落穂拾い(東京)

  • シューベルト:弦楽四重奏曲第15&12番 メロスQ (harmonia mundi France HMA 1951409)
  • リゲティ:アトモスフェール、ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 アフカム/グスタフ・マーラー・ユーゲントO (Orfeo C 797 111 B)
  • ショスタコーヴィチ:ステパーン・ラージンの処刑、カンタータ「我が祖国に太陽は輝く」、オラトリオ「森の歌」 アンドレイエフ (T) タノヴィツキ(B) P. ヤルヴィ/エストニア国立SO、エストニア・コンサートcho、ナルヴァ少年cho (Erato 0825646166664)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番、リスト:ピアノ協奏曲第1番、プロコーフィエフ:ピアノ協奏曲第1番 ドゥ・ラ・サール (Pf) ボルドツキ (Tp) フォスター/グルベンキアン財団O (naïve V 5053)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1&2番、24の前奏曲 コロベイニコフ (Pf) ガイドゥーク (Tp) カム/ラハティSO (Mirare MIR 155)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ第2番、24の前奏曲 マンゴーヴァ (Pf) (Fuga Libera FUG517)
  • ブラームス:ハンガリー舞曲第5番、コヴァーチ:ユダヤの母(教育ママ)、シューベルト:ドイツ舞曲、チック・コリア:スペイン、ドリ&コヴァーチ:オリエンタル組曲、ボッケリーニ:、コヴァーチ: ボヘミアの思い出、ピアソラ: リベルタンゴ、ゴドフスキー: なつかしのウィーン、ショスタコーヴィチ:より第2番、ドリ:Tsifteteli、ロジャース:私のお気に入り、ドヴォルザーク:スラヴ舞曲 ホ短調、ボック:「屋根の上のヴァイオリン弾き」組曲(ロビー・ラカトシュ・ヴァージョン)、ヤーノシュカ:魅惑のダンス ザ・フィルハーモニクス (DG 002894767461)
所用で東京に行ったついでに、ディスクユニオン お茶の水クラシック館へ。時間もなかったので、弦楽四重奏とショスタコーヴィチ関連の買いそびれていた物に絞って探索。

残念ながら、弦楽四重奏は目ぼしいものが見当たらず、確保したのは1枚のみ。シューベルトの15曲中、最も好きな15番と断章のカップリングで、ここのところなぜか聴く機会の多いメロスQによるアルバムである。DGの全集ではなく、後期の第12~15番と弦楽五重奏曲をharmonia mundiレーベルに再録音したシリーズの一枚。誤解を恐れずに言えば、技術的に洗練されているとは言い難く、素人からしても突っ込みたくなるところは少なくない。にもかかわらず、武骨でありながらも人懐っこい力感のある情緒に満ちた音楽は、とても魅力的に響く。“ドイツ的”という形容がしっくりくる音の美しさといい、最良の意味での旧き佳き演奏である。残る「ロザムンデ」&「死と乙女」も、揃えておきたいところ。


残りは、全てショスタコーヴィチ作品。未架蔵の音盤があまり入荷していなかったので、目に付いたところから手当たり次第に確保。

若い指揮者とユースオーケストラとによるショスタコーヴィチの第10番は、知情意のバランスが極めて良くとれた、聴き応えのある演奏。鮮やかなアンサンブルで隅々までよく響く透明感のあるサウンドは、同時代のおどろおどろしい雰囲気を纏った演奏に親しんできた耳にはいかにも現代的だが、一方で流麗な音楽の運びから自然に立ち上る多彩な表情は、半世紀を経てこの音楽が時代の呪縛から解放されたことを感じさせてくれる。



P. ヤルヴィによるショスタコーヴィチの体制作品集は、時代と切り離すことができない、すなわち時代と共に淘汰される(=聴かれなくなる)と誰もが考えた作品を、純粋に音楽として現代においても価値のある楽曲として提示した、画期的なアルバムだろう。特筆すべきは、「我が祖国に太陽は輝く」。体制翼賛的なこけおどしの絶叫などなくても、これほどまでに満ち足りた高揚感のある音楽が成立し得ることに驚嘆した。「森の歌」も同じ路線だが、一気呵成の盛り上がりよりは、たとえば第6楽章の合唱などの静謐な美しさの方が印象に残る。この2曲に比べると、「ステパーン・ラージンの処刑」は常識的な仕上がり。作品そのものの出来のせいか、一貫したドラマトゥルギーに欠ける。


ドゥ・ラ・サールのデビュー盤は、3曲の「第1番」を集めたピアノ協奏曲集。演奏者の顔を大写しにしたアイドル風なジャケットに食指が伸びなかったが、決して力任せになることのない、コントロールの行き届いたとても綺麗な音に感心した。音楽の表情はやや単調ながらも、端正で伸びやかな音楽には好感が持てる。この音盤以降も順調に演奏活動を展開しているようだが、それも納得である。


コロベイニコフによるショスタコーヴィチのピアノ協奏曲全集は、沈潜した静的な音楽の美しさが傑出している。両曲とも、かなり遅いテンポでじっくりと弾き込んだ第2楽章が素晴らしい。一方で、速い楽章も同様の雰囲気をとっているため、やみくもな疾走感に欠ける点は好き嫌いが分かれるかもしれない。第2番第1楽章のカデンツァ以降には、充実した高揚感があり、これはコロベイニコフの解釈なのだろう。24の前奏曲は、1月26日のエントリーで紹介した「ロシア・ソ連の作曲家によるピアノ音楽のアンソロジー第1集」にも彼の演奏が収録されており、収録年も同一であるが、これとは別の演奏である。本盤の方が残響が豊かで静謐感のある録音のせいか、協奏曲と同様に沈思黙考するような響きの美しさが際立つ。


ベルギーのエリザベート音楽院出身の若手演奏家であるマンゴーヴァのデビュー盤。安定した技術と模範的な解釈は、演奏家の豊かな才能の片鱗を感じさせる。いたずらに飾り立てることなく素直に淡々と音を連ねることで作品の雰囲気を自然に表出したソナタ第2番、流麗に多彩な表情を繰り広げる前奏曲、共に聴き応えのある充実した演奏である。


「2006年のウィーン・フィル日本公演の際、リーダーのコヴァーチとコントラバスのラーツが福岡でしゃぶしゃぶを食べながら意気投合。その後メンバーを厳選し、2007年より活動を開始した“ノー・リミット・アンサンブル”」(ユニバーサルミュージックの公式プロフィールhttp://www.universal-music.co.jp/the-philharmonics/biography/より)である、ザ・フィルハーモニクス。颯爽とした格好良さの漂う音楽は、宣伝文句通り、上質のエンターテイメント。アンドレ・リュウとは全く別のテイストを持った「第二ワルツ」は、個々の奏者のセンスの良さが随所に感じられる楽しい演奏である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

雑多な買い物録

  • シューマン:歌曲集「詩人の恋」、ベートーヴェン:君を愛す、アデライーデ、諦め、くちづけ、シューベルト:シルヴィアに、双子座の星に寄せる舟人の歌、変貌自在な恋する男、孤独な男、夕映えの中で、セレナーデ、リュートに寄せて、ミューズの子、音楽に寄せて ヴンダーリヒ (T) ギーゼン (Pf) (DG 429 933-2)
  • ラフマニノフ:交響曲第2番、ホルスト:惑星 カヒーゼ/トビリシSO (Cugate Classics CGC001-2)
  • フランセ:室内楽傑作選 フランセ (Pf・指揮)フランス八重奏団 (Indésens INDE043)
  • フレーンニコフ:喜歌劇「100の悪魔とたった一人の少女」 オソーフスキイ/モスクワ・オペレッタ劇場O & cho. (Melodiya CM 04063-6 [LP])
  • ファルカス:17世紀の古いハンガリー舞曲集、モーツァルト(ヴァイゲルト編):アダージョ KV411、バルテ:パッサカリア、ショスタコーヴィチ(スミス編):バレエ「黄金時代」よりポルカ、ドビュッシー(デイヴィス編):「子供の領分」より「ゴリウォーグのケークウォーク 」、K. シュターミッツ(ヴァイゲルト編):木管四重奏曲、モーツァルト(フェステル編):小さなオルガンのためのアンダンテ KV616、ドビュッシー(デイヴィス編):「小組曲」より3つの楽章、リームスキイ=コールサコフ(デイヴィス編):熊蜂の飛行 アルビオン・アンサンブル (Senol Printing Limited SNH 501 [LP])
  • ブリテン:無伴奏チェロ組曲第1~3番 デ・サラム (Vc) (Disques Montaigne MO 782081)
  • 留守key:スラーヴァ!ロシア音楽物語: グリンカからショスタコーヴィチへ, 学研プラス, 2017.
大した量ではないが、ここ3ヶ月ほどで入手した音盤のまとめ。

ちょっとした外食の際、順番待ちの時間潰しがてら隣接しているBOOKOFF西宮建石店を覗いてみた。500円の値付けがされているCDに限ってセールをしていたので、さしたる期待もせずに中古の廉価盤や編集盤の並ぶ棚を眺めていると、ヴンダーリヒの「詩人の恋」を発見。これは1990年代前半の学生時代に、「美しき水車小屋の娘」と一緒にリリースされたもの。親しい先輩の下宿で聴いてシューベルトはすぐに購入したのだが、シューマンの方は買いそびれたままになっていた。もちろん、即確保。

声の美しさだけでノックアウトされてしまいそうになるが、若々しく青臭い感傷が滲むニュアンス豊かな歌唱も極めて素晴らしい。ピアノも、シューマンの魅力を余すところなく表出しつつ、それでいて歌に繊細に寄り添う様が名人芸としか言いようがない。さすがに他の掘り出し物はなかったが、外食に出かけた元は十分に取れた。


アリアCDで、『ジャンスク・カヒーゼの遺産』シリーズがまとめて紹介されていたので、試しに曲の好みでラフマニノフの交響曲第2番が入った一枚を(と言っても2枚組だが)。いわゆる“爆演”型の指揮者に対する関心は年齢と共に低くなったのだが、ここのところ室内楽ばかり聴いている気がするので、気分転換的な意図もあったし、協奏曲の伴奏では数曲ほど聴いたことがあるものの、マニアの間で評価の高い指揮者の本領を聴いておきたかった、ということもある。

一定の期待を持って聴いてみたが、率直に言って肩透かしを食らった感じ。アンサンブルに気を配りながらも全編に渡って覇気が漲り、臆面もなく旋律を歌い込むスタイルは、確かに私の好みに合致しているのだが、それほど突き抜けた個性は感じられず、むしろ常識的な音楽であるように思われる。オーケストラの精度も冴えないせいか、指揮者の解釈が正統的なラフマニノフはともかく、指揮者とオーケストラとの間がどこか空回りしているような「惑星」は、ただただ物足りなかった。こうなると、個性的な節回しも単に奇を衒っているようにしか聴こえない。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

フランセに若書きの弦楽四重奏曲があることを知り、調べてみたところ、すぐに辿り着く範囲で見つけたフランス八重奏団によるセット物を、HMV ONLINEで購入。収録内容は以下の通り:
Disque I
弦楽四重奏曲
ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ
主題と変奏 ~クラリネットとピアノのための
ディヴェルティスマン ~ピアノと弦楽三重奏のための
Disque II
十重奏曲 ~弦楽五重奏と木管五重奏のための
8つのバガテル ~ピアノと弦楽四重奏のための
モーツァルトの五重奏曲 KV 452にもとづく九重奏曲 ~オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットと弦楽五重奏のための
Disque III
八重奏曲 ~クラリネット、ホルン、ファゴットと弦楽五重奏のための
ディヴェルティスマン ~ファゴットと弦楽五重奏のための
クラリネット五重奏曲 ~クラリネットと弦楽四重奏のための
羊飼いのひととき、またはブラッスリーの音楽 ~ピアノと弦楽五重奏のための

さすがに全てが名作・傑作だとまで言うつもりはないが、目当ての弦楽四重奏曲をはじめ、いずれも気の利いた雰囲気のある響きが楽しいアルバムであった。特に、モーツァルトのピアノと管楽器のための五重奏曲の編曲は極めて素晴らしく、モーツァルトのオリジナルをさらに魅力的にした稀有のアレンジにただひたすら感嘆した。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から届いた2枚は、コレクションの穴埋め的なもの。フレーンニコフのオペレッタは、暴力的に騒々しくも、恥ずかしげのない歌謡旋律が耳に残る、いかにも社会主義リアリズムのお手本のような作品。ヤケクソのような劇場オーケストラの演奏が堪らなく雰囲気満点。


アルビオン・アンサンブルというイギリスの団体は初めて聴いたが、手堅くも心地好い演奏をする実力派のアンサンブルである。収録曲も多彩で、木管五重奏の魅力を十二分に味わうことができる。


子供に頼まれてAmazonで買い物をしたついでに、かなり前にチェックしていたものの長らく買いそびれていた一枚を購入した。ブリテンの無伴奏チェロ組曲は、被献呈者であるロストロポーヴィチの音盤だけを架蔵しており、それだけで十分に満足しているのだが、ロストロポーヴィチは第3番を録音していないために、全3曲をまとめて聴きたいとかねがね思っていたところ見つけたのが、アルディッティQのチェリスト、デ・サラムの音盤。HMV ONLINEのウィッシュリストに入れておいたのだが、販売終了になって久しく、思い立ったが吉日ということでこの機会にオーダー。

高い精度で淡々と奏でられる音楽は、ブリテン独特の不健康な透明感に満ちていて、とにかく美しい。アルディッティQを勇退する数年前の録音であることもあってか、鋭利さよりは抒情的な丸みが勝るものの、老成よりはむしろ若々しさを感じさせる引き締まった音楽の運びが個性的であると同時に、この作品の音楽世界によく合致している。

運の悪いことに、購入したディスクには最後のトラックが再生できない不良があり(盤面に傷はないので、おそらく初期不良)、その1トラックのためだけに買い直すかどうか悩ましいところ。


書店の音楽書のコーナーに、ロシアの有名作曲家を題材にした漫画が平積みになっていた。発売前に新刊情報は知っていたのだが、てっきり各人の伝記漫画かと思っていたら、さにあらず。それぞれの作曲家人生を象徴、代表するようなエピソードを取り上げ、それに限って話が構成されている。いたずらに生涯を万遍なく描くよりはよほど面白い。至って真面目な内容だが、もちろん学術的な正確性に拘泥して漫画としての流れを損なっているわけでもなく、ロシア音楽に詳しくない人からマニアまで広く楽しめるだろう。

ショスタコーヴィチは交響曲第5番にまつわる話だったが、終楽章コーダのA音を“チューニング”だとする解釈は面白かった。あんな音域でチューニングしろと言われたら、たまったものではないが。

theme : クラシック
genre : 音楽

バルヒェットQのモーツァルト全集他

  • ドビュッシー:弦楽四重奏曲、フォーレ:弦楽四重奏曲、ラヴェル:弦楽四重奏曲 エベーヌQ (Virgin 50999 519045 2 4)
  • モーツァルト:弦楽四・五重奏曲全集 バルヒェットQ ケシンガー (Va) (Murray Hill 920409 [LP])
  • 佐川吉男:チェコの音楽-作曲家とその作品(遺稿集3), 芸術現代社, 2005.
所用で東京に行った際、移動の空き時間があったので久し振りにディスクユニオンお茶の水クラシック館へ。久し振りなのは分かっていたが、過去記事を見てみると前回の訪問は2013年9月だったようで、時の流れの早さを痛感。今回は、買い物というよりは雰囲気を味わいたい、といった程度の心積もりだったので、店内全体を万遍なく眺めて、結局、4月にシュペーテ弦楽四重奏団の演奏会で自分が弾く曲が収録された音盤のみを確保。もっとも、一つはLP13枚組のセットだったために、紙袋の重量はなかなかのものとなったが。

まずはCD。エベーヌQによるフランスの弦楽四重奏曲集は、彼らのキャリア初期の録音ながら、フランスの団体である彼らに期待される王道のプログラムを、既に完成されたアンサンブルで見事に弾きこなした素晴らしいアルバムである。個々の技術が高い水準にあるのは確かだが、寸分の乱れもないアンサンブル、という意味での精巧さはそれほど特別なものではない。にもかかわらず、彼らの演奏を「完璧」といった類の言葉で形容したくなるのは、その息遣い、ニュアンスの驚くべき一体感においてである。フレーズ内のリズムやテンポの揺らぎ、デュナーミクの繊細な変化など、これほどまでにカルテットとして精緻に機能している団体は他にない、と言いたくなる。他にも名盤が数多あるドビュッシーとラヴェルも素晴らしいが、和声と旋律、リズム、動機などの処理が完璧で、滋味のある色彩感と清澄な軽やかさが際立つフォーレは、同曲屈指の名演だと思う。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

今回の収穫は、なんといってもバルヒェットQによるモーツァルトの弦楽四・五重奏曲全集である。全13枚の内、1枚にプレスミスがある(ノイズだらけながら再生はできた)上に、盤質がかなり悪く、あちこちで針飛びしまくって再生に苦労したが、格安(後述する書籍より安かった!)だったので文句は言えない。

弦楽四重奏曲は未CD化。弦楽五重奏曲の方はDENONレーベルからCD化されているようだが、その復刻にはかなり問題がある模様。

ともかく、私はその存在すら知らなかった全集(幸松 肇氏の著作では、もちろん紹介されている)だが、その極めて優れた内容に驚いた。まずは、初期(第1~13番)作品が素晴らしい。これらの曲についてはバリリQの優美な演奏さえあれば十分、と思っていたが、こんなに生命力に溢れた、自由闊達な明るさに満ちた演奏を聴いてしまうと、今度はバルヒェットQさえあれば十分、と言いたくなる衝動に駆られてしまう。もちろん曲毎の出来不出来、というか相性のようなものはあるが、音の魅力で聴かせるバリリQに対して、作品そのものの魅力で聴かせるのがバルヒェットQのように思える。もちろん、鄙びた田舎臭さのあるバルヒェットQの音も魅力的であることは言うまでもない。

ハイドン・セット以降も、聴き応えがある。とりわけ緩徐楽章の濃密なロマンと、メヌエット楽章の典雅さが傑出している。彼らの奏でるメヌエットを聴くと、これまで聴いてきた演奏のほとんどがスケルツォに思えてしまうほどである。技術的には心許ない箇所も散見されるが、重心の低く渋みのある響きで奏でられる明朗な輝かしさには、心を奪われる。

したがって、弦楽五重奏曲が四重奏曲を超える素晴らしさだということは、当然の帰結だろう。ケシンガーのヴィオラはカルテットと完全に同化し、理想的なバランスを実現している。この傑作群を余すところなく堪能させてくれる傑出した名演である。

もう1点、この全集の魅力は、現在では偽作であることが確定している、かつて「4つのミラノ四重奏曲」あるいは「幻のミラノ四重奏曲など」と呼ばれたドレスデンの宮廷楽長ヨーゼフ・シュースターの「パドヴァ四重奏曲」が収録されていることである(もちろん、本盤ではモーツァルトの作品として扱われている)。なお、「アダージョとフーガ」(KV546)も併録されているが、これもまた渋い好演。

全集復刻が商業的に成功するとは思えないのも確かだが、こんな名盤が埋もれているとは、何とも口惜しい限りである。

murrayhill-920409.jpg

今回の訪問では、入り口付近の書籍・楽譜コーナーの品揃えがずいぶん充実していたように感じた。いくつか興味深い書籍があったのだが、その中から、チェコ音楽の権威であった佐川吉男氏の著作を選択。単行本を意図して書かれたのではなく、音盤の解説などを集成した一冊のため、取り上げられた作曲家や作品に不足がないわけではないが、そもそもチェコの音楽作品の日本語で読める情報は決して多くないだけに、400ページ弱の本書は貴重な情報源である。

theme : クラシック
genre : 音楽

ロシア音楽3題

  • ミャスコーフスキイ:シンフォニエッタ第2番、室内楽のためのセレナード ヴェルビーツキイ/ソヴィエト国立SO (Melodiya C 10-15187-8 [LP])
  • ティーシチェンコ:交響曲第5番 ロジデーストヴェンスキイ/ソヴィエト国立文化省SO (Melodiya C10 25287 005 [LP])
  • バラーキレフ:イスラメイ、ボロディーン:小組曲より第7曲ノクターン、ムーソルグスキイ:古典様式による間奏曲、歌劇「ソローチンツィの定期市」よりゴパーク、ラフマニノフ:前奏曲 Op. 3-2、Op. 32-12、スクリャービン:2つの詩曲 Op. 32、ストラヴィーンスキイ:ペトルーシュカからの3楽章より第1曲ロシアの踊り、プロコーフィエフ:サルカズム(風刺)、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より第14、10、6番、ハチャトゥリャーン:バレエ「ガヤネー」よりレズギンカ ラフォルジュ (Pf) (Club National du Disque CND 18 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から、LP3枚が届いた。

ミャスコーフスキイの中でもとりわけ平明な楽想を持つ2曲を収録したアルバムは、作品の抒情的な美しさに、どこか懐かしさを感じる。これは、ヴァルビーツキイの“緩い”音楽の賜物のように思える。両曲共に、同じオーケストラをスヴェトラーノフが振った録音もあるが、それと比べるとアンサンブルの精度も表現の踏み込み方も、まさに“緩い”としか言いようがないのだが、しかし、聴こえてくる音楽の何と魅力的なことか!


ティーシチェンコの交響曲第5番は、彼の作品中でも早くから知られ、傑作との呼び声高い作品だが、それに最も寄与したと考えられるのが、このロジデーストヴェンスキイのライヴ録音である。師ショスタコーヴィチの逝去直後の1976年に作曲された、ショスタコーヴィチを追悼する内容の音楽は、第3楽章にショスタコーヴィチの第10交響曲からの引用があるなどの表面的な事柄だけでなく、ティーシチェンコの根幹を成すショスタコーヴィチ的世界の総決算的な雰囲気を持つ。ロジデーストヴェンスキイの勘所を押さえた指揮は、手兵である文化省響の暴力的な響きと相まって、感情の起伏を切実に表出している。深刻さと表裏一体のとぼけた味わいも、ショスタコーヴィチを知り尽くした音楽家ならではのもの。


ジャン・ラフォルジュというフランスのピアニストの名は、今回初めて知った。ネットで検索してみてもプロフィール程度の情報しかなく、音盤として遺されたものがどれくらいあるのか、そしてそれらの評価がどのようなものかはよくわからない。ただ、このロシア音楽集は素晴らしい。まず、有名作曲家の比較的有名な作品ばかりではあるが、気の利いた選曲が良い。そして、それぞれの様式の違いを的確に処理しつつも、実に雰囲気のある気持ちの良い音で小細工無しに奏でられる音楽が良い。現代風の精緻さはないものの、往年の華やかでロマンティックなヴィルトゥオージックな演奏である。それでいて、特にB面では冷たい機能性も感じさせ、後のミシェル・ベロフを予感させるようにも聴こえる。目当てのショスタコーヴィチ作品はわずか3曲の抜粋のみだが、掘り出し物と言ってよい一枚である。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Myaskovsky,N.Y. 作曲家_Tishchenko,B.I.

庄司紗矢香のレーガー他

  • J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番、パルティータ第1&2番、レーガー:前奏曲とフーガ集より第1、2、4番 庄司紗矢香 (Vn) (Mirare KKC-5125/6)
  • ショスタコーヴィチ:5つの断章、ブリテン:シンフォニア・ダ・レクィエム、プロコーフィエフ:交響曲第5番 ズヴェーデン/シカゴSO (Dirigent DIR-1547 [CD-R])
アリアCDにて気の赴くままにオーダーしていた音盤が、続いて届いた。

6年も前に発売されていたようだが、それほど積極的ではないジャンルということもあって、セールで安価ならば……という不謹慎極まりない動機でピックアップしたのが、庄司紗矢香の無伴奏ヴァイオリン曲集。ビシュコフ/ケルンWDR SOとの共演でブルッフの協奏曲を演奏した際のアンコールでレーガーのOp.117-2を取り上げていた(2003年8月26日のエントリー)のは記憶していたが(15年近く前のこととは思ってもみなかったが)、鮮やかという以上の印象もなく、レーガーとバッハの無伴奏作品を組み合わせたアルバムをリリースしていたことも、恥ずかしながら全く知らなかった。

ということで大半の方にとっては「何を今さら」なのだろうが、これがとんでもない名盤。隅々まで考え抜かれ、そして弾き込まれた結果の、自然な、それでいて濃密な音楽。あらゆる奏法上のテクニックが、全て音楽に昇華している。バッハは、それでもまだ他に可能性があるように思えるが、レーガーに関しては、とてもこれ以上を思い浮かべることができない。彼女のキャリアを代表するだけでなく、レーガー作品の決定盤であると同時に、現代ヴァイオリン演奏の金字塔と言ってしまっても構わないだろう。

HMVジャパン CD DVD 書籍 音楽 ゲーム

いわゆる裏青盤は、キリがないので基本的に蒐集対象とはしていないのだが、ショスタコーヴィチの「5つの断章」というレア作品の、これまたレアな実演ということで、ズヴェーデン/シカゴSOの2014年のライヴ録音をオーダー。ズヴェーデンにはヴァイオリニストの印象しかないのだが、今やニューヨークPOの次期音楽監督とのこと。

シカゴ響という機能的に優れたオーケストラの長所を活かしきった演奏である。全ての音とリズムが明晰に響き渡り、ショスタコーヴィチの断片化された旋律やリズムの残骸が、余裕を持って音楽として再構成されている。プロコーフィエフも、透明な快活さで爽やかに熱狂している。ブリテンには、響きが少々健康的に過ぎるが、全体として演奏者の実力が存分に発揮し尽くされた、内容の濃い一枚である。

dirigent-dir1547.jpg

theme : クラシック
genre : 音楽

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター