年末の中古市にて

  • モーツァルト:ディヴェルティメント第1~3番 スピヴァコフ/モスクワ・ヴィルトゥオージ (Victor VIC-28116 [LP])
  • テレマン:組曲 ハ長調、3つのオーボエ、3つのヴァイオリンと通奏低音のための協奏曲 変ロ長調、オーボエ協奏曲 ヘ短調 バルシャーイ/モスクワCO (EMI ALP 2084 [LP])
  • プロコーフィエフ:バレエ「石の花」 ロジデーストヴェンスキイ/ボリショイ劇場O (Victor VIC-4018~19 [LP])
  • ストラヴィーンスキイ(ドゥシキン編):田園曲、ストラヴィーンスキイ:兵士の物語、シュトックハウゼン:「十二宮」より(水瓶座、魚座、牡牛座、蟹座、獅子座、射手座、水瓶座)、シニートケ:ヴァイオリン協奏曲第3番 クレーメル (Vn) ベルリン・フィルハーモニーOの首席奏者達 (King K28C-164 [LP])
  • R. シュトラウス:クレメンス・ブレンターノの詩による6つの歌、プフィッツナー:歌曲集(マルクに寄せて、子守歌、すっぱ抜き、菩提樹の葉陰で、私とあなた、そのかみの日) モーザー (S) ヴェルバ (Pf) (EMI EAC-80075 [LP])
年末は専ら自宅の大掃除に明け暮れていたのだが、一日だけ街に出る用事があったので、年末恒例となっている「中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセール」を覗きに、阪神百貨店へと立ち寄ってみた。

掃除で疲れていたこともあって、文字通り覗くだけで済まそうと思っていたのだが、思いの外に混雑していた会場の熱気にあてられて、ついついエサ箱を順にチェックし始めてしまった。時間もあまりなかったので、たまたま割り込むことのできた名曲堂阪急東通店の出品物に限定してエサ箱を漁ること小一時間。5枚のLPをレジへ。

モスクワ・ヴィルトゥオージのモーツァルトは、嫌味なまでに磨き上げられた完璧なアンサンブルの妙を堪能できる一枚。スピヴァコーフ独特の癖のある節回しも、ここでは特に気にならない。ピリオド奏法に影響される前の、旧き佳きモダン流儀の歌が心地よい。LPの帯には「深々とした情感、心ゆくまでの歌。完璧な反復によって曲想を的確にとらえ深くほりさげた、美しくチャーミングな名演。」という煽り文句があったので、間違いなく宇野巧芳氏の解説だと思いきや、意外にも壱岐邦雄氏であった。形容詞の選択に加えて、繰り返しを楽譜通り行う“だけ”で楽曲の真正な解釈になるかのようなこのコピーは、やはり旧き佳き時代の遺物と言ってよいだろう。


この種のアンサンブルといえば、やはりバルシャーイ/モスクワ室内管が僕にとって永遠のスタンダードである。彼らのテレマンは初めて聴いたが、壮麗でありながらも引き締まった響きを通して、幾分泥臭いロマンの萌芽が立ち上ってくるような、期待通りの素晴らしい演奏である。これもまた、旧き佳き時代の遺産である。


プロコーフィエフ晩年の傑作「石の花」は、恥ずかしながら今まで全曲を聴いたことがなかった。輝かしい響きに彩られた美しい旋律の数々は、まさに天才的な音楽としか形容のしようがない。ロジデーストヴェンスキイの演奏には、不満のあろうはずもない。


イニシャルが「S」の作曲家を集めたクレーメルのアルバム(別にそういう意図があったとは思わないが)には、絶頂期のクレーメルの至芸が惜しげもなく詰め込まれている。「兵士の物語」における変幻自在の表現力など、未だにこれを超える才能は現れていないと言ってよいのではないだろうか。シニートケの協奏曲には初演者であるカガーンの見事な録音もあるが、内省的なカガーンの音楽に比べて、時にきらびやかなアピール力を持つクレーメルの音楽の方が、シニートケという作曲家を世に出す上で大きな力を持ったのは、至極当然のことであろう。


R. シュトラウスとプフィッツナーの歌曲集は、聴いたことのない作品ばかりが収録されていることに惹かれて確保したもの。手堅くまとめられた地味な歌唱であるが、濃厚なロマンの香りがじっくりと全身に沁み入るような空気感が心地よい。とりわけプフィッツナーの渋い美しさは、癖になる。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Prokofiev,S.S. 作曲家_Stravinsky,I.F. 作曲家_Schnittke,A.G. 作曲家_Pfitzner,H. 演奏家_Barshai,R.B.

バルシャーイのヴィオラ小品集/フォミーン:喜歌劇「替馬所の御者達」

  • N. ティトーフ(ボリソーフスキイ編):ロマンス、ブラーホフ(ボリソーフスキイ編):カンツォネッタ、ヴェルストーフスキイ(ボリソーフスキイ編):2つの主題による変奏曲、J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番より「シャコンヌ」 バルシャーイ (Va) デデューヒン、ヤンポーリスキイ (Pf) (Melodiya D-2396-7 [10"mono])
  • フォミーン:喜歌劇「替馬所の御者達」 チェルヌシェーンコ/レニングラード音楽院O他 (Melodiya C10 19625 009 [LP])
11月頭にArs Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.へ注文した品が届いた。その中から、まずは2枚を聴いてみた。

バルシャーイのヴィオラ小品集は、僕にとっては期せずして彼の追悼盤のようになってしまった。バルシャーイがヴィオラ奏者として活躍していた時代の録音なのだろう(原盤はSP?)、録音状態はかなり悪い。だが、バルシャーイのヴィオラにはそれを補って余りある甘美な美しさがある。A面の3曲は、グリーンカ登場以前の作曲家達による小品を、ベートーヴェンQの初代ヴィオラ奏者ボリソーフスキイが編曲したもの。いずれも歌謡性に富んだ、仄かに感傷的で平明な旋律に胸を打たれる。バルシャーイの演奏は、これらの魅力を完璧に引き出していると言ってよい。モスクワ室内Oを指揮した時に聴かれる透徹した機能美とは異なり、臆面もなく青臭い感傷を歌いあげるような弾き方に、20世紀中頃のロシア人演奏家に共通する時代の香りを感じる。「シャコンヌ」には、こうしたバルシャーイの美質が存分に発揮されている。現代でこういう演奏をする人は(プロでは)皆無に等しいだろうが、このどこか人懐っこい多彩な表情が持つ説得力は今でも色褪せてはいない。

なお、A面2曲目の作曲者としてクレジットされているP. ブラーホフは、兄のピョートル・ペトローヴィチなのか、弟のパーヴェル・ペトローヴィチなのか、イニシャルだけでは分からない。



フォミーンの代表作である「替馬所の御者達」(全1幕)は、対訳はおろか解説の類が一切なく、男性によるナレーションが話の筋などを補っているようだが、LP1枚、計40分弱の録音がオリジナルの形をどれほど伝えているのかは分からない。いかにも宮廷音楽風の序曲から始まるが、2曲目の合唱が始まると突如としてロシア風の感傷的な節回しが現れる。18世紀西ヨーロッパの音楽の枠組みにありながら、ロシア国民楽派の萌芽とでも言うべき音調が盛り込まれている点で、大変興味深い作品である。

tag : 演奏家_Barshai,R.B. 作曲家_Fomin,E.I.

バルシャーイの10枚組BOX(Brilliant)


  • ルドルフ・バルシャーイ・エディション バルシャーイ/モスクワCO他 (Brilliant 9010)

3月22日の記事で紹介した買い物の残り。発売されてから既に一年近く経っているが、僕にとってバルシャーイ/モスクワCOの演奏は子供の頃の刷り込みであり(1997年8月25日の記事)、彼らの多彩なレパートリーをまとめて聴くことのできるこのセットを無視することは、どうしてもできない。

収録曲は、以下の通り:
【CD 1】
J. S. バッハ(バルシャーイ編):フーガの技法(1969.6.19)
【CD 2】
J. S. バッハ(バルシャーイ編):フーガの技法(1969.6.19)
グルック:バレエ組曲「ドン・ファン」より「ピチカート」(1965.1.20)
ラモー:協奏曲第6番(1956.9.23)
ラモー:ガヴォット(コルニェエフ (Fl) 1956.9.25)
リュリ:メヌエットとアリオーソ(1956.9.23)
マレ:3つの小品(1956.10.2)
パーセル:幻想曲第8&12番(1959.11.27)
【CD 3】
ハイドン:トランペット協奏曲 変ホ長調(ドクシーツェル (Tp) 1961.12.21)
ハイドン:ピアノ協奏曲第4番 ト長調(モレイラ=リマ (Pf) 1974.6.28)
ハイドン:交響曲第100番「軍隊」(1973.8.9)
【CD 4】
モーツァルト:交響曲第29番(1963.10.14)
モーツァルト:ディヴェルティメント第17番(1968.4.9)
【CD 5】
モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調(1968.4.10)
ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番(リル (Pf) 1970.7.1)
ベートーヴェン:交響曲第8番(1967.12.13)
【CD 6】
ドビュッシー:「子供の領分」より「小さな羊飼い」(1956.9.25)
プーランク:「6人組のアルバム」より第5曲「ワルツ」(1956.9.25)
ヒンデミット:「愛好家および音楽仲間が歌い、演奏する音楽」より第3曲「クープファルツからきた狩人」(1959.11.27)
マルティヌー:ディヴェルティメント(1959.11.27)
バルトーク:弦楽のためのディヴェルティメント(1960.12.3)
バルトーク(ヴェイネル編):子供のために(1962.3.3)
ブリテン:シンプル・シンフォニー(1962.3.3)
【CD 7】
ショスタコーヴィチ:交響曲第14番(ヴィシネーフスカヤ (S) レシェティーン (B) 1969.10.6)
ヴァーインベルク:シンフォニエッタ第2番(1967.3.7)
【CD 8】
ショスタコーヴィチ(バルシャーイ編):弦楽のための交響曲 Op.118a(1967.3.7)
ショスタコーヴィチ:前奏曲とフーガより第20&8番(1960.11.22)
ラーツ:弦楽のための協奏曲(1963.10.14)
B. チャイコーフスキイ:室内交響曲(1967.10.27)
【CD 9】
プロコーフィエフ(バルシャーイ編):束の間の幻影(1967.3.7)
プロコーフィエフ:子供の音楽より「おとぎ話」(1959.11.27)
メエロビッチ:室内管弦楽のためのセレナーデ(1967.3.7)
K. ハチャトゥリャーン:チェロ・ソナタより「アリア」(1967.3.7)
ロクシン:交響曲第7番(グリゴーリエヴァ (A) 1974)
【CD 10】
ブーニン:交響曲第5番(モスクワPO 1968~70)
ブーニン:室内管弦楽のための協奏曲(1962.3.29)
ストラヴィーンスキイ:弦楽のための協奏曲 ニ調(1960.11.22)
ストラヴィーンスキイ:ダンバートン・オークス(録音:1962.3.25)
Classic CaféというサイトのBarshai Discographyを見ると既発音源も多く含まれているようで、例によって、ライヴ録音とされていても収録年月日などのデータがどこまで正しいのかはわからない。以下、ディスク順に。

【CD 1】彼らの「フーガの技法」は、既にYedang盤を架蔵していたが、透徹したアンサンブルの見事さが際立つものの、全体としてはやや退屈さが否めないという感想は、今回改めて聴き直しても変わらなかった。“バルシャーイ編曲”とクレジットされているが、この曲集の内容と性格を考えるならば、そのことに大きな意味は見出せない。「2台のクラヴィアのためのフーガ」は省略されているが、これは純粋に編成上の理由だろう。なお、Yedang盤では1枚に収録されていたが、ここでは最後の一部が2枚目に分割されている。対位法第12と第13の正立形と倒立形とが別のトラックに分割されているため、トラック数も異なっている。さらに、最後の「5度の対位法による12度のカノン」と「3つの主題によるフーガ」の演奏順がBrilliant盤とYedang盤とでは逆になっているが、恐らくは未完のフーガが最後になる方が正しいように思えるものの、確たるところは分からない。

【CD 2】「フーガの技法」の結尾部分に続き、バロック期の作品が収録されている。いずれもモスクワCOが結成されてから間もない1956年の録音で、驚嘆すべきアンサンブルの質をもって彼らがデビューしたことを証明する貴重な記録といえるだろう。今となっては“正しくない”演奏様式なのだろうが、息遣いに至るまで徹底して整えられた人工美は、バロック音楽に相応しいようにも思われる。ただ、バルシャーイと奏者の両者の意識が技術的な完璧さに集中しているように感じられ、音楽に愉悦感がないのが惜しい。

【CD 3】ハイドンの3曲が収録されているが、残念ながら堅実であるという以上の特徴を感じ取ることはできない。中では、ドクシーツェルのトランペットが華麗な情感に溢れていて、すこぶる魅力的。もっとも、ロシア臭のきついハイドンなので、好き嫌いは分かれるだろう。

【CD 4】モーツァルトも、音楽の香りに乏しいのが惜しい。特に団体の技術の高さをこれでもかと見せつけるような交響曲第29番は、嫌みですらある。もっとも、スピヴァコーフ/モスクワ・ヴィルトゥオージも同種の曲で似たような演奏を聴かせることがあり、弦楽器奏者が思い通りになる手兵を得ると、ついついやってしまう音楽の傾向なのかもしれない。

【CD 5】モーツァルトのディベルティメントは、結成から10年以上を経て最盛期にあったこのコンビの凄味を端的に示している。弦楽四重奏以上に緊密なアンサンブルと言ってもよい。僕にとっては、カラヤン/ベルリンPOの怪演と並んで絶対にはずせない演奏である。悪趣味過ぎますかね?ベートーヴェンの2曲は、CD3とCD4のハイドンやモーツァルトに比べると演奏内容が格段に豊か。

【CD 6】編曲作品を含む小品を集めた1枚。こういう“軽い”曲でも精緻極まりない仕上げを追求しているのが、このコンビの魅力でもある。鋭利な刃物で一気に切り裂くような音のアタックゆえに、どの曲も同じように聴こえてしまうのは否めないが、減点材料にはならない。

【CD 7】ショスタコーヴィチの交響曲第14番は、Russian Disc盤などで知られている既発音源。ライヴゆえの瑕はあるが、冷徹な狂気の奔流に圧倒される名演。初めて聴いたヴァーインベルグのシンフォニエッタ第2番は、少々印象が薄いものの、とても美しい音楽。常に濁った情念の渦が感じられるのは、いかにもヴァーインベルグらしい。

【CD 8】バルシャーイが編曲したショスタコーヴィチ作品の初出音源が含まれた、このセットの中で最も楽しみにしていた1枚。その期待は十分に満たされた。特に弦楽四重奏曲第10番の編曲は、背筋に寒気が走るような怜悧さと濃密なロシア風の情感とが高い次元で共存する、非の打ちどころがない名演である。第8番と違って第10番にはこれといった録音がなかったので、この録音が現時点での決定盤となろう。24の前奏曲とフーガからの編曲も抒情的な雰囲気が豊かな演奏だが、編成ゆえか少々ロマンティックに過ぎるようにも感じる。ラーツ作品で惜しげもなく繰り出される圧倒的な名技と、ボリース・チャイコーフスキイ作品の多彩な響きや表情を見事に描き分ける音楽性の高さも驚異的である。

【CD 9】現代ソ連音楽集といった風情のこの1枚も楽しみにしていたが、肝心の作品がそれほど面白くなかったというのが正直なところ。中では、ロクシン作品が印象に残った。何度か聴き込めば、また違った風景が見えてきそうな気もする。ロクシンについて、詳しくはこちら

【CD 10】ブーニンの2曲は、ヴァーインベルグからユダヤ風の民族臭を抜いたような感じ。ショスタコーヴィチの影響があからさまだが、これはこれで十分楽しめる。ただ、どちらもバルシャーイ/モスクワCOのコンビで聴く必然性は、あまり感じられない。演奏そのものは、隅々まで引き締められた立派なもの。興味深かったのは、ストラヴィーンスキイの「ダンバートン・オークス」。この曲は、かぶとやま交響楽団の第29回定期演奏会で弾いたことがあるが、苦戦の末に、どこかゴツゴツした肌触りの演奏に仕上がった記憶がある。それは自分達の演奏技術の低さに起因するものでもあるが、いくつかの録音を聴いても似たような印象を受けたこともあり、そういう曲なんだと思っていた。ところがバルシャーイ/モスクワCOの演奏は、このイメージとは全く異なる、柔らかく滑らかで、鼻歌のようなお洒落さを感じさせるもの。最上の解釈、と言ってしまうにはまだ抵抗があるものの、このセットの中で最も衝撃を受けた演奏とは言える。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Barshai,R.B. 作曲家_Shostakovich,D.D.

ソヴィエトの「四季」

仲間内では周知のことなのだが、僕は旧ソ連の演奏家に目がない。理由は簡単。ショスタコーヴィチの音楽にハマったからだ。そりゃ、初演時の録音とか、定評ある演奏とか片っ端から集めていたら、いやでも旧ソ連の人達の演奏を聴くことになりますわな。

ところが、どうもそれだけではないことに気がついた。実は、小さい頃家で聴いていたレコードというのが河出書房からでていた名曲全集の類だったのだが、そこに収められている演奏というのが旧ソ連製のものばかり。ベートーヴェンのエロイカなんかイワノフの演奏でっせ。あ、いや別に我が家が思想的にどうだったということはありませんよ、念のため。しかし、聴いている曲はごくごく普通の“名曲”なのに、演奏がひと癖もふた癖もあるものだったとは…。許光俊氏風にいえば、まさに“邪悪”な音楽的環境だった訳ですね(^^;。そりゃ、趣味も悪くなるわ。

さてその名曲全集の第1巻というのがヴィヴァルディ。LP2枚組なのだが、「四季」以外は比較的マイナーな協奏曲ばかりというマニアックな選曲。演奏はバルシャイ指揮のモスクワ室内管弦楽団。僕がヴァイオリンを始めた頃、そう幼稚園の頃から数年の間は、このLPが愛聴盤だった。本当にすり減るまで聴きました。だから僕にとって「四季」のリファレンスはこの演奏ということになる。何ということだ!しかし、残念ながらCD化はされていないようで、大学に入って京都に来てからはこの演奏を聴いたことがなかった。

それが、たまたま土曜日に梅田のタワーレコードをうろついている時に見つかったのだ。
  • Vivaldi: ‘The Seasons’ Op. 8、Double Concerto for Two Horns、Double Concerto for Two Oboes
    Rudolf Barshai/Moscow Chamber Orchestra (REVELATION, RV10043)
正確に言うと、この演奏はライヴで放送用音源か何かをCD化したものだと思われ、僕の聴いていた録音とは違うようだ。でも、聴いた印象はほとんど同一のもの。そりゃ、正確無比を売り物にしていた彼らの演奏だから、ライブだからといって大きく変わることもないだろうが。

いやあ、しかしこの演奏は“濃い”。ロシア式の奏法で音のすみずみまでしっかりとヴィヴラートをかけた上に、リズムもテンポも何もかもぴったりと揃っているものだから、ただでさえロマンチックな演奏の傾向が増強されている。古楽器派の人にはまったくもって許し難い演奏だと思う。でも、何か良いのですよね。僕の持っている「四季」のCDは、パールマン、ズッカーマン、シュバルヴェ、ムター、クレーメル、ヴィオンディそれにスターン・ズッカーマン・ミンツ・パールマンが1曲ずつ弾いているやつで、皆それぞれ個性的だし、ある意味で“イタリア的”な演奏は一つもないとさえ言えるのだが、その中でもこのバルシャイ盤はひときわ異彩を放っている。

それにしても、なぜこの演奏がこんなにもしっくりくるのだろうか?北海道生まれの僕とモスクワっ子の彼らとの季節に対する感覚が似通っているからなのでしょうかねぇ。とりあえず、“今さら「四季」なんて”という人達にはお薦めです。ヴィオンディ盤並の衝撃があるかも(^^)。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Barshai,R.B.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター