『聴いておきたいクラシック音楽50の名曲』(河出文庫, 2013)

  • 中川右介:聴いておきたいクラシック音楽50の名曲, 河出文庫, 221p., 2013.

2004年に出版された『常識として知っておきたいクラシック音楽50』(KAWADE夢新書)の文庫版。旧版は未読だが、序文によると、選曲は変えていないが記述の一部は改訂しているとのこと。

いわゆる“入門書”というのは、書き手にとってかなり敷居の高いお題に違いない。メソッドが確立している事柄についてならば、通り一遍の内容を平易な表現でなぞるだけで、とりあえずは入門書として成立するだろうが(それが意味のある著作かどうかはさておき)、そもそも著作の対象である「クラシック音楽を、これから聴いてみたいと思っている人」の関心事を絞り込むのが困難であることからして、入門書の定型すら成立し得ないとも言える。

それでもレコードが高値の花だった時代は、聴くことのできる作品および演奏が限られていたので、「聴くことのできる音楽を、どう聴くか(あるいは、どう聴いているか)」という観点で、過度に専門的な話題に陥らないよう配慮したものを、入門書として世に問うことが可能だった。しかし、今は違う。楽譜さえ残っていれば、どのような作曲家のどのような作品でも、容易に耳にすることができる状況である。つまり「どう聴くか」ではなく「何を聴くか」というのが最初の問題となる。

それは、作品についてだけではない。同曲異演の聴き比べがクラシック音楽の楽しみの一つである以上、「誰のどの演奏を聴くか」という問題もある。

本書は、この2つの問題について、明解な基準で割り切っている。単なる時代順ではなく、いくつかのテーマに沿った選曲は著者の嗜好をさりげなく反映していながらも、概ね妥当なものと言えるだろう。一方、推薦盤については「とりあえずカラヤン盤を聴くべし」というスタンスをとっている。もちろん異論はあるだろうが、本書で挙げられているような名曲の“名盤”を網羅的に列挙するだけでも紙数は倍増するだろうし、“入門”しようとしている読み手はいたずらに混乱するだけだろうから、この割り切り方は一つの見識に違いない。

クラシック音楽の入門書には、入門書を手に取る人の多くが既に熱心な愛好家であるという固有の問題もある。本書の思い切った割り切り方は、彼らがそれに対して批判的に思いを巡らすことも可能という点で、広い読者層に訴えかける内容を持っているとも言えるだろう。

結局のところ、音楽は聴いてみなければ何もわからないのだから、どのように聴くか、ではなく、聴いてみようという興味を惹起することに集中しているのは潔く、それが本書の魅力であろう。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012』(アルファベータ, 2013)

  • 萩谷由喜子:諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯 1920-2012, アルファベータ, 294p., 2013.

基本的に演奏家個人の生涯にはあまり関心がないこともあって、ついつい買いそびれていたが、各所で良い評判を目にすることが多く、この種の本は一度品切れになると極端に入手難になるので、店頭に並んでいる内に確保した(今のところは順調に版を重ねているようなので、杞憂かもしれないが)。

これまでにも「諏訪根自子」という名は一度ならず目にしたことはあったものの、名字が「諏訪」なのか「諏訪根」なのかも判然としない程度にしか記憶に留まっていない。どのような本あるいは雑誌の、どのような文章で見たのかも全く覚えていないが、「戦前にベルリン・フィルと共演した日本人」という文脈であったことだけは確かだろう。なぜなら、本書を通読して、私が知っていた事実は唯一それだけだったからだ。ヴァイオリニストや日本人演奏家に特別な関心を寄せるマニアは別として、私と同世代以下の一般的なクラシック音楽ファンの大半は、多かれ少なかれ私と似たような認知度ではないだろうか。その彼女がどのような存在であったのか、生涯を俯瞰できるだけも労作の名に相応しいだろう。

とはいえ、彼女の実演はおろか、録音も聴いたことがない私にとっては、彼女の個人的な履歴や人柄よりも、その生きた時代や社会、音楽界に対する興味の方が主である。とりわけ戦前の記述において、この興味は十二分に満たされた。当時の日本のヴァイオリン界の状況についてはもちろんのこと、わが国で西洋クラシック音楽がどのように受容されていたのか、現在と本質的に何ら変わりのない“天才少女”を巡るマスコミの取り上げ方など、どの頁も読み飛ばすことのできない情報の密度を持っている。

一方、渡欧してからの記述は、今となっては確たる資料を十分に揃えることができなかったのだろうが、日々の連続性があまり感じられず、やや断片的な印象が否めない。また、プライヴェートの恐らく不愉快であったろう出来事についても、諏訪氏本人が口を閉ざしたのか、はたまた著者の人柄故か、その顛末が明解に語られることはない。これは、戦後の記述においてより顕著である。引退状態の期間が長かったこともあり、音楽家としての諏訪氏に特記すべき事跡がほとんどないのだから、致し方のないところではある。ただ、引退状態に至る過程についてはもう少し突っ込んで欲しかったというのが、率直な感想。また、引退状態以降の彼女にとって、生涯の伴侶との結婚は重要な出来事であったことを考えると、ゴシップ的な関心とは別の次元で、詳しい経緯を読みたかったとも思う。この辺りは、著者の人柄なのだろうとは思うが。

「ゲッペルスのストラディヴァリ」については、著者と私の関心事が異なる。演奏家にとって楽器というのは身体の一部なわけで、ましてや、自身の芸術に対する賞賛(贈り手に政治的な思惑があったとしても)として与えられた楽器であれば、いかなる返還要求も彼女にとっては不当なものであったことは、想像に難くない。楽器の出自や真贋など、彼女にとってそれほどの意味を持たなかったに違いない。私だったらむしろ、妬みや偽善的で皮相な正義感から彼女と彼女の楽器に対してなされた中傷がどれほど醜いものであったかの方に紙数を割いたと思う。

本書を通読すると、時代の巡り会わせで劇的な人生を歩んだように見える彼女が、むしろ真摯に芸術に生きた、実は地味な人生を送ったという事実が明確に浮かび上がる。それはとても美しく、心打たれる物語である。

数は多くないものの、生前の録音も復刻されているようだ。本書中でも特記されているバッハの無伴奏が、一刻でも早く復刻されることを願いたい。

theme : クラシック
genre : 音楽

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター