FC2ブログ

SP盤まとめ聴き

  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 グラズノフQ (USSR LRK 2191 [10" 78rpm])
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第1番 ヨークQ (Royale 580/1 [12" 78rpm])
  • ショスタコーヴィチ:3つの幻想的な舞曲、J. S. バッハ:半音階的幻想曲とフーガ ニ短調 ロスチナ、ニコラーエヴァ (Pf) (Supraphon H 24258 [10" 78rpm])
  • カバレーフスキイ:ソナチネ、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より第14番 コーエン (Pf) (Columbia DX 1066 [10" 78rpm])
  • アレクサンドロフ:ソヴィエト社会主義共和国連邦国歌、ショスタコーヴィチ:映画音楽「呼応計画」より「呼応計画の歌」 ロブソン (B) リヒター/キーノートO他 (Keynote K 1200 [10" 78rpm])
この度、知人のご厚意で手元にたまったSP盤をCD-Rにおとしてもらうことができた。SP盤でしか存在が確認できない音源などを聴けないかもしれないことを承知で購入していたものばかりなので、快く作業をお引き受けくださった某氏には、この場をお借りして深謝の意を表します。

全く期待もしていなかった音質については、普通の復刻盤CDと比べても遜色のないもので正直びっくり。ざっと見てもそれほど盤面状態が良いわけでもないのに、針音などのノイズはともかく楽器の音がしっかりと再生されているのには驚いた。SP盤の魅力を語っている人達の言葉が決して誇張ではないのだと認識を新たにした次第。

さて、念願叶って聴くことのできた音楽の内容について。グラズノフQのショスタコーヴィチの第1番は、ヒュームのカタログにも載っていない初演団体による録音。録音年などはわからないが、聴き辛いような音ではない。おっとりとした音楽は少々古めかしいが、まろやかな音色の美しさに気がつくと引き込まれている。技術的にはベートーヴェンQにも劣るだろうが、この響きの魅力はなかなかのもの。全体にテンポは遅いが、これは初演団体とはいえショスタコーヴィチの意図を完全に反映しているとはいえないような気がする。

同じ曲を今度はヨークQで。ヒュームによると1950年代前半の録音のようだが、盤の状態のせいかノイズが多く、音も全体に痩せ気味。引き締まった、新古典主義的な演奏。技術的な不満は感じないが(第4楽章は結構危なっかしいが)、もう少し音楽に潤いがあっても良いと思う。第3楽章の主部を繰り返しているのは、そういう楽譜があったのか、演奏者が独自に補ったのか、録音エンジニアが勘違いしたのか、よくわからない。

ロスチナの「3つの幻想的な舞曲」は、乾いた音の響きやセンスの良い表情付けなど、非常に雰囲気の優れた秀演(作品1と表記されている)。もちろんカップリング(というより、こちらがメインなのだろうが)のニコラーエヴァのバッハも素晴らしい演奏。

ピアノのことはよく知らないのだが、ハリエット・コーエンという女流ピアニストは、非常に著名なよう。カバレーフスキイでの清潔で活力に満ちた、気品のある音楽を聴くと、そうした評価も確かに納得できる。ショスタコーヴィチでも、作品の持つ暗い情念を端正な佇まいで描き出している。なかなか素敵な演奏。

7月25日付の本欄でも紹介したロブソンのアルバムは、PerlレーベルからCD化されていた模様。ソ連国歌も呼応計画の歌も英語歌詞による歌唱で、オーケストラ伴奏は独自のもの。合唱はあまり明瞭にとらえられていない。若々しく深い声はロブソンならでは。
スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター