選挙が終わり…

大阪のダブル選挙が終わった。結果に対する評価は様々だろうが、いずれにせよ、国政における政権交代後のような破滅の道だけは進まぬよう、心の底から願いたい。一足飛びにバラ色の将来を目指してブレイクスルーを求める姿は大衆受けするだろうが、少なくともその危うさを自覚しておくことが、政治家としての最低限の見識というものだろう。局面を打開するためにリスクを冒すことも辞さないのは、経営者として当然のことであるにせよ、結果として住民がそのリスクを負うことに対して、行政は慎重であって然るべきだ。「強いリーダーシップ」と「独善」とは全く異なる。「民意」に甘えることなく、職責に相応しい言動を期待する。

「役所をぶっ潰す」というスローガンが、近年の民意を代弁していることは確かだろう。しかし、「なぜ役所(官僚)が悪いのか」という問いに合理的な答えを返すことができる者は、実はそう多くはない。野口雅弘著『官僚制批判の論理と心理-デモクラシーの友と敵』(中公新書)は、政治思想史の切り口でこの問いに答えようとした、読み応えのある一冊であった。新書ではあるものの、学術的に丁寧な記述になっているために、いわゆる読みやすい本ではない。しかし、官僚制を巡る政治思想を著者の導きで丹念に辿ることで、デマまがいの言説に扇動された官僚憎悪とは一線を画して民主主義とは何かを再考する絶好の機会となることは間違いない。本書の「結語」にある次の一節などは、まさに今現在の我々にとって極めて示唆的である:
「リキッド・モダニティ」といわれる状況において、官僚制の現実はもはや「鉄の檻」というメタファーでは理解できなくなっている。それにもかかわらず、ますます強固になりつつあり、したがってますます自由を奪う官僚制というイメージを前提とし、官僚制 vs. カリスマ的リーダーという構図を使い続けつつ、官僚制と戦う強いリーダーに期待することは時代錯誤であり、デモクラシーの条件である官僚制の守られるべき側面をも削り落としてしまう危険性をもつ。(p.156)




今回の選挙に限ったことではないが、橋下氏の交渉能力には目を見張るものがある。橋下氏は自身の考えを徹底してnegotiateするのに対し、彼に対抗する側はそれについてdiscussしようとするから必然的に受け身にならざるを得ない。

もうかれこれ10年近く前のことになるが、職場の組織を巡る問題で会議が続き、「なぜこれほどまでに理不尽な主張の方がまかり通るのか」と辟易した気分になったことがあった。その時に読んだ本が、山平重樹著『ヤクザに学ぶ交渉術』(幻冬舎アウトロー文庫)。この目次にある見出しの一部を眺めるだけでも、彼の「負けない」交渉能力の一端を理解できるような気がする:
  • 掛けあいの極意は気合いである
  • 掛けあいはとことん相手を追い込んではならない
  • 最悪を想定して肚を括れば突破口は開ける
  • 相手のミスは徹底的に突く
  • いかに自分のペースに持っていくかが勝負の分かれ目となる
  • これだけは譲れないという原理原則を貫くべきである
  • 愚連隊の無手勝流
  • 理論武装をしてこその交渉上手なのである
  • 「正義は我にあり」の思い込みが最大の武器となる
  • 理屈と膏薬は何にでもくっつく
なお念のために断っておくが、この本を引き合いに出したことと、橋下氏の出自に関する異常なまでのバッシングとは一切関係ない。



「大阪都構想」については、正直なところ、議論すべき材料を持ち合わせていない。ただ、少しだけ引っかかることがある。

2008~9年に土木学会会長を務めた、旧運輸省出身の栢原英郎氏が書いた『日本人の国土観』という本の中に、氏が策定に関わった第4次全国総合開発計画(四全総)にまつわるエピソードが記されている。当初の案では名古屋圏(中部圏)を「我が国の代表的な国際的産業技術拠点」すなわち「産業首都」と位置付け、京都・大阪・神戸等(大阪圏)を「(経済のみならず)国際的な文化、学術、研究の拠点の形成を図る」すなわち「文化学術首都」と位置付けていた。これに対して、大阪圏は「文化で飯は食えない。第二の国際首都と書け」と猛反発したという経緯があったとのこと。

行政の中心を大阪城の傍からただの埋め立て地に移転しようとしたことに象徴される歴史文化に対する価値観の無さもさることながら、自ら「第二の」と称することに何のためらいもない気質が大阪人の中に根付いているのではないかと危惧する。かつての、ジャイアンツに対するタイガース・ファンの屈折した心理も、この気質の表れだったと言えるかもしれない。「大阪都」という言葉の中に、東京都に対するこうした大阪人気質を感じるのは、穿ち過ぎだろうか。

スポンサーサイト

theme : 政治・時事問題
genre : 政治・経済

無題

何の変哲もない、ごく当たり前の穏やかな週末の一日。当たり前なのに、どうにもやりきれない。

いつもなら、たわいもないバラエティをやっているはずのテレビには、身の毛もよだつような光景が映し出されている。“不幸中の幸い”だったと、口先だけでも慰めを言えるような余地すらない。

今はただ、1人でも多くの命が救われることを祈るのみ。絶対に大丈夫。あきらめないで。

theme : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
genre : その他

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター