スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

泥縄で勉強…

victor-vicc22007.jpg
  • メンデルスゾーン:序曲「フィンガルの洞窟」、劇付随音楽「真夏の夜の夢」 クレンペラー/フィルハーモニアO 他 (EMI TOCE-13347)
  • アイヴズ:交響曲第1番、答えのない質問、オーケストラ・セット第2番、ロバート・ブラウニング序曲 M. グールド/シカゴSO (RCA TWCL-4004)
  • ベートーヴェン:6つの変奏曲、「トルコ行進曲」の主題による6つの変奏曲、「エロイカ」の主題による15の変奏曲とフーガ S. リヒテル (Pf) (Victor VICC-22007)
かぶとやま交響楽団の第38回定期演奏会に、エキストラ出演することになった。プログラム中、ドヴォルザークの「新世界」はさすがに知っていたが、残りの2曲は事実上未聴。都合が合わず、練習にもあまり参加できないため、付け焼刃な感は否めないが、慌ててCDで予習しようと、久しぶりにTower Records難波店へ。

メンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」(演奏会では数曲の抜粋)といえば、いわゆる決定盤として挙げられるのがクレンペラー盤。何種類も聴き比べしている余裕もないので、迷わずこの盤を購入。1曲目の「フィンガルの洞窟」も、同じくかぶとやま交響楽団の第32回定期演奏会で弾いたことがあるのだが、その時には想像もできなかったような悠然とした巨大なスケールと、繊細かつ多彩な表情の素晴らしさに圧倒される。「真夏の夜の夢」も同様。単にテンポが遅いとか、そういう表面的な特徴ではなく、全ての音符に満ちている気品の高さが余人の追随を許さぬ至高の境地とでも言うべきか。長年に渡って名盤と言われ続けるだけのことはある。

アイヴスの管弦楽曲はテレビなどで何気なく耳にしたことはあるが、音盤で聴くのは初めて。今度の演奏会で弾く交響曲第1番の入ったアルバムが、Tower Recordsの企画で廉価で復刻されていたので、迷わずそれを購入。目当ての交響曲は、前衛とアカデミックとが半ば無意識的に混在しているような、混乱した中途半端さに戸惑ってしまう。「答えのない質問」の、たまらなく美しい静寂には強く惹かれたが、ロバート・ブラウニング序曲などはその響きと内的なエネルギーに訳も分からずひきつけられるものの、率直に言ってどこが良いのか分からない。スコアに詰め込まれた雑多な楽想のそれぞれに活き活きとした表情が与えられているので、恐らくM. グールドの指揮は的確なのだろう。う~ん…まだ、今のところは、アイヴスに触手を伸ばすことはないかな。

あまり時間はなかったが、せっかく音盤屋に足を運んで、この2枚だけで帰るのも寂しかったので店内を軽く物色。レジ近くでVictorレーベルのワゴンセールをやっていたのでチェックしたところ、ベートーヴェンの変奏曲集が目に付いたので購入してみた。「エロイカ」変奏曲だけは、大昔に「題名のない音楽会」か「N響アワー」のどちらかで一部を聴いた記憶があり、自作の主題による変奏曲はプレトニョフ盤を架蔵してはいるのだが、正直なところ、これといった印象は残っていない。このアルバムも、半ば資料的な気持で手に取ったのだが、良い意味で期待を裏切られた。さすがリヒテル、驚くほど素晴らしい演奏である。僕が全く知らなかっただけで、ピアノ音楽の愛好家なら誰もが知っている有名な名盤なのかもしれないが、スケールが大きくて多彩で崇高で……なんだか、クレンペラーの「真夏の夢」と同じ感想になってしまったが、とにかく傑出した音楽である。

久し振りの音盤屋、量は少ないながらも収穫には大満足。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Klemperer,O. 演奏家_Richter,S.T.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。