FC2ブログ

BBC Legendsの買い漏らし分

  • ブリス:祝典ファンファーレ、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第2番、チャイコーフスキイ:ヴァイオリン協奏曲 D. オーイストラフ (Vn) オーマンディ/ロンドンSO M. ショスタコーヴィチ/ロンドンPO (BBC Legends BBCL 4267-2)
  • ドヴォルザーク:テルツェット、ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番、ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第14番 スメタナQ (BBC Legends BBCL 4180-2)
アリアCDで、BBC Legendsレーベルの在庫処分と思われるセールの告知があった。好みの演奏家や作曲家などに限って購入していたが、架蔵枚数だけでなく、愛聴盤となっているアルバムも少なくなく、文字通り質量共に私のコレクションの重要な位置を占めるレーベルの一つである。言われてみれば新規リリースもすっかりご無沙汰で、CDメディアでの新譜が減っている近年の情勢からしても、このセールが実質的に“最終”の意味合いを強く帯びているのは間違いのないところだろう。

私が是非とも入手しておきたいと、かねてからチェックしたまま買いそびれていたのは3枚。その全てを今回のセールでオーダーしたのだが、入荷したのは残念ながら2枚のみ。残る1枚は、1年以上前にHMV ONLINEでオーダーしたものの未だ手配中のまま。そう遠くない内に入手できることを願うのみ。

まず1枚目は、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第2番の西側初演ライヴ。さすがに無疵とは言えないものの、独奏・オーケストラ共に自らが奏する音の意味を的確に把握した、完成度の高い見事な演奏である。オーマンディの指揮ゆえか、オーケストラが協奏曲らしい華やかさを持っているのが面白く、オーイストラフの他の録音とは少し異なる盛り上がり方に興奮を禁じ得ない。

チャイコーフスキイの協奏曲は、さらに緊密かつ完璧な名演。こんな演奏を実演で目の当たりにしたら、もう二度とこの曲を聴かなくても良い……と言いたくなるほどの内容だが、録音状態がかなり悪いのがつくづく残念である。

ブリスのファンファーレは華麗な響きが素晴らしいが、あまりに短く、またオーイストラフ独奏の2曲との関連も感じられないので、アルバムの収録曲としての印象は極めて薄い。


スメタナQのライヴ盤は同レーベルにもう一枚ある(ベートーヴェン第1番、モーツァルト第20番、スメタナ第1番)が、ドヴォルザークとヤナーチェクという“お国物”のせいか、熱気も完成度も本盤はそのさらに上を行く出来。彼らの絶頂期のライヴがいかに凄かったかを余すところなく捉えた録音と言ってよいだろう。どの曲も優劣つけ難いが、敢えて言うならばテルツェットのシンフォニックなスケール感は特筆しておきたい。弦楽器の室内楽愛好家にはよく知られていながらも、そもそも音盤の種類が少ない作品であるが、この録音一つあれば十分だろう。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_SmetanaQuartet

【YouTube】スメタナ:弦楽四重奏曲第1番(スメタナQ)

僕がクラシック音楽に没頭し始めた頃は、弦楽四重奏といえばスメタナQだった。いわゆる名曲名盤の類で、彼らの名前が出てこないことはなかった。アルバン・ベルクQが新時代の旗手としてもてはやされつつも、“若い”というだけでスメタナQとの間に越えられない壁があったようにすら思えたものだ。

スメタナQの実演は札幌で2回聴いた記憶があるが、よく分からなかったというのが正直なところ。1回目は中学生か、あるいは小学生の頃に足を運んだ地方局のラジオの公開録音だったと思うのだが、何を演奏したのか全く覚えていない。2回目は1986年10月の来日公演で、メインはドヴォルザークの「アメリカ」だったものの、前半はモーツァルトの第16番とスメタナの第2番という、何とも素敵な、でもまだ高校生だった当時の僕にとっては渋過ぎたプログラム。

スメタナQの魅力を認識したのは、大学に入って色々と弦楽四重奏を聴き漁り始めてからのこと。彼らは、既に引退していた。1970年代前半頃までの録音に聴かれる、しっとりとした、それでいて艶のある音の美しさや、さりげなく寄り添うようなアンサンブルの空気感は、確かに一流と呼ばれるに相応しいものだろう。サークルの友人達と一晩中酒を飲みながら、ベートーヴェンの第15番を片っ端から聴き比べた時、スメタナQ(旧盤)の伸びやかな歌心に思わず聴き入ってしまったことなども、懐かしい思い出だ。

もっとも、暗譜で演奏することなどが過大に評価され、神格化され過ぎていたことは否めないだろう。1980年代以降の演奏では、技術的な衰えが目立つ上に、いかにも老人の演奏といった風情が気になったりもする。

彼らの映像は、スメタナの2曲を収めたチェコでの録画(1番:1988年、2番:1986年)とプラハの春でのラスト・コンサート(1989年)の2種類をLDで持っているが、日本でのさよならコンサートのLDは入手し損なったまま(ちなみに、この映像を含むEMIのLDシリーズは、シャフラーンやL. コーガンの映像など、今となっては貴重なものが多かった)。その日本公演でのスメタナの第1番が、YouTubeにアップされている。これは、当時のNHKで放送された映像だろう。

率直に言って、痛々しいほどの老いを感じる瞬間も少なくない。しかしそれが、楽曲と悲痛なまでに共鳴して、譬えようのない味わいを醸し出している。無条件に称賛するつもりは決してないが、聴きながら無意識の内に居住まいを正してしまうような、そんな音楽を、一種の敬意を払って聴くのも、たまには悪くない。

第1楽章第2楽章
第3楽章第4楽章
スメタナ:弦楽四重奏曲第1番
スメタナQ(1988年11月1日 サントリーホール)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_SmetanaQuartet

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター