未聴LP(6月分?)

quint-pmc7059.jpg
  • ロフグレン(グスタフソン編):Älvsborgsの歌、ショスタコーヴィチ(ハンスバーガー編):組曲「ボルト」より第2曲、ボルツォーニ(グスタフソン編):メヌエット、O. リンドベリ(グスタフソン編):古いfäbodの讃美歌、チャンス:朝鮮民謡の主題による変奏曲、P. Öjebo(グスタフソン編):民謡狂詩曲 グスタフソン/ボフォルス・バンド (Opus 3 79-03 [LP])
  • ムーソルグスキイ:禿山の一夜(リームスキイ=コールサコフ&レイボヴィツ編)、展覧会の絵(ラヴェル編)、サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」 レイボヴィツ/ロイヤルPO、パリ・コンセール・サンフォニーク協会O (Quintessence PMC-7059 [LP])
  • グラズノーフ:弦楽五重奏曲 コヴァレフ(Vc) ショスタコーヴィチQ (Melodiya C10-16733-4 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:弦楽四重奏曲第2&3番 タネーエフQ (Melodiya C10-18361-2 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:弦楽四重奏曲第6&9番 タネーエフQ (Melodiya C10-19855 009 [LP])
  • ジャンケレヴィッチ,V.・大谷千正・小林 緑・遠山菜穂美・宮川文子・稲垣孝子(訳):フォーレ 言葉では言い表し得ないもの……,新評論,451p.,2006.
#aArs Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.|http://www.mikrokosmos.com/a#から、今月の頭に注文したものが、もう届いた。ここのところ、ショスタコーヴィチ作品の収穫がほとんどないのは寂しいが、こういう機会に未知の作品に手を出してみるのも、そう悪くはない。

ショスタコーヴィチ作品を収録したボフォルス・バンドのアルバムは、当該作品のみがOpus 3レーベルのサンプル盤(Opus 3 79-00 [LP])に収録されたものを架蔵済みではあったが、他に注文したい盤も見当たらなかったので、オリジナル盤を持っておくのも悪くないだろうと注文したもの。珍しい作品が大半を占めているので資料的価値はそれなりにあるのだろうが、技術水準がずいぶんと低いため、一般的な鑑賞にはお薦めできない。

ずいぶん昔のことになるが、許光俊氏が『音楽現代』誌で連載していた「奇想のカデンツァ」の中で紹介していた、レイボヴィツ指揮の「禿山の一夜」を発見。特別好きな作品でもなかったので、積極的に探すこともなかったのだが、せっかくの機会なので確保する。スコアを見てきちんと検証したわけではないが、編曲者としてリームスキイ=コールサコフ版の名前がクレジットされているものの、レイボヴィツによる再編集と言って構わないのではないだろうか。なんといっても、ウィンドマシンの使用が最大の特徴だろう。爆裂度ではチェクナヴォリャーン盤などの方がはるかに上だが、本盤に聴かれる異様なまでのおどろおどろしさは、他の追随を許さない。「展覧会の絵」と「死の舞踏」は、これに比べると常識的な音楽。もちろん悪くはないが、この演奏でなければ…というセールス・ポイントに欠ける。

グラズノーフの室内楽は、まだ未開拓の領域。シューベルトと同じ編成の弦楽五重奏曲があることも、今回初めて知った次第。25歳頃の若きグラズノーフによる作品だが、品の良い旋律美に惹かれる箇所は少なくないものの、全体のまとまりには欠ける感は否めない。初期のショスタコーヴィチQ(第2Vnが現在のピシュチュギンではなく、まだバラショフの頃)は、堅実かつ清潔な抒情を湛えた素敵な音楽を聴かせている。

ミャスコーフスキイの弦楽四重奏曲は、他に2枚ほどカタログに出ていたのだが、僕が確保できたのは残念ながらこの2枚だけ。全13曲中、これで8曲を聴いたことになる。最後期の作品はまだ聴いていないので、包括的にこれらの作品群を語ることはできないが、ミャスコーフスキイ特有の渋い甘さは、弦楽四重奏という分野にもはっきりと刻印されている。ただ、初期の作品では、4本の弦楽器から色彩感を引き出すことに成功していないため、作品の晦渋さだけが前面に出てしまう傾向にあるといえるだろう。今回聴いた第3番は抒情性が若干強いという点で、作品33の4曲の中では最も聴きやすい作品であった(もっとも、第4番だけは作曲年代が他の3曲とは異なっているので、むしろ第5番以降の作品と並べて論ずるべきかもしれない)。交響曲第20番の前に書かれた第6番は、たとえば交響曲第17番のような暗い甘美さを漂わせた魅力的な作品。終楽章に若干の弱さを感じたが、第4番までとは作品の完成度が全く違う。作曲年を辿ると第4番と第5番の間に数年のブランクがあり、第5番の約1年後に第6番が完成していることから、第5番で飛躍的に進歩したのではないかとも思われるが、肝心の第5番は未聴なので、この点についてはいつか確認したいと思う。第9番は、音楽的な内容と作曲技法的の両面において、今までに聴いた8曲の中で最も充実した作品であった。豊かな響きと、感傷的でありながらも深く心に訴えかけてくる旋律が、とても印象的。タネーエフQの演奏は、手堅く洗練された立派なもの。

最後に本を一冊。昨年の11月くらいに買ったまま、何となく読みそびれていたジャンケレヴィッチの大著を、ようやく読了。フォーレを(本格的に)知ったのは、大学に入ってすぐのこと。サークルの先輩達に、「フォーレ、聴いたことないの?是非聴くべきやで!」と言われて、早速EMIの室内楽全集を買ったのがきっかけだった。2回生になる春休み、パスキエ兄弟他によるピアノ四重奏曲第2番の実演に狂おしいほど昂奮したことも、懐かしい想い出。ステージで演奏したことがあるのはピアノ三重奏曲だけだが、実際に練習を始めると、とにかく和声の移ろいが面白く、それを丹念に辿っていくことに夢中になったものだ。本書の第1部「ガブリエル・フォーレの歌曲」は、その時の興奮を思い出させてくれる。こういう緻密な分析を勉強していたなら、当時もさらに充実した時間を過ごすことができたのかもしれない。実は、第2部「ガブリエル・フォーレのピアノ音楽と室内楽についての考察」というのが目当てで本書を購入したのだが、室内楽は事実上ピアノ四重奏曲第2番の1曲しか扱われていなかったのが、ちょっとだけ残念。第3部「曖昧さ、魂の安らぎ、そしてフォーレの作品の持つ魅力について」は、非常に面白かったが、同時に大変難解でもあった。また、改めてフォーレの音盤でもかけながら、ゆっくりと読み直してみたいと思う。評伝的な内容を求めるならば薦められないが、フォーレの音楽に対する愛情を一層深めてくれる名著といえるだろう。

音楽から沈黙へ フォーレ―言葉では言い表し得ないもの…音楽から沈黙へ フォーレ―言葉では言い表し得ないもの…
(2006/09)
ウラディミール ジャンケレヴィッチ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mussorgsky,M.P. 作曲家_Glazunov,A.K. 作曲家_Myaskovsky,N.Y. 作曲家_Fauré,G.

HMV(通販)でお買い物(4月分)

nimbus-ni5762.jpg
  • チャイコーフスキイ:バレエ「くるみ割り人形」第2幕、ショスタコーヴィチ:組曲「ボルト」より第曲、ストラヴィーンスキイ:バレエの情景 ロジデーストヴェンスキイ/BBC SO (BBC BBCL 4204-2)
  • シニートケ(シャフラン編):古風な形式による組曲、ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、ラフマニノフ:チェロ・ソナタ ゴロホフ (Vc) デミデンコ (Pf) (ASV GLD 4006)
  • ショスタコーヴィチ:ピアノ・ソナタ第2番、24の前奏曲より(12曲)、24の前奏曲とフーガより第5、8、24番 コロリオフ (Pf) (hr-musik.de hrmk 033-06)
  • ヴァイーンベルグ:ヴァイオリン・ソナタ第3&4番、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン・ソナタ ブラッハー (Vn) ネムツォフ (Pf) (Hänssler CD 93.190)
  • ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第3&7番、プロコーフィエフ:弦楽四重奏曲第2番 コペリマンQ (Nimbus NI 5762)
  • ハチャトゥリャーン:歓喜の讃歌、交響曲第1~3番、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲、チェロ協奏曲、組曲「仮面舞踏会」 D. オーイストラフ (Vn) クヌシェヴィツキイ (Vc) フリエール (Pf) ガラチャチヤーン (MS) メリク=パシャーエフ/ボリショイ劇場O ガーウク/モスクワ放送SO、ソヴィエト国立SO コンドラーシン/モスクワPO ハチャトゥリャーン/モスクワ放送SO、ソヴィエト国立SO (Venezia CDVE04265)
4月にHMVへ注文した音盤がGW中に届いた。それまでの未聴盤の処理に追われていたので、結局連休中には聴けず仕舞い。負の連鎖ですね。そういえば、大阪府の現状を憂いて“府のスパイラル”なんて洒落ていた人もいましたが……(^^;

ロジデーストヴェンスキイによるバレエ音楽集は、少し前にリリースされていたと記憶するが、ウィッシュリストに入れたままになっていた。お得意の曲目ではあるが、「くるみ割り」と「ボルト」は少々大人しめの印象。録音状態の影響もあるのかもしれない。ボルトでは、時折客席の笑い声が聴こえるが、プロムスのライヴ録音ということで納得。リラックスした雰囲気の楽しい演奏ではあるが、ロジデーストヴェンスキイにしては凡演の部類に入るだろう。これらの6年前に収録されたストラヴィーンスキイは、覇気に満ちたなかなかの快演。

ゴロホフによるショスタコーヴィチのチェロ・ソナタは、これが3つ目になる。およそ10年に一度の割合で録音しているが、恐らくは、彼にとって大切な作品なのだろう。解釈は、2回目の録音(1995年)の傾向をさらに推し進めたもの。弱奏部を中心にして、作品の瞑想的な雰囲気を強調しているように聴こえる。丁寧かつ安定した演奏ではあるのだが、癖のある節回しも含めて好き嫌いが大きく分かれるだろう。他の収録曲も同様の印象だが、ゴロホフの様式にはシニートケ作品が最もよく合っているように感じられた。ラフマニノフも悪くはないが、もっと壮大な甘美さが欲しいところ。

HMVニュースでは「鬼才コロリオフ」として紹介されているこのピアニスト、そもそもピアノ曲にはあまり興味がないこともあって、僕は全く知らなかった。どうやら、なかなか評判の良い演奏家のようなので、期待して聴いてみた。ピアノ・ソナタ第2番が素晴らしい演奏。ギレリスのライヴ盤から技術的な破綻を除去したかのような、一気呵成の表現力と精緻な技巧、そして多彩な音色に感心した。24の前奏曲では各曲の雰囲気が適切に表出されているし、24の前奏曲とフーガでは荘厳とでも言えるような造形美を湛えている。響きのせいか、明るい音楽に仕上がっているところで好き嫌いは分かれるだろうが、単に聴きやすいという次元を超えた充実した演奏に仕上がっている。

ブラッハーによるヴァイオリン・ソナタ集は、ショスタコーヴィチ目当てで買ったものの、ヴァイーンベルグの2作品が収録されているのが嬉しい。Hänsslerレーベルではこの2人をカップリングした盤がいくつかあるので、ぼちぼちと買い揃えていきたい。ヴァイーンベルグ作品は、2曲とも義父ミホエルスが虐殺される前年の1947年に書かれたもの。どちらかといえば第4番の方に惹かれたが、どちらも聴き手に対する切実な訴えと繊細な美しさを持った素敵な作品だと思う。ブラッハーのやや湿り気を帯びた木の香りがする音色も、作品によく合っている。肝心のショスタコーヴィチは、実に立派な演奏。個人的には、より透徹した響きの方が好みだが、このどこか温もりを感じさせる響きも悪くない。磨きぬかれた技術も素晴らしい。

コペリマンQは、言わずと知れたボロディンQの第2代第1Vn奏者のコペリマンを中心に、熟練の室内楽奏者を集めた四重奏団。全員モスクワ音楽院の卒業生でもあり、2002年に結成されたばかりとはいえ、極めて完成度の高いアンサンブルを聴かせてくれる。このアルバムに収録された3曲は、いずれも彼らにとっては自家薬籠中のレパートリーだろう。あらゆる音符に込められた表現意欲が空回りすることなく、非常に大きなスケール感を持った音楽を作り出している。名演である。

Veneziaレーベルからリリースされたハチャトゥリャーンの作品集。Disc 1の2曲(歓喜の讃歌、交響曲第1番)以外は聴いたことのある曲ばかりで、演奏もLP等で所有済みのものが少なくなかったが、聴いたことのない曲・演奏の分だけと考えても十分廉価であることと、演奏者の顔ぶれに惹かれて迷わず購入してしまった。残念ながら音質には感心できないものの、たとえばコンドラーシン指揮の交響曲第3番をCDで手軽に聴けるようになったのはありがたい。この騒音すれすれの高血圧な爆裂ぶりには、生理的な快感を禁じえない。ハチャトゥリャーン指揮の交響曲第2番は有名なウィーンPO盤ではなく、ソヴィエト国立SOとの演奏。炸裂するロシアン・サウンドという点では本盤が上だろうが、異様な緊張感に貫かれたウィーンPO盤も捨て難い。さすがに連続して聴き比べしたくなるような曲ではないが、両方持っておいて損はないだろう。同じく作曲家指揮の「仮面舞踏会」は、わりと平凡な演奏で肩透かし。クヌシェヴィツキイのチェロ協奏曲は、技術的な弱さを感じなくもないが、規範となる演奏には違いないだろう。フリエールのピアノ協奏曲とオーイストラフのヴァイオリン協奏曲は、文句なしの名演。初めて聴いた「歓喜の讃歌」は、正直なところあまり面白い作品だとは思わなかったが、交響曲第1番が素晴らしいのに驚いた。交響曲としてのまとまりも考えると、3曲の中で最も優れていると言えるかもしれない。ただ、録音の古さは、やはりマイナス。チェクナヴォリャーン指揮の管弦楽曲集も欲しくなってしまった…(^^; それはともかく、今度はコンチェルト・ラプソディーとかソナタ・モノローグ等を集めた企画盤なんかを期待したい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Weinberg,M. 作曲家_Khachaturian,A.I.

未聴LP(3月分)

mel-33c100898990.jpg
  • カバレーフスキイ:組曲「ロミオとジュリエット」 カバレーフスキイ/モスクワ放送SO (MK D 03824-03825 [LP])
  • ミャスコーフスキイ:ピアノ・ソナタ第2番、「思い出」より第4~6曲、抒情的組曲「やさしい変奏曲」、6つの即興曲「昔のこと」 スクラトフスカヤ (Pf) (Melodiya 33 C 10-08989-90 [LP])
  • スヴィリードフ:三連細密画、カンタータ「Wooden Russia」、S. エセーニンの詩による2つの合唱曲、カンタータ「雪が降る」 ロジデーストヴェンスキイ/モスクワ放送SO ユルロフ・ロシアCho グネーシン音楽大学Cho (Melodiya CM01943-03542 [LP])
  • ヒンデミット:弦楽オーケストラのための5つの小品、朝の音楽、ショスタコーヴィチ:弦楽八重奏のための2つの小品より「スケルツォ」、ウェーベルン:弦楽のための5つの小品、ケレメン:弦楽オーケストラのための協奏即興曲、ルーセル:シンフォニエッタ ヤニグロ/イ・ソリスティ・ディ・ザクレブ (Vanguard VSD-71118 [LP])
3月注文分に遅れること2週間ほどして、2月注文分がArs Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.から届いた。とはいえ、針を通すことができたのは、結局GWになってから。未聴の山は築きたくないと思いつつも、すっかり溜め込む癖がついてしまったようだ。

カバレーフスキイの自作自演盤は、劇付随音楽を元にした組曲。シェイクスピアという名から想起する格調高さはあまり感じられず、いかにもカバレーフスキイらしい派手な響きと、どこか民俗色を漂わせた平明な楽想に終始する。オーケストラも不揃いな音程をはじめ、集中度に欠ける感が否めない。率直に言って、期待はずれ。

ミャスコーフスキイのピアノ曲集は、作品も演奏も、正反対の意味で期待を裏切ってくれた。ラフマニノフの後継者とも言えるような濃密なロマン的感情と、半音階の多用による独特の晦渋さといった、ミャスコーフスキイの特徴を、女流ピアニストのスクラトフスカヤが気品を持って見事に表出している。多作家ミャスコーフスキイの全創作を追おうと考えただけでも気が遠くなるので、これまでピアノ曲には意識的に手を出さないようにしてきたが、ピアノ・ソナタの9曲くらいは制覇しておきたい……そう思わせてくれる、素晴らしい(ある意味では迷惑な(^^;)1枚であった。

スヴィリードフの作品は、ごく限られたものしか聴いていないが、その大半がフェドセーエフ指揮のもの。今回入手したアルバムは、エセーニンの詩によるカンタータ「Wooden Russia」(どう訳すのが一般的なのだろうか?)以外はどれも聴いたことがあるものばかりだが、ロジデーストヴェンスキイ指揮というのが(僕にとっては)珍しい。才気煥発というよりは、わりと手堅い演奏だが、スヴィリードフならではの旋律線の美しさが品良く表出されていて楽しい。

さて、ショスタコーヴィチ作品が収録された今回唯一のアルバムは、ヤニグロ指揮の弦楽合奏作品集である。実はこのアルバム、以前にもカタログに出たことがあり、めでたく確保することができた……はずのものであった。ジャケットにも“Shostakovich”の文字があり、何の疑いもなく針を落としてみると、全く違う音楽が…… 慌ててラベルを確認してみると、全く別の盤であった:
  • アブラヴァネル指揮ユタSO(Vanguard VSD-2120 [LP])
    • J. S. バッハ(シェーンベルク編):前奏曲とフーガ 変ホ長調「聖アン」
    • J. S. バッハ(シェーンベルク編):コラール前奏曲「装いせよ、わが魂よ」
    • J. S. バッハ(シェーンベルク編):コラール前奏曲「来たれ、創り主、聖霊なる神よ」
    • J. S. バッハ(ヴェーベルン編):「音楽の捧げ物」より6声のリチェルカーレ
    • J. S. バッハ(ストラヴィーンスキイ編):クリスマスの歌「高き天よりわれは来れり」によるコラール変奏曲
これはこれで悪くなかったのだが(そもそも、収録曲自体が名作の名編曲であるので、悪いはずがない)、ジャケットと盤が不揃いな物なんて、売りに出すわけにもいかず、返品するのも面倒で、そのまま棚の片隅に置かれたままである。

こんなことがあったので、意地でも本物の(?)この盤を入手したいと数年越しで思い続けていたところ、ようやくカタログに出たのでオーダー。無事にその内容を確認することができた。で、お目当てのショスタコーヴィチ作品は、苦労しただけのことはあって……というわけにはいかず、ごく標準的な演奏。まぁ、よくあることだ。技術の冴えはそれほどでもないが、どこか広がりのあるふくよかな響きが特徴的。ショスタコーヴィチの作風の転換よりも、作品10(交響曲第1番)との連続性がよくわかるような演奏である。その他の収録曲も同様な印象で、このアルバムの収録時(1960年代後半?)には現代曲であった作品ばかりだが、難解さは微塵も感じられず、滑らかで豊かな音楽が繰り広げられている。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Myaskovsky,N.Y. 作曲家_Kabalevsky,D.B. 作曲家_Sviridov,G.V.

未聴LP(4月分?)

mel-d0864752.jpg
  • グラズノーフ:バレエ「ライモーンダ」 スヴェトラーノフ/ボリショイ劇場O (Melodiya D 08647-52 [LP])
  • ラフマニノフ:4手のための6つの小品、ルトスワフスキ:パガニーニの主題による2台ピアノのための変奏曲、ショスタコーヴィチ:コンチェルティーノ、モシュコフスキ:4手のための「スペイン舞曲」 Orit & Dalia Ouziel (Pf) (Pavane ADW 7127 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:コンチェルティーノ、ラヴェル:ラ・ヴァルス、コンスタント:道化芝居、Roland Corijn:2台ピアノのためのソナタ ハイディ、ヘンドリクス (Pf) (Terpsichore 1982 029 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ヴァンゲンハイム/Bundesjugendorchester (Lufthansa F 668073 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.に3月頭に注文した分が、2月注文分よりも先に届いた。

グラズノーフの代表作の一つである「ライモーンダ」。有名な間奏曲以外は知らなかったので、わりと安価で全曲盤が出ているのを見てオーダーしたもの。1961年というやや古い録音なのと、バレエの全曲盤ということを考えるとCDの方が良いのかもしれないが、そこまで熱心に探す気はなかった。(^^; さすがに音楽だけで全曲を通して何度も聴くのは辛いが、美しく魅力的な小品が満載で、すっかり心が洗われた。話の筋自体はごく単純なもので、舞台作品としてどれだけ見栄えがするのかといったことは、僕にはさっぱり分らないが、音楽だけを評価するならば、チャイコーフスキイの三大バレエにも余裕で肩を並べる名作だろう。若きスヴェトラーノフは、こういう作品にぴったり。交響曲全曲を聴くのよりは、このバレエを通して聴く方が、グラズノーフの魅力と才能を堪能することができる。

ショスタコーヴィチの「コンチェルティーノ」を収録した2台ピアノのアルバムが、たまたま2枚重なった。Ouziel姉妹盤は、快速なテンポでぐいぐいと飛ばす、覇気に満ちた面白い演奏。メリハリもそれなりにあるのだが、全体に雑然としたまとまりのなさが気になる。一方のハイディ&ヘンドリクス盤は、逆によくまとまっているが面白味には欠ける。良く言えばまろやかな、悪く言えばぼやけた響きも、こうした印象に拍車をかけている。他の収録曲も同様。Ouziel姉妹盤のルトスワフスキ作品は、なかなか良い演奏だと思った。

通販で購入するようになってからダブり買いが増えたが、たとえば「ムラヴィーンスキイの何年録音かが不明なので、とりあえず買ってみたら既に持っている録音だった」というのではなく、全く印象に残っていないが故にカタログの文字列に見覚えがなく、箱を開けてみると架蔵済みのレコードだった…というパターンばかりなのが哀しい。ヴァンゲンハイム指揮のショスタコーヴィチの交響曲第5番は、まさにこれ。ルフトハンザ航空がスポンサーとなって行われたユースオーケストラの録音だと思われるが、好意的に評価しても、幾多の名演と比較して論ずるような部分はない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Glazunov,A.K.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター