未聴LP(5月分)

  • バシュメット・小賀明子訳:バシュメット/夢の駅,アルファベータ,2005.
  • ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番、チャイコーフスキイ:ロココの主題による変奏曲、ヘンデル:ラルゲット、ショパン:序奏と華麗なポロネーズ ロストロポーヴィチ (Vc) コンドラーシン/モスクワPO (Period Showcase SHO 337 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 P. コーガン/スロヴェーヌPO (JUGOTON LSY-66272 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第1&9番 ユージン/ソヴィエト国立SO (Melodiya C10 30485 002 [LP])
  • アレクサンドロフ:ソヴィエト社会主義共和国連邦国歌、ショスタコーヴィチ:映画音楽「呼応計画」より「呼応計画の歌」 ロブソン (B) リヒター/キーノートO他 (Keynote K 1200 [10" 78rpm])
バシメートの自伝を紀伊国屋書店梅田店で見かけたので、即購入し、一気に読了した。これは実に面白かった。才能の途方もなさと反体制の心意気ばかりが熱烈に綴られるロストロポーヴィチ関連の本、なんか粘着質なキャラクターにひいてしまうクレーメルの自伝なんかに比べると、そもそもの性格に起因するのかもしれないが、行間から音楽が自然に流れ出してくるような落ち着いた雰囲気がとても音楽的。出版元であるアルファベータ社の「クラシックジャーナル」誌第14号では随分とページを割いてこの本の紹介がなされているが、そうした内容の概略だけではなく是非とも全部を通して読んでもらいたいものだ。多くの名演奏家達との様々な交流は、ヴィオラ奏者という微妙なポジションであるがゆえの特権だろうか。繰り返し読むに耐え得る興味深いエピソードが満載。

Mikrokosmos Mail Order Co.から5月中旬に届いていた荷物。この週末でようやく全てに針を通すことができた。実を言うと、溜め込んでしまう前にとりあえず一回は聴いてしまおうとロストロポーヴィチ盤はターンテーブルの上に載せていたのだが、B面の「ロココ」からかけたために、何度チャレンジしても途中で寝てしまい、そうこうしている内に聴く時間がとれなくなって今日に至ったもの。

さて、そのロストロポーヴィチ盤。これでロストロポーヴィチ独奏のショスタコーヴィチのチェロ協奏曲の音盤は全て集まったはず。今回入手したのはモノラル盤だが、擬似ステレオ盤もあるようだ。ライヴ録音のようだが、確かにホルンの独奏をはじめとして細かい瑕は少なくないものの、異様な興奮状態の中で展開していく音楽の凄みは格別。第1楽章の引き締まった音楽はコンドラーシンの独壇場だし、第2楽章の深い音楽は、ロストロポーヴィチとコンドラーシンによる最良の共同作業の一つといえるだろう。第4楽章はアンサンブルに危なっかしさがあるものの、全体を通してその造形の見事さが際立つ秀演に仕上がっている。録音があまり良くないのが残念。B面の「ロココ」も堂に入った演奏。屈託のない伸びやかな歌が、いかにもソ連時代のロストロポーヴィチ。ヘンデルとショパンはピアノ伴奏だが、なぜかジャケット等にはピアニスト名のクレジットがない。演奏は、もちろん悪くない。ただ、これらの作品の内容を考えると、ロストロポーヴィチの演奏は少々スケールが大き過ぎるか。

P. コーガンの交響曲第5番は、流れの良いスマートな音楽作りに好感が持てる。ただ、オーケストラがそれに応えるだけの能力を持っているとは言いがたい。スロヴェーヌPOというオーケストラは(恐らく)初めて聴いたが、弦楽器の音程のバラツキは結構気になるし、管楽器の音色にもそれほど魅力が感じられない。

ユージン(ピアニストのユージナの甥とのこと)のライヴ盤は、なかなか良い演奏だという評判を目にしたこともあり、期待して針を下ろした。が…う~ん…ちょっと微妙。第1番は、どこか野暮ったい節回しと推進力のあるテンポとのバランスが良く、魅力的な音楽に仕上がっている。ただ、オーケストラの技術的な精度が、ライヴ録音であることを考慮してもなお、満足できるような水準に達していない(もちろんこれは、1980年代のソヴィエト国立SOであることを前提とした話である)。弦楽器に厚みの感じられない録音の影響もあるだろうが、アンサンブルが不揃いである上に音程がどうにも落ち着かない。これは、第9番により顕著である。どちらかといえばどっしりとしたテンポで始められる第1楽章は、にもかかわらずアンサンブルがバラバラであることに拍子抜けする。第4楽章のファゴットの名技と深い音楽など素晴らしい箇所もあるだけにもったいない。

最後の一枚はSP盤。僕の身近にはSPの再生環境がないため、いつか聴く機会があることを祈りつつ確保したもの。2曲とも歌詞は英訳されている模様。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Bashmet,Y.A.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター