FC2ブログ

亀山先生のショスタコ本

  • ヴォールコフ, S.・亀山郁夫・梅津紀雄・前田和泉・古川 哲(訳):ショスタコーヴィチとスターリン, 慶應義塾大学出版会, 2018.
  • 亀山郁夫:ショスタコーヴィチ 引き裂かれた栄光, 岩波書店, 2018.
発刊から既に1年以上が経ってしまったが、長らく積読していたショスタコーヴィチ関連文献2冊を読了。

まずは、2008年2月25日のエントリーで紹介したヴォールコフの『証言』に続くショスタコーヴィチ論の邦訳。ロシア文学らしいやたらと持って回った文体であるため、英語でも大意は把握できるものの、日本語で読めることは非常にありがたい。実際、先に読み飛ばしていた部分にも興味深い記述が少なからずあった。

ロシア=ソ連における体制と芸術、具体的には文学と音楽との関係を、ニコラーイ1世の時代とスターリンの時代とを比較対照しながら一種の文化史的な論述が繰り広げられている。その文脈の中で、ショスタコーヴィチには「聖愚者」「僭称者」「年代記作家」という3つの“仮面”があるとし、プラウダ批判前後とジダーノフ批判前後を中心にスターリンとの関わりの中で、その各側面について論考している。

『証言』の序文(日本語訳には含まれない)で提起された「ショスタコーヴィチ=聖愚者論」については、ロシアの文化に通暁している著者だけに、広範な背景の下に論理が展開されていて面白い。さりげなく文中で『証言』の意義や正当性を主張しているのには苦笑してしまうが、『証言』とは異なる第三者的な視点で事実関係が整理されているので、ショスタコーヴィチが描いた時代がどのようなものであったのかについても、大いに得るところがある。

ただ私には、「僭称者」の意味するところが腑に落ちない、というかよくわからない。作曲家と(同時代の)大衆との関わりを論じる鍵のようにも思えるが、いたずらに論を広げているだけのようにしか感じられず、また折を見て再読してみたい。



さて、発刊時から読むのを楽しみにしていたのだが、それ故についつい後回しになってしまっていた亀山先生によるショスタコーヴィチの評伝も、ようやく読了。

本書は、亀山先生によるショスタコーヴィチ論の集大成である。これまでは特定のトピックに集中して論を展開されてきた著者が、満を持してショスタコーヴィチの全生涯を網羅した評伝の形で存分に思いの丈を語っている。

ショスタコーヴィチは、20世紀の間は「ソ連の御用作曲家」「反体制の作曲家」という社会的側面から専ら論じられてきたが、生誕100年辺りを境に、女性関係なども含めた私的側面からの楽曲解釈などが盛んになり、体制との絡みを過度に強調するのはいささか時代遅れのようにも思われる。それを十分に承知の上で、『歴史的な文脈を抜きにショスタコーヴィチの音楽を語ることが可能か、という問いそのものが成立しない……』(P.13)というスタンスを徹底しているのが、何より潔くて心地よい。

また、最新のロシア語文献が引用されているだけでなく、関連する詩などの抄訳が随所に散りばめられているのは、著者がロシア文学者なればこそ。たとえばエフトゥシェーンコの『エラブガの釘』など、一部とはいえ、これまでそのタイトルしか知らなかった詩が日本語で記されていることの意義は少なくない。

著者の専門からして、ロシア・アヴァンギャルドに対する広範な知見が光るショスタコーヴィチ初期の論述が面白いのは当然。一方、中期のスターリンとの絡みは、熱のこもった緻密な筆致ながらも、亀山先生の著作をこれまで追ってきた読者にとっては目新しさはない。

共産党入党やサハロフ非難署名などの「よくわからない」エピソードに果敢に取り組んだ後期~晩年の記述は、どの評伝でもそう深く扱われていないトピックだけに、著者の意欲が窺われる。また、この部分は著者にとっても「これから」のテーマなのかもしれない。ただ、社会との関わりでこの時期のショスタコーヴィチを論ずることには、私は否定的だ。他者との関わりを断ち、ただひたすら自分自身との対話のみに閉じこもっていった作曲家の音楽を、他者や社会への「贖罪」とするのには賛成できない。例えば交響曲第14番の解釈などは、私の見解とは全く異なる。

個々の説や楽曲解釈については、読者の数だけ異論もあろう。ここではそれについて取り上げない。また、「何でもかんでも体制との軋轢ですか?」といった抵抗を感じる読者もいるだろう。こうした点について敢えてバランスを取ることをせずに、著者独自のショスタコーヴィチ愛で最後まで突っ走っているところが、本書の最大の魅力であろう。読み応えのある労作である。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

音楽書2冊

  • バリリエ, É.・西久美子(訳):「亡命」の音楽文化誌, アルテスパブリッシング, 2018.
  • ハガロヴァ, D.・小川勝也(訳):ユーリー・テミルカーノフ モノローグ, アルファベータブックス, 2018.
『「亡命」の音楽文化誌』は、「モンド・ヌーヴォー 新しい世界へ」をテーマとして行われた、ラ・フォル・ジュルネ音楽祭2018の日仏共通オフィシャルブック。「亡命」というキーワードで、これだけ広範な作曲家とその作品を網羅していることに、軽く圧倒される。もちろんショスタコーヴィチを取り上げた章(第10章)があったから手に取ったのだが、著者の言う「精神的亡命」の概念は、率直に言ってピンと来なかった。心身共にロシアの地を離れることができなかったというのがショスタコーヴィチの悲劇であると同時に、彼を彼たらしめているのだから、ショスタコーヴィチを「亡命者」として論じるのには違和感がある。また、「ブロークの詩による7つの歌曲」を特に取り上げているのも、ヴァーインベルグの話題へ繋ぐための牽強付会のような印象を拭うことができない。

ただ、全体として読み応えがあるのは確かで、いかにもフランスっぽい文体に抵抗がなければ、お薦め。



テミルカーノフは、その演奏のいくつか(とりわけ若い頃の爆演)は非常に印象的で素晴らしいものの、ムラヴィンスキー没後のレニングラード・フィルの常任指揮者就任前後の動きに良い印象がなかったため、あまり本人について興味はなかった。この自伝もどき(著者によるインタビュー+過去の発言の集成)は、テミルカーノフがどのような人物なのかを、幾分冗長ではあるものの、見事に描出している。言葉は悪いが、要するにクソ真面目なのだろう。野心的というよりは、自身に高い目標を設定し、それを予定通りに達成しては、また次の目標を……といった具合。徹底して自分の事しか考えていないのだが、結果として傑出した業績を残しているのだから、文句のつけようもなく、またその強靭な自制力には感服する。

ショスタコーヴィチについては第3部の中で項を立てて言及している他に、実質的に演奏禁止状態であった最中に交響曲第13番を演奏したエピソードが紹介されているが、とりたてて目新しい事実や見解はない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ショスタコーヴィチの作品便覧(第1巻)


  • Дигонская, О., Копытова, Г., Дмитрий Шостакович. Нотографический справочник. Вып. 1, Композитор, Санкт-Петербург, 2016.
ショスタコーヴィチの作品リストといえばHulmeの労作、というのが常識であったが、著者逝去に伴って第4版(2010年)が最後となってしまい、新たな発見の反映は望むべくもない……と思っていたところに、新たな作品便覧の登場。しかも、DSCH社の出版物でも著名な、一次資料に通暁している研究者のディゴーンスカヤ女史の手によるとなれば、これはもう書架に陳列するのがファンの務めというものだろう。

全部で3巻が予定されているようだが、第1巻は交響曲第4番までの情報が収録されている。各曲について、以下の項目が整理されている:
  • 曲名・作曲時期・作曲地・献呈・楽章構成・楽器編成・演奏時間
  • 公開試奏
  • 初演
  • 自筆譜
  • 出版譜
  • 引用・流用
  • 備考
  • DSCH社のレンタル譜
Hulmeのカタログとは異なってディスコグラフィはないが、現代ではもはや全ての音盤を網羅することなど不可能であり、また、さして意味を持たないことを考えると、そのことは何らマイナスではない。

逆に注目すべきは、各種の引用や流用について整理されていることだろう。ここに示されているものが全てではないだろうし、“たまたま”似ているフレーズも含まれているのだろうが、研究目的のみならず、一般の鑑賞においても示唆に富む情報である。

作品番号の確定した楽曲に加えて、これまでに知られていなかった未出版の作品や習作、実現に至らなかったプロジェクトなどを含む80曲のリストは、研究者、演奏家、愛好家といった、ショスタコーヴィチの音楽に関心のある全ての人達にとって極めて刺激的である。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

『レコードによる弦楽四重奏曲の歴史』

  • 幸松 肇:レコードによる弦楽四重奏曲の歴史, 上巻, DU BOOKS, 2016.
  • 幸松 肇:レコードによる弦楽四重奏曲の歴史, 下巻, DU BOOKS, 2016.
書店の「音楽書」の棚にそのタイトルを見つけ、躊躇なく即確保した一冊(二冊…か)。弦楽四重奏というジャンルの、少なくともわが国における権威である著者の手による大部の著作(上下巻合わせて約1,000ページ)だけに、その内容にも十分な信頼をおくことができる。

さて、本書は“新刊”ではあるが、収録されている文章は雑誌『LP手帳』の連載記事(1975~82)であるために、記述内容そのものは現時点での最新の知見ではない。現在の若い読者にとっては、ヴィオラがバイエルレ時代のアルバン・ベルクQが最若手という布陣には古臭さしか感じられないかもしれないし、近年の新譜や若手団体といったリアルタイムの鑑賞活動に対する有用な情報に欠けると思われるかもしれない。敢えて誤解を恐れずに言えば、“昔の評論本の復刻”であるからだ。

しかしながら、本書は弦楽四重奏を愛する者にとって類のない名著である。まず、楽曲そのものではなく、決して少なくないそのそれぞれについて、これまた少なくない量の音盤を(執筆当時の時点において、ではあるが)網羅し、その演奏を全て詳細に評論し尽くしているというだけでも偉業と呼ぶに相応しい。連載の事情でハイドン、モーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、というごくオーソドックスな、しかも限られた作曲家だけが取り上げられているが、それでもその音盤を網羅するというのは、音盤の種類が今よりは少なかったとはいえ、それだけでも驚嘆に値する。

1970年前後に結成された団体の壮年期を同時代的に経験してきた私にとっては、カペーQやレナーQを基本とし、ブダペストQとバリリQを双璧とみなし、ジュリアードQやスメタナQの技術水準に感心する、という全体的な嗜好は、いささか古臭く、前時代的に感じられるが、個々の評価やそこに反映される著者の嗜好といったものは、そもそも読者と一致することの方が珍しい訳で、自分と異なる価値観のその背景をこそ堪能すべきであろう。その意味で、本書は著者の考え方やスタンスが揺るぎなく、しかもその根拠が明示されており、たとえ個々の評価に異論があったとしても、個々の楽曲をどう味わうか、それぞれの作曲家の何を聴くか、アンサンブルのどこに勘所があるのか、といった全体的な主張は、極めて示唆に富んでいる。

記述の詳細度と分量を考えると、“読み物”として通読するよりも、まずはざっと全体を俯瞰した上で、その時々の興味に応じて該当する箇所を繰り返し精読するような読み方の方が相応しいように思う。いまさらブダペストQでもないだろう…などと言わずに、本書と共にかつての名盤を改めて味わってみることで、本書では扱われていない近年の演奏に対しても新たな聴き方ができるに違いない。

シューベルトまでしか扱われていないことが本書の最大の欠点ではあるが、ルネサンス期にまで四声音楽の源流を遡り、貴重な音盤を紹介している上巻の前半部分は非常に面白く、困ったことに、蒐集欲を駆り立てられてしまう。またいわゆる弦楽四重奏曲の範疇を超えて、たとえばベートーヴェンの作品118のような楽曲まで紹介されているのも楽しい。両冊を揃えると7,000円近い出費になるが、それだけの価値は十分にある。

theme : クラシック
genre : 音楽

スヴィリードフの全作品リスト

  • Свиридовский институт, Георгий Свиридов: Полный список произведений (Нотографический справочник), Национальный Свиридовский Фонд, 2001.
私はスヴィリードフの音楽が大好きなのだが、「吹雪」のように有名な器楽曲はともかく、彼の創作の大半を成す声楽曲については、言語の壁ゆえかまとまった情報が非常に少なく、音盤に収録されている楽曲の素性を調べるにもかなり苦労する。
  1. まず、同じ詩人の歌詞につけた楽曲群を、どのような単位で捉えるべきなのかがわからない。たとえばエセーニンの詩による歌曲は多数あるのだが、「さまようロシア」のように連作歌曲のようにまとまって演奏されるものではないのに、「エセーニンの詩による4つの歌曲」みたいなタイトルがついているものもあり、しかもそれが音盤や楽譜によって様々に異なっていたりする。
  2. 次に合唱曲なのか独唱曲なのか、あるいは独唱&合唱なのか、ピアノ伴奏なのか管弦楽伴奏なのか、編成がいまひとつはっきりとしない。いわゆる歌謡曲的な捉え方をするならば伴奏の形態にこだわる必要はないのかもしれないが。
  3. そして何よりこれが一番の問題なのだが、楽曲のタイトルが日本語はもちろんのこと、英語訳すら限られたものしか分からず、しかも詩である以上、単に直訳しただけでは意味を成さないものばかりで、流通している訳が正しいのかどうか判断に苦しむ。
そんな悩みのいくらかでも解消してくれるだろうことを期待して、スヴィリードフの全作品リストなるものを一年ほど前に入手したのだが、軽く眺めただけでずっと放置していた。せっかくの情報なのにそれではあまりにもったいなく、気の赴くままに整理してみた(こちら)。
  • 作品リストでは編成(ジャンル)別に番号が振られているが、スヴィリードフの創作の過程を編年的に追うことを目的に、年代順に並べ直した。
  • 楽曲群のまとまりは、出版時の都合で様々なようなので、ひとまず作品リストに従い、その収録曲のタイトルも併記した。
  • スヴィリードフの情報はロシア語に偏っているので、ロシア語タイトルはキリル文字で表記し、コピペで検索しやすいようにした。
  • 日本語タイトルは、ごく常識的に直訳して問題のないもの以外は、ネットでの検索結果を基本に訳を検討し、問題のなさそうなもののみを記載した(まだ途中)。
  • 英語タイトルも同様だが、Melodiya盤のライナーに表記されている英語訳も利用した(まだまだ途中)。
  • 作品リストでは同一曲ながら伴奏等の編成が異なるものには別番号を振っているので、同様に別作品扱いした。編成についての記述は、とりあえず省いている(今後、必要に応じて追加するかも)。
  • 手持ちの音盤の情報を併記した。
  • YouTubeにある動画へのリンクもまとめた(まだ途中)。ただし、既発の音源をアップしただけのものは除外した。
楽曲名の問題は依然として残るものの、「スヴィリードフにはどんな作品があるのか」ということについて私自身が知りたい情報は、とりあえずではあるが、これで整理することができた。

今回、YouTubeなどで集中的にスヴィリードフの音楽を聴いたが、とりわけブロークやエセーニンの詩による歌曲群の、たまらなくロシア的な世界に、改めて魅了された。往年の有名演奏家達によるスヴィリードフ作品の演奏会の動画を以下にまとめておく。いずれも珠玉の名演である。
オブラスツォーヴァ (MS) スヴィリードフ (Pf)
19761977
ヴェデルニコフ (B) スヴィリードフ (Pf)生誕100年記念演奏会
スヴィリードフの夕べ
(1)(2)
Время Георгия Свиридова - documentary
(1)(2)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Sviridov,G.V.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター