スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーンカの管弦楽曲集/スターンらによるモーツァルトのディヴェルティメント

  • グリーンカ:スペイン序曲第1番「アラゴンのホタ」、スペイン序曲第2番「マドリードの夏の夜の思い出」、カマーリンスカヤ、幻想ワルツ、歌劇「ルスラーンとリュドミーラ」より「チェルノモール行進曲」、「東洋の踊り」 スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Victor VIC-5055 [LP])
  • モーツァルト:弦楽三重奏のためのディヴェルティメント スターン (Vn) ズーカーマン (Va) ローズ (Vc) (CBS 76381 [LP])
  • 陝甘寧辺区革命民歌五首(「我らの領袖、毛沢東」、「レッド・リリーが深紅に咲き輝き」、「軍民大生産」、「翻身道情(解放の喜び)」、「労働者と農民は武装した」) 王淑徳 (歌) 陝西省歌と踊りのアンサンブル (中国唱片 M-917 [10"mono])
大学時代からずっと使っているアンプの右チャンネルから、音が出なくなった。過去に数回、同様の症状で修理に出しているので、ほぼ間違いなくリレーを交換すれば済むだろうと、近所の電気屋に持って行った。ところが、部品がなくなったので修理不能ということで返ってきてしまった。入門機レベルのアンプで、しかも運良く型落ちの展示品処分で格安で購入したものなので、十分に元は取っているのだが、それなりに評価の高いアンプだけに、そのまま捨ててしまう気にもなれない。諦めきれずに色々調べてみたら、リレーの接点を掃除すれば治る可能性が高いことが分かり、ダメ元で早速分解してみた。

特に苦労することもなく、驚くほどあっさりと、わずか数十分の作業で見事に復活。20年近く使ってきた機械を、むざむざ粗大ゴミにせずに済んでよかった。バブル期ならではの贅沢な作りの機械だけに、今では同じ値段を出しても同等の機械はおそらく手に入らないだろう。安物ではあるが、これからも大事に使っていきたい。

しかし、発売から10年を軽く超えた機械の部品が用意できないのは仕方ないにしても、ロクに電子工作などしたこともない素人が簡単にできる掃除すらできないサービスセンターなんて……

さて、アンプが治ってスピーカーから音が出るようになったので、6月25日の記事7月3日の記事および15日の記事の続きを。今回訪れたディスクユニオンお茶の水クラシック館のアナログレコードのエサ箱には、残念ながらそれほど目ぼしい音盤は見当たらなかった。結局、3枚を確保。

まずは、グリーンカの主要な管弦楽曲を収めた一枚。おそらくはCD化もされているのだろうが、普段は全くフォローしていない作曲家なので、その辺りの情報は持ち合わせていない。知らない曲は、どのフォーマットで所有するかよりも、とにかく聴いてみることを優先しているので、中古LPで安く入手できるのはありがたい限り。旋律の断片に聴き覚えがある曲ばかりだが、改めて全曲を通して聴いてみると、楽曲自体にはそれほどロシア臭が感じられる訳ではない。わずかにロマン派的な響きが感じられる以外は、ロシア風の旋律が少しばかり印象的な、ごく普通の古典派の作品ばかりである。この録音を聴いて「ロシア的」と感じる要因のほとんどは、スヴェトラーノフ率いるソヴィエト国立SOによる。こういう“ロシアの音”は、いつ頃、どのような影響下で形成されたのだろうか?その辺りの演奏史が明らかになっているのであれば、知りたいものだ。



モーツァルトのディヴェルティメントは、弾くのも聴くのも大好きな作品である。スターンお気に入りのメンバーを揃えた録音は、本格的にクラシック音楽を聴き始めた頃に愛読していた大木正興・大木正純著の『室内楽名曲名盤100』(ON BOOKS, 音楽之友社, 1983)に挙げられていたことで記憶はしていたが、今まで全く縁がなかった。廉価でエサ箱に放り込まれているのを見つけ、すぐに確保。乾いた録音のせいで彼らの音に艶が感じられないのは残念だが、音の強さと旺盛な表現意欲が、スピーカーから生々しく伝わってくる。ズーカーマンのヴィオラにあと一歩の深い響きが欲しいところだが、どこかリラックスした“ゆるい”雰囲気が、聴き手の周りに穏やかな空間を作り出してくれる。



琴線に触れるレコードは他に見つからなかったが、2枚だけというのも寂しかったので、何かのネタにでもなればと、ふと目に留まった中国の革命歌のアルバムも購入してみた。自宅に帰ってから調べてみると、アルバムの表題にある「陝甘寧辺区」(センカンエイ‐ヘンク)とは、日中戦争中に中国共産党が陝西省北部、甘粛省および寧夏省東部に作った抗日運動の拠点とのこと。「翻身道情(解放の喜び)」などは、おそらく日本からの“解放”を歌ったものなのだろう。正直なところ微妙な気分だが、歌詞がさっぱり分からないのは不幸中の幸いとでもいったところか。A面は歌入り、B面は器楽のみ(カラオケ?)で同じ5曲が演奏されている。曲調も響きも、いかにもな中国風なので、お好きな方なら十分楽しめるだろう。僕には喧し過ぎるので、余程のことがなければお蔵入りになるとは思うが。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

アレーンスキイ:組曲第1&3番他/リームスキイ=コールサコフ:交響曲第1~3番他

  • アレーンスキイ:組曲第1、3番、歌劇「ナルとダマヤンティ」序曲 スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO (Melodiya SUCD 10-00148)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響曲第1番、第2番「アンタール」(1875年版) スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (RCA 09026 62558 2)
  • リームスキイ=コールサコフ:交響曲第3番、音画「サドコー」、歌劇「ムラーダ」より「貴族たちの行列」、歌劇「プスコーフの娘」序曲、歌劇「皇帝の花嫁」序曲、歌劇「サルタン王の物語」より「3つの奇跡」 スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (RCA 09026 62684 2)
6月25日および7月3日の続き。スヴェトラーノフが指揮した19世紀ロシアの音楽を3枚聴く。

モスクワ楽派の系譜を辿ると、チャイコーフスキイとラフマニノフとを繋ぐ位置にいるのがアレーンスキイとS. タネーエフである……と思っているのだが、恥ずかしながら両者ともにその作品をあまり知らない。「作曲者名A」の棚から順に音盤の物色を始めたら、いきなり目についたのが「Anthology of Russian Symphony Music」シリーズの第1巻である、このCDであった。アレーンスキイについては他に迷うような音盤もなく、すぐに確保。組曲は元来2台ピアノのための作品だが、アレーンスキイ自身が管弦楽編曲したもの。第1番は、いかにも若書きの冗長な作品だが、平明な旋律の美しさにアレーンスキイの個性を窺うことができる。代表作でもあるピアノ三重奏曲第1番などと同じ時期に書かれた第3番は、とても魅力的な作品である。第9変奏「夜想曲」などは、いささか俗っぽいが、でもたまらなく素敵で印象に残る。やはり同じ頃の作品であるチャイコーフスキイの主題による変奏曲(弦楽四重奏曲第2番の第2楽章を弦楽合奏用に編曲したもの)と同じく、憂愁の美しさが際立つ佳品と言ってよいだろう。「ナルとダマヤンティ」序曲も、とても良い。



リームスキイ=コールサコフは、たとえば「シェヘラザード」のような有名曲はそれなりに知っているものの、決して知られていないわけではない3曲の交響曲は聴いたことがなかった。スヴェトラーノフがソ連崩壊後間もない1993年にRCAレーベルに録音した2枚が揃って棚に並んでいたので、これもまた迷わず確保。

交響曲と「サドコー」は、いずれも20代の内に仕上げられた若書きの作品である。ただし、交響曲第3番だけは、彼がサンクト・ペテルブルグ音楽院の教授に就任して以降の作品である。音楽院に加わったリームスキイ=コールサコフは、“力強い一団”の特徴でもあったディレッタンティズムを完全に払拭しようと努めた。その表れの一つが、初期作品の度重なる改訂である。交響曲第1番、「サドコー」、そして「アンタール」(交響曲第2番)には複数の版が遺されている。

便利なことに、IMSLPのサイトで異稿のいくつかを閲覧することができる。リームスキイ=コールサコフの全創作を俯瞰するには初稿も聴いておきたいところだが、普通に鑑賞するだけならば最終稿だけで十分だろう。本盤でスヴェトラーノフが演奏しているのも、いずれも最終稿である。「アンタール」は第2稿(1875年版、ただし、ジャケットには1876年版と記されている)と表記されているのだが、スコアを見る限りは最終稿=第3稿(1897年版)である。IMSLPでは3つ全ての版が閲覧可能であり、第2稿と第3稿のファイルが入れ違いになっているなどの問題がない限りは、本盤が第3稿であることに間違いはない。インターネットを検索してみても、このスヴェトラーノフ盤は第2稿であるという情報しかなく、どうも釈然としない。

さて、本盤に収録されている作品はいずれも独特の東洋情緒を湛えた、いかにもリームスキイ=コールサコフらしいものばかりである。ただ、「シェヘラザード」でもそうだが、彼の音楽は旋律や構成よりも絢爛豪華な管弦楽の響きで聴かせる部分が多く、その意味では、改訂後とはいえ、散漫な印象しか残らないのも致し方のないところだろうか。しかしスヴェトラーノフの演奏は、こうした弱点を補って余りある素晴らしいもの。柄の大きな表情が、スコアを超えた効果をスコアから引き出している。版の問題を別にするならば、これらの作品については本盤さえ聴けば十分だ。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Arensky,A.S. 作曲家_Rimsky-Korsakov,N.A.

【YouTube】ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番(リハーサル)/交響曲第6番(第3楽章)

エヴィアン音楽祭(ロストロポーヴィチの娘エレーナが音楽監督としてクレジットされている)の記録映像あるいはプロモーション映像と思われるものが、YouTubeにアップされていた。オープニングとエンディングはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番であり、ツィンマーマンとのメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の場面から始まるものの、映像の大部分はショスタコーヴィチのピアノ三重奏曲第2番である(最後に、交響曲第10番のフィナーレが少しだけ流れる)。

リハーサルやインタビューで特別印象的な言葉が聞かれる訳ではないが、異様に力の入った演奏に、今は遠い昔となったショスタコーヴィチの時代の残滓を感じる。ツィンマーマンのヴァイオリンが鮮やか過ぎるほど鮮やかなので(メンデルスゾーンの粒立ちの良さは尋常でない)、ロストロポーヴィチの衰えが痛々しいほどだが、それも含めて聴き手に強く訴えかける演奏だっただろうことが窺える。

Part 1Part 2
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番のリハーサル風景
P. ツィンマーマン (Vn)、ロストロポーヴィチ (Vc)、カシオーリ (Pf)
(エヴィアン音楽祭 1998年7月15~25日))


ペトレンコ/ロイヤル・リヴァプールPOのコンビは、Naxosレーベルでショスタコーヴィチの交響曲シリーズを進行中だが(現在のところ第11番、第5&9番、第8番)、彼らの映像がアップされていた。

冒頭にロイヤル・リヴァプールPOのロゴが入ることから、おそらくはオーケストラが公式に公開している映像なのだろう。画質も良好。ただ、なぜか正面からの映像が傾いているのが気になる。

颯爽としたテンポで突き進むペトレンコの音楽は、とても気持ちのよいもの。しかしこの曲では、オーケストラの技量不足を無視できない。何かと“惜しい”映像だ。

ショスタコーヴィチ:交響曲第6番 第3楽章
ペトレンコ/ロイヤル・リヴァプールPO(2010年4月)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

【YouTube】ショスタコーヴィチ:ステージ・オーケストラのための組曲/組曲「ボルト」

女性指揮者として活躍中のマリン・オールソップによる、ショスタコーヴィチの“軽音楽”がYouTubeにアップされていた。もっとも、何も知らずに映像を見れば若い男性指揮者かと思って見過ごしてしまいそうだし、そもそも鳴っている音楽に違いはないのだから、わざわざ女性と断るのも失礼だろう。

ステージ・オーケストラのための組曲(ジャズ組曲第2番として知られている作品)の全曲映像は他にないだけに、ロイヤル・コンセルトヘボウOによる上質な演奏で視聴できるのはとても嬉しい。ややこしいことは考えずに、美しい響きで奏でられる自然な音楽の流れに身を委ねて楽しみたい。曲順はDSCH社の新全集版ともシャイーの録音とも異なっているが、オールソップ独自のものか、こういう配列の楽譜があるのか、いずれかは分からない。

1.「行進曲」5.「抒情的なワルツ」2.「第1ダンス」6.「第1ワルツ」4.「小さなポルカ」
7.「第2ワルツ」3.「第2ダンス」8.「終曲」
ショスタコーヴィチ:ステージ・オーケストラのための組曲
オールソップ/ロイヤル・コンセルトヘボウO


おそらくは同じ演奏会の映像と思われるが、同じ顔合わせによる組曲「ボルト」もアップされていた。かつてコンドラーシン/NHK響の演奏がテレビで放映されたが、それは第6曲と第7曲を削除して各曲の表題を変更した1934年版だったので、8曲から成る初版の映像はこれが初めてである。こちらも、演奏に不満はない(第4曲のトランペットは物足りないが)。それにしても、ショスタコーヴィチのオーケストレイションはよく鳴るものだと、改めて感心する。

1.「序曲」2.「官僚の踊り(1)」2.「官僚の踊り(2)」3.「御者の踊り」
4.「コゼルコフの踊り」5.「間奏曲(1)」
5.「間奏曲(2)」6.「植民地の奴隷女の踊り」7.「相棒」8.「全員の踊り」
ショスタコーヴィチ:組曲「ボルト」
オールソップ/ロイヤル・コンセルトヘボウO

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

『ギリシャ正教(講談社学術文庫)』/『我主イイススハリストスの新約』/『北槎聞略(岩波文庫)』


  • 高橋保行:ギリシャ正教, 講談社学術文庫, 1980.
  • 我主イイススハリストスの新約, 正教會, 1985.
  • 正教会聖歌集, 1985.
  • 桂川甫周・亀井高孝(校訂):北槎聞略―大黒屋光太夫ロシア漂流記―, 岩波文庫, 1990.
5月22日の記事でも簡単に触れたが、ロシア音楽史を自分の中で簡単に整理してみようと、今まで断片的にしか知らなかったロシア史やロシア文化について、やや集中的に勉強してみた。中でも正教に関する事柄は、キリスト教自体にほとんど馴染みがなかったこともあって、僕にとってはすこぶる新鮮で面白く、妻には「洗礼でも受けるつもり?」と呆れられるほど、没頭してしまった。4月25日の記事で紹介したクレマンの著作に続き、今度は講談社学術文庫に所収されている高橋氏の著作を読了。正教会について日本語で読めるまとまった本は、専門書を除くと、事実上この2冊だけのようだ。

翻訳であることも影響しているのだろうが、やや客観的で理詰めな印象のあるクレマンの本と比較すると、この本はより主観的で情緒的だ。また、奉神礼についてのやや具体的な記述をはじめとする、祈りや信仰の細かなことについても紙数が割かれているので、ごく一般の正教徒の日常を脳内で仮想的に体験できるような気がする。正教がロシア文化の根幹を成していることを、今回の読書を通して、より深く理解できたように思う。



さて、正教会について少し知識がついてくると、聖書からの引用なども正教会の訳でしたくなってくる。調べてみると、日本ハリストス正教会の訳は新約のみとのこと。ネットで軽く探したくらいでは、普通に売っているところを見つけられず、今でも手に入るのかどうかすら定かではない。結局、教会に直接問い合わせるしかないだろうとの結論に至る。

6月25日の記事にも書いたが、御茶ノ水へ行く用事があったので、ついでに東京復活大聖堂(ニコライ堂)にも足を運んだ。大聖堂すぐ横の事務局の扉を開けると、出版物や頒布品がコンパクトなスペースに並んでおり、いともあっさりと聖書を手にすることができた。

東京復活大聖堂

せっかくなのでショーケースを眺めてみると、聖歌をまとめた2枚組CDがあったので、これもついでに購入。グレゴリオ聖歌とビザンツ聖歌の違いもはっきりと分からないほど、教会音楽については初心者以前の状態であるだけに、このCDの内容を論評することは、現時点では避けておきたい。

正教会聖歌集


閑話休題。大学受験は日本史を選択したのだが、当時はさして興味を持つこともなかった大黒屋光太夫という名も、彼がエカテリーナ2世に謁見しており、宮廷で歌劇などを観たのではないかということを知ると、俄然気になって仕方なくなる。帰国した彼の話を書き留めた『北槎聞略』は、岩波文庫から出版されていたものの、今は品切重版未定とのこと。そのまま神保町へと足を伸ばし、勘に任せて探してみようと、まずは巌松堂をのぞいてみた。

一軒目でいきなり見つけることができたのは、神のお導きか……アミン。

文語体の文章も、聞き書きの比較的くだけた文章のせいか、最初の数ページで慣れてしまえば、あとは苦もなく読み進めることができる。細かな風俗や事物に関する記述はともかく、自身が体験した出来事の記述は、非常に面白い。娼館のくだりなどは実に生き生きとしており、話し手の光太夫にしろ、聞き手の甫周にしろ、男っていうのはいつの時代もしょうがないなぁと思ったりして。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

tag : その他_正教会

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。