スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカの主題による変奏曲

avm-avz3020.jpg
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ作品集第2巻(3つの小品、格言集、24の前奏曲、子供のノート、ムルズィルカ、グリーンカの主題による変奏曲、バレエ「黄金時代」より) M. ジョーンズ (Pf) (AVM AVZ-3020)
  • Retrospectives(回顧)(グランサム:J. S. ダンス、ヒンデミット:室内音楽第5番、ゴドフリー:大騒ぎ、ショスタコーヴィチ(Bibergan編):映画音楽「司祭とその下男バルダの物語」、ヒンデミット:交響曲変ロ調 コーポロン/北テキサス・ウィンド・シンフォニー (Klavier K 11145)
  • ショスタコーヴィチ(Bibergan編):映画音楽「司祭とその下男バルダの物語」、交響組曲 「ムツェンスク郡のマクベス夫人」 T. ザンデルリンク/ロシアPO他 (DG 00289 477 6112)
  • ショスタコーヴィチ(ティーシチェンコ編):レビャートキン大尉の4つの詩、チョールヌイの詩による5つの風刺、雑誌「クロコディール」の詩による5つの歌曲、ショスタコーヴィチ(デジャトニコフ編):自作全集への序文とその序文に関する考察、映画音楽からの8つのワルツ(「マクシームの帰還」「黄金の山脈」「ミチューリン」「ピロゴーフ」「馬あぶ」「第1軍用列車」「偉大な川の歌」「人間喜劇」) レイフェルクス (Br) T. ザンデルリンク/ロシアPO (DG 00289 477 6111)
5月23日付の本欄で、録音が存在するショスタコーヴィチ作品の中で、まだ聴いたことがないものが3つあると記した。まだそれから大して時間が経っていないのに、いつも貴重な情報を提供してくださる知人が、「グリーンカの主題による変奏曲」が収録されたアルバムが米AmazonのMarketplaceに出品されていると教えてくれた。送料込みで36ドル弱の価格は正直言って安くはないが、躊躇する理由などあるはずもなく、即発注。M. ジョーンズは、「24の前奏曲とフーガ」以外のピアノ独奏作品を全て録音しているが(編曲は除く)、本アルバムは実演ではまず演奏されることがないだろう作品も収録された、まさにマニアのためのアルバム。

「グリーンカの主題による変奏曲」は、歌劇『イヴァーン・スサーニン』第3幕の「ヴァーニャの歌」を主題として、複数の作曲家が分担して子供のために変奏曲を作曲したものである。ショスタコーヴィチは第8、9、11変奏を担当した。本アルバムには、主題とショスタコーヴィチが担当した3つの変奏が収録されている。もちろん世界初録音。程よく感傷的な主題とそれに続く古典的な変奏は、とても美しい。第11変奏は全曲のフィナーレに相応しい立派な佇まいを持っている。ショスタコーヴィチらしさはそれほど感じられないものの、子供向けという目的を十分に満足する職人ショスタコーヴィチの作品といえるだろう。演奏も丁寧で模範的なもの。

音楽院時代の習作「3つの小品」は第3曲が未完だが、本アルバムにはその第3曲を補完したものと、未完のままのものと2つのヴァージョンが収録されている。「世界初録音」と表記されているのは、もちろん補完版である(オリジナルにはポストニコヴァ盤がある)。作品自体が音楽的にも技術的にも平易なものだけに、演奏内容に問題や不満は一切ない。ただ、第3曲の補完部分は少々冗長に感じられる。「格言集」は丁寧な演奏ではあるが、妙にあっけらかんとした明るさに違和感がある。「24の前奏曲」も同様の音楽作りなのだが、この曲ではその明るさが音楽に覇気と推進力を与えている。ただし陰影があまりないので、作品が持つ独特の雰囲気はそれほど濃厚ではない。「子供のノート」は、可も無く不可も無く…といったところ。丁寧に演奏されていることには好感が持てる。「ムルズィルカ」も貴重な録音で、勢いのある演奏が楽しい。「黄金時代」からの抜粋は、組曲の第3曲と第4曲。有名な「ポルカ」はショスタコーヴィチの編曲と記されているが、ショスタコーヴィチ自身の演奏とは若干異なっているようにも聴こえる。楽譜を確認していないのではっきりしたことはいえないが。第4曲のピアノ用編曲は初めて聴いたが、派手な編曲でなかなか面白い。一気呵成な弾きっぷりが作品の雰囲気をうまく引き出している。

次に、6月26日付の本欄で述べたHMVの通販で購入した音盤の続きを。

サイトでは“世界の吹奏楽シーンをリードする”と紹介されていたクラヴィア・ウィンド・プロジェクトの一枚である「Retrospectives」というアルバムは、20世紀初期の名作曲家を集めた内容。「司祭とその下男バルダの物語」は、Biberganが編集した版の中から数曲を抜粋し、吹奏楽用に編曲したもの。もともとフルオーケストラ用の作品ではないこともあって、編曲にはとりたてて違和感はない。才気走った強烈な色彩感はないものの、整然とまとめられた演奏なので、作品を楽しむには十分な内容といえるだろう。指揮のコーポロンはヒンデミット作品が好き(?)なようだが、確かに「交響曲変ロ調」は磨き抜かれた充実の演奏に仕上がっている。「室内音楽第5番」も悪くないのだが、ヴィオラ独奏の水準が大分と低いのが残念。グランサムとゴドフリーという2人の作曲家は初めて聴いた名前だが、どちらの作品も僕には少々退屈に聴こえた。

T. ザンデルリンク/ロシアPOによる2枚のアルバムは、リリースの情報が流れた時からその意欲的な選曲に注目していたのだが、ついつい後回しになってしまい、ようやく入手した次第。まずは、上述したアルバムと同じBibergan版「司祭とその下男バルダの物語」が収録された方から聴いてみる。こちらは当然オリジナルの編成である上に全曲が演奏されているので、資料的価値は抜群。ヘーントヴァのオペラ版とはオーケストレイションが異なっているように聴こえる曲も多いが、詳しい由来は楽譜がないのでよくわからない。ロシア風のけばけばしい響きながらも、整然と洗練された流麗な音楽は極めて模範的なもの。これはT. ザンデルリンクの手腕によるものと思われるが、同時にロシアの野趣溢れる個性が薄まりつつある時代の流れも感じさせて、一抹の寂しさを覚える。カップリングの「マクベス夫人」組曲はショスタコーヴィチ自身によるものということだが、どの時点でこの形にまとめられたのか、ショスタコーヴィチの生前に演奏されたことがあるのか、といったことは解説を読んでもよくわからなかった。もっとも、3つの間奏曲をまとめただけなので、「世界初録音」には違いないものの、音楽自体は耳慣れたものである。演奏は、「バルダ」同様に優れたもの。煌びやかで輝かしい響きが印象的である。

もう一枚は、ティーシチェンコがオーケストレイションした歌曲をメインに据えたアルバム。4曲の歌曲のいずれもが風刺的な作品であり、選曲にも一貫性がある好企画である。「レビャートキン大尉」は、原曲の雰囲気とは随分と異なる印象で、聴いていて少々とまどってしまう。簡潔ながらも色彩感豊かで鋭いピアノ伴奏に対して、かなり豪奢なオーケストレイションが施されているために、原曲の醜悪なまでの風刺性が薄まっている。これは、独唱者のレイフェルクスがバスではなくバリトンであることも影響しているのかもしれない。「風刺」は、既にボガチェーヴァがこの編曲で録音をしているが、この編曲は音楽的な違和感があまりない。しかし、この曲でもレイフェルクスの声質がミスマッチ。耳障りなくらいに鋭い女声が、この曲には相応しい。オーケストラは華麗な響きで、編曲の意図を十分に再現している。「クロコディール」のオーケストラ伴奏版も、モチャローフ盤(ただし第1曲と第3曲のみ)があるが、解説を読むと今回の録音のためにイリーナ未亡人がティーシチェンコに編曲を依頼したとあるので、その編曲とは別物だと思われる(聴き比べてはいないので、はっきりとしたことは言えないが)。このアルバムに収録された3曲のティーシチェンコによる編曲の中では、最も原曲の雰囲気に近い仕上がり。レイフェルクスの歌唱も、鋭さよりは甘さを感じさせるとはいえ、素晴らしく洗練されたもの。オーケストラとのバランスも良い。「序文」だけは、デジャトニコフによる編曲。合唱まで付加した意欲的なものだが、この作品が持つ独特の美しさが強調されていて面白い。レイフェルクスの格調高く美しい声質も相応しい。これらの歌曲に対し、最後はメロディメーカーとしてのショスタコーヴィチの魅力を凝縮したワルツ集が配置されているのが、このアルバムの素敵なところだろう。伸びやかに旋律を歌い上げ、ためらうことなく壮麗で感傷的な響きに溺れているような、素直で自然な演奏が好ましい。

HMVでの買い物は、あと1点あるのだが、これは10枚組のBOXセットなので、まだ聴き終えていない。ということで、また後日。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ムラヴィーンスキイ、コンドラーシン…そしてピアソラ

mtcw-10156.jpg
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第8番 ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO (Philips PROA-31)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第13番 シャーリー=カーク (B) コンドラーシン/バイエルン放送SO & Cho (Philips PROA-30)
  • 東京のアストル・ピアソラ(ライヴ1984) (P.J.L MTCW-1015/16)
久しぶりにTower Records梅田店へ。音盤屋に足を運んだのは、一体いつ以来だろう?お目当ては、もちろん『TOWER RECORDS VINTAGE COLLECTION』Vol. 2としてリリースされた2点。ムラヴィーンスキイの第8番、コンドラーシンの第13番、ともに今さらコメントする必要のない超名盤である。ムラヴィーンスキイ盤はPhilips盤、Icone盤、Russian Disc盤のいずれも所有しているが、バックアップとして迷わず購入。コンドラーシン盤はLPでしか所有していなかったので、こちらはどうしても確保しておきたかった。第8番は、Philips盤そのままの復刻なのでピッチの問題は修正されていないが、聴き始めの違和感さえ乗り切れば、少なくとも僕にとっては大きな問題ではない。確かに演奏時間も若干短くなっている(=テンポが速い)のだが、Russian Disc盤と比較しても、演奏の印象が変わってしまうほどの影響はない。両盤とも長らく入手困難だったために各種のオークション等で破格の高値がつけられていたが、今回の再発で広く聴かれるようになるだろうことが何より嬉しい。第8番は、僕にとってはショスタコーヴィチ蒐集の初期に入手して聴き込んだ、いわゆる“刷り込み”演奏なので思い入れが強く、どうしても他の演奏とは一線を画して聴こえてしまう(もちろん、音楽のわずかな弛みや細かな瑕が皆無ではないのだが)だけに、ここでは敢えてコメントを控えさせてもらいます(^^;。第13番の刷り込みは同じコンドラーシン指揮のエイゼン独唱盤なので、今回再発されたライヴ盤はオーケストラの響きの洗練され具合などが好みとちょっと違うのだが、音楽の充実度はやはり傑出している。第5楽章の美しさが印象的。

店に足を運んだついでに、発売されたばかりのアルバムを一点。ピアソラの東京ライヴは1982年のものが2年ほど前にリリースされたが、今回はピアソラ2回目の来日である1984年のライヴ録音。マスターの発掘など随分と苦労があったようだが、貴重な音源が陽の目を浴びたことを喜びたい。演奏内容は、全体にテンポもゆったりとしていて落ち着いたもの。大人の雰囲気はあるものの、熱気という点ではやや物足りないかな。1984年は有名な録音が数多くあるだけに、それらと比較すると印象は薄い。ただ、藤沢嵐子の堂々たる歌唱は1982年盤よりもスケールが大きいし、ラビエの歌は初めて聴いたのだが、独特の雰囲気を持った美声で気持ちがよかった。本アルバム最大のポイントは、後期キンテートのレパートリーにはなかった「ロ・ケ・ベンドラ(来るべきもの)」が収録されていることだろう。高場将美氏による当時のピアソラへのインタビューがライナーに所収されているのだが、その中でこの演奏について「(練習時には終結部付近のテンポを抑えるように自身が指示していたにもかかわらず、本番ではピアソラ自らが走ってしまったという高場氏の指摘を受けて)不思議だね。これがナマのステージの魔力だ。レコードではこうはいかないぜ」と答えているピアソラの開き直りっぷりに笑ってしまいました。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Kondrashin,K.P. 演奏家_Mravinsky,E.A. Tango_Piazzolla,A.

HMV(通販)でお買い物(5月分)

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第6&9番 バーンスタイン/ウィーンPO (DG 00440 073 4170 [DVD])
  • レオニード・コーガンは演奏する(ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番) L. コーガン (Vn)、コンドラーシン/モスクワPO (IVC IVCF-5153 [DVD])
  • ショスタコーヴィチ:協奏曲全集 オルティス (Pf)、オーイストラフ (Vn)、イヴァシキン (Vc) ベリルンド/ボーンマスSO、ムラヴィーンスキイ/レニングラードPO、ロジデーストヴェンスキイ/モスクワPO、ポリャーンスキイ/ロシア・ステートSO (Brilliant 7620)
買い過ぎてしまうからダメだと思いつつも、すっかり通販の手軽さに惹かれてしまった。ということで、HMVで7点購入。といっても、5月の頭に注文して、6月の初めには届いていたもの。相変わらず未聴の山を築く傾向は変わらない。

まずは、DVDを2つ。バーンスタイン/ウィーンPOによる交響曲の映像は、以前に知人のご厚意でCLASSICA JAPANの録画を見せていただいたことがあったので、全く初めての映像ではない。ただ、その放送では流れなかったバーンスタイン自身による曲目解説が収録されているところが貴重。英語で話しているが、英語と日本語の字幕は用意されていないので、聴き取るのに集中しなければならないのが辛い(^^; マーラーの影響を強調しているところがバーンスタインらしいが、基本的にはごくオーソドックスな解説である。演奏は、同じカップリングで発売されているCDと同内容(全く同じ音源の可能性も高いが、面倒なのでチェックしていない)で、僕の好きなタイプなものではない。いかにもバーンスタインの晩年様式という演奏で、粘っこく重いテンポ設定が気に入らない。ただし奇を衒った結果ではないので、音楽的な説得力は十分に感じられる。また、録音ではウィーンPOの技術的な危なっかしさが耳についたが、映像と一緒に聴くと案外気にならない。

「レオニード・コーガンは演奏する」は、既にVHSで所有していたものだが、DVD2枚以上で20%オフになることもあって、ついでに発注。画質・音質やカメラのアングルなど、映像作品としては正直不満が残るものの、演奏自体は極めて素晴らしい。…のだが、カデンツァがはじめのごく僅かな部分をのぞいてカットされていることが致命的。HMVのレビューには「なんといっても、この種の映像に付きものの抜粋ではなく、全曲がまるまる収録されているのが最大の魅力」とあるが、カデンツァの省略だけではなく、第1楽章と第3楽章も抜粋しか収録されていないので、ご注意を。もっとも、映像の収録時間が30分に満たないのに気づけば、少なくとも「全曲がまるまる収録」されていないことにはすぐ気づくのですがね。

Brilliant Classicsの協奏曲集は、全て初出音源ではないものの、内3曲(半分)が未入手の音源だったので確保。これをオーダーした直後に同レーベルからリリースされたショスタコーヴィチ音源をまとめた27枚組セットが発売されたのにはまいったが(特典のバルシャイのインタビューDVDだけが欲しい…)。

ピアノ協奏曲と3つの幻想的な舞曲は、EMI音源で入手容易。悪くはないが、印象が薄い。ヴァイオリン協奏曲第1番は、改めて言うまでもない超弩級の名演奏。第2番も同じD. オーイストラフの独奏だが、伴奏がロジデーストヴェンスキイによるライヴ録音。CDジャケットには1968年9月27日と記されているが、ヒュームのカタログに記載されている1968年4月27日の録音と(おそらくは)同一の音源だろう。ライヴならではの熱気はもちろんあるが、それ以上に風格を感じさせるスケールの大きな落ち着きが素晴らしい。アンサンブルの乱れもあるが、それほど気にはならない。ロジデーストヴェンスキイの輝かしい伴奏も効果的で立派なもの。文句なしの名演である。

チェロ協奏曲で伴奏をしているポリャーンスキイはChandosレーベルにも同曲を録音している(ヘルメルソン独奏)が、ここではイヴァーシキンが独奏を務めている。硬質で煌びやかなオーケストラの響きにポリャーンスキイの特質が発揮されているが、イヴァーシキンの独奏は線が細く、少々頼りない。第1番では、推進力に満ちた音楽を展開してはいるのだが、ところどころで危なっかしい。第2番の方が演奏者にとって相性が良いように思われるが、もう少し重心の低い骨太な響きが欲しい。

残る4点については、また後日。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ゲールギエフ/PMFオーケストラ

pmf-ccd34.jpg
  • ハーモニー・オブ・ピースXIV(マーラー:交響曲第6番、R. シュトラウス:交響詩「ツァラトゥストラはかく語りき」、ショスタコーヴィチ:交響曲第11番 ルイジ、チェン・ウェンピン、ゲールギエフ/PMFオーケストラ (Art Support Series CCD-34)
PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)は1990年から札幌で始まった音楽祭。残念ながら、僕は丁度その1990年に京都で一人暮らしを始めたので、現在に至るまでPMFとは縁がないままである。オーケストラの演奏会は大阪でも行われているが、それも聴きに行ったことがない。

で、そのPMFの賛助会員(PMFフレンズ)に2口以上の会費を納めると、PMF2004/15周年記念CDがもらえるとの情報を知人から頂いた。実はこの情報、2月にいただいていたのだが、何かとバタバタしている内にすっかり時間が経ってしまって手続きをしたのが5月になってしまった。在庫限りの特典ということで、少々心配はしたのだが、無事入手。賛助会員の書類一式は僕が持っていても仕方ないので、札幌の両親にそっくりそのまま渡してしまった。届いてからさらに一ヶ月近く経ってしまったが、ようやくこの3枚組を聴いた。

ファビオ・ルイジのマーラーは、きれいなだけであまり感心はしなかった。抽象的な表現になってしまうが、マーラーの音がしていない。オーケストラにはよく練習している跡が窺えるし、技術的な水準は決して低くないので、確かに難曲の部類に入る交響曲とはいえ、ただ丁寧に弾いただけ…の演奏に留まってしまったのは、指揮者の責任だろう。

一方、「ツァラトゥストラ」は面白かった。チェン・ウェンピンという指揮者のことは不勉強のために知らなかったが、少なくともマーラー以上に後期ロマン派の響きが達成されている。全曲を貫くドラマの振幅はあまり大きくないので、こじんまりとした印象は否めないが。

この二つの演奏と比較すると、さすがにゲールギエフは格が違うと思い知らされた。若々しくも細身で無機質なオーケストラの響きに本質的な変化はないが、流麗ながらもツボをはずさない音楽の劇的な構成は格段にスケールが大きい。悲痛な叫びや軋みといった要素も、響きとしては物足りない部分があるものの、音楽の流麗さと見事に両立しているところが、いかにもゲールギエフらしい。彼のショスタコーヴィチ演奏にはあまり感心したことがないのだが、この演奏は素晴らしい。手兵キーロフOとの録音がなされることを期待したい。

岩城宏之氏が逝去されたとのニュースを知った。岩城氏の演奏は、僕が札幌にいた頃、札響とのコンビで何度も聴いた。高校時代に聴いた「英雄の生涯」は名演だった。京都時代も、京響とOEKとの合同演奏による幻想交響曲を聴いた記憶がある。数々のエッセイも、全て読んだわけではないが、とても面白く印象的なものであった。まだ73歳。合掌。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Gergiev,V.A.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。