新ショスタコーヴィチ(改訂版)

  • MacDonald,I. (Revised and Updated by Clarke,R.),The New Shostakovich,New ed.,Pimlico,London,2006.
昨秋、米Amazonにて購入したものの、そのまま放置していた本を、ようやく読了(限りなく斜め読みに近い読み方ではあるが)。

I. マクドナルド氏による本書の初版(1990年)は、当時既に“偽書”と確定されつつあった『証言』を下敷きにして、「ユローディヴィ」としてソ連の国家体制と闘い続けたというショスタコーヴィチ像を提示した、話題の一冊であった。大学に入学して間もない貧乏学生だった僕には、洋書を買う余裕などなく、いざ購入しようかと思った時には、もう入手できなくなっていた。

ピアニストのR. クラーク氏が改訂を行なった箇所は、未だに初版を入手していないがゆえに、具体的にどの部分なのか、さらにはどの程度の改訂が行なわれているのか、確認できていない。ただ、初版以降に発表された書籍(フェイの評伝や、ウィルソンの回想録など)に対する言及は、おそらくクラーク氏によるものだろう。

ということで、初版との相違は無視して、この改訂版のみに対する印象を記す。まず、読み物としては、十分に刺激的で面白い。ショスタコーヴィチが生きた時代についても、やや一面的である感は否めないものの、きちんとした記述がなされている。ただ、いかにショスタコーヴィチの人格が形成される過程においてスターリン時代が重大かつ決定的な時期であったとはいえ、フルシチョフ以降の時期に対する論述の分量が明らかにバランスを欠いて少ない(あるいは、スターリン時代が多い)。また、取り上げられている作品も交響曲と弦楽四重奏曲が中心で、特に歌曲の扱いが過小なのも気になる。個人的に、ここで提示されているショスタコーヴィチ像には多少の違和感はあるものの、それが受け入れ難いわけではないのだが、たとえばオーウェルの『1984年』まで引き出して大げさに論を展開するほどのものではないと思う。主張の是非はともかくとして、フェイの実証的な論述に対して、ある事象に対する解釈を導く過程が主観的な飛躍を含んでいるところにも問題を感じる。90年当時ならともかく、ソ連が崩壊してから15年以上が経った現在において、この本を研究書あるいは評伝として評価するわけにはいかないだろう。

実は、この本と一緒に購入した書籍がまだ2冊、埃をかぶったままになっている。早く読まなきゃ…

The New ShostakovichThe New Shostakovich
(2006/07/06)
Ian MacDonald

商品詳細を見る
New ShostakovichNew Shostakovich
(1990/04/26)
Ian MacDonald

商品詳細を見る

閑話休題。先週末、京都大学音楽研究会の大先輩に誘われて、かぶとやま交響楽団にエキストラ出演した時に知己を得た方と弦楽四重奏をして遊んだ。ヴァイオリンもしばらく弾いていなかったのに、ヴィオラを頼まれて必死に初見をしてきたが、やっぱりカルテットは楽しいですね。特に今回は、僕なんかよりはるかに上手な3人とやらせてもらったのでなおさら。その時、先輩が「指が回る内に、エルンストの『夏の名残りのバラ』をやりたいなぁ」なんて発言を。対抗なんてしようのない僕は、おとなしくL. コーガンでも観て、弾いた気分にだけなっておきましょう。(^^; それにしてもこの映像、えげつないくらい巧い。

パガニーニ:「ネル・コル・ピウ」による序奏と変奏曲ワックスマン:カルメン幻想曲
L. コーガン(Vn)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Kogan,L.B.

ショスタコーヴィチ三題

  • ムーソルグスキイ:歌劇「ホヴァーンシチナ」より前奏曲(リームスキイ=コールサコフ編)、死の歌と踊り(ショスタコーヴィチ編)、展覧会の絵(ラヴェル編) レイフェルカス (Br) テミルカーノフ/ロイヤルPO (RCA 82876-59423-2)
  • ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番、ヴァイオリン協奏曲第1番 ロストロポーヴィチ (Vc) L. コーガン (Vn) スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Dreamlife DLVC-1150 [DVD])
  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、ヴィオラ・ソナタ クニャーゼフ (Vc) ヴォスクレセンスキー (Pf) (Exton OVCL-00202)
家人に頼まれてシンデレラのDVDを予約しに、Tower Records梅田店へ。妻がVHSを持っているものの、これがどうやら随分と貴重なものらしく、娘が繰り返し観る度に文字通り身を磨り減らす思いをしていたようだが、これでめでたく何度でも観せてやることができる。…という口実の元に、何の気兼ねをすることもなく堂々とCD屋へ足を運ぶ。

今回の最大の収穫は、長らく探していたが廃盤で見つからなかったレイフェルカス&テミルカーノフの「死の歌と踊り」を見つけたこと。RCAの“Classic Library”というシリーズの一枚として復刻された模様。一聴して、とにかくレイフェルカスの張りのある美声に惹きつけられる。もちろん表面的な美観に終始せず、ムーソルグスキイ独特のロシア魂が力強く歌い上げられていることは言うまでもない。しなやかでありながら厳しい響きを奏でているオーケストラも立派。極めて完成度の高い名演である。それにしても、本当に素晴らしい曲だ。カップリングの2曲もなかなか秀逸。特に「展覧会の絵」はスケールが大きく、それでいて流麗な流れに貫かれた格調高い美演。ロシア情緒やエグさのある咆哮にも不足することなく、この曲の一二を争う名盤だと思う。

Dreamlifeのスヴェトラーノフ・シリーズ、9月発売分は2曲の協奏曲である。特にチェロ協奏曲第2番は初演ライヴの演奏であり、第3楽章のクライマックスの一部だけショスタコーヴィチの伝記映画などで目にしていただけに、まさに待望のお宝映像である。残念ながら、たとえば第2楽章冒頭の数小節分が欠落しているなどのキズは少なくないのだが、この映像の持つ歴史的な価値と演奏自体の素晴らしさの前では、細かにそうした指摘をするのは無粋というものだろう。リズム構造が複雑な作品だけにスヴェトラーノフもいつも以上にかっちりとした棒を振っているが、第3楽章の頂点などでは全身で音楽の強さを表現し、オーケストラから莫大なエネルギーを引き出しているのに感心した。これは、ヴァイオリン協奏曲第1番でも同じ。こちらは先月発売の交響曲第5番(8月31日付本欄)と同じショスタコーヴィチ生誕70年記念演奏会のライヴ。スネギリョーフのティンパニを初めとして、ソヴィエト国立響の魅力全開といった趣の演奏が繰り広げられている。スヴェトラーノフが第3楽章などで非常に細かく音楽の表情に関する指示を出している様もしっかりと捉えられていて、とても興味深い。二人のソリストについては、改めて述べることは何もない。両者ともに異様なまでのテンションの高さで聴き手を圧倒する。曲良し、演奏良し、画質・音質のみ悪し。

クニャーゼフというチェリストの名は知っていたし、ショスタコーヴィチ作品の録音も二つあることもチェックしていたのだが、国内盤でリリースされているとなるとどうしても後回しになってしまい(入手しやすさと価格の高さゆえ)、今回ようやく遅ればせながらチェロ・ソナタとヴィオラ・ソナタとをカップリングしたアルバムを確保した。男臭く、時に軋むチェロの音色が素敵。技術的には彼より巧い奏者は少なからずいるだろうが、この音の魅力はなかなかのもの。ヴォスクレセンスキイの重いピアノともども、手応えのあるロシアン・サウンドを堪能することができる。チェロ・ソナタは、ゆったりとしたテンポが心地よく、伸びやかな抒情が素敵。偶数楽章ではさらなるキレが欲しい気もするが、これは好みの問題だろう。ヴィオラ・ソナタは、チェロで演奏したものの中では最も優れた部類に入る内容。遅めのテンポが表面的な重々しさに留まることなく、複雑怪奇な内容に対する真正面からの取組みの結果であることがよく伝わってくる。ヴォスクレセンスキイのサポートも見事。確かに旋律線の変更などに伴う違和感がないわけではないが、それを超えて聴き手に訴えかける何かがある演奏である。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Mussorgsky,M.P. 演奏家_Svetlanov,E.F. 演奏家_Kogan,L.B. 演奏家_Rostropovich,M.L.

オーイストラフ、コーガン、ロストロポーヴィチ(Yedang)

  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番、シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 D. オーイストラフ(Vn) リヒテル(Pf) (Yedang YCC-0096)
  • サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番、組曲「動物の謝肉祭」、ブラームス:幻想曲集 作品116 E. ギレリス、ザーク(Pf) シャフラン(Vc) P. ベリルンド、エリアスベルグ/ソヴィエト国立SO (Yedang YCC-0066)
  • べートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9&6番 L. コーガン(Vn) N. コーガン(Pf) (Yedang YCC-0046)
  • ブラームス:チェロ・ソナタ第1&2番、べートーヴェン:チェロ・ソナタ第4番 ロストロポーヴィチ(Vc) デデューヒン、リヒテル(Pf) (Yedang YCC-0079)
  • べートーヴェン: 弦楽三重奏曲第1番、J. S. バッハ:管弦楽組曲第3番より「アリア」、ヘンデル:ソナタ集 作品1-13よりラルゲット、シューベルト:即興曲第3番、ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ L. コーガン(Vn) バルシャイ(Va) ロストロポーヴィチ(Vc) ヤンポリスキイ、デデューヒン(Pf) アノーソフ/ソヴィエト国立SO (Yedang YCC-0090)
まだまだ、Yedang Classicsのクリスマス・ボックス。基本的に大好きな演奏家ばかりなので、毎日聴いていても飽きない。

オーイストラフ&リヒテルの二重奏は、非の打ち所がない名演。1966年のライヴ録音なので音質は今ひとつだが、高貴で深遠な極上の音楽の前では些細な問題。ブラームスの第3番はバウエルとの演奏を1月17日の本欄で取り上げたが、細部の表情等も含めてこのリヒテル盤の方が密度の高い仕上がりになっている。

「Shafran & Gilels」というアルバム、中身を見てみたらシャフランは「動物の謝肉祭」のみ。実態はギレリス・アルバム。ギレリスのサン=サーンスの第2番はクリュイタンス盤を持っているが、音楽の推進力と録音状態は本盤の方が格段に良い。一方、オーケストラの仕上がりは大分落ちる。ギレリスの名人芸的な魅力が、存分に発揮されている。「動物の謝肉祭」は録音が悪いのが残念だが、全体に覇気が満ちていて結構楽しい。シャフランの「白鳥」も美しい。このアルバムの白眉は、ブラームスの作品116。1983年というギレリス晩年の演奏だが、硬質で量感のある透き通ったギレリスのタッチが作品との相性抜群。全てのフレーズが渋い輝きを放っている。名演。

コーガン父娘によるベートーヴェンのソナタは、異様にテンションの高い大熱演。「クロイツェル」が凄まじい。両端楽章の狂気と中間楽章の繊細さの両立に、コーガンの懐の深さを感じる。第6番の方は、もう少し典雅な雰囲気があってもいいかな。それにしても、本当によく響くヴァイオリン。一度でいいから、こんな音を自分で出してみたい。

ロストロポーヴィチによるブラームスのソナタはR. ゼルキンとのDG盤が名盤の誉れ高いが、僕は聴いたことがない。柄の大きな歌が魅力的だが、第1番は少し締りがないようにも思われた。少々拍子抜けして第2番に進んでみると、これが格調高く素晴らしい演奏。慌ててジャケット裏を確認したところ、この曲だけピアノがリヒテルだった。ロストロポーヴィチが偉大なチェリストであることに異論はないが、肥大しがちな彼の音楽をきちんとコントロールできるパートナーが必要なのかもしれないと、この録音を聴いて思った次第。

コーガン、バルシャイ、ロストロポーヴィチの弦楽三重奏は、期待通りの演奏。それぞれがソリスティックな魅力を放ちながらも、不思議と一体感のあるまとまりを感じさせる。ロストロポーヴィチによる小品も、恥ずかしげもなくロマンティックでなかなか良い。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_Kogan,L.B. 演奏家_Rostropovich,M.L.

オーイストラフ、コーガン、ロストロポーヴィチ(Yedang)

  • プロコーフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1&2番、バレエ「ロメオとジュリエット」より「仮面」(ハイフェッツ編)、ヴァイオリンとピアノのための5つのメロディー D. オーイストラフ、L. コーガン(Vn) ムイトニク、ヤンポリスキイ(Pf) コンドラーシン/ソヴィエト国立SO (Yedang YCC-0016)
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番、ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」 D. オーイストラフ(Vn) バウエル(Pf) (Yedang YCC-0077)
  • サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番、プロコーフィエフ:交響的協奏曲 ロストロポーヴィチ(Vc) ストリャーロフ/モスクワ放送SO、K. ザンデルリンク/レニングラードPO (Yedang YCC-0155)
  • エルガー:チェロ協奏曲、ブリテン:チェロ交響曲 ロストロポーヴィチ(Vc) ラフリン、ブリテン/モスクワPO (Yedang YCC-0043)
Yedang Classicsクリスマス・ボックス、ようやく半分くらいまで消化してきた。まだ何が残っているのか、実はきちんと把握していない…(^^;。

で、今日はオーイストラフ、コーガン、ロストロポーヴィチと、弦楽器の神様達のアルバムを集中的に。

まずは、プロコフィエフ作品のアルバムから。これらの作品の最も理想的な演奏であることは、いまさら疑う余地もない。隅々まで自然な音楽の息吹きに満ち溢れ、作品の魅力が十二分に表出されている。技術的にも、当然ながら完璧な出来。終始圧倒される一枚。

オーイストラフとバウエルのソナタ集は、まさに名曲の名演といった形容がふさわしい。高貴なロマンティシズムを感じさせるブラームス、貫禄たっぷりのベートーヴェン、いずれも最大級の賛辞を受けて然るべき演奏。

ソ連時代のロストロポーヴィチは、いつ聴いても素晴らしい。2枚のアルバムに4曲の協奏曲が収録されているが、多彩な作曲家の作品を見事に弾き分けながらも、一方で深くロストロの刻印が刻み込まれているのが印象的。いずれも録音はあまり良くないのが残念だが、プロコーフィエフやブリテンといったロストロのための作品はもちろんのこと、サン=サーンスやエルガーにおいても作品に極限的な巨大さを与えるロストロの名技が光る。なお、ブリテンは世界初演の貴重な記録とのこと。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_Kogan,L.B. 演奏家_Rostropovich,M.L.

コーガンのショスタコを‘観る’

この連休は、学会発表の準備と別の発表会の要旨締切とに追われてさんざんだった。それでも、19日(土)には大阪まで出かけて色々と買物をしてきた(おかげで20日に徹夜する羽目になった…)。現在財政状況が極めて悪化しているので、あまりCD屋には寄りたくなかったのだが(そりゃ、立ち寄ったら必ず何か買っちゃうもんね(^^;)久しぶりに堂島のワルツ堂を覗いてみた。

そそられるCDがあまりなかったので中古LPやLDもくまなく探していると、ふとヴィデオのコーナーに目が行った。そこには「レオニード・コーガンは演奏する(ИГРАEТ ЛЕОНИД КОГАН)」というタイトルの商品があった。何気なくパッケージの解説を読んでみると、何と「ショスタコーヴィチの協奏曲が全曲収録されている」と書いてあるではないか!ショスタコおたくの僕としてはすぐにレジへと走り、ワクワクしながら家路についた。

はじめに書いた理由のために、大阪から帰るとすぐに研究室に寄って仕事をしなければならなかったので、結局ヴィデオを見たのは0時過ぎだった。まずじっくりとパッケージを鑑賞する。すると、収録時間が「29分」と表示されていることに気がついた。この曲は40分弱かかるはずなのに…。不安がよぎる。

さて、ヴィデオをスタートさせる。タイトルの後ろで1楽章が始まる。ほどなくコーガンの映像が映し出された。コーガンが実際に弾いている映像を見るのは初めてだったので、非常に興味深く見ることができた。しかし、不安は的中した。楽章の半分くらいで、画面はコーガンが車を運転している映像に切り替わったのだ。何が悲しくてコーガンの運転姿なんぞ見なきゃならんのじゃ。数分我慢していると、2楽章が始まった。この楽章はカット無しで収録されていた。

さあ3楽章だ、と思っていると今度はコーガンのレッスン風景に切り替わった。生徒はあの佐藤陽子。資料的な興味はあるのだが、よりによって弾いている曲がチャイコフスキーの協奏曲!チャイコ嫌いの僕に対する当てつけとしか思えない。気を取り直して3楽章を聴き始める。素晴らしい演奏!よし、次はカデンツァ。

しかし無情にも画面は切り替わる。結局カデンツァは収録されておらず、コーガン一家の映像などの後で4楽章が始まる。曲の終りとともにこのヴィデオは終る。他のことはまだ許せる。でもよりによってカデンツァを省くなんて!全曲の頂点なのに…。ショスタコが見たら泣くぞ。こんな構成なのに「全曲収録されている」とは詐欺じゃないか!

でも、コーガンの演奏は良かった。諏訪内晶子がプレヴィン/N響とやった時のヴィデオを観たり他のヴァイオリニストが弾いたCDを聴いたりした限りでは、皆オイストラフとほとんど同じボーイング・フィンガリングを採用している。何たって出版譜に書いてある通りにやるのが楽ちんだもんね。それにオイストラフのフィンガリングは弾いてみると分かるが、非常に合理的だしよく響く。しかし、コーガンは全く違うボーイング・フィンガリングで弾いているのだ。3楽章などでそれが顕著に認められる。やはり、オイストラフと同じことをするのはプライドが許さなかったのだろうか。でも、演奏はオイストラフと双壁を成しているのがさすが。

コーガンのこの曲の録音は他に4種類あるが(ここを見て下さい)、やはり映像付きが一番インパクトありますねぇ。それにしても、あぁカデンツァよ…。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Kogan,L.B.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター