スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HMVの通販でまとめ買い

  • ムーソルグスキイ(ショスタコーヴィチ編):死の歌と踊り、ラフマニノフ:交響的舞曲 フヴォロストーフスキイ (Br) テミルカーノフ/サンクト・ペテルブルグPO (Warner 2564 62050-2)
  • ムーソルグスキイ(ショスタコーヴィチ編):歌劇「ボリース・ゴドゥノーフ」(抜粋) ケーゲル/ドレスデン・シュターツカペレ他 (Berlin Classics 0032622BC)
  • ムーソルグスキイ:子供部屋、プロコーフィエフ:A. アフマートヴァの詩による5つの歌曲、ショスタコーヴィチ:S. チョールヌイの詩による5つの風刺、ブリテン:詩人のこだま ロジャース (S) ヴィグノレス (Pf) (Hyperion CDA67355)
  • ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ 作品11-4、ブラームス:ホルン三重奏曲、ショスタコーヴィチ:ピアノ五重奏曲 バルサム (Pf) バローズ (Hr) ブタペストQ (Bridge 9175)
  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、ヴィオラ・ソナタ プラウゼ (Vc) カスマン (Pf) (Calliope CAL 9326)
  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ、レーガー:無伴奏ヴィオラのための組曲第1番、ヒンデミット:ヴィオラ・ソナタ 作品25-1 チャフダロフ (Va) ザハリエヴァ (Pf) (BIS CD-81)
  • ショスタコーヴィチ:歌劇「鼻」 ジョルダン/ローザンヌCO他 (Cascavelle RSR 6183)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 コフマン/ボン・ベートーヴェンO (MDG 337 1201-2)
2月23日付の本欄で、「ムーソルグスキイを何か聴きたくなって買い物に出かけたが、収穫がなかった」と書いた。その勢いでネットを検索していたのだが、さらに勢い余ってHMVの通販で注文してしまった。やはり店頭での出会いが楽しいのと、収拾がつかなくなるのが怖いので原則として通販には手を出さないのだが、今回も案の定、買い過ぎました…(^^;

まず、フヴォロストーフスキイの「死の歌と踊り」の新盤。これはライヴ録音なのだが、極めて完成度の高い名演だった。美しくも表情豊かなフヴォロストーフスキイの歌と、小技を利かせながらも流麗かつスケール大きな音楽を奏でるテミルカーノフの指揮とが、洗練されたムーソルグスキイの音楽世界を織り成している。フヴォロストーフスキイにはゲールギエフと演奏した旧盤もあり、そちらも素晴らしい演奏だったが、この新盤はそれを超える。交響的舞曲も同じ傾向の演奏で、これもまた素晴らしい。それにしても魅力的なプログラミングだ。こういうプログラムで日本公演もしてくれたらいいのに。

ケーゲル指揮の「ボリース」は、抜粋かつドイツ語歌唱とはいえ、貴重なショスタコーヴィチ版による録音。「ボリース」と「ホヴァーンシチナ」のショスタコーヴィチ版は、手を出すと他の版も含めた全盤蒐集に乗り出してしまいそうなので意図的に購入を控えていたのだが、ショスタコーヴィチ版に限れば録音点数も少ないと自分に強く言い聞かせてついに手を出してしまった。演奏そのものは、さすがケーゲルと唸らされる凄い出来。抜粋した曲(場面)の選択が一般的なのかどうかは僕にはわからないが、交響曲のような、と形容しても許されるほどの構成感と統一感で一気に聴かされてしまう。声楽の扱いのうまさはケーゲルならではだが、オーケストレイションの効果を実際の音として引き出す手腕にも感服。今まで聴かずに敬遠していたのが悔やまれる。

リリースされていたことに気づいていなかったのが、ロジャースのロシア歌曲集。彼女の歌は二種類の「ブローク歌曲集」で聴いたことがあり、その甘く美しい歌声が気に入っている。彼女の声質とショスタコーヴィチの「風刺」とはミスマッチのようにも思えたが、実際に聴いてみるとこういう可憐な歌唱もなかなかどうして悪くない。他の収録曲も同様の仕上がりだが、ブリテンの作品が一番彼女に合っているように思えた。

ブタペストQのライヴ・アルバムは、2nd Vnがゴロデツキー時代のメンバーによるもの。内声の2人をソリストとする2曲と全員が揃ってのショスタコーヴィチという、なかなか面白い演奏会である。僕はブタペストQの熱心な聴き手ではなく、主にベートーヴェンやブラームスなどの晩年の録音を中心にいくつか聴いただけだったので、音楽的にはともかく、技術的な水準は世評ほど高いとは思えないでいた。しかし、この壮年期の録音を聴いてその認識を改めた次第。なるほど、彼らが圧倒的な人気を獲得していた理由がわかる。ヒンデミットで聴かせるクロイトの名技や、四重奏団のスタイルそのままにロマンティックな歌を奏でるゴロデツキーのブラームス、そして集中度の高いショスタコーヴィチ。いずれも非常に高い水準の演奏である。ショスタコーヴィチでは少々ロマンティックに過ぎる部分もあって好みは分かれるだろうが、緊密なアンサンブルと造形の確かさは立派なもの。ピアノにはあまり主張が感じられないが、悪くはない。

プラウゼとカスマンによるソナタ集は、伸びやかに歌いつつも淡々と進められるヴィオラ・ソナタの雰囲気がなかなか良い。堅実で滑らかな演奏技術にも不満はない。チェロ版の中では優れた演奏と言えるだろう。一方のチェロ・ソナタは軟派な歌い口が、僕の好みではない。

チャフダロフ盤は、15年近くも買いそびれたままでいたもの。最近はあまり店頭で見かけなくなってきたので、この機会に購入してしまった。軋むような男性的なヴィオラの音色がなかなか素敵。小細工せずに淡々と音楽を紡ぐ演奏は悪くないが、ショスタコーヴィチでは少々物足りない。テンポの速さ以上に音楽が駆け足で過ぎ去っていくような印象を受ける。逆にレーガーやヒンデミットでは集中力の高さを感じさせて、一種鬼気迫るような仕上がりとなっている。

「鼻」の新譜は、今回の買い物の目玉でもあった。一部の語りはフランス語だが、ショスタコーヴィチが書いた部分は全てロシア語で歌われている。全体に落ち着いた響きになっているところで好みは分かれるかもしれないが、オーケストラの洗練度は、ロジデーストヴェンスキイの名盤をも凌ぐ。ライヴ録音ならではの熱気も楽しい。

コフマンによるショスタコーヴィチ・シリーズの第1作であった第10番は、なぜか店頭で見かけることがなく、この1枚だけが未架蔵であった。期待に違わぬ素晴らしい内容。淀みの無い音楽の流れと、素直な高揚感が傑出している。皮相な凶暴性に陥らない第2楽章の解釈のおかげで、全楽章の有機的な統一が実現されている。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Mussorgsky,M.P. 演奏家_Kegel,H.

未聴LP(3月分)

  • ショスタコーヴィチ(マガニーニ編):歌劇「ムツェンスク郡のマクベス夫人」より ヤンセン/ヤンセンSO (Capitol 6F-86010 [45rpm])
  • ボザ:ソナチネ、チータム:スケルツォ、ハーン:Krig och fred i svensk folklore、バーンスタイン:ビマのためのファンファーレ、ダニエルソン:カプリッチョ・ダ・カメラ、ショスタコーヴィチ:風刺的舞曲、ランドクィスト:Kopparstick、ロンビ(ヤコブセン編):ブリッタ・ポルカ ストックホルム・フィルハーモニー・ブラスアンサンブル (Swedish Society Discofil SLT 33254 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ第2番、ヒンデミット:ピアノ・ソナタ第3番 ユージナ (Pf) (MK D-07063-4 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ヴィオラ・ソナタ ドルジーニン (Va) ムンチャン (Pf) (Melodiya 33 C 10-06637-8 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.からの3月到着分は、やや地味な音盤が揃った。この業者を使ってする買い物の大半と同様に、コレクションの穴埋め的な側面が強い選択である。

ヤンセン指揮の「マクベス夫人」抜粋は、同曲の初録音である。ヒュームのカタログにはSP盤しか記載されていないが、今回入手したのは45回転のドーナツ盤である。「酒蔵に死体を隠す」「幽霊が消える」「結婚式の酔っ払い」という3つの場面の短い音楽が取り上げられているが、ショスタコーヴィチ作品の編曲を少なからず行っているマガニーニが、どのような意図でこれらの音楽を選び出したのかはよくわからない。きちんと確認したわけではないが、オーケストレイションも原曲とは異なっているように聴こえるので、もしかしたらヴォーカル・スコアからマガニーニが新たにオーケストレイションを行っているのかもしれない。演奏そのものは、ごくごく平凡なもの。

金管アンサンブルのアルバムは、くすんだ落ち着きのある音色が心地好いものの、技術的には冴えない。あまり馴染みのないジャンルなので曲そのものは楽しんで聴いたが、それほどの満足感は得られなかった。

業者のカタログを一通りチェックすると、今回は以上の2盤しか購入対象が見当たらなかった。さすがにそれも寂しいので、CDは持っているがLPは未架蔵の音盤を2枚追加。ユージナのLPでは、ショスタコーヴィチもさることながら、今回久しぶりに聴いてヒンデミットの素晴らしさに感心した。完全にユージナ独自の世界なのだが、作品の本質を暴き出していると聴き手に納得させるだけの説得力に満ちているところが凄い。

ドルジーニンのヴィオラ・ソナタについては、改めて何かを言う必要はないだろう。LPで聴くと、雰囲気が増してたまらない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ようやく3月の買い物録

  • ショスタコーヴィチ(M. ウトキン編):弦楽四重奏のための2つの小品より「エレジー」、24の前奏曲より(第1、16、3、8、11、17、18、19、21、22番)、24の前奏曲とフーガより(第20、21番)、バレエ組曲(「黄金時代」「ボルト」「明るい小川」からの抜粋) M. ウトキン (Vc) A. ウトキン (Ob) チェプリナ (Fl) エルミタージュCO (Caro Mitis CM 0082004)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 フェドセーエフ/モスクワ放送SO (Relief CR991079)
  • ショスタコーヴィチ:ミケランジェロの詩による組曲、イギリスの詩人の詩による6つの歌曲、交響詩「十月革命」 アブドラザコフ (B) ノセダ/BBCフィル (Chandos CHAN 10358)
3月も妙に忙殺された。気晴らしにTower Records難波店へ立ち寄ることができたのも一回だけ。目ぼしい収穫がなかった上に、この3枚を聴くことができたのも4月に入ってから。(^^;

面白そうな編曲集があったので、少々値は張ったが迷わず購入。独奏楽器の選択からも想像できるが、サロン音楽風の楽しい雰囲気の編曲はなかなか面白い。ただ、演奏自体はあっさりしていて物足りない。演奏も達者ではあるが、あっさりとした平凡なもの。「黄金時代」「ボルト」「明るい小川」の3作からの抜粋を再配列した「バレエ組曲」が、収録曲の中では一番楽しい。

フェドセーエフの交響曲シリーズは、前作第1&3番に続いて第7番がリリースされた。1996年録音の旧盤と同様に、沸き立つような音楽の流れが前面に押し出された独特の解釈である。残念ながら、僕はこの解釈に共感することはできなかった。歴史的・政治的な背景を度外視した純音楽的な解釈と言えなくもないが、それにしても、行間に込められた情感が吹き飛んでしまっているのは問題。オーケストラが意外と冴えないことも影響しているのかもしれない。先に出た第3番が素晴らしかっただけに残念だが、このでき不出来の振幅の大きさも、フェドセーエフらしいと言えるかも。

渋い選曲で、一部マニアの間ではそのリリースが話題となったノセダ/BBCフィルのアルバム。さしたる期待をすることなく聴いてみたところ、これが素晴らしい内容で嬉しい誤算だった。ミケランジェロ組曲の冒頭から、美しく落ち着いたアブドラザコフの声と瑞々しい抒情を湛えたオーケストラの響きに耳を奪われる。神々しい気高さというよりは、人間的な情感を格調高く歌い上げた演奏といえるだろう。欲を言うならば、たとえば第5曲「怒り」などには一層の狂的な暴力性を求めたいところ。イギリスの詩人の歌曲は、さらに優れた演奏に仕上がっている。温もりのある歌と、決して威圧的にならないオーケストラが紡ぐ響きが秀逸である。鋭さが後退している代わりに、親しい仲間に献呈したこの作品のある側面が見事に描出されている。十月革命も同様。余裕を持った温かみのあるオーケストラの音が魅力的で、スケールの大きな落ち着いた音楽ながら高揚感にも不足しない秀演。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

今頃になって2月末の買い物録

  • 古い行進曲・ワルツ集(イズマイロフスキー近衛連隊行進曲、1815年のパリ行進曲、てき弾兵行進曲、郷愁、空中戦隊行進曲、歴史的行進曲、静かなる湖上で、ちぎれし弦、白昼夢、メランコリー、悲しき夜、運命) ナザロフ、セルゲーエフ/ソヴィエト国防省吹奏楽団 (Melodiya CM 03211-12 [LP])
  • ムーソルグスキイ(ショスタコーヴィチ編):歌劇「ボリース・ゴドゥノーフ」 ライチェフ/パリ・オペラ座O他 (Dreamlife TE-S160 [LD])
  • モーツァルト・エディション第11集(リタニア、ヴェスペレ、オラトリオ、カンタータ他) (Philips 464 870-2)
この年度末は、珍しく出張が続いた。会議で東京に行ったついでに、空き時間で神保町を散策。お決まりのコースに従い、古賀書店をチェック(『証言』のドイツ語版を購入)した後、新世界レコード社を覗いた。雑然とロシア系の物産品が並べられている様子は、これはこれで楽しい。子供のお土産にチェブラーシカの塗り絵と、何となく目に留まったLPを一枚購入。ソヴィエト国防省吹奏楽団による、あまり聴く機会のない作品集だが、どこか安っぽい感傷が漂うワルツと、独特の重量感と無機質感のある行進曲のどちらも、その筋の方にはたまらない雰囲気に満ちている。

あまり時間がなかったので、神田古書センタービルの裏手にある、ササキレコード社を数年ぶりに物色して今回の散策は終わりにした。わりと適当に小品を眺めていただけだが、「ボリース・ゴドゥノーフ」のショスタコーヴィチ版唯一のLDを発見。かつて店頭では16,800円という高額で売られていたために貧乏学生には手が出ず、そのまま入手難になってしまっていたもの。今回は約半額の8千円で購入。オペラにはあまり親しんでいないために演出の良し悪し等についてはよくわからないが、ここに収録された1980年パリ・オペラ座での公演は、ボリショイ風の壮麗さとはまた別の、近代的な煌きを感じさせる舞台がなかなか面白い。演奏も優れたもので、ムーソルグスキイの音楽世界が見事に描出されている。それだけに、ショスタコーヴィチ独特のオーケストレイションが効果的で、この版の特徴と魅力を知るに十二分な内容を持っている。DVD化が期待される。

モーツァルトの宗教曲を集めたBOXも、ようやく完聴した。興味津々だったのはフリーメイソン関係の一枚(CD 11)だが、案外普通の美しい曲ばかりで拍子抜け。他の作品も、もちろん素敵な音楽で、十分に美しく達者な演奏なのだが、先のケーゲル担当分のように新たな発見をすることはなかった。ちょっと残念。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mussorgsky,M.P. 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。