映画版「カテリーナ・イズマーイロヴァ」のDVD

  • ショスタコーヴィチ:歌劇「カテリーナ・イズマーイロヴァ」(映画版) K. シーモノフ/キエフ歌劇場O他 (Dreamlife DLVC-1104[DVD])
  • シューマン:クライスレリアーナ・リスト:ピアノ協奏曲第2番 H. ネイガウス (Pf)他 (Denon COCQ-83665)
3月に発売されたDVDをようやく購入した。既にLDで持っていたため、解説や字幕に若干の変更があるとは聞いていたものの、ついつい後回しになっていた。一昨日読了した「わが父ショスタコーヴィチ」の中に、ここで演奏を担当しているキエフ歌劇場でのこの作品の公演に、ショスタコーヴィチ自身が大変満足していたとの記述があった。事実、素晴らしい出来である。ヴィシネーフスカヤの熱唱も凄いが、それだけが突出して全体のバランスが犠牲になったりすることはない。映画としての完成度も高く、音楽映画としては贔屓目なしに最高級の仕上がりということができるだろう。それにしても、何という音楽か。第4幕の音楽などは、全てが切実で感動的。妻子のいる休日の日中に鑑賞するようなものでもないのだろうが、一人大満足の時間を過ごした。

子供が昼寝している間に、ネイガウスの「クライスレリアーナ」をそっとかける。元々録音状態のよくないものを小さな音量でかけているから、細部はさっぱりわからないのだが、自然で品のある流れの中に、尋常ならざる内面の情熱が迸っている様は、やはりネイガウスならではのもの。男性的で格調の高いピアノの響きも素晴らしい。リストの協奏曲では、一層ロマンティックな響きが魅力的である。

何ともだらしのない巨人の試合を見た後、何気なく「N響アワー」を見る。「プルチネッラ」組曲の抜粋(準メルクル指揮)が流れていたが、う~ん、篠崎さん、もうちょっと音程くらいは整えた方がいいんじゃなかろうか。あまり面白い演奏でもなかったので、テレビを消して、いしいひさいち著の「現代思想の遭難者たち」(講談社)を読む。

今、ショスタコーヴィチの「明るい小川」について、手持ちの資料でわかる範囲のことを整理したWWWページを準備中である。今年の4月に、モスクワのボリショイ劇場にて復活初演がなされたのだが、その公演をモスクワでご覧になったIさんのご好意で、公演パンフレットを入手することができた。これが、なかなかしっかりとした内容で、ただ死蔵しているだけではもったいないと、少しまとめてみようと思い立ったもの。今週中には公開できるようにしたい。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Schumann,R. 演奏家_Neuhaus,H.G.

[2003-06-21分] ネイガウスのブラームスと「リヒテルは語る」

  • リームスキイ=コールサコフ:交響組曲「シェエラザード」、ボロディン:中央アジアの草原にて、バラキレフ(リャプノフ編):イスラメイ ゲールギエフ/キーロフO (Philips 470 840-2)
  • J. S. バッハ:平均率クラヴィーア曲集第1巻より(6曲)、モーツァルト:ロンド、ブラームス:8つのピアノ曲 作品76より(7曲)、作品118-2、作品119より(2曲) H. ネイガウス (Pf) (Denon COCQ-83664)
今日は、かぶとやま交響楽団の練習日。午前中は子供の関係で用事があったりして、ほとんど音楽を聴く時間がとれなかった。

とりあえず、先日購入したばかりの、ゲールギエフの「シェエラザード」をまた聴き直してみる。隅々まで丁寧に磨き抜かれていることに、改めて感心。たとえば弦楽器に多用されているハーモニクスなどが実に鮮やかで、リームスキイ=コールサコフが意図したオーケストラの響きが、理想的といって良い形で再現されているように思われる。同じパターンの繰り返しながらも単調さを感じさせないのは、こうした地道な細部の積み上げによる成果なのだろう。テンポ設定は、いかにもスタイリッシュで颯爽としたものだが、時にあっさりと流れ過ぎと感じなくもない。キーロフOの各首席奏者は皆、実に達者。最新録音ゆえ、美しい響きも存分に堪能することができる。結局、こういう曲は、奏者の名技が前提条件になるんだろうな。アマチュアだの、音楽性だの、といった能書きは、単なる言い訳にしかならない。練習あるのみ。

どうしても、ネイガウスのブラームスを聴きたくなった。何という情感、何という完成度、何という音楽。どの曲をとっても、最初の一音からブラームスの音楽が溢れ出てくるような感じ。一つ一つのフレーズが聴き手を縛り付け、それが解けない内に次のフレーズがさらに聴き手を縛り付ける。まさに魔法。

ボリソフ著の「リヒテルは語る 人とピアノ、芸術と夢」を読了したが、モンサンジョン著の「リヒテル」とほとんど似たような印象。ここのエピソードは異なるものの、語り口はそっくり。楽曲を具体的なイメージでストーリー立てて捉える独特の感覚は、必ずしも共感できるわけではないが、大変興味深い。実は、僕はさしてピアノ音楽が好きではないので、リヒテルのピアノ演奏もごく数えるほどしか持っていないし、聴いてもいない。それでも、最近こうしてよく聴いているネイガウスの演奏を引き合いに出して語っている部分も多いので、リヒテルの難解な言葉のいくらかは理解することができたように思う。この本に出てくる録音のいくつかは僕も持っているので、せっかくの機会だから近い内に聴き直してみよう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A. 作曲家_Brahms,J. 演奏家_Gergiev,V.A. 演奏家_Neuhaus,H.G. 演奏活動_かぶとやま交響楽団 演奏家_Richter,S.T.

「わが父ショスタコーヴィチ」を読了

  • ラフマニノフ:交響曲・管弦楽曲全集 スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (Canyon PCCL-00325)
  • 1949年のショパン・リサイタル・1958年のジュビリー・リサイタル H. ネイガウス (Pf) (Denon COCQ-83661~2)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ゲールギエフ/キーロフO & ロッテルダムPO (Philips 470 845-2)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第6番、ヴァイオリン協奏曲第1番 オーイストラフ(Vn) コンドラーシン/モスクワPO (Altus ALT046)
昨日購入したアールドフ著「わが父ショスタコーヴィチ」を通勤電車の中で一気に読了。こんな社会的地位が高い大天才を父として持った子供達の親子関係が率直な調子で語られているのは、実に興味深くまた楽しい。史実的に新しい発見があるような本ではないが、共産党入党の辺りなどは、グリークマン書簡集などからも引用されていて、やはり胸をしめつけられる。彼らの実の母親であるニーナについて、最期のエピソードしか語られていないのは少し残念だったかな。マルガリータ夫人について全く記述がないことや、イリーナ夫人についても最後に軽くコメントされているだけなのは、まぁ当然か。この調子で、もっと色んなショスタコーヴィチ関連書籍の邦訳が出ることを期待したい。ヘーントヴァが亡くなったばかりなのだから、彼女の労作なんか邦訳してくれると嬉しいんだけど。

月曜日にちょっと聴いてから、そのまま机に出しっ放しにしてあったスヴェトラーノフのラフマニノフ全集をまとめて聴いた。どの曲にも熱い共感が満ちた、まさにラフマニノフの音がする名盤だと、いつ聴いても思う。でも、やっぱり僕はラフマニノフとはそれほど波長が合わないんだろうな。良いと思うのは交響曲第2番と交響的舞曲だけ。他は、いかにも雑駁な印象しか残らない。部分的に耳を惹かれるところは少なくないんだけど。剛毅な交響曲の演奏も素晴らしいが、荘厳な交響的舞曲の演奏も立派。この曲、他にCDは持っていないはずなのだが、この1枚で十分だと思わせるだけの説得力がある。

ロシア・ピアニズム名盤選のネイガウス・シリーズの内、まだ購入していなかった最後の1枚を入手した。音質には全く期待していなかったが、思ったよりは聴きやすい。しかし、ネイガウスのショパンは素晴らしく良い。ソナタ第3番なんかは技術的にも安定しているし、まさにこうでなければならないというような名演。晩年のライヴゆえにミスタッチが目立つのは残念だけれど、他の曲も音楽的には否の打ち所がない感じ。品のある抒情性が心に染みる。さらに凄いのは70歳記念コンサート。この内面から尽きることなく湧き出る情熱は一体何なんだろう。お世辞にも良いとは言えない録音だが、文字通り圧倒される。

ゲールギエフの「レニングラード」をようやく購入した。昨年のN響との合同演奏会は録画して何度か見たが、感覚的な快感はあるもののそれに終始しているだけで、作品の持つ切実さや交響曲としての意味もあまり感じられず、CDが発売されても何となく買いそびれていたもの。こうしてディスクを聴いてみても、その印象は変わらない。ケーゲル盤の凄みは、もともと志向している音楽が違うわけだから期待していなかったけれども、ビシュコフ盤の面白さにも敵わないかなという感想。既出の8番や、以前BSで放映されたドキュメンタリー中の演奏でも思ったが、たぶんゲールギエフとショスタコーヴィチとの相性はそれほど良くないのだろう。ま、生で聴いたら何だかんだ言って興奮したんだろうけどね。

ということで、ショスタコーヴィチの音が聴きたくなって、コンドラーシン/モスクワPOの来日ライヴ盤を取り出した。やっぱ、これですねぇ。いつまでも同時代を生きた演奏家による演奏が一番なんてことばかり言っていてはつまらないんだけど、でもやっぱり違うもんな。

ということで、これを聴いちゃったら、後はもう何も聴く気にならない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Svetlanov,E.F. 演奏家_Neuhaus,H.G. 演奏家_Gergiev,V.A. 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_Kondrashin,K.P.

ロシア・ピアニズム名盤選とブラームスのピアノ曲(続き)

  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番、スクリャービン:ピアノ協奏曲 H. ネイガウス (Pf)他 (Denon COCQ-83663)
  • ブラームス:自作の主題による変奏曲、ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、パガニーニの主題による変奏曲 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70663)
  • ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、3つの間奏曲 作品117、6つの小品 作品118 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83657)
昨日に引き続き、今日もピアノばかり。まずは、リヒテルが誉めていたネイガウスによるショパンの協奏曲を。これは、8月にかぶとやま交響楽団のお仕事で伴奏をすることになっている曲でもあり、少し前に購入して一度聴いていたもの。特筆すべきはガウクが指揮するオーケストラの下手糞さ、と言ったら怒られるか。一瞬、自分達の記録録音を聴いているような錯覚に襲われた。それはともかく、ここでのネイガウスは剛毅な感傷性とでもいった歌心で魅了してくれる。音符の数がやたらと多いのに、その全てを歌いきっているのが凄い。しかも、端正な佇まいを崩さずに。スクリャービンは好きな曲ではないが、ゴロヴァーノフの伴奏ともどもハマりまくり。確かに録音状態は酷いが(1946年)、少なくとも僕にとってこの曲はこの一枚があれば十分。

次に、レーゼルによるブラームスのピアノ独奏曲全集から、昨日ヴェデルニコフで聴いたパガニーニ変奏曲を収録した一枚を聴いてみた。若々しい勢いの良さが心地よい。堅実な技巧と僕好みの重厚で切れ味鋭いタッチで、衒いのない音楽が奏でられている。レーゼルはモスクワでバシキーロフに師事したらしいが、ロシア仕込みのテクニックを持ったドイツ人という点ではH. ネイガウスに通じるものを感じないわけでもない。さすがにネイガウスと比較するには一本調子に過ぎるが、淀みのない音楽の流れだけでこの長大な変奏曲を一気に聴かせてしまう音楽性は賞賛に値するだろう。実に爽快。

で、今度はヘンデル変奏曲をヴェデルニコフの演奏で聴いてみた。まず主題が実に良い。フレージングも響きも、こうでなければならないと言いたくなるような完璧さ。この変奏曲を支配する対位法的なテクスチャが見事に整理され、気品に溢れた壮大さを呈している。最後のフーガは圧巻。音楽的な完成度がレーゼルとは段違い。荘厳過ぎて何度も繰り返し聴く気にはあまりならないが。

時間がなかったので、後は作品118の2だけを聴いて、残りは明日以降にまわす。これも本当に良い演奏だと思う。まぁ、大好きな曲だけに大抵の演奏でも満足してしまうんだけど。昨日聴いた極めて人間的なネイガウス盤とは違って、ゆったりとしたテンポで突き放したような冷たさを感じるのに胸が締め付けられるという不思議な印象。適切なフレージングと気品のあるルバート以外には特に歌っていないように聴こえるのに、和声進行そのものが濃厚な歌になっている。そんじょそこらの“楽譜通り”の演奏では達することのできない境地。

実に心に染みる素晴らしい音楽を聴いた。いい夢が見られそう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Neuhaus,H.G. 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Rösel,P. 作曲家_Brahms,J.

ブラームスのピアノ曲

  • J. S. バッハ:平均率クラヴィーア曲集第1巻より(6曲)、モーツァルト:ロンド、ブラームス:8つのピアノ曲 作品76より(7曲)、作品118-2、作品119より(2曲) H. ネイガウス (Pf) (Denon COCQ-83664)
  • シューベルト:さすらい人幻想曲、シューマン:交響的練習曲、ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83655)
  • ブラームス:バラード 作品10、8つのピアノ曲 作品76、3つの間奏曲 作品117 アデル (Pf) (Accord 472 334-2)
ここのところ、機会(=財布の余裕)があれば、5月末に発売されたロシア・ピアニズム名盤選を買い集めるようにしている。かつてデンオンから発売された音源ばかりだが、元々ピアノ音楽があまり好きではないので、ショスタコーヴィチの作品が収録された1枚しか買っていなかった。それでも例のテイチクから密かに発売された超貴重盤である晩年のライヴ録音(これも、ショスタコーヴィチのソナタが収録されていたから買い求めたのだが…)で圧倒されていたヴェデルニコフについては、BMG-Melodiyaから出たJ. S. バッハの二組やハイドンとモーツァルトのソナタを収めた一枚などで、その実力の凄さを改めて認識していただけに、今回のリリースを逃す手はないだろう。また、ネイガウスのショスタコーヴィチ作品がCD化されていたことは全くノーマークで、今回の宣伝パンフレットで初めて知った次第。収録曲も結構好きなものが多いので、ネイガウスも在庫状況をにらみながら買い求めている。ソフロニツキイは、うーん…ショパンとかスクリャービンってあんまり好きじゃないんだよなぁ。でも一番売れてるみたい。

で、今日はピアノ曲の中では例外的に大好きなブラームスの小品が収められているものを聴いてみた。ここでのネイガウスは、実に素晴らしい。右手の麻痺とやらで技術的には全盛期に遠く及ばないらしいが、そんな不満は微塵も感じないし、何より多彩で音楽的なタッチにはただただ驚愕。特に好きな作品118-2なんか、思わず繰り返し聴いて、その度に胸を打たれた。バッハやモーツァルトでの気品の高さもいいけど、ブラームスでの何とも人間的で女々しい(すなわち男らしい)歌心は、ちょっと他に対抗できる人がいるとは思えない。

続けてヴェデルニコフの1枚を聴いたが、これはちょっと評価が難しい。シューベルトは、彼には合わないのかも。強靭なタッチと明晰で分析的な音楽の作り方が、どうもこの曲とはミスマッチ。それに比べるとシューマンはまだいいかな。ヴァントの交響曲を聴いた時と同じような説得力を感じる。これがシューマンの魅力なのかと問われると何とも答えようがないんだけど。このディスクで一番納得したのは、ブラームス。知的なギレリスといったような雰囲気で、この長大な作品を飽きることなく一気に聴かせてくれる。でも、ネイガウスの後期小品を聴いた後では、作品そのものからしてハンディがあるか。リヒテルが、「ヴェデルニコフの欠点は音が汚いことだ。音色の大家であるネイガウスの助言を受け入れなかったことがもったいない」みたいなことを言っていたけど、言わんとすることはよくわかった。ネイガウスとは違うけれども、ヴェデルニコフだってタッチの多彩さは群を抜いていると思う。でも、ヴェデルニコフは音楽の構造を表現するためのタッチというか、そういう意味で対位法的な作品や現代作品を得意としていると評されることが多いのも納得できる。

パガニーニ変奏曲だったら、勢いに任せた力づくのレーゼル盤の方が爽快でいいかな、などと思いつつ、やはり後期の小品の魅力に惹かれて、最近買ったアデル盤も聴いてみた。アデルは、ルクーの室内楽曲集で初めて聴いたピアニストだったが、硬質で重さのある音色が印象に残っていて、彼女のブラームスなら悪いことはないだろうと思い、店頭で見つけてすぐに購入したもの。出来は期待通り。実に良い音がしているが、使用楽器がベヒシュタインであることも関係しているのか。時々力任せの硬い音になってしまうのが残念だが、それほど気にはならない。美味しいスコッチが飲みたくなるような音楽。

でも、ネイガウスは凄いや。しばらくハマりそう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Neuhaus,H.G. 作曲家_Brahms,J.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター