FC2ブログ

中古盤3題

  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ シャフラーン (Vc) ムシニアン (Pf) (Supraphon LPM 304 [10"mono])
  • ショスタコーヴィチ(オストランダー編):4つの前奏曲、デュボア:トロンボーンとピアノのための組曲、ロバートソン:朗詠と5つの省察、マルチェッロ(ベーコン編):ソナタ、フラッケンポール:ショスタコーヴィチの行進曲による変奏曲 R. クライダー (Tb) J. クライダー (Pf) (Lyric Trombone LT-1002 [LP])
  • テレマン:組曲「ドン・キホーテのブルレスケ」、パーセル:「妖精の女王」からの組曲第1&2番、ハイドン:ディヴェルティメント「エコー」 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo AVRS 130.020 St [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から3枚が届く。

シャフラーンが弾いたショスタコーヴィチのチェロ・ソナタは、1940年代のショスタコーヴィチとの共演盤に始まって全部で4種類の録音があるが、このムシニアン盤は2回目の録音である。どこか鼻の詰まったようなシャフラーンの音色は私の苦手とするところだが、本盤では余裕のある柔らかで幅の広い音色であり、それがたとえ録音状態に起因するものだとしても、大変好ましく聴くことができた。全体的にゆったりとした音楽に仕上がっているのは、シャフラーンの全ての録音に共通する特徴であり、本盤でも前衛的な鋭さよりも前時代からの連続を感じさせる暗いロマンが前面に押し出されている。


「The Lyric Trombone Vol. II」と銘打たれたアルバムは、ディスク番号などの体裁からすると恐らくプライヴェート盤に近いものではないかと思われる。現代作品が中心に収録されているが、正直なところ、唯一のクラシカルな作品であるマルチェッロのソナタが最も充実した作品である。私の目当てであったショスタコーヴィチの前奏曲は、トロンボーンの演奏技術に関してはそのまろやかな音色も含めて非常に優れているものの、原曲の旋律線を随所で変更している編曲には残念ながら違和感が強い。最後に収録されている「ショスタコーヴィチの行進曲による変奏曲」は、「子供のノート」の第1曲を主題とする変奏曲。まさかのチョイスで、面白かった。


今回もまた、ウィーン・ゾリステンの録音を1枚入手。本当はもう1枚が本命(モーツァルトのセレナーデ集)だったのだが、そちらは残念ながら入手叶わず。本アルバムの3曲は全て初めて聴いた。中期バロックのパーセル、後期バロックのテレマン、初期古典派のハイドンという構成だが、いずれも当時既に複数のレコード録音があった楽曲であり、この団体ならではの演奏を聴かせようとする意欲に満ちている。弦楽合奏としての技術水準はモスクワ室内管などに匹敵する最高峰であり、現代の学究的な古楽演奏からすると古臭い解釈には違いないだろうが、隅々まで音楽の息吹に満たされた「ウィーン」の名に恥じないアンサンブルは、本盤においても健在である。最後のハイドンだけは作品自体が退屈……と思ったら、疑作とのことらしい。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_DieWienerSolisten

カバレーフスキイのレクイエムなど

  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲 ネルセシャン (Pf)(Melodiya C10 23079 003 [LP])
  • カバレーフスキイ:交響曲第4番、プロコーフィエフ:祝典序曲「ヴォルガとドンの出会い」 カバレーフスキイ/レニングラードPO、サモスード/モスクワPO(Monitor MC 2007 [LP])
  • カバレーフスキイ:レクイエム レフコ (MS) ヴァライティス (Br) カバレーフスキイ/モスクワPO他(Melodiya C 0805-8 [LP])
  • カバレーフスキイ:バレエ「道化師」より、ヴァシレーンコ:中国組曲第1番、B. チャイコーフスキイ:弦楽のためのシンフォニエッタ、ヴラーソフ:ルーマニアの主題による狂詩曲 カバレーフスキイ/モスクワPO、ガーウク/モスクワ放送SO(Liberty SWL 15001 [LP])
  • フィッシャー:オーボエ協奏曲 Es-dur、ヴィヴァルディ:オーボエ協奏曲 a-moll、ルクレール:オーボエ協奏曲 C-dur、アルビノーニ:オーボエ協奏曲 d-moll ラルドロ (Ob) ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo AVRS 19 044 St [LP])
  • C. シュターミッツ:フルート協奏曲 D-dur、リヒター:フルート協奏曲 e-moll、J. シュターミッツ:フルート協奏曲 G-dur リンデ (Fl) ウィーン・ゾリステン(Archiv 2533 085 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から6枚が届いた。

