「タンゴの歴史」

  • レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ シュタイン/ベルリンPO (WOWWOW [録画])
  • バルトーク:2台のピアノと打楽器のためのソナタ リヒテル、ヴェデルニコフ (Pf)他 (Denon TDCL-91850 [非売品])
  • 華麗なるロシアン・ブラス ソヴィエト国防省吹奏楽団 (Victor VIC-2192 [LP])
  • シェーンベルク:木管五重奏曲 ウィーン・フィルハーモニー管楽ゾリステン (DG MG 1072 [LP])
  • historia del tango フリアン・ヴァット (Fl) カチョ・ティラオ (Gt) (Discmedi Blau DM 769-02)
秋の学会シーズン。出張続きのため、ゆっくり趣味に費やす時間がとれない。とりあえず、レーガーのボウイングだけは決めようと、ビデオとにらめっこ。

ロシア・ピアニズム名盤選の特典盤が、ようやく届いた。まぁ、締め切りに1日遅れて応募しただけに、送ってくれただけでも感謝。実はこの曲、まともに聴くのは初めて。非常に室内楽的なまとまりを感じさせる一方で、多彩な響きの広がりもある。盤起こしみたいな音質にはあまり満足できないが、演奏を楽しむにはそれほどの問題を感じない。大物ピアニストの圧倒的かつ貫禄ある弾きっぷりも素晴らしいが、打楽器陣の表現力にも感心した。

7日は、8日に行われた学会の準備で京都へ。久しぶりに「つだちく」とJEUGIAをのぞく。つだちくの中古LPの安さは相変わらず。目に付いた3枚を購入したが、日曜日はその内2枚を聴いた。ソヴィエト国防省吹奏楽団のアルバムは、リームスキイ=コールサコフのトロンボーン協奏曲をはじめ、吹奏楽のオリジナル曲集。典型的なロシアン・サウンドと、真面目な音楽作りが楽しいなかなかのアルバム。一方、シェーンベルクは名盤中の名盤。評判は聞いていたものの、今まで全く聴く機会がなかった。極めて高度な技術と魅惑的な音色、そして音楽としての完成度の高さ。まだCD化されていないのが不思議。初めてこの曲がわかったような気がする。

JEUGIAでの収穫は、カチョ・ティラオによる「タンゴの歴史」。リリース後、Latina誌で斎藤充正氏が絶賛していたので、かねてから聴きたいと思っていたもの。ようやく入手することができた。フルート(サックス持ち替え)奏者の音色はかさついていて、お世辞にもうまいとは言いかねるのが残念。全体にもたつくような感じもあり、技術的な制約が大きいようだ。ただ、カチョのギターは完璧。音色も切れ味も、そして何よりリズム感も、全てがタンゴ。
スポンサーサイト

theme : ワールド・ミュージック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Richter,S.T. 演奏家_Vedernikov,A.I. Tango_Piazzolla,A.

贅沢すぎる2枚(ヴェデルニコフとムラヴィーンスキイ)

  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30、31、32番 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83654)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第8番、モーツァルト:交響曲第33番 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (BBC Legends BBCL4002-2)
買ってはいたものの、今回の「ロシア・ピアニズム名盤選」中、最も楽しみにしていた盤だったので逆にずっと聴けずにいたヴェデルニコフのベートーヴェンを、ようやく聴く。抽象美の極致といった感じかな。第30番の第1楽章なんかは、もうちょっとしっとりと歌っても良いんじゃないかとは思うけど。第32番の第2楽章は、まさに神の領域。ただ、ものすごく立派過ぎて何度も繰り返し聴く気にはなれない。いわゆる“愛聴盤”にはなり得ない演奏なのかも。

先日読了した「リヒテルは語る」の中で、リヒテルがフルトヴェングラーの「トリスタン」なんかと並んで別格の演奏に挙げていたムラヴィーンスキイのショスタコーヴィチの交響曲第8番を久し振りに聴く。晩年のPhilips盤が最高だと思うが、併録のモーツァルトを聴きたくて、BBC盤を選択した。このモーツァルトがすさまじい演奏。オーケストラ芸術の極致ではないかと思う。確かにムラヴィーンスキイ独特の、細部まで手の入った個性的な音楽であるがゆえに、嫌いな人は堪えられないくらい嫌いかもしれないが、でもこの完成度を否定することはできないはずだ。僕は奏者として、こういう音楽に参加することができれば、もう二度と楽器を弾くことができなくても満足だ。

で、モーツァルトを立て続けに二回聴いた後、本丸のショスタコーヴィチを。もう今さら何を言う必要もない。技術的には、この60年代がレニングラードPOの絶頂期だったように思われる。特に金管楽器の音色と、アンサンブルの緊密さという点において。国外公演のライヴ録音ということで細部に荒い部分も散見されるが、とても大編成のオーケストラとは思えない凝縮力は傑出している。どこか神がかった82年のPhilips盤に比べると、こちらの方が偉大な音楽を聴いているという実感がある。いずれにしても、ただただ凄いの一言。

今日の選択は、さすがにちょっと贅沢すぎたな。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Beethoven,L.v. 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Mravinsky,E.A.

引き続きブラームスとシューマン

  • ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、3つの間奏曲 作品117、6つの小品 作品118 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83657)
  • ブラームス:ピアノ五重奏曲 P. レーゼル (Pf) ブラームスQ (Deutsche Schallplatten 32TC-32)
  • ブラームス:ピアノ五重奏曲、ドヴォルザーク:ピアノ五重奏曲より第2楽章 レオンスカヤ (Pf) アルバン・ベルクQ (EMI CE33-5400)
  • シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 P. レーゼル (Pf) ゲヴァントハウスQ (Deutsche Schallplatten 32TC-132)
  • シューマン:ピアノ五重奏曲、ピアノ四重奏曲 デムス (Pf) バリリQ (Westminster MVCW-19027)
まずは昨日の続き。ヴェデルニコフによるブラームスの作品117と118を聴いた。これはしかし、もの凄い演奏だなぁ。これらの曲集がこんなに多彩な世界を持っていたとは。各曲が絶妙のバランスで自立していて、身動きしただけで崩れてしまいそうな純度の高い繊細さを持っている。音符はその場に静止しているだけなのに、そこから歌が溢れ出してくるような感じ。しかも、曲集としてのまとまりまで感じられる。ネイガウスも凄いが、作品118は第2曲だけだし作品119も2曲のみの抜粋ということで、この点に関してはヴェデルニコフと比較しようがない。6月11日の当欄ではヴェデルニコフのブラームスについてあまり肯定的ではないような感想を書いたが、あれは曲の問題だったんだろうな。この一枚について言えば、これ以上の演奏は考えられないと言いたくなってしまう。そう言いながらもアファナシェフ盤を聴いたらまた同じようなことを言いそうだけど。

ブラームスとレーゼルつながりで、ふとピアノ五重奏曲の録音があったことを思い出した。渡辺学而氏だったか誰だったか忘れたが、僕が高校生だった頃の「音楽現代」誌のブラームス特集で同じレーゼルのピアノ独奏曲全集と一緒にこの録音を誉めていたような記憶がある。で、この演奏だが、これはもうひたすら勢いのとまらないレーゼルを楽しむためのもの。ドレスデン・シュターツカペレの首席奏者による団体というブラームスQは、完全に力不足。雰囲気はいいんだけど。第1楽章の展開部なんて、奔放なレーゼルの魅力全開といった趣き。

そこで今度は弦楽器を楽しもうとアルバン・ベルクQ盤を取り出してみた。これは、自分の小遣いで買ったごくごく初期のCDなので懐かしい。確か高校3年生の冬のことだったと思う。CDがまだ全部で10枚もなかった頃。この頃のABQは、本当にいいなぁ。たぶんピヒラーがまだガダニーニに持ち替える前の時期で、冒頭から癖のあるフレージングなんかがいかにもピヒラー節なんだけれども、それがまだ自然さを持っている。90年代に入ってからは急速に、作為的で人工的な節回しが強くなってしまったから。今や“円熟の境地”などと言われているが、誰が何と言おうと彼らの全盛期は80年代中頃だと思う。G. シュルツじゃなくてメッツェルの方が、カクシュカじゃなくてバイエルレの方が良かったという人も少なくないだろうが、良くも悪くもこの団体のスタイルが確立したのは、この時期だろう。そういう部分が、ブラームスの第3楽章によく表れていると思う。圧倒的なアンサンブル能力を駆使した、単位時間あたりの変化量が極めて大きい音楽作りは、まさに彼らならではのもの。レオンスカヤとの相性も実に良い。アンコールのドヴォルザークは、ピヒラー節が全開でファンとしてはたまらない。ドヴォルザークの全曲がこの時期にこの顔合わせで録音されなかったことが残念でならない。

レーゼルつながりで、今度はシューマンの作品44と作品47を聴いてみる。こちらはズスケ時代のゲヴァントハウスQなので、ブラームスQのような不満はない。が、逆にズスケががちがちに締め付けてしまったのか、レーゼルがすっかりおとなしい。これじゃ、全くもってつまんない。いかにもドイツ風の響きはいいんだけどね。

五重奏曲の方は録音も結構あるから選択肢があるが、四重奏曲の方はあまり目ぼしいものがない。だから、いつも結局バリリQ盤を聴くことになる。これは大学2回生になる春頃に、京都の河原町今出川にある「つだちく」という店の中古LPコーナーで見つけて初めて聴いた演奏。この店、良心的なのか相場を知らないのか、当時ウェストミンスター盤は全くCD化されてなくて、まさにバリリQのベートーヴェン全集やウラッハの一連の録音、ウィーン・コンツェルトハウスQ他のモーツァルト全集が初CD化されようとしていた時期なのに、1000円そこそこで買った記憶がある。で、初めて聴いたピアノ四重奏曲の第3楽章の美しさに惚れ込んで、その年の4月にあった京大音研の新歓演奏会で弾いたのは懐かしい思い出。演奏については、今さら何を言う必要もないだろう。これが音楽だとしか言いようのないフレージング、高貴な優しさに満ちた音色。何度聴いても、初めて聴いた時の感激を思い出す。

それにしても、今日聴いたディスクの内3枚は1枚3200円とかいう大昔の値段。まだ消費税がなくて物品税だった頃なんだな。消費税導入後は3008円(税抜き2920円)とかいう小さい紙が貼り付けてあったことを思い出した。懐かしいな。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Rösel,P. 演奏家_AlbanBergQuartet 演奏家_BarylliQuartet 作曲家_Brahms,J. 作曲家_Schumann,R.

ロシア・ピアニズム名盤選とブラームスのピアノ曲(続き)

  • ショパン:ピアノ協奏曲第1番、スクリャービン:ピアノ協奏曲 H. ネイガウス (Pf)他 (Denon COCQ-83663)
  • ブラームス:自作の主題による変奏曲、ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、パガニーニの主題による変奏曲 P. レーゼル (Pf) (Deutsche Schallplatten TKCC-70663)
  • ブラームス:ヘンデルの主題による変奏曲とフーガ、3つの間奏曲 作品117、6つの小品 作品118 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83657)
昨日に引き続き、今日もピアノばかり。まずは、リヒテルが誉めていたネイガウスによるショパンの協奏曲を。これは、8月にかぶとやま交響楽団のお仕事で伴奏をすることになっている曲でもあり、少し前に購入して一度聴いていたもの。特筆すべきはガウクが指揮するオーケストラの下手糞さ、と言ったら怒られるか。一瞬、自分達の記録録音を聴いているような錯覚に襲われた。それはともかく、ここでのネイガウスは剛毅な感傷性とでもいった歌心で魅了してくれる。音符の数がやたらと多いのに、その全てを歌いきっているのが凄い。しかも、端正な佇まいを崩さずに。スクリャービンは好きな曲ではないが、ゴロヴァーノフの伴奏ともどもハマりまくり。確かに録音状態は酷いが(1946年)、少なくとも僕にとってこの曲はこの一枚があれば十分。

次に、レーゼルによるブラームスのピアノ独奏曲全集から、昨日ヴェデルニコフで聴いたパガニーニ変奏曲を収録した一枚を聴いてみた。若々しい勢いの良さが心地よい。堅実な技巧と僕好みの重厚で切れ味鋭いタッチで、衒いのない音楽が奏でられている。レーゼルはモスクワでバシキーロフに師事したらしいが、ロシア仕込みのテクニックを持ったドイツ人という点ではH. ネイガウスに通じるものを感じないわけでもない。さすがにネイガウスと比較するには一本調子に過ぎるが、淀みのない音楽の流れだけでこの長大な変奏曲を一気に聴かせてしまう音楽性は賞賛に値するだろう。実に爽快。

で、今度はヘンデル変奏曲をヴェデルニコフの演奏で聴いてみた。まず主題が実に良い。フレージングも響きも、こうでなければならないと言いたくなるような完璧さ。この変奏曲を支配する対位法的なテクスチャが見事に整理され、気品に溢れた壮大さを呈している。最後のフーガは圧巻。音楽的な完成度がレーゼルとは段違い。荘厳過ぎて何度も繰り返し聴く気にはあまりならないが。

時間がなかったので、後は作品118の2だけを聴いて、残りは明日以降にまわす。これも本当に良い演奏だと思う。まぁ、大好きな曲だけに大抵の演奏でも満足してしまうんだけど。昨日聴いた極めて人間的なネイガウス盤とは違って、ゆったりとしたテンポで突き放したような冷たさを感じるのに胸が締め付けられるという不思議な印象。適切なフレージングと気品のあるルバート以外には特に歌っていないように聴こえるのに、和声進行そのものが濃厚な歌になっている。そんじょそこらの“楽譜通り”の演奏では達することのできない境地。

実に心に染みる素晴らしい音楽を聴いた。いい夢が見られそう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Neuhaus,H.G. 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Rösel,P. 作曲家_Brahms,J.

ブラームスのピアノ曲

  • J. S. バッハ:平均率クラヴィーア曲集第1巻より(6曲)、モーツァルト:ロンド、ブラームス:8つのピアノ曲 作品76より(7曲)、作品118-2、作品119より(2曲) H. ネイガウス (Pf) (Denon COCQ-83664)
  • シューベルト:さすらい人幻想曲、シューマン:交響的練習曲、ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 A. ヴェデルニコフ (Pf) (Denon COCQ-83655)
  • ブラームス:バラード 作品10、8つのピアノ曲 作品76、3つの間奏曲 作品117 アデル (Pf) (Accord 472 334-2)
ここのところ、機会(=財布の余裕)があれば、5月末に発売されたロシア・ピアニズム名盤選を買い集めるようにしている。かつてデンオンから発売された音源ばかりだが、元々ピアノ音楽があまり好きではないので、ショスタコーヴィチの作品が収録された1枚しか買っていなかった。それでも例のテイチクから密かに発売された超貴重盤である晩年のライヴ録音(これも、ショスタコーヴィチのソナタが収録されていたから買い求めたのだが…)で圧倒されていたヴェデルニコフについては、BMG-Melodiyaから出たJ. S. バッハの二組やハイドンとモーツァルトのソナタを収めた一枚などで、その実力の凄さを改めて認識していただけに、今回のリリースを逃す手はないだろう。また、ネイガウスのショスタコーヴィチ作品がCD化されていたことは全くノーマークで、今回の宣伝パンフレットで初めて知った次第。収録曲も結構好きなものが多いので、ネイガウスも在庫状況をにらみながら買い求めている。ソフロニツキイは、うーん…ショパンとかスクリャービンってあんまり好きじゃないんだよなぁ。でも一番売れてるみたい。

で、今日はピアノ曲の中では例外的に大好きなブラームスの小品が収められているものを聴いてみた。ここでのネイガウスは、実に素晴らしい。右手の麻痺とやらで技術的には全盛期に遠く及ばないらしいが、そんな不満は微塵も感じないし、何より多彩で音楽的なタッチにはただただ驚愕。特に好きな作品118-2なんか、思わず繰り返し聴いて、その度に胸を打たれた。バッハやモーツァルトでの気品の高さもいいけど、ブラームスでの何とも人間的で女々しい(すなわち男らしい)歌心は、ちょっと他に対抗できる人がいるとは思えない。

続けてヴェデルニコフの1枚を聴いたが、これはちょっと評価が難しい。シューベルトは、彼には合わないのかも。強靭なタッチと明晰で分析的な音楽の作り方が、どうもこの曲とはミスマッチ。それに比べるとシューマンはまだいいかな。ヴァントの交響曲を聴いた時と同じような説得力を感じる。これがシューマンの魅力なのかと問われると何とも答えようがないんだけど。このディスクで一番納得したのは、ブラームス。知的なギレリスといったような雰囲気で、この長大な作品を飽きることなく一気に聴かせてくれる。でも、ネイガウスの後期小品を聴いた後では、作品そのものからしてハンディがあるか。リヒテルが、「ヴェデルニコフの欠点は音が汚いことだ。音色の大家であるネイガウスの助言を受け入れなかったことがもったいない」みたいなことを言っていたけど、言わんとすることはよくわかった。ネイガウスとは違うけれども、ヴェデルニコフだってタッチの多彩さは群を抜いていると思う。でも、ヴェデルニコフは音楽の構造を表現するためのタッチというか、そういう意味で対位法的な作品や現代作品を得意としていると評されることが多いのも納得できる。

パガニーニ変奏曲だったら、勢いに任せた力づくのレーゼル盤の方が爽快でいいかな、などと思いつつ、やはり後期の小品の魅力に惹かれて、最近買ったアデル盤も聴いてみた。アデルは、ルクーの室内楽曲集で初めて聴いたピアニストだったが、硬質で重さのある音色が印象に残っていて、彼女のブラームスなら悪いことはないだろうと思い、店頭で見つけてすぐに購入したもの。出来は期待通り。実に良い音がしているが、使用楽器がベヒシュタインであることも関係しているのか。時々力任せの硬い音になってしまうのが残念だが、それほど気にはならない。美味しいスコッチが飲みたくなるような音楽。

でも、ネイガウスは凄いや。しばらくハマりそう。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Vedernikov,A.I. 演奏家_Neuhaus,H.G. 作曲家_Brahms,J.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター