「太陽に灼かれて」サントラ盤

  • 「太陽に灼かれて」サウンド・トラック (Auvidis K 1011)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲、弦楽四重奏曲第1番 ランガー (Pf)、ターリッヒQ (Supraphon 1111 2484 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ・Partos:Yizkor・ヒンデミット:葬送音楽 ウシャー (Va)、スタンフィールド (Pf)、エルサレム・アンサンブル (Musical Heritage Society MHS 4484 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 M. ヤンソンス/レニングラードPO (EMI CDC 7 49494 2)
昨日、米amazonで購入した中古CDが届いた。ほとんどがアルテミエフ(タルコフスキイの「惑星ソラリス」などの音楽も担当している)による曲だが、もちろんお目当てはタンゴ「疲れた太陽」。ノルシュテインの「話の話」で使われていたオリジナル(?)のアレンジも聴きたいところだが、ここでのアレンジも哀しみを湛えた切なさが胸にしみる素敵なもの。映画冒頭のあの印象的なシーンとだぶらせているだけなのかもしれないが。ナージャの歌とミーチャのギター、コトフ大佐の口笛によるアレンジも収録されている。音楽的に論ずるレベルの演奏ではないのだが、たまらなく哀しい。

先日Mikrokosmos Mail Order Co.から届いたLPの内、まだ聴いていなかった2枚を聴く。Supraphon盤は、ほぼ同一時期の同一メンバーによるPraga盤と同じカップリング。四重奏曲の方は、同一録音の可能性が極めて高い。こういう聴き比べは不毛なので熱心に聴く気になれないのだが、ざっと聴いたところではほとんど違いは感じられなかった。一方ピアノ五重奏曲は、微妙に違うような気がする。第1楽章でのテンポの動きに差異があるのだが、もちろんPraga盤で何らかの操作が行われていないとは限らないわけで、はっきりと判断できなかったのが残念。演奏自体は、しっとりとした、いかにもチェコの室内楽といった趣きがなかなか素敵。

ウシャーのヴィオラ作品集は、可もなく不可もなくといったところ。技術的な精度は決して低くないが、音楽にコクが感じられない。ショスタコーヴィチでさえムード音楽的な様相を呈する瞬間があり、物足りなさが残る。

ショスタコーヴィチの交響曲第7番、今日はM. ヤンソンス盤を。昨日聴いたベリルンド盤やインバル盤同様に、芝居がかった部分のない端正な音楽作り。ただし、オーケストラの威力が違うために、一層魅力的な演奏に仕上がっている。レニングラードPOの音色は既に西欧風に洗練されたものになっているが、ヤンソンスの解釈とはよくマッチしている。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : Tango_etc. 作曲家_Shostakovich,D.D.

KGB愛唱歌集

  • Hommage a Piazzolla クレーメル (Vn)他  (Nonesuch 7559-79407-2)
  • ソビエト赤軍思い出の名唱集 (Melodiya MEL-615)
  • 《ソヴィエト諜報大作戦》KGB愛唱歌集
クレーメルのピアソラ・アルバムは、いわゆるピアソラ・ブームの火付け役となったという以上の価値はないと思う。買って以来聴くこともなかったが、今日これを取り出したのは「疲れた太陽」が収録されているのを思い出したから。デジャトニコフの編曲はタンゴとは全く異質なもので、その意味ではこのアルバム中最も成功している一曲と言えるだろう。『話の話』にしろ『太陽に灼かれて』にしろ、使われているアレンジは完全にコンチネンタル・タンゴのスタイルであるのであまりこだわる意味はないのだろうが、一度アルゼンチン・タンゴのスタイルでこの曲を聴いてみたいものだと思う。メロディ自体はそのスタイルによく合うと思うし。

大祖国戦争前後の大衆歌曲を集めたアルバムは何枚か持っているが、オリジナル(?)の音源を集成したこの「ソビエト赤軍思い出の名唱集」は、全編を貫く時代の雰囲気がたまらない。シュリジェンコが歌う「青いプラトーク」は僕の大好きな曲。これが「疲れた太陽」と同じペテルブルグスキイが作曲したものだということは、昨日まで知らなかった。

僕が持っているCDの中でも最高級に胡散臭いタイトルなのが、この「KGB愛唱歌集」。新世界レコード社の通販カタログで見つけて出張で東京に行った時に購入したもの。レーベル名は明記されおらず、ディスク番号もない。自主制作なのか?でも、それにしては音も良い。ブックレットもお好きな方にはたまらない写真が満載。実にしっかりとした作りのアルバムである。佐々木功のようなバスが紡ぐ郷愁に満ちたメロディの数々は、たまらなく魅力的。でも、もっと凄いのは収録曲の曲名。それを眺めるだけでも面白い。
  1. 祖国はどこから始まるか
  2. つらい任務
  3. 楯と剣
  4. 初代非常委員会議長ジェルジンスキー讃歌
  5. ソヴィエト・チェキスト(非常委員)讃歌
  6. ジェルジンスキー主義者の歌
  7. 白樺の樹液
  8. この日は何処に
  9. 同志ゾルゲ
  10. チェキストの歌
  11. 諜報部員ゾルゲ
  12. ひととき
  13. 遠い祖国の歌
  14. わが運命はいかに
  15. ジェイムズ・ボンドの歌
  16. 鉄の懲役
  17. 思い出
  18. スラヴ娘の別れ

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : Tango_etc. USSR大衆歌曲. 演奏家_Kremer,G.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター