スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィクトル・トレチャコフ・エディション

brilliant-93005.jpg
  • ヴィクトル・トレチャコフ・エディション トレチャコフ (Vn)他 (Brilliant 93005)
6月2630日付の本欄で述べたHMVの通販で購入した音盤の残り一点は、この10枚組BOX。トレチャコフは大好きなヴァイオリニストなので、こうしてまとめて聴くことができるのは嬉しい。BOXの内容は、以下の通り:
【CD1】
A. チャイコーフスキイ:ヴァイオリン協奏曲(カッツ/ソヴィエト国立SO Rec. 1990)
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番(フェドセーエフ/モスクワ放送SO Rec. 1984)
【CD2】
ブラームス:ホルン三重奏曲(B. アファナシェフ(Hr)、エローヒン(Pf) Rec. 1977)
シューベルト:二重奏曲イ長調(エローヒン(Pf) Rec. 1970)
グルック:精霊の踊り(エローヒン(Pf) Rec. 1973)
プロコーフィエフ:5つのメロディー(エローヒン(Pf) Rec. 1970)
【CD3】
ペイコ:前奏曲とトッカータ(ペイコ(Pf) Rec. 1967)
ショスタコーヴィチ(ツィガーノフ編):24の前奏曲より(第15、24番)(エローヒン(Pf) Rec. 1967)
ワーグナー:Feuille d’album(エローヒン(Pf) Rec. 1967)
サラサーテ:サパテアード(エローヒン(Pf) Rec. 1974)
ラヴェル:ハバネラ形式の小品(エローヒン(Pf) Rec. 1968)
シェドリーン:フモレスケ(エローヒン(Pf) Rec. 1968)
プリンシペ:El Campinello(エローヒン(Pf) Rec. 1967)
ブラームス:ハンガリー舞曲第7番(エローヒン(Pf) Rec. 1967)
ファリャ:スペイン民謡組曲(エローヒン(Pf) Rec. 1967)
ショパン:ノクターン ホ短調(エローヒン(Pf) Rec. 1965)
ブラームス:ハンガリー舞曲ヘ長調/ト長調/ニ短調(エローヒン(Pf) Rec. 1968)
イザイ:悲劇的な詩(エローヒン(Pf) Rec. 1978)
【CD4】
J. S. バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番(Rec. 1965)
J. S. バッハ:2つのヴァイオリンのための協奏曲(カガン(Vn)、モスクワCO Rec. 1987)
ヴィヴァルディ:2つのヴァイオリンのための協奏曲ト長調(カガン(Vn)、モスクワCO Rec. 1987)
ヴィヴァルディ:ヴァイオリン協奏曲イ短調(モスクワCO Rec. 1988)
タルティーニ(クライスラー編):ヴァイオリン・ソナタ「悪魔のトリル」(エローヒン(Pf) Rec. 1973)
【CD5】
メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲(フェドセーエフ/モスクワ放送SO Rec. 1984)
ブラームス:ヴァイオリン協奏曲ニ長調(テミルカーノフ/レニングラードPO?)
【CD6】
プロコーフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番(フェドセーエフ/モスクワ放送SO Rec. 1983)
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第2番(フェドセーエフ/モスクワ放送SO Rec. 1983)
メシアン:主題と変奏(エローヒン(Pf) Rec. 1974)
【CD7】
サン=サーンス:ハバネラ(キタエンコ/モスクワPO Rec. 1975)
サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ(モスクワCO Rec. 1989)
ベートーヴェン:ロマンス第1番(テミルカーノフ/レニングラードPO?)
ショーソン:詩曲(モスクワCO Rec. 1989)
ゴダール:カンツォネッタ(キタエンコ/モスクワPO Rec. 1975)
クライスラー:ウィーン奇想曲(N. ヤルヴィ/エストニア国立SO Rec. 1978)
クライスラー:愛のよろこび(エローヒン(Pf) Rec. 1978)
クライスラー:愛のかなしみ(エローヒン(Pf) Rec. 1978)
クライスラー:美しいロスマリン(エローヒン(Pf) Rec. 1978)
パガニーニ:ラ・カンパネラ(エローヒン(Pf) Rec. 1978)
パガニーニ:奇想曲第17番(Rec. 1978)
【CD8】
パガニーニ:ヴァイオリン協奏曲第1番(N. ヤルヴィ/エストニア国立SO Rec. 1978)
ハチャトゥリャーン:ヴァイオリン協奏曲(トゥーリン/モスクワPO Rec. 1967)
【CD9】
チャイコーフスキイ:瞑想曲(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
チャイコーフスキイ:スケルツォ(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
チャイコーフスキイ:メロディー(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
チャイコーフスキイ:憂鬱なセレナーデ(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
チャイコーフスキイ:ワルツ=スケルツォ(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
チャイコーフスキイ:ヴァイオリン協奏曲(M. ヤンソンス/ソヴィエト国立SO Rec. 1981)
【CD10】
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ(エローヒン(Pf) Rec. 1970)
プロコーフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番(エローヒン(Pf) Rec. 1972)
スーク:4つの小品(エローヒン(Pf) Rec. 1972)
ライヴ録音がほとんどだが、既出の音源がどの程度含まれているのかはわからない。少なくとも僕にとっては、パガニーニの協奏曲(名演!)以外は全て初めて聴くものばかり。ロシアの演奏家によるヴァイオリン名曲集といった趣で、マニアじゃなくても十分に楽しめる内容だろう。

さすがに各曲についてコメントはしないが、とにかくトレチャコフの巧いこと!正確無比な左手と完璧に同期した右手からは全ての音が輝かしい強さをもって響き渡り、ライヴゆえのもつれは皆無ではないものの、技術的な不安とは完全に無縁である。また、いかにもロシア人といった雰囲気の、どこか野暮ったい骨太で感傷的なスケールの大きい歌も魅力的。派手なスター性はないが、あらゆる意味でヴァイオリン演奏芸術の極致と言って過言ではない。

トレチャコフを堪能するという意味ではピアノ伴奏の独奏曲もいいが、面白いのは協奏曲。手加減というものを知らない、ソ連のオーケストラの節操の無さが何とも素敵である。たとえばCD5。普通に交響曲を演奏しているような感じでやりたい放題のフェドセーエフ(メンデルスゾーン)やテミルカーノフ(ブラームス)に笑ってしまう。それでいて一歩も退かずに協奏曲として成立させてしまうトレチャコフの凄みには、厳かさすら感じてしまう。

ただ、このセット、ピッチの不備が随分とある。たとえばCD2のホルン三重奏曲。完全に半音低く、調性が変わって聴こえるので、どうにも違和感が拭えない。CD4の無伴奏ソナタなんて、オリジナル楽器で弾いているのか?と思ってしまう。また、収録年が長期に渡っていることもあって、録音状態もまちまち。聴き辛いというほどのものはないが、ライヴ録音では、収録年のわりに…というものも少なくない。それでもなお、ヴァイオリン音楽の愛好家ならば必携のセットだと言いたい。この内容がBrilliant Classicsの激安価格で手に入る幸せを、むざむざ放棄する理由などない。

以下、ショスタコーヴィチ作品のみ個別にコメントしておく。協奏曲第1番(CD1)は、独奏・オーケストラ共に猛烈なテンションに貫かれた極めて素晴らしい演奏。充実しきったオーケストラと圧倒的な独奏との拮抗は、理想的なバランスである。トレチャコフとフェドセーエフの双方が持ち前の音楽性を遺憾なく発揮していて、非常に抒情的な仕上がりになっているところが特徴的と言えるだろう。第1楽章の美しさ、第2楽章の完璧で鬼気迫る推進力、第3楽章の切実な歌、第4楽章の狂気に満ちた昂奮、いずれも最高級の内容を持っている。ここまで凄い演奏は、久しぶりに聴いた。ただ第3楽章の半ばくらいからカデンツァ、第4楽章と、さすがに心身ともに消耗したのかミスが目立ってくるのが残念。とはいえ、それがこの演奏の価値を損なうものではない。協奏曲第2番(CD6)も、張り詰めた緊張感と作品の内面に真摯に立ち向かう精神の力強さが際立つ秀演である。それでいて、どこか陽性な推進力に満ちているのはフェドセーエフの伴奏によるものと思われる。細かい瑕はあるものの、トレチャコフの自在で男くさい歌は非常に魅力的。残念なことに、ソナタ(CD10)は収録されているピッチが完全に半音低い。聴いている内に慣れるようなものではなく、調性が狂って聴こえるので不快極まりない。演奏そのものは、真正面から作品と格闘しているかのような誠実なもの。技術的な精度も高く、時々一本調子になってしまうことを除けば模範的な演奏といえるだろう。エローヒンのピアノも立派な存在感を持っている。それだけに、録音の不備が残念でならない。24の前奏曲からの2曲(CD3)では、鮮やかな切れ味(少々荒っぽいが)をこれでもかと見せ付けられる。短い曲だけに仕方ない側面もあるが、勢いに任せすぎでやや単調な仕上がりなのが残念。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Tretyakov,V.V.

黒海

panorama-ver4886862.jpg
  • Grands Chœurs RUSSES アガフォンニコフ、マルツェフ、B. アレクサンドロフ、フョードロフ/アレクサーンドロフ・アンサンブル、黒海艦隊アンサンブル、ロシア海軍cho、ボリショイ劇場児童cho、ロシア国立アンサンブル女声グループ、ロシア・ジプシー・アンサンブル、ノヴォスパスキイ修道院cho (Panorama VER 488686 2)
当サイトの訪問者雑記帳(BBS)に、赤軍合唱団のページを運営されている方から書き込みをいただいた。未聴のショスタコーヴィチである「黒海」の録音が1997年にフランスでCD化されていた、という内容。楽譜は持っているので、とりあえずそれで曲は分かるし、言及されることも稀な(というか、まず皆無)作品なので、それほど熱心に探していたわけではなかったが、思いもよらず貴重な情報を得て早速検索。米Amazonで新品を発見したので、即購入。これで、録音が存在するショスタコーヴィチ作品の中で、まだ聴いたことがないものはついに1曲だけとなった。それは、カンタータ「祖国の詩」作品74(USSR 015264-7 [SP])である。ショスタコーヴィチには珍しく完全な失敗作としてお蔵入りしてしまったこの曲唯一の録音には、指揮者のイヴァーノフ、ソプラノのマクサーコヴァ、テノールのレーメシェフといった錚々たるメンバーが顔を揃えているのだが、ヒュームのカタログには記載されているものの、ファーイの「ショスタコーヴィチ ある生涯」には「近々発売される(七十八回転の)レコード用の録音も終了していた」(改訂新版;P. 197)という微妙な記述があり、実際に発売されたのかどうかも怪しい。ということで、最後の1曲の確保はおそらく相当困難だろうと予想される。Veneziaレーベルなんかが復刻してくれたら嬉しいんだけど…

さて、発注してから10日ほどで無事に到着したアルバムの内容は、次の通り:
  1. ムーソルグスキイ:歌劇「ボリース・ゴドゥノーフ」より「農民蜂起の合唱」
  2. チャイコーフスキイ:歌劇「チェレヴィチキ(小さい靴)」より「民衆の合唱」
  3. カリンカ
  4. チェレポフスキ:女ジプシー
  5. プロコーフィエフ:カンタータ「アレクサーンドル・ネフスキイ」より「アレクサーンドル・ネフスキイの歌」
  6. 十二人の盗賊
  7. B. アレクサーンドロフ:おお道よ道
  8. ショスタコーヴィチ:黒海
  9. ザボロノク:エルサレムに鐘が鳴る
  10. ムラデーリ:伝説のセバストーポリ
  11. ミトロファン:詩篇103番
  12. おお私は神に告白する
  13. クニッペル:ポーリュシカ・ポーレ
  14. ベニチュー:讃歌「もし全ての人間が」
  15. ザボロノク:コリャートカ
  16. リームスキイ=コールサコフ:歌劇「見えざる町キーテジと聖女フェヴローニャの物語」より「ケルジェネツの戦い」
  17. ソロヴィヨフ=セドーイ:モスクワ郊外の夕べ
  18. アヴデーエフ:嵐
演奏団体も多様、選曲の意図もいまひとつはっきりしない、不思議な感じのアルバムだ。

やはり、インパクトが強いのはアレクサーンドロフ・アンサンブルが演奏している曲(1~3、5~7、13、14、16)。スピーカーの音量がLP用に少し大きめになっていたのを忘れていたので、アルバム冒頭の一撃に吃驚(^^;。「キーテジ」の間奏曲の合唱用編曲というのも面白い。アルバムの中で誰もが知っている有名曲は「モスクワ郊外の夕べ」だろうが、なぜかこれはロシア国立アンサンブル女声グループの演奏。ん~ これはやっぱり男声で聴きたいところ。ベニチューの「もし全ての人間が」は、他の収録曲とは毛色が違うのだが、なんとなくどこかで聴いたことがあるような… 財津和夫作詞作曲の「切手のない贈り物」(わたしか~ら~あなたへ~ この歌を~届けよう~♪ )に似ていると思うのは僕だけでしょうかね?

お目当ての「黒海」は、わりとありふれた大衆歌と言ってよいだろう。楽譜には3番までの歌詞が記されているが、ここでは2番までしか歌われてなく、しかも随分と歌詞が変更されている。これは、原詩に「呪われたファシスト」みたいな直接的な表現が多いため、録音時点(1980年代?)の社会情勢を勘案したものと想像される。黒海艦隊アンサンブルの演奏水準はあまり高くなく、これを雰囲気満点ととるかどうかは聴き手の趣味によるだろう。伴奏は、いかにも安っぽい。有名なアレクサーンドロフ・アンサンブルなどと比べるとオーケストラ自体が貧弱なのだろう。同じ黒海艦隊アンサンブルの演奏は他にムラデーリの「伝説のセバストーポリ」が収録されているが、このジャンルに関してはショスタコーヴィチよりムラデーリの方に適性があるようだ。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

未聴LP(5月分)

basf-25216403.jpg
  • プロコーフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第2番、イザイ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第6番、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲より第10&24番 クリモフ (Vn)、カレゴルスカヤ (Pf) (Supraphon SUF 20004 [LP])
  • ショパン:チェロ・ソナタ、ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ ロストロポーヴィチ (Vc)、デデューヒン (Pf) (I Grandi Interpreti IGI-321 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 テレフセン (Vn)、ベルティーニ/スウェーデン放送SO (BASF 25 21640-3 [LP])
  • シューマン:ピアノ三重奏曲第1番、ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番 ベートーヴェン三重奏団 (deutsche harmonia mundi DMR 2010 A [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から、5月分のLPが届いた。今回は、地味ながらも長らくチェックしていた音盤ばかりなので、針を落とすのが楽しみだった。

第1回チャイコーフスキイ・コンクールの優勝者クリモフの演奏は、ドキュメンタリー映像などで断片的に聴いたことはあるかもしれないが、それも含めてまともに聴いた記憶がない。プロコーフィエフでは、いかにもロシアのヴァイオリニストらしい切れ味と硬質な響きが魅力的。解釈自体は模範的…というレベルを出ないものの、勢いに満ちた音楽がなかなか素敵である。もっとも、イザイではそれほどの鮮やかさを感じない。必ずしも技巧派というわけではないのだろう。ショスタコーヴィチは、端正な佇まいが好ましい模範的な演奏である。

ロストロポーヴィチのライヴ・アルバムは、CD化もされているようだが僕は見たことがない。ソ連時代のパートナーの一人であったデデューヒンとのコンビは、互いに信頼し合っていることがよくわかる安心感が漂う落ち着いたアンサンブルである。ロストロポーヴィチのライヴ特有の巨大な熱気で圧倒しつつも、決して荒っぽくなっていないところが素晴らしい。

テレフセン&ベルティーニのヴァイオリン協奏曲は1991年盤がCDで入手可能だが、このLPは同じ顔合わせ(オーケストラは異なる)による約20年前(1973年)の録音である。ベルティーニによる非常に整然と磨き上げられた美しい響きの伴奏と、“北欧のオーイストラフ”というキャッチフレーズを持つテレフセンの男らしく豊かなスケールを持った独奏とのアンサンブルが素晴らしい。真摯で切実な音楽も胸を打ち、特に第3楽章~カデンツァの充実度は特筆すべき仕上がり。ただ、第4楽章だけはいまひとつ冴えない。オーケストラの切れ味が不足していることが大きな理由だろうが、テレフセンの独奏にも推進力があまり感じられない。

ベートーヴェン三重奏団のアルバムは、ダブり買い。ジャケットを見ても思い出さなかったほど、印象の薄い演奏であった。シューマンもショスタコーヴィチも堅実かつ誠実な演奏ではあるのだが、それ以上のものが感じられない。悪くはないのだが……といった感じ。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。