趣味が分かれるかもしれない。

今、ボリソフ著の「リヒテルは語る 人とピアノ、芸術と夢」を読んでいるのだが、そこにブラームスのピアノ曲がいくつか出てくる。リヒテルの本にネイガウスやヴェデルニコフの演奏というのは、いかにも重い組み合せなので、今日はレーゼル盤全集の中から、先週聴かなかった後期の2枚を一気に。ブラームスのピアノ曲については先週何度も書いたし、BGMがてら聴いていたこともあるので今日は特にコメントせず。時に力任せになるものの、レーゼルの演奏からはブラームスの魅力が素直に伝わってくる。本当に素晴らしい曲だ。

日曜日の練習後、家まで送ってくれたYさんの車の中で聴いて好印象を持った、ゲールギエフの「シェエラザード」を昨日購入した。正直、この曲に2000円以上の投資をするつもりはなかったのだが、昨年非常に話題になったディスクでもあるし、最新録音を1枚くらい持っていてもいいだろうとこの度ようやく入手したもの。すごく巧い演奏だなぁ、というのが感想。まず技術的な精度が素晴らしい。特に管楽器の音色もインターナショナルなロシアン・サウンドといった感じで聴きやすくまた十分に魅力的。この曲、同じような旋律を延々と繰り返しているだけの側面もあって、どうしても退屈してしまうのだが、それを感じさせないゲールギエフの指揮も巧い。各楽器のソロの生かし方も優れている。早めのテンポで颯爽とまとめあげながらも、時々はったりをかますゲールギエフの特徴が良い形で表れた演奏だと思う。併録のボロディンとバラキレフも同様。ま、でも、これは好き嫌いがわかれるだろうな。僕は結構好き。

今日は結構とりとめもなく聴いたな。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 演奏家_BartókQuartet 演奏家_Rösel,P. 演奏家_Gergiev,V.A. 作曲家_Haydn,J. 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A.

東京Qのハイドン作品50

  • ハイドン:弦楽四重奏曲集「プロシャ四重奏曲」 東京Q (DG POCG-2790/1)
何やかんやとやることがあって、昨日は何も聴かずじまい。今日も似たような状況だったが、何となく気分転換で久し振りにこのセットを取り出した。

1973~4年の録音で、2nd Vnが池田氏に交代した第2期メンバーによる演奏。実に丁寧な仕事だと思う。地味で演奏頻度の低い曲集だが、デビュー盤からハイドンを取り上げている団体だけに、隅々まで磨き上げられた音で確信に満ちた音楽が繰り広げられている。

これぞ弦楽四重奏、というような音に大満足。明日も続きを聴くことにしよう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_東京Quartet 作曲家_Haydn,J.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。