アナヒト・ネルセシャンはアルメニア出身の女性ピアニストで、1984年の録音当時はちょうど30歳の若手奏者だった。技巧に任せて弾き散らかすことが一切なく、どこか退廃を感じさせる落ち着いた抒情的な音楽が心地好い。曲によってはもっと切れ味の良さも求めたいところだが、全体として鈍重になることがない辺り、演奏者の若さがプラスに作用しているのかもしれない。


カバレーフスキイの交響曲第4番は1955~6年に作曲されているが、第2楽章の葬送行進曲風の音楽など、スターリン死後の雪解け期らしい雰囲気を湛えている。もっとも、ショスタコーヴィチが交響曲第10番を作曲したのは1953年であり、それから2年以上もかけてじっくりと社会情勢を見極めた後に“進歩的な”大曲を手掛ける辺り、いかにもカバレーフスキイらしいと言えるだろう。作風は保守的で、目新しい手法は一切用いられていない。音楽上の展開もごくありきたりで、時折聴こえる壮麗な響きにも心を動かされることはない。

併録はプロコーフィエフ最晩年の作品で、表題の通り、ヴォルガ・ドン運河の開通を記念したものである。交響曲第7番をはじめ、この時期のプロコーフィエフらしい響きや節回しに満ちているが、録音の悪さもあるのだろう、私にはこの作品の中に音楽的な論理を見出すことができず、どうしても駄作にしか聴こえない。天才が、その生涯を終えようという時期に、こんな作品を書かなければいけなかったのは、悲劇以外の何物でもない。


ショスタコーヴィチが交響曲第13番を作曲した1962年、カバレーフスキイが取り組んでいたのが“ファシズムとの闘いに倒れた人々を追悼する”「レクイエム」であった。もちろんこれは宗教曲の体裁とは全く無縁で、ロベルト・ロジデーストヴェンスキイの詩による大規模な声楽作品である。彼はエフトシェーンコなどと並ぶ反体制詩人として名を馳せていたらしく、ショスタコーヴィチの「バービィ・ヤール」とよく似た背景を持ちつつ、この問題作に対する体制派からの模範解答みたいな作品だったのかもしれない。実際、上述の交響曲に比べると、大袈裟な慟哭と土俗的で野生的な咆哮を児童合唱で覆い隠す典型的な社会主義リアリズムの音楽が思う存分に繰り広げられている。演奏にかかるコストを考えると本作品が今後演奏される機会は僅少であろうが、交響曲に聴かれる偽りの深刻さよりはこの陳腐さの方がはるかに楽しい。


今回は、カバレーフスキイ関連に収穫があった。彼の代表作である「道化師」の自作自演が収録されたアルバムは、ガーウクが指揮したその他の珍しい作品の方に惹かれる。これらの中では知名度の高い作品と言えるだろうボリース・チャイコーフスキイのシンフォニエッタは、基本的に保守的で抒情的な音楽ながらも繊細な和声や響きの現代的なセンスが傑出した佳曲。ヴァシレーンコの中国組曲は義和団事件を題材にした歌劇「太陽の子」からの抜粋らしいが、情緒の移ろいの美しさが印象的な作品である。ヴラーソフの作品は、“ルーマニア”と“狂詩曲”というキーワードから期待される要素が余すところなく盛り込まれた楽しい音楽。ガーウクの指揮は、どの曲も王道のロシア色で塗り潰している感は否めないが、それでもこれらの作品を知るには十分な水準の仕上がりとなっている。ちなみにカバレーフスキイの自作自演は、非常に良く整った演奏であるものの、コンドラーシンの有名な録音を超えるほどの出来ではない。


ウィーン・ゾリステンのアルバムは、今回も2枚を注文。まず一つは、後期バロックの作曲家によるオーボエ協奏曲集。現代ではピリオド楽器でしか演奏されることがない楽曲群と思われるが、闊達な、それでいて節度のある上品なモダン楽器の弦楽アンサンブルの奏でる響きは、学術的な評価は別にして、とにかく魅力的だ。

amadeo-avrs19 044st

もう一枚の初期古典派の作曲家によるフルート協奏曲集も同様。ただしこちらはアルヒーフ・レーベルということもあってか録音がとても明晰で、この団体の演奏スタイルともよく合っている。いずれも初めて聴く曲ばかりだが、リヒターの協奏曲などは極めて魅力的な作品で、強く惹かれた。

ちなみに、この音盤の録音は1971年。ピヒラー、メッツェル、バイエルレの3人はその前年にウィーン・アルバン・ベルクQを結成してアメリカで研鑽を積んでいる時期と思われるため、この録音には参加していない可能性が高い。この音盤を聴く限りは演奏内容に大きな変化は感じられないが、ウィーン・ゾリステンの編成は3-3-2-2-1なので、各パートの首席奏者3名の脱退はさぞかしダメージが大きかったことだろう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Kabalevsky,D.B. 演奏家_DieWienerSolisten

ABQの揺籃期

  • ショスタコーヴィチ:交響詩「ステパーン・ラージンの処刑」、交響曲第2番 ハナーク (B) スロヴァーク/スロヴァキアPO & cho. (Supraphon SUA ST 50958 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:「ミケランジェロの詩による組曲」より第1、4、5、10、11曲、交響曲第1番 ノヴァーク (B) クリメシュ (Pf) コウト/チェコPO (Panton 11 0604 H [LP])
  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガより第24番、弦楽四重奏曲第6~8番 ダフォフ/トルブーヒンCO (Balkanton BKA 12305/6 [LP])
  • ハイドン:交響曲第1番、J. C. バッハ:シンフォニエッタ ハ長調、L. モーツァルト:シンフォニア・ダ・カッチャ ト長調、J. シュターミッツ:マンハイム交響曲 ト長調 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 6298 [LP])
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲第14&12番 エンゲル (Pf) ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 6319 [LP])
  • メンデルスゾーン:弦楽のための交響曲第9番、八重奏曲 ウィーン・ゾリステン (Metronome 201.818 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から届いた荷物は、ショスタコーヴィチ関係が3枚に、4月25日のエントリーで触れたウィーン・ゾリステンのアルバムが3枚の、計6枚という内容。

スロヴァーク/スロヴァキア・フィルのアルバムは、「ステパーン・ラージンの処刑」はPraga盤CDで、交響曲第2番はOpus盤LPでどちらも架蔵済み。Praga盤は音質をかなりいじっているのか、「ラージン」は細部の印象が異なる箇所もあるものの、いずれにせよそれほどの演奏ではない。一方の交響曲第2番は洗練さに欠けるものの、聴き応えはある。


ショスタコーヴィチの最晩年の歌曲と最初期の交響曲とをカップリングしたアルバムは、歌曲がピアノ伴奏である上に抜粋であることなど、その企画意図はよくわからない。ミケランジェロ組曲は、あまり意味の感じられない抜粋の仕方であることを除けば、録音で取り上げられる機会のそれほど多くないピアノ伴奏版であるだけでなく、独唱も伴奏ピアノも地に足のついた存在感のある立派な歌唱であり、一聴の価値はある。交響曲は、颯爽とした切れ味には不足するものの、各楽章の特徴が模範的に描き分けられており、作品を十分に楽しむことができる。


ブルガリアの弦楽合奏団によるショスタコーヴィチ・アルバムは、全曲オリジナルの編曲による演奏のようだ。編曲者が一切記載されていないために詳細は不明だが、有名な第8番もバルシャーイ版とは異なる。第8番以外は必ずしも弦楽合奏の形態が相応しいとは言い切れない楽曲ではあるものの、熱のこもった共感が溢れ出すような勢いのある演奏で、技術的にはやや鈍重ながらも聴き手を惹き込む力を持った演奏である。


ウィーン・ゾリステンによる初期古典派のアルバムは、全編に渡って活力が漲り、生気のあるリズムと技術面の清潔さが何とも心地よい。1980年代前半のアルバン・ベルクQの音楽に通じるものがある。この響きの形成に、この団体の録音の多くで指揮をしているベッチャーがどのように関わっているのか、あるいは関わっていないのか、知りたいところではある。


エンゲルを独奏に迎えたモーツァルトのピアノ協奏曲集は、落ち着いた渋みを漂わせつつも清冽で上品な情緒を紡ぐエンゲルの独奏と、爽やかな活気を持った端正なオーケストラとの組み合わせが地味ながらも何とも魅力的である。第12番はこの30年近く後に、アルバン・ベルクQがブレンデルと共演して録音している。この選曲の背景に、ピヒラーの若き日の経験があった……のかもしれない。


メンデルスゾーンの作品集は指揮者の名前がクレジットされていないので、指揮者なしの演奏なのだろう(演奏者の名前は全てクレジットされている)。ピヒラーの弾く八重奏曲を期待していたのだが、残念ながら第1ヴァイオリンは別人。メッツェルとバイエルレは参加している。チェロが若干弱い感じはするものの、内声が充実した精度の高いアンサンブルで、ウィーン・ゾリステンという団体の底力、あるいはこの団体に参加していた演奏家達の水準の高さを感じ入らせてくれる演奏である。弦楽のための交響曲も、極めて室内楽的な演奏であり、ピヒラーが精力的にリードしている様子がそこはかとなく窺えるような音楽となっている。


ウィーン・ゾリステンには、モーツァルトのセレナードや、後期バロック~初期古典派の各種協奏曲などの録音がまだまだあるようだ。私自身が架蔵していないレパートリーがほとんどなので、目に付いたらぼちぼち買い集めていきたいと思う。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_DieWienerSolisten

若きピヒラー

  • ヴォジーシェク:交響曲 ニ長調 アンチェル/チェコPO (Supraphon LPM 33 [10”mono])
  • フランク:チェロ・ソナタ、ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ グラフ (Vc)  ゴーゲン (Pf) (FSM Aulos FSM 53554 AUL [LP])
  • シューマン:弦楽四重奏曲全集 タカーチQ (Hungaroton SLPX 12314-15 [LP])
  • ショーソン:ヴァイオリン、ピアノと弦楽四重奏のための協奏曲 ルボーツキイ (Vn) エドリーナ (Pf) ボロディーンQ (Melodiya 33CM 02335-36 [LP])
  • ヴィヴァルディ:ギター協奏曲、ヴィオラ・ダモーレとリュートのための協奏曲、ダウランド: 「ラクリメ、または7つの涙」より「デンマーク王のガリアード」「キャプテン・ディジェリー・パイパーのガリアード」、トレッリ:合奏協奏曲 Op.8-7、カルッリ:ギター協奏曲より第1楽章 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン (amadeo AVRS 19 071 St [LP])
  • ホフマン:マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラとリュートのための四重奏曲 ヘ長調、ジュリアーニ:マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラとリュートのための四重奏曲 イ長調 ウィーン・ゾリステン (turnabout TV 34016S [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から6枚が届いた。今回はショスタコーヴィチ関係に目欲しい物がなかったので、徒然なるままにオーダー。

つい先日、アンチェルの評伝を読了した。その内容の素晴らしさに加えて巻末のディスコグラフィーに触発され、アンチェルの未聴盤を検索したところ、ヴォジーシェクの交響曲がヒットした。この曲は、かつてかぶとやま交響楽団の第40回定期演奏会にエキストラ出演して弾いたことがある。その時に多少は勉強したつもりだったが、スピーカーから聴こえてきたのは、私の脳内イメージを遥かに凌駕する、名曲の超名演であった。同世代のシューベルトに共通する初期ロマン派の薫りが全編に満ちているのは当然として、とりわけ緩徐楽章ではドヴォルザークを彷彿とさせる時代を先取りした民族的な情感に驚かされる。古典派風の格調の高さとロマン派風の情緒とが、振幅の大きな表現力をもって圧倒的に表出されているのは、紛れもなくアンチェルの手腕によるものだろう。1950年代のチェコ・フィルは技術的には決して一流ではないものの、音の魅力は比類なく、随所でこの美質が余すところなく発揮されているのもたまらない。おそらく、この演奏でなければこの曲の真価は分からないだろう。




今回唯一のショスタコーヴィチ作品は、チェロ・ソナタ。ごくオーソドックスで滑らかな演奏。チェロにもピアノにもこれといった特徴はないものの、ソツなくまとめられた水準の高いアンサンブルである。ただ、特にフランクにおいては、もう少し力強い高揚感を求めたいところ。


タカーチQといえば、私にとってはDeccaに録音したハイドンの作品77の2曲とドヴォルザークの第14番の颯爽とした、それでいてどこか垢抜けない魅力的な秀演で印象的な団体である。その後のメンバー交代を経て以降の音盤は聴いていない。このシューマンの全集は彼らのキャリア初期のもので、洗練されたアンサンブルの一方で、表現が直線的であるが故に彼らの歌い回しの野暮ったさがより前面に出ている。ただ、私はこういうローカル色の強い音が大好き。いかにも若々しい覇気に満ちた音楽はシューマンにしては健康的に過ぎるものの、一気呵成に聴かせるに十分な魅力を有している。


ドゥビーンスキイ時代のボロディーンQには、D. オーイストラフとオボーリンを独奏者に迎えてのショーソンのコンセールのライヴ録音がある。ピアノにドゥビーンスキイ夫人のエドリーナ、そして彼女とのデュオも多いルボーツキイをヴァイオリンに迎えたこのスタジオ録音は、ルボーツキイの音色がこの曲に合わないことが全て。それ以外は、オーイストラフ盤と同様の、フランス色よりはロシア色の濃厚なロマン情緒に覆われた音楽を堪能できる。第3楽章のどんよりとした、それでいて猛烈な高揚感に、ボロディーンQの魅力が余すところなく発揮されている。


さて、今回最も楽しみにしていたのが、ウィーン・ゾリステンのアルバム。この団体の音盤は、モーツァルトのミラノ四重奏曲から第2、3、6、7番の4曲を収録したLPを持っているのみ。この団体、ギュンター・ピヒラーらが中心となって設立された弦楽合奏団で、そこにはクラウス・メッツェルとハット・バイエルレも参加している。今回入手した音盤の時点ではメンバーにはなっていないが、創立時にはトーマス・カクシュカも参加していたらしい(その後、ウィーン・トーンキュンストラー管の首席奏者?コンサートマスター?に就任するなどしたためのようだ)。要するに、後のウィーン・アルバン・ベルクQの母体と言って差し支えないのが、この団体なのだ。

バロック期の合奏協奏曲を集めたアルバムは珍しい収録曲にも目を惹かれるが、ABQのファンとしては、独奏者としてクレジットされているピヒラーの名に心躍ってしまう。あくまでもアンサンブルの枠を逸脱しないながらも、時折聴こえてくる踏み込んだ歌に若きピヒラーの才能の片鱗を窺うことができる。

amadeo-avrs19 071

マンドリン、ヴァイオリン、ヴィオラ、リュートという珍しい編成のアルバムには、ウィーン・ゾリステン名義ではないのだが、ピヒラーとバイエルレが参加している。マンドリンとの音量のバランスをとるためか両者とも非常に大人しいが、ジュリアーニの作品ではヴァイオリンとヴィオラの2人で演奏する箇所もあり、後の表現意欲が溢れ出しまくる演奏スタイルではないものの、隅々まで活き活きと清潔に弾き切る様に、この数年後には弦楽四重奏団を結成するに至る2人の出会いや経緯を想像して、微笑ましい気持ちになる。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_AlbanBergQuartet 演奏家_DieWienerSolisten

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター