スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ニコニコ動画】ラフマニノフ:交響曲第2番(スヴェトラーノフ指揮)

ニコニコ動画で、スヴェトラーノフが指揮したラフマニノフの交響曲第2番の全曲映像を見つけた。昨年の11月末に投稿されていたようだが、不覚にも全く気付かなかった。この映像の一部は随分前にYouTubeで視聴したことがあったが、この曲の白眉とも言うべき第3楽章の佳境手前のいいところだけが抜粋されていたので、是非とも全曲を視聴したいと思っていた。

1973年の収録にも関わらず白黒で、画質、音質共に優れないということは、あらかじめ断っておきたい。マスターに由来するのか投稿者所有のソースに由来するのかは分からないが、気になるレベルのノイズもほぼ全編を通してある。これらの事が気になるのならば、この映像はあまり楽しめないかもしれない。

壮年期のスヴェトラーノフの演奏は、Canyonレーベルの全集録音や、最晩年の2000年にNHK交響楽団を振った演奏の深み、あるいは高みには達していない。しかし、筋肉質で颯爽とした、それでいて甘美な泥臭さも感じさせる音楽は、この時期のスヴェトラーノフならではであろう。全員が音楽に没入しているかのようなオーケストラの姿、そして彼らの前に、少々の気取りを漂わせながら君臨するスヴェトラーノフの姿。物理的な品質の劣悪さを越えて、映像で視聴する愉しさや悦びを存分に味わうことのできる素晴らしい動画である。

投稿者に感謝!

第1~2楽章第3~4楽章
第3楽章(一部)
ラフマニノフ:交響曲第2番
スヴェトラーノフ/ソヴィエト国立SO(1973年)
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Rachmaninov,S.V. 演奏家_Svetlanov,E.F.

「日本書紀」(講談社学術文庫)/「歴代天皇総覧」(中公新書)

  • 宇治谷 孟:日本書紀(上)全現代語訳, 講談社学術文庫, 1988.
  • 宇治谷 孟:日本書紀(下)全現代語訳, 講談社学術文庫, 1988.
  • 笠原英彦:歴代天皇総覧 皇位はどう継承されたか, 中公新書, 2001.
立て続けに「三国志」を読んですっかりハマってしまったことは以前に書いた(2010年10月31日および2011年1月4日の記事)が、さらに続けて「正史」に取りかかるのは、いくらなんでも新鮮味を失うような気がしてもったいない。他に何か長い通勤の退屈しのぎになるような本はないかと物色していたら、10年近く前、ちょっとした書き物の参考にするために買って以来、通読することなく放ってあった「日本書紀」を書棚の中に発見。面白くなければ斜め読みでいいやと、軽い気持ちで読み始めた。

古代史なんて、センター試験(僕が現役の時は“昭和64年度”共通一次試験で共通一次の最後、浪人の時は大学入試センター試験の第1回目だった。受験勉強をしている時はまだ試験の呼び名も決まってなく、だから「新テスト」という呼称の方が懐かしかったりする)が終わった日以来、まともに振り返ったことはない。正直なところ、何が面白いのか分からないまま、ただ必要に迫られて最低限の事柄を暗記していただけだ。

ところが、神話や伝説から始まる国の成立過程には、もちろんその全てを事実だなんて思ったりはしないが、当時の人達の生き生きとした息遣いに満ちた圧倒的な迫力があり、それこそ夢中になって一気に読み通してしまった。天皇の順に歴史を辿るというのも、考えてみれば初めてのことで、かすかに脳裏に残っていた記憶の断片を、新たな角度で再構築するような面白さも感じた。

「日本書紀」は持統天皇までの記述だったので、その続きも読みたいと思っていたところ、宴会の待ち合わせ時間までの退屈しのぎに入った梅田の旭屋書店で、偶然にも天皇関連の新書を集めた特設(?)ワゴンを発見。全ての天皇について一通りの記述があり、かつコンパクトにまとめられていると感じた「歴代天皇総覧」を購入。こちらも僕の目的によく適った内容で、気がつけば、初代の神武天皇から第124代の昭和天皇まで、全員の名前を覚えてしまっていた。

この程度のことで、天皇制や日本という国のありようについて何かまとまった知見を得たなどと言うつもりは毛頭ないが、少なくとも、日本人としての自分を見つめ直すきっかけにはなったような気がする。

大災害に乗じて、どさくさ紛れに自らの保身を考えているような政治家達には、いたずらに災害対策の邪魔をするくらいならば、「日本書紀」の通読でもして沈思黙考に耽ることを勧めてあげたい。

theme : 読んだ本。
genre : 本・雑誌

無題

何の変哲もない、ごく当たり前の穏やかな週末の一日。当たり前なのに、どうにもやりきれない。

いつもなら、たわいもないバラエティをやっているはずのテレビには、身の毛もよだつような光景が映し出されている。“不幸中の幸い”だったと、口先だけでも慰めを言えるような余地すらない。

今はただ、1人でも多くの命が救われることを祈るのみ。絶対に大丈夫。あきらめないで。

theme : 東北地方太平洋沖地震~The 2011 off the Pacific coa~
genre : その他

ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番/ブロークの詩による7つの歌曲(新アムステルダム三重奏団)


  • ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番、A.ブロークの詩による7つの歌曲 プラハト (S) 新アムステルダム三重奏団 (Turnabout TV-S 34280 [LP])
先日、出品者本人から「あなたがお探しの音盤を出品しましたので、是非ご覧ください」といった趣旨のメールが届いた。競りが面倒なので、オークションサイトの類を利用したことはなかったのだが、先方の希望額もまぁ妥当だったこともあり、eBay初体験と相成った。

ピアノ三重奏曲の方はかなり前にCD化されているが、歌曲の方は未CD化である。LPの方が音に雰囲気があって、CDで聴くのよりも印象は良い。もっとも、貧相な響きにがっかりすることに変わりはない。とにかく技量不足が気になる三重奏曲に比べると、譜面上の薄さが幸いしてか、歌曲の方がまとまっているように感じる。とはいえ、歌も器楽も鋭く突き刺さるような力強さが欠如しているため、この作品の内容や魅力はほんのわずかしか引き出せていない。

両曲共に名盤に恵まれているだけに、わざわざ探してまで聴くような音盤ではないだろう。初めからそう分かっていたのに、それでも手を出してしまう悪癖は、歳を重ねても一向に治る気配がない。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

【録画】ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番

  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第2番より第1楽章、ピアノ四重奏曲第3番 樫本大進 (Vn) 川本嘉子 (Va) 趙静 (Vc) 小菅優 (Pf) (2010.6.10 録画 [NHK BS-hi(2011.2.21)])
  • ブラームス:ピアノ四重奏曲第3番 徳永二男 (Vn) 菅沼準二 (Va) 徳永兼一郎 (Vc) サヴァリッシュ (Pf) (1989.5.13 録画 [NHK ETV(1989.11.12)])
2010年10月24日2月6日の記事で紹介した放送に続き、今回の放送で、樫本大進他によるブラームスのピアノ四重奏曲全曲が揃った。

基本的には上質の演奏として楽しんだのだが、一方で、単なる好き嫌いとは異なる物足りなさも残った。その理由が、今回の第3番の第3楽章を聴いて分かったような気がする。要するに、フレーズがとても短く、音楽がぶつ切りになっているのだ。細かな表情は、常設の団体でないにもかかわらず、非常に丁寧に付けられているとさえ感じるのに、何とも惜しい。

ということで、手元にある同曲の別の映像を視聴してみた。それは、10年近く前に亡くなった祖母が生前に録画していたVHSテープである。とりたててクラシック音楽に興味などなかったはずだが、VHSデッキを買って間もない頃の録画なので、きっと機械操作の練習がてら、たまたま撮ったものなのだろう。

「サヴァリッシュ・N響室内楽の夕べから」と題された番組は、今となってはとても懐かしいN響の首席奏者達による演奏会である。芥川也寸志、木村尚三郎、なかにし礼の3氏がN響アワーをやっていた時代だ。これが、なかなか素敵な演奏なのである。サヴァリッシュの折り目正しく几帳面なピアノと、派手さはないが渋く味わいのある弦楽器の響きが、作品に相応しい。僕は特に菅沼準二のヴィオラに惹かれるが、それはあくまでも好みの話で、各個人の水準だけではなく、アンサンブルの完成度も非常に高い。彼らの表情はいかにも“お仕事”といった雰囲気の無愛想なもので、舞台を楽しんでいるかのような樫本らのそれとは正反対と言ってもよいだろう。さらに、樫本らが微に入り細に入り工夫を凝らしているのに対し、サヴァリッシュらの仕上げは、敢えて言えば何の変哲もない、ごく淡々としたものである。にもかかわらず、音楽から受ける感銘には大きな差がある。

若きブラームスの作品には、中年男性の演奏がよく似合う、といったところか。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Brahms,J.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。