スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブラームスのピアノ四重奏曲

  • ショスタコーヴィチ:バレエ組曲第1~4番 ヤブロンスキイ/ロシアPO (Naxos 8.557208)
  • ショスタコーヴィチ:バレエ組曲第1~3番、組曲「ボルト」、組曲「黄金時代」、組曲「ゾーヤ」、組曲「ピロゴーフ」 M. ショスタコーヴィチ/ボリショイ劇場O (BMG/Melodiya 74321 66981 2)
  • ドヴォルザーク:スラヴ舞曲全曲 ターリッヒ/チェコPO (Supraphon 25CO-2794)
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 E. ギレリス (Pf)、ベートーヴェンQ団員 (СССР Д-5584 [10"mono])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番 ユージナ (Pf)、ベートーヴェンQ団員 (Melodiya 33 CM 02259-60 [LP])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 E. ギレリス (Pf)、アマデウスQ団員 (DG MG 2314 [LP])
ここのところ活発なリリースが続いているヤブロンスキイの新譜は、バレエ組曲全曲。第4番までの全曲録音はN. ヤルヴィ盤しかなかったので、資料的には貴重な1枚。ヤブロンスキイはチェリストとしても活動しており、ショスタコーヴィチ作品ではレーピン他とのピアノ三重奏曲第2番(名演!)やソナタも残している。特に三重奏曲は実演でも聴いたことがあるのだが、その時はレーピンの凄さだけが印象的で、ヤブロンスキイには巨漢のわりに線の細いチェリストだったという記憶しか残っていない。この盤でも第2番第2曲の「アダージョ」でソロを聴かせているが、その記憶とそう異なることはない。まぁ曲が曲なので、十分に美しくて楽しめますが。で、演奏内容だが、ん~ちょっと物足りない。トランペットが随分と不安定で興醒めだし、全体に溌剌とした勢いの良さが感じられない。難しいことを言わなければ楽しめはするのだけれど。

ということで、本家本元M. ショスタコーヴィチ盤でお口直し。これですよ、これ。

ドヴォルザークのスラヴ舞曲は、第8番と第10番を演奏する機会があるので、勉強がてら。1950年の録音だが、さして不満は感じない。安直に“本場”という言葉は使いたくないが、でも確かに本場ならではの自然なノリが素晴らしい。

11月9日付けの本欄で、エドリーナ&ボロディンQによるブラームスのピアノ四重奏曲第1番を取り上げたが、せっかくなので他の演奏も聴いてみた。まずは、ギレリス&ベートーヴェンQ盤。なんといってもヴィオラのボリソーフスキイが凄い。この団体は第一ヴァイオリンのツィガノーフのワンマン四重奏団といった印象もあるが、音楽的な求心力はともかくとして、音色や技術面では案外ツィガノーフは平凡。ボリソーフスキイのチェロを間違えてしまうほどの深みのある音色は、ヴィオリストの最高峰といって差し支えないだろう。演奏そのものは、極めてオールド・ファッション。僕は大好きだが、名盤と称するのは言い過ぎだろう。

同じベートーヴェンQがユージナと組んだ第2番は、ユージナ独特の引き崩しが特徴的。これは好みが分かれるに違いない。僕は、正直あまり好きではない。この盤では、ヴィオラがドルジーニンに交代している。師匠のボリソーフスキイ譲りの音色は、これまた魅力的。

最後は、定盤中の定盤、ギレリス&アマデウスQの第1番。これぞブラームスという、有無を言わさぬ説得力に満ちている。録音状態のことまで考えると、この作品についてはこの演奏1枚あれば十分だと言い切ることができる。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Brahms,J. 演奏家_BeethovenQuartet

出張先で買い歩き

  • モーツァルト:弦楽四重奏曲第17番、弦楽五重奏曲第4番、ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第4&6番、ブラームス:クラリネット五重奏曲(第3楽章)、ベートーヴェン:弦楽四重奏曲第16番(第3楽章)、シューベルト:弦楽四重奏曲第14番(第4楽章)、バルトーク:弦楽四重奏曲第4番(第4楽章) アマデウスQ (EMI DVB 5996849 [DVD])
  • Yevgeny Mravinsky:Soviet Conductor,Russian Aristocrat、ウェーバー:「オベロン」序曲、チャイコーフスキイ:フランチェスカ・ダ・リミニ、交響曲第4番 ムラヴィーンスキイ、ロジデーストヴェンスキイ/レニングラードPO (EMI DVB 5996909 [DVD])
  • フランケ:Chagall-Musik für Orchester、ショスタコーヴィチ:交響曲第1番 ボレイコ/Bundes Jugend O (Ars Musici AMP 5116-2)
  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ、ペンデレツキ:独奏ヴィオラのためのカデンツァ、クルターク:R. シューマンへのオマージュ、独奏ヴィオラのための「Jelek」 Myrup (Va) Toftemark (Vc) Kruse (Cl) (Classico ClassCd 420)
  • State Russian Choir(Tatar captivity(リームスキイ=コールサコフ)、'Tis not the white birch-tree、Down the river、On the Neva River、Bells pealed、Don't sew a dress for me,mother(Varlamov)、アムール河(Rumiantsev)、Snow everywhere、From a distant land、A little pear-tree、Yesterday evening) スヴェシニコフ/国立アカデミー・ロシア合唱団 (Melodiya CM 01961-2 [LP])
  • フレンニコフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、ピアノ協奏曲第1番 L. コーガン (Vn)、フレンニコフ (Pf) コンドラーシン/モスクワPO (Le Chant du Monde LDX-A 8339 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:A.ブロークの詩による7つの歌曲、メシアン:ミのための詩、ペルガメント:今宵、音楽を奏でるのは誰だ? 、マルタン:3つのクリスマスの歌、ヘッド:笛吹き デルマン (S)他 (BIS LP-37 [LP])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番 エドリーナ (Pf)、ボロディンQ団員 (Melodiya CM 03729-30 [LP])
  • ルビンシテイン:木管五重奏曲、バラキレフ:八重奏曲 ナセドキン (Pf)他 (Melodiya 33 C 10-08775-6 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番、ティペット:弦楽四重奏曲第3番 デュークQ (Factory Fact246 [LP])
10月19日、東京に日帰り出張の用事があったので、帰りがけにTower Records渋谷店とディスク・ユニオンお茶の水クラシック館をのぞく。Tower Records渋谷店は何年かぶりに立ち寄ったのだが、結構買いたい音盤が多かった。ショスタコーヴィチ関係もたくさんあったものの、カタログの穴埋めとして買いたいものばかりだったので、まとめて聴いてもどうせ退屈なのはわかっていたし、最近の緊縮財政下では全てをレジに持っていくわけにはいかない。ということで、結局は何も渋谷でなくたって…という買い物になってしまった。

まずは、アマデウスQのDVD。ここのところ忙しくてCDショップものぞいていなかったため、こういう映像がリリースされていたことは全く知らなかった。大好きな四重奏団だけに、迷わず購入。ほとんどが白黒映像だが、いずれも彼らの本領を伝える名演揃い。モーツァルトの「狩」の第3楽章が欠落しているのだけが非常に残念。この楽章こそ、ブレイニンのヴァイオリンで聴きたいのに。このことがパッケージにきちんと記載されていないのはいかがなものか。ついでに言えば、モーツァルトの弦楽五重奏曲が第3番と記されているのも迷惑。調性とケッヘル番号は正しいのだが、第4番より第3番の方が好きな僕はそんなところまで詳細にチェックすることもなく、わくわくしながら頭出しをしたのだが、いきなりト短調の旋律が流れ出してずっこけました。それはともかく、ベートーヴェンの第6番などでは、おっとりとしたオールドスタイルを強く感じるものの、全体には颯爽と、それでいてコクのある音楽に魅了される。ヴィオラのアーロノヴィツの姿を見ることができるのも嬉しい。この5人のボウイングを見ると、全員が完全に同化しているといっても過言ではないことがわかる。ブラームスのクラリネット五重奏曲も、もし全曲の映像があるなら是非見たい。バルトークは、ちょっと彼らのスタイルには合わないかな。あぁ、またカルテットがしたくなってきた。

同じくEMIのClassic Archiveシリーズからリリースされたムラヴィーンスキイの映像は、2003年にBBCで放送されたドキュメンタリー番組。全ての英語をきちんと聞き取れたわけではないが、ムラヴィーンスキイの描き方としてはごくオーソドックスなものだと思われた。収録されている映像も、特別珍しいものはほとんどなく、全曲が収録されている「オベロン」と「フランチェスカ・ダ・リミニ」も別レーベルからリリースされた映像と同じ物。でも、何度同じ映像・場面を見ようとも、ムラヴィーンスキイの放つオーラの凄まじさには感服する。立ち姿だけで余人が及ぶことのできない音楽を醸し出している。ボーナス映像は、ロジデーストヴェンスキイ指揮のチャイコーフスキイの第4交響曲。完璧にボウイングの揃った弦パートを見るだけでも壮観だが、集団でトランス状態に陥っているイギリスの観客が異様。ムラヴィーンスキイの映像を見た後では、あまりにも華麗で、あまりにも脳天気な音楽。こういう演奏自体は嫌いではないが(曲は嫌いです)、このカップリングはどうか…と思わなくもない。楽しみましたけどね(^^)。

ショスタコーヴィチ絡みは、いずれも義務感がなければ触手の伸びないものばかりで、ちょっとがっかり。結局財布と相談して2枚を購入。ところが、この2枚がなかなかの掘り出し物。ボレイコ指揮のアルバムは、ユースオーケストラとはいえ、技術的には申し分のない出来。使用楽器の問題か、全体に痩せた音色がするのは残念。颯爽とした音楽はショスタコーヴィチのみならず、フランケにもふさわしい。

Claus Myrupのヴィオラ・アルバムは非常に素晴らしい内容。難所も清潔に弾ききる確かな技術にも感心するが、何よりヴィオラの美質を凝縮したような音色の見事さに惚れ惚れとする。ショスタコーヴィチ目当てで購入したディスクだが、他の現代作品も完璧な出来。

ディスク・ユニオンお茶の水クラシック館は、東京で時間がある時にはできる限り寄るようにしているのだが、今回は比較的時間はあったものの、どうも気力が沸かなくておざなりな探索しかできなかった。何も買わないのも寂しいし…といった程度の買い物。

セーロフ指揮のショスタコーヴィチ劇音楽集は、全てかつてOLYMPIAレーベルからリリースされたショスタコーヴィチ交響曲全集(ロジデーストヴェンスキイ指揮)にフィルアップされていたもの。当然いずれもCDで所有していたが、オリジナルの形で持っておくのも悪くないと購入。改めて耳を傾けると、活力に満ちた勢いの良い音楽が、ショスタコーヴィチ初期の作風によく合っている。垢抜けてはいないが、実に魅力的な一枚。

スヴェシニコフ指揮の合唱曲集は、これぞロシアの合唱という鋭い女声と深い男声とが織り成す響きが素敵なものの、選曲が僕の好みと合わず、アルバムとしては退屈した。それにしても、収録されているのは知らない曲ばかり。合唱筋では有名な曲が集められているのだろうか?それとも、その筋でも珍しい曲ばかりなのだろうか?

フレンニコフも、ソ連音楽好きなら必須アイテムなのだろうが、こういう機会でもないと購入することはなかっただろう。音楽としては(若書きということもあるが)さして深みは感じられないものの、独奏者であるL. コーガンやフレンニコフの名技が実に楽しい。録音のせいか、コンドラーシンの伴奏にいまひとつ存在感がないのは残念。それにしても、コーガンの技術の冴えはただ事ではない。

出張から帰宅すると、Mikrokosmos Mail Order Co.から荷物が届いていた。

デルマンのアルバムは、ショスタコーヴィチの「ブロークのロマンス」をはじめとする全曲がCD化されているが、全て別のアルバムに分散して収録されているので、ショスタコーヴィチ作品は既にCDで所有しているものの、オリジナルの形で聴いてみようと発注したもの。選曲の面白さと堅実な演奏内容で、多彩な響きに満ちた優れたアルバムである。

ブラームスのピアノ四重奏曲第1番は、シェーンベルクの管弦楽編曲も含めると聴く機会が多い作品だが、今回はドゥビンスキイ時代のボロディンQ団員とエドリーナという組み合わせのLPが出ていたので、思わず発注。少々感傷に溺れ過ぎる部分もあるが、シェバリーンのヴィオラとベルリンスキイのチェロの太く深い美音の魅力には抗うことができない。ソ連勢による同曲の録音としてはギレリス&ベートーヴェンQというLPも持っているが、全体の音楽づくりではベートーヴェンQ盤、弦楽器の音色はボロディンQ盤といったところか。

ルビンシテインの木管五重奏曲、バラキレフの八重奏曲という珍しい曲目のアルバムは、残念ながら資料的価値しか感じられなかった。いくらなんでも、作品そのものが凡庸で退屈すぎる。

デュークQのアルバムは、カセットで所有していたもの。CDかLPで探していたところ、ようやく見つかった。ティペットの方がこの団体に合っているような気がする。少々勢い余る感もあるが、懐の深い音楽が心地よい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_AmadeusQuartet 演奏家_Mravinsky,E.A. 作曲家_Shostakovich,D.D.

ショスタコーヴィチの歌曲

  • ショスタコーヴィチ:ショスタコーヴィチとオーイストラフの電話対談、ヴァイオリン協奏曲第2番 オーイストラフ (Vn) コンドラーシン/モスクワPO (Victor VIC-2067 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲、マルティヌー:ピアノ五重奏曲第2番 Quintette Pro Arte de Monte Carlo (Solstice MN01 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲、ピアノ三重奏曲第2番 Music Group of London (ASV ALH929 [LP])
  • ショスタコーヴィチ(ゾンデツキス編):弦楽四重奏曲第8番、バルシス:バレエ音楽断章、ラーツ:弦楽オーケストラのための協奏曲 ゾンデツキス/リトアニア学生弦楽O (Melodiya D 014903-904 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:作品選集第3部第3巻(日本の詩人の詩による6つの歌曲、プーシキンの詩による4つの歌曲、プーシキンの詩による4つのモノローグ(第2&4曲)、ユダヤの民族詩より、E.ドルマトーフスキイの詩による5つの歌曲、スペインの歌、A.ブロークの詩による7つの歌曲、イギリスの詩人の詩による6つの歌曲、M.ツヴェターエヴァの詩による6つの歌曲、劇音楽「リア王」より「コーデリアのバラード」と「10の道化の歌」、自作全集への序文とその序文に関する考察、雑誌「クロコディール」の詩による5つの歌曲、レビャートキン大尉の4つの詩、ミケランジェロの詩による組曲) Various Artists (Melodiya C10-10617-18他 [LP])
Mikrokosmos Mail Order Co.から、いつもより重たい荷物が到着。珍しくオーダーした分がすべて入荷したため。嬉しいけれども、財布には厳しい。

ショスタコーヴィチとオーイストラフとの電話録音は、いくつかの映像作品の中で聴くことができる。しかし、全てを収録している上に、対訳までついているという点で、この国内盤LPの価値は計り知れないものがある。熱っぽくも精緻に問題点を洗い出していく二人の会話を聞いていると、まるで自分も天才達の創造の現場に居合わせているような興奮を味わうことができる。本編(?)のヴァイオリン協奏曲第2番の演奏は、いまさら言うことのない名演。

モンテ・カルロ・プロ・アルテ五重奏団によるショスタコーヴィチの五重奏曲は、後にヴァイオリンの2人が交代した再録音もあるが、この旧録もテンポは若干速めである以外は印象に大きな差はない。全体におっとりとした“室内楽的な”雰囲気ではあるが、こういう演奏様式がショスタコーヴィチにふさわしいとは思えない。カップリングのマルティヌーも同様だが、こちらは技術的な難易度が高いせいか、ショスタコーヴィチよりは燃焼度も高いようだ。

同じ五重奏曲でも、ロンドン・ミュージック・グループの方は、ごくごく標準的な演奏。解釈自体は平凡と言えなくもないが、手堅いアンサンブルと丁寧な取り組みに好感が持てる。音色をはじめとする雰囲気も悪くない。カップリングのピアノ三重奏曲第2番も同様だが、より快速なテンポ設定が好ましい。期待していなかった割には、なかなかのアルバムだった。

ゾンデツキスの「室内交響曲」は、ゾンデツキス自身による編曲。彼による同曲の録音は全部で4種類ほどあるようだが、よほどこの曲が気に入っているのか。少々荒っぽいが、作品に対する共感に満ちた熱い演奏。ただ、この編曲で付加されているティンパニには違和感を禁じ得ない。バルシスとラーツの作品は初めて聴いたが、部分的には興味を惹かれるものの、全体としてはあまり面白くなかった。

Melodiyaがリリースしていた“音による”ショスタコーヴィチ作品選集は、僕は歌劇を集めた巻(第3部第1&2巻)しか持っていない。重厚だが作りが粗雑で臭い(!)箱は、いかにもソ連製。ほとんどの演奏は何らかの形で所有しているのだが、プーシキンの詩による4つのモノローグ(セリヴァノフ、第2&4曲)、スペインの歌(イサコヴァ)の2つは今回初めて聴いた。セリヴァノフの「モノローグ」は、甘く、それでいて格調の高い歌唱が立派。これといった決定盤が他にない作品だが、この演奏は決定盤と称するに値する。ただ、2曲のみの抜粋であることが非常に残念。一方、イサコヴァの「スペインの歌」には、何の根拠もなく期待したのだが、張りのある典型的なロシアン・ソプラノで響きは素晴らしいものの、大げさな音楽作りには若干違和感が残った。

ショスタコーヴィチの歌曲をまとめて聴いたのは久しぶりだったが、やはり後期の作品群が持つ響きの多彩さと内容深い音楽の力には打ちのめされる。大好きなツヴェターエヴァは別格として、月並みだがネステレーンコによる一連の後期作品の素晴らしさといったら!

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2004/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。