ムラヴィーンスキイのリハーサル

  • ムラヴィンスキー/レニングラード・フィル リハーサル&コンサート第2集(ロシア音楽編) (Altus ALT127)
少し前のことになるが、昨年11月末のことだったか、「30時間限定! クラシック発売済・輸入盤CD全品40%オフ!」というメールがHMV ONLINEから届いた。せっかくの機会なので、コストパフォーマンスの観点から長らく買いそびれていた大物を注文した。

9枚組BOXの内容は、以下の通り:
  • チャイコーフスキイ:交響曲第5番
    • リハーサル(1973年4月25日[第1、2、4楽章];26日[第3楽章])【CD1】
    • コンサート(1973年4月29日)【CD8】
    • コンサート(1982年11月6日)【CD9】
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番
    • リハーサル(1973年4月26日[第1、2、4楽章];5月3日[第1、2、3、4楽章])【CD2~4】
    • セッション(1973年5月3日)【CD7】
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第6番
    • リハーサル(1973年5月4日[第2、3楽章])【CD5】
  • リャードフ:「バーバ・ヤガー」
    • リハーサル&通し演奏(1973年5月3日)【CD6】
  • グリーンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲
    • リハーサル&通し演奏(1973年5月3日)【CD6】
  • プロコーフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」第2組曲より
    • コンサート(1982年11月6日)【CD9】
リハーサルと本番とを併せて聴くことで、ムラヴィーンスキイとレニングラードPOの音楽が、いかにして生み出されたかを知ろうという企画である。第1集はベートーヴェンとブラームスの共に交響曲第4番を中心としたもので、そちらも興味がなくはないのだが、この第2集にはショスタコーヴィチの交響曲が収録されている以上、こちらを優先するのは当然のことである。音源は、CD8のチャイコーフスキイ以外は全て初出。

リハーサル部分には細かくチャプターが打たれており、対訳を見ながら聴く上での配慮がなされている。話し言葉の日本語訳には意味がはっきりしない箇所も少なくないが、オーケストラでの演奏経験がある人ならば、大体の雰囲気を知るのに支障はないだろう。細部の厳格な調整は、アマチュア並みのリハーサル回数が確保できた旧ソ連時代ならではの、時間をかけた緻密さが印象的である。こういう部分は、アマチュア奏者にとって非常に勉強になるし、また刺激にもなる。一方、奏者を個人の名前で呼んだりしていて、全体にアットホームな雰囲気が漂っているのは、ちょっとした驚きだった。気心の知れた仲間で、決まったレパートリーを存分に時間をかけて深化させていったことが垣間見えるような気がする。

また、リハーサルでは当然ながらパートを抜き出して練習したりしている訳だが、これが思わぬ美しい響きだったりして面白い。たとえば、ショスタコーヴィチの第5交響曲の終楽章コーダを金管楽器だけで演奏したところなどは、この箇所が勝利なのか悲劇なのかはさておき、Tuttiの演奏では気づかなかったような荘厳な美しさに、息を飲んだりもした。

本番(?)の通し演奏は、ほとんどが初出音源であるとはいえ、ムラヴィーンスキイにとってはお馴染みのレパートリーなので、同じコンビによる他の録音と、細かな違いはもちろんあるものの、基本的にそう大きな印象の差はない。ショスタコーヴィチの第5番はセッション録音だが、商品として完成されたものではないので、細かいミスが散見される。録音状態はこの時代の彼らの音源としては上質な部類であり、総合点でこの演奏を高く評価する聴き手もいることだろう。なお現在は、CD7がALT191、CD9がALT192として分売されている。ただし、HMV ONLINEのレビューによると、CD7の第4楽章と分売された盤とでは編集が異なるらしい(僕は確認していない)。

このセットについては、リリース直後から賛否両論があったようだ。初出音源が高額なBOXでしか入手できなかったこと(これは、上述の分売によって解消された)などは、確かに顧客に優しいとは言えないだろう。しかし、そもそもリハーサルを音盤で聴こうという時点で、限られた層の聴き手だけを対象とした商品であることは明白で、初出音源もその特典と考えるならば、とりたてて問題にするほどのことではないようにも思う。ただ、繰り返し聴き込むような類の音盤ではないので、セットの内容に相当の思い入れや興味がなければ、やはり定価(?)では手を出し辛いのが正直なところだろう。

“40%オフ”でも安いとは思えなかったが、貴重な資料として架蔵する価値は十二分にあった。他人にも積極的に薦めようとまでは思わないが。

HMVジャパン
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Mravinsky,E.A.

『ムラヴィンスキー 高貴なる指揮者』


  • タシー, G.・天羽健三訳:ムラヴィンスキー 高貴なる指揮者, アルファベータ, 2009.
昨年の春に刊行されて以来、ずっと読んでみたいと思っていたものの、わりと高価(本体3,800円)であるが故に買いそびれていた一冊。それでも2ヶ月ほど前に購入はしていたのだが、これだけの大著(本文339ページ)を読了するにはさらに時間がかかってしまった。

結論から言うと、これだけのコスト(価格だけでなく、読むための時間も含む)をかけるほどの価値は感じられなかった、というのが正直なところ。その最大の理由は、訳者自身も「訳者あとがき」で示唆しているように、個々の記述の信頼度があまり高くないところにある。様々な文献からの引用が多く、もちろんそれらの引用元も明記されているのだが、何をどのように引用し、それらをどう関連付けてどのような解釈を行っているのかが、全文を通して明確ではない。そもそも、引用元の吟味がどのような基準で行われているのかも判然としない。したがって、ある熱烈なファンが彼のアイドルであるムラヴィーンスキイに関するものを手広く蒐集し、それを年代順に並べて披露している、といった感が強くなってしまい、評伝的な体裁をとりながらも、対象であるムラヴィーンスキイの人物像や評伝を貫くストーリーがない、極言すればゴシップ集に近いものとなっているように感じられる。

たとえば、ショスタコーヴィチの交響曲第13番を巡るすれ違いについて、「(ショスタコーヴィチは)ムラヴィンスキーに対して苦々しく思っていなかった」(p.255)としつつも、そのすぐ後の記述の中では「ささいな怨恨を抱いたままのショスタコーヴィチは、……(ムラヴィンスキー)との関係に、はっきりした態度を示すことはなかった」(p.278)としている。このように主張が一貫していないのは、様々な憶測や関係者の回想を著者が無批判に列記しているだけのようにしか思えない。だから、読んでいて面白いエピソードがあることは否定しないが、それらを引用する場合には少なからず注意が必要となるだろう。

また、記述内容のバランスの悪さも気になる。チェルカーソフやショスタコーヴィチとの交流に関する記述が大半を占めているのだが、それはムラヴィーンスキイの人生の大半を占めるという観点からなされているのではなく、単にチェルカーソフやショスタコーヴィチに関する史料の絶対量が多いというだけのように思われる。もちろん、ショスタコーヴィチ作品の初演や解釈に関する記述も面白いが、これだけの大著を手にする読者の多くは、たとえばサルマノフなどのような、ムラヴィーンスキイだけが積極的に取り上げ続けた作曲家との関係についても知りたいと思っているにちがいない。

さらには、文の読み辛さも指摘しておきたい。これは、訳文がこなれているかどうかという話ではなく、文意を理解できない文が少なからずあるということである。もっとも、このことは必ずしも翻訳上の問題とは限らず、原文自体が文意の不明瞭な英文であった可能性もある。この点については原著を読んでいないのではっきりしたことは言えないが、少なくとも単行本にする前に『クラシックジャーナル』誌で連載していたのだから、もう少し丹念に推敲してもよかったのではないかと思う。

訳者が本文に手を加えたり、本文中に訳注を埋め込んだりしていることも、僕の趣味ではない。写真やディスコグラフィ、コンサートリストについても同様。それ自体は労作であるし、非常に有用で素晴らしい資料ではあるのだが、それを他人の著作に埋め込んでしまうことには違和感が残る。それらの資料は別途対価を支払ってでも欲しい人達がいるはずだ。事実、自費出版に近い形だった初版は一定の部数が出たようだし、僕自身も店頭で購入した。であるならば、純粋に訳書の体裁をとり、本体価格をもう少し下げるべきではないだろうか。

期待が大きかっただけに、我ながら随分と辛口な評になってしまったが、この偉大な指揮者に関する書物を上梓するにあたっての、訳者をはじめとする関係者の情熱とエネルギーには、率直に敬意を表しておきたい。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Mravinsky,E.A.

ムラヴィーンスキイ、コンドラーシン…そしてピアソラ

mtcw-10156.jpg
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (Philips PROA-31)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 シャーリー=カーク (B) コンドラーシン/バイエルン放送SO & Cho (Philips PROA-30)
  • 東京のアストル・ピアソラ(ライヴ1984) (P.J.L MTCW-1015/16)
久しぶりにTower Records梅田店へ。音盤屋に足を運んだのは、一体いつ以来だろう?お目当ては、もちろん『TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION』Vol. 2としてリリースされた2点。ムラヴィーンスキイの第8番、コンドラーシンの第13番、ともに今さらコメントする必要のない超名盤である。ムラヴィーンスキイ盤はPhilips盤、Icone盤、Russian Disc盤のいずれも所有しているが、バックアップとして迷わず購入。コンドラーシン盤はLPでしか所有していなかったので、こちらはどうしても確保しておきたかった。第8番は、Philips盤そのままの復刻なのでピッチの問題は修正されていないが、聴き始めの違和感さえ乗り切れば、少なくとも僕にとっては大きな問題ではない。確かに演奏時間も若干短くなっている(=テンポが速い)のだが、Russian Disc盤と比較しても、演奏の印象が変わってしまうほどの影響はない。両盤とも長らく入手困難だったために各種のオークション等で破格の高値がつけられていたが、今回の再発で広く聴かれるようになるだろうことが何より嬉しい。第8番は、僕にとってはショスタコーヴィチ蒐集の初期に入手して聴き込んだ、いわゆる“刷り込み”演奏なので思い入れが強く、どうしても他の演奏とは一線を画して聴こえてしまう(もちろん、音楽のわずかな弛みや細かな瑕が皆無ではないのだが)だけに、ここでは敢えてコメントを控えさせてもらいます(^^;。第13番の刷り込みは同じコンドラーシン指揮のエイゼン独唱盤なので、今回再発されたライヴ盤はオーケストラの響きの洗練され具合などが好みとちょっと違うのだが、音楽の充実度はやはり傑出している。第5楽章の美しさが印象的。

店に足を運んだついでに、発売されたばかりのアルバムを一点。ピアソラの東京ライヴは1982年のものが2年ほど前にリリースされたが、今回はピアソラ2回目の来日である1984年のライヴ録音。マスターの発掘など随分と苦労があったようだが、貴重な音源が陽の目を浴びたことを喜びたい。演奏内容は、全体にテンポもゆったりとしていて落ち着いたもの。大人の雰囲気はあるものの、熱気という点ではやや物足りないかな。1984年は有名な録音が数多くあるだけに、それらと比較すると印象は薄い。ただ、藤沢嵐子の堂々たる歌唱は1982年盤よりもスケールが大きいし、ラビエの歌は初めて聴いたのだが、独特の雰囲気を持った美声で気持ちがよかった。本アルバム最大のポイントは、後期キンテートのレパートリーにはなかった「ロ・ケ・ベンドラ(来るべきもの)」が収録されていることだろう。高場将美氏による当時のピアソラへのインタビューがライナーに所収されているのだが、その中でこの演奏について「(練習時には終結部付近のテンポを抑えるように自身が指示していたにもかかわらず、本番ではピアソラ自らが走ってしまったという高場氏の指摘を受けて)不思議だね。これがナマのステージの魔力だ。レコードではこうはいかないぜ」と答えているピアソラの開き直りっぷりに笑ってしまいました。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Kondrashin,K.P. 演奏家_Mravinsky,E.A. Tango_Piazzolla,A.

iPodを購入

  • ベートーヴェン:交響曲第4番、ブラームス:交響曲第2番、ウェーバー:「オベロン」序曲、シューベルト:交響曲第8番、チャイコーフスキイ:バレエ「くるみ割り人形」(抜粋)、幻想曲「フランチェスカ・ダ・リミニ」、ショスタコーヴィチ:交響曲第12番、サルマーノフ:交響曲第2番 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (Dreamlife DLVC-1116 [DVD])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 カエターニ/ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディSO (Arts 47676-8 [SACD])
ふらっと立ち寄ったヨドバシ梅田で、新しい(5G)iPodを見て物欲が爆発。結局60Gタイプを買ってしまった。実は、カセットテープ時代も含め、携帯音楽プレイヤーを買ったことは一度もない。というのも、持ち歩く音楽を選んだり、持ち歩けるように変換したりする手間が面倒くさかったから。60Gも容量があれば、外で聴きたくなりそうなものを最初から全部入れておけばいいので、何とも便利。それに、動画再生もできるということで、長時間の移動の際には、またとない暇つぶしにもなる。もちろん、最初にiTunesで読み込んだりする手間はかかるのだが、久しぶりにおもちゃを手に入れた気分で夢中になって作業をしてしまった(^^;

とりあえず、ショスタコーヴィチの(持っている)全作品をデータベース代わりに読み込む。LPなどを棚から出す手間がなくなったので、ちょっと曲を確認したい時に即座に音を確かめることができるようになったのは大変嬉しい。ピアソラの全アルバムも斎藤充正氏のディスコフラフィに従って、オリジナルの曲順に並べ直して整理。他にソ連の大衆歌曲をCD5枚分、クラシック音楽も室内楽を中心に数十曲、ピアソラ関連のタンゴ、気分転換用のポップスなども入れて、今のところ31G程度。無理して満杯にする必要もないので、とりあえずはこれだけ毎日持ち歩いている。極楽。

ショスタコーヴィチ関係では、映像のあるものは動画で取り込んでみた。電車の中でムラヴィーンスキイの第8番やスヴェトラーノフの「森の歌」なんかを凝視している様はあまり他人に見られたくはないものの、音質・画質ともに携帯プレイヤーとしては全く不満のない水準なので、夢中になって観てしまう。今のところ、駅を乗り過ごしたことはないが、油断は禁物ですね。緊張しながら音楽に集中しています。

さて、動画を取り込んでいる時に、ムラヴィーンスキイ指揮の交響曲第12番の映像をDVDで持っていないことに気づき、Tower Records梅田店へ。どの映像も本編はVHSで持っているのだが、ベートーヴェンやブラームスでインタビューやリハーサルも収録されているのがDVD版の嬉しいところ。いつ観ても、ムラヴィーンスキイのリハーサルは僕の理想そのもの。実際に弾くとなると猛烈にしんどいのでしょうが。

カエターニの新譜も目に付いたので、ついでに確保。明るめの音色でしなやかに流れていく音楽は、いかにもカエターニらしい作り。第11番というとどうしても重量級の響きを求めてしまうが、こういう方向性も決して悪くはない。ただ、音楽の求心力はそれほどでもなく、この長大な作品を一息で聴かせるには少々散漫なのが残念。特筆すべきは、最後の鐘。まるで教会で録音してきたものをかぶせたかのような異質な響きには好悪がはっきりと分かれるだろうが、興味深いことだけは間違いない。個人的には、交響曲である以上、コーダだけを突出して強調することで全体のバランスが崩れるような解釈は、その意図が明確かつ妥当なものだとしても、あまり好きではない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Mravinsky,E.A. 作曲家_Shostakovich,D.D.

AltusとOrfeoのワゴンセール

  • ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲、ブラームス:交響曲第2番 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (Altus ALT051)
  • ドヴォルザーク:ヴァイオリン協奏曲、交響曲第7番 塩川悠子(Vn) クベリーク/バイエルン放送SO (Orfeo C 594 031 B)
  • グリンカ:歌劇「ルスランとリュドミラ」序曲、リャードフ:8つのロシア民謡より「哀歌」、ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 北原幸男/東京都SO (Altus ALT087)
Tower Records梅田店での買い物の続き。AltusレーベルとOrfeoレーベルのワゴンセールをやっていたので、気にはなっていたが何となく買いそびれていたものを3点購入。

ムラヴィーンスキイの日本ライヴは、音質面での不満もあり、興味ある曲目のアルバムを2枚ほど持っているだけだったが、せっかく目についたので、強烈なティンパニの一撃で始まる「マイスタージンガー」前奏曲が収録されているものを購入。洗練されているとはいえ、歌いまわしも響きもロシアン・スタイルであるが、似非ドイツ流儀の演奏にはない、“本物の”凄みがある。

クベリークのドヴォルザークは、いわゆるお国物ということになるが、実に熱い共感に満ちた演奏。ヴァイオリン協奏曲では、塩川の端正なヴァイオリンと煽り立てるようなオーケストラの組み合わせが、この曲の魅力を再認識させてくれる。交響曲第7番は、大熱演。ベルリンPOとの全集盤よりも、こちらの方が音楽の流れが自然。ただ、やはり難曲ということなのだろうが、アンサンブルは結構粗い。

フルプライスで購入する気にはならず見送っていた、北原のショスタコーヴィチの交響曲第5番ライヴも入手。アルバムとして通して聴くと、どうにもリャードフ作品の居心地が悪いが、演奏自体は丁寧で好感が持てる。金管楽器の音程があまり良くないものの、全体に高水準の演奏に仕上がっている。終楽章のコーダに至るまで終始端正な佇まいを崩すことなく、緻密にオーケストラをコントロールしているところに感心する。もっとも、燃焼度には不足するので好き嫌いは分かれるだろう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Mravinsky,E.A. 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター