スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショスタコーヴィチ:未完のヴァイオリン・ソナタ(DSCH社)


  • ショスタコーヴィチ:未完のヴァイオリン・ソナタ(1945), DSCH, 2012.
7月4日のエントリーで触れたショスタコーヴィチの未完のヴァイオリン・ソナタについて、出版譜を米Amazonにて購入。日本国内の楽譜屋の店頭に並んでいないことはさして不思議ではないが、ネット通販ショップの類でもほとんど検索にヒットせず、手軽かつ迅速に入手できそうな手段が米Amazonのみだったのは少々意外。

楽譜の巻頭にはヤクーボフの解説が掲載されている。その要点は、以下の通り:
  • ソナタの作曲に着手したのは、1945年6月26日。
  • ソナタの第1楽章として書き始められた。
  • ソナタは提示部の終わりまで完成(自筆の清書が存在)、展開部の始め(22小節、ただし大きくバツ印が書かれている)のスケッチが残っている。
  • 作曲の動機、および途中で放棄された理由についての記述はない。
  • ソナタの2つの主題は、ほぼそのままの形で交響曲第10番の第1楽章に流用されている。
  • 第1主題の中には、交響曲第9番の第2楽章の冒頭主題に類似した部分がある。
  • 主題ならびに旋律の構成には、多声音楽の技法が駆使されている。
  • 多声音楽に対する関心は、「森の歌」の終楽章のフーガや、24の前奏曲とフーガへとつながる。
  • ソナタ冒頭のピアノの音型は、ベートーヴェンの月光ソナタと類似している。
残念ながら、最も期待していた楽曲成立の背景に関する新情報はなかった。交響曲第10番(と第9番)との類似については、少なくとも現時点では聴き手が自由に妄想を膨らませる余地が少なからず残されているということになる。第9番も第10番も人気のある交響曲だけに、ショスタコーヴィチ好きにとっては、新たな話のネタができたというところか。

バロック以前のポリフォニー音楽の作曲技法が駆使されているのは、大変に面白い観点である。ジダーノフ批判期に非現代的な技法に回帰したかのように言われることもあるが(24の前奏曲とフーガなど)、そうした古い時代の音楽や技法に対する興味が批判とは無関係のものであったことが、ヤクーボフ氏の指摘によって示唆される。

もう一点。作品134のヴァイオリン・ソナタの冒頭とこの未完のソナタの冒頭とは、訥々としたピアノの動きとヴァイオリンの息の長い旋律的な流れという点で類似している。また、作品134の第1楽章はト長調とされているものの教会旋法が用いられており、バロック以前の技法という点でも未完のソナタに共通するように思われる。オイストラフ(の誕生日)に献呈された作品134であるが、1945年時点でオイストラフとショスタコーヴィチとの関係はさして深いものではなかったので、これらの類似性は時代に対する思い出というよりは、純粋にヴァイオリンとピアノとの響き=高音楽器の純正律と平均律とが織り成す響きに内在する問題の、ショスタコーヴィチなりの解決策だったりするのかもしれない。

率直に言って、未完のソナタ自体はそれほど面白い音楽ではない(たとえば弦楽四重奏曲第4番の第1楽章の一部分だけ聴いているような感じ)。しかし、楽曲の背景を巡って広がるファンタジーは、熱心なショスタコーヴィチ・ファンの胸を熱くするに違いない。

なお、巻末には自筆譜(清書と下書きの両方!)のファクシミリが掲載されている。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ショスタコーヴィチの“シャンソン”

  • ショパン(エキエル補作):変奏曲 ニ長調、ショスタコーヴィチ:2台のピアノのための小協奏曲、ラヴェル:スペイン狂詩曲 ネルソン&ニール (Kapell SKR 5101 [LP])
  • Au devant de la vie、Tambour battant レ・コンパニオン・ド・ラ・ムジーク (Polydor 560.142 [10" 78rpm])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Coから2枚入荷。

ネルソン&ニールは、『Nelson and Neal Piano Study Series』という教則本などで有名な、主にアメリカで活躍した夫婦のピアノ・デュオ。本アルバムは、有名作曲家のちょっと珍しい二台ピアノ作品集といった感じの構成である。1967年に録音されたこのアルバムの目玉は、1965年に出版されたばかりのショパンの若書き(1826)作品であろう。パガニーニの「ヴェニスの謝肉祭」などで有名なヴェネツィア民謡「いとしいお母さん」による変奏曲は、ショパンの魅力が十分に発揮されているとは言い難いものの、華やかな二台ピアノの響きが楽しい小品である。

演奏は、熟練の、と形容するに相応しい安心感のあるアンサンブルだが、細部の磨き上げがいかにも荒っぽく、その音色と共に勢いで押し切っている感が否めない。


SP盤の再生環境は持っていないのだが、リストに興味深い音盤が挙がっていたので、実際に再生できるあてもないままオーダーしてみたのが、Les compagnons de la musiqueという団体によるシャンソンのレコード。Wikipediaこの団体についての記述があるのだが、フランス語が読めない私にはちんぷんかんぷん。収録されている2曲のタイトルも、どのように訳すのが妥当なのか分からない(この筋に明るい方、ご教示いただけましたら幸いです)。

さて、なぜこの音盤を入手したのかというと、A面の「Au devant de la vie」という歌が、ショスタコーヴィチの「呼応計画の歌」にJeanne Perretが仏語詩をつけた曲だからである。幸いにして、この音盤とおぼしき音源がYouTubeにアップされている:



上記の音源がこの音盤と同一だとすれば、レーベル面には“CHANSON”と明記されているが、“シャンソン”の語から想起される「愛の讃歌」とか「枯葉」的なイメージ(「シャンソン」というジャンルの定義がどのようなものかは知らないが)ではなく、(愛国的な)“大衆歌曲”と称するのが相応しい雰囲気である。異なる団体による異なるアレンジの同曲もYouTubeにアップされており、ショスタコーヴィチが“流行歌の作曲家”でもあったことを窺わせてくれる(もちろん、そう呼ぶにはそもそも歌謡曲的作品をほとんど手掛けていないのだが)。演奏については、特に論ずる必要もないだろう。





theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ミャスコーフスキイの交響曲全集

  • ミャスコーフスキイ:交響曲・管弦楽曲全集 スヴェトラーノフ/ロシア国立SO (Warner Music France 2564 69689-8)
7月4日のエントリーで言及した“大物”が、このミャスコーフスキイの全集。HMV ONLINEの在庫セールで、16枚組がなんと3,690円(税込)。これ以上値切るのは、作曲家にも演奏家にも失礼だろうということで、即買い。ソ連音楽に関心を寄せながらも今まで架蔵していなかった後ろめたさを、これでようやく払拭することができた。

この全集が登場した当初の衝撃や興奮については、有名なエフゲニー・スヴェトラーノフのページHMV ONLINEの商品紹介ページのレビューなどに残っている、今なお色褪せぬ熱い想いのこもったコメントの数々を見ていただければ十分だろう。本全集にかけたスヴェトラーノフの想いについてはもちろんのこと、本全集の持つ意義についても、いまさらここで屋上屋を架すつもりはない。

以下、全集を通して聴いてみて感じたことなどを、自分自身の頭の整理のために、少しだけ記しておくことにする。

まずはミャスコーフスキイの管弦楽曲について。本全集には、作品番号のついている交響曲および管弦楽曲の全てが収録されている。それらを、簡単に表にまとめてみた:

作品番号作品名作曲年備考
3交響曲第1番 c-moll1908※スクリャービン:交響曲第4番「法悦の詩」
9交響詩「沈黙」1909~10※ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
10シンフォニエッタ A-dur1910~1※グラズノーフ:ピアノ協奏曲第1番
11交響曲第2番 cis-moll1910~1
14交響詩「アラストル」1912※プロコーフィエフ:ピアノ協奏曲第1番初演
15交響曲第3番 a-moll1913~4※スクリャービン:ピアノ・ソナタ第10番
17交響曲第4番 e-moll1917~8
18交響曲第5番 D-dur1918※プロコーフィエフ:交響曲第1番「古典」初演
23交響曲第6番 es-moll「革命」1921~3
24交響曲第7番 h-moll1922
26交響曲第8番 A-dur1923~5※ショスタコーヴィチ:交響曲第1番
28交響曲第9番 e-moll1926~7
30交響曲第10番 f-moll1926~7
32-1セレナード1928~9
32-2シンフォニエッタ h-moll1928~9
32-3抒情小協奏曲1929
34交響曲第11番 b-moll1931~2※グラズノーフ:サクソフォーン協奏曲・サクソフォーン四重奏曲
35交響曲第12番 g-moll「十月」1931~2
36交響曲第13番 b-moll1933
37交響曲第14番 C-dur1933
38交響曲第15番 d-moll1933~4
39交響曲第16番 F-dur1935~6※ショスタコーヴィチ:交響曲第4番/プロコーフィエフ:バレエ「ロミオとジュリエット」/ラフマニノフ:交響曲第3番
41交響曲第17番 gis-moll1936~7※1936年1月28日、「音楽の代わりに荒唐無稽」(プラウダ批判)
42交響曲第18番 C-dur1937※ショスタコーヴィチ交響曲第5番
46交響曲第19番 Es-dur1939
48祝典序曲1939
50交響曲第20番 E-dur1940※ラフマニノフ:交響的舞曲
51交響曲第21番 fis-moll「交響的幻想」1940
54交響曲第22番 h-moll「交響的バラード」1941※1941年6月22日、大祖国戦争開始
56交響曲第23番 a-moll1941
63交響曲第24番 f-moll1943
65鎖の環1944
68シンフォニエッタ a-moll1945~6※1945年5月9日、大祖国戦争終結
69交響曲第25番 Des-dur1945~6
71スラヴ狂詩曲1946
76悲愴序曲(赤軍設立30周年記念)1947※プロコーフィエフ:交響曲第6番初演
79交響曲第26番 C-dur「ロシアの主題による」1948※1948年2月、ジダーノフ批判
80ディヴェルティメント1948※ショスタコーヴィチ:「森の歌」(1949)
85交響曲第27番 c-moll1949~50※1950年8月8日没

交響曲がミャスコーフスキイの創作人生の初めから終わりまでをほぼ空白なく網羅していることを、この表からも見て取ることができる。また、グラズノーフやラフマニノフ、スクリャービンのように、いわば“前の時代”の作曲家と、ショスタコーヴィチのように“次の時代”の作曲家との過渡期を生きながらも、実は“次の時代”の嚆矢であったプロコーフィエフとは“同時代”人であったという、なんともその立ち位置を評価しづらい作曲家であることもわかる。その晦渋な作風とロシア音楽史における立ち位置は、ドイツ後期ロマン派におけるレーガー辺りに相当するような気がする。

交響曲を番号順に聴いていくと、「初期-中期-後期」のように明確に区分できるわけではないが、その作風が漸次変化していることを感じることができる。大祖国戦争が始まって以降は創作のスピードが落ちているが、戦時中の作品が少なくともあからさまな国威発揚的な雰囲気を持っているとは言い難いことから、それは当局からの要請云々というよりも、純粋に年齢的な事情などによるのではないかと思える。ショスタコーヴィチのように目立った立場には生涯を通していなかったためか、創作に対して外的な影響があったようには思われず、体制迎合でもなければ反体制というわけでもなく、ただひたすら自身の音楽的な思考を交響曲という形で表現し続けた作曲家という印象である。ジダーノフ批判ではミャスコーフスキイも槍玉にあげられたが、その死の2年前のことであった彼にとっては、精神的にはともかく、実際的な痛手はあまり受けなかったのではないかと推察する。批判後に最後の交響曲と弦楽四重奏曲を書いているが、どちらもそれまでのミャスコーフスキイ作品の路線からそう大きく逸脱したものではない。

むしろピアノ・ソナタである方が相応しいと感じられる箇所もある初期作品と、熟練した管弦楽法で深く豊かに歌い上げる後期作品との間に、作曲技術面での大きな進展があることは当然だが、内なる情念のうねりが、番号を重ねると共に試行錯誤を繰り返しながら人生肯定的な抒情へと収斂していく様は、創作人生をかけた社会主義リアリズムの体現であるようにも感じられる。もっとも、聴き手にアピールするような歌謡性や絢爛豪華な響きなどとは終始無縁な作風に対して、社会主義リアリズムの語を当てるのは的外れなのだろうが。

スヴェトラーノフ/ロシア国立響の演奏については、短期間にこれだけ膨大な量の録音(しかも、オーケストラにとってはどの曲も初見に近かっただろうと思われる)をこなしていることもあって、このコンビの他の録音と比べると練り上げに不足を感じる曲や瞬間が少なくないのは事実。各曲を単独で評価するならば、他により優れた演奏もあるが、それらのほとんどがソ連時代の古い録音であることを考えると、高い水準で整った演奏をクリアな音質で聴くことができるというだけでも、この全集を空前絶後と形容するに十分だろう。

収録曲の中でとりわけ素晴らしいのは、第22番。最初の一音から、溢れ出るエネルギーと柄の大きな歌心に間然とすることがない。この曲だけは1970年の古い録音(しかもライヴ)をそのまま収録していることからも、スヴェトラーノフ自身がこの演奏の出来に満足していたのであろう。次いで、スヴェトラーノフが晩年にその第2楽章だけを再録音している第27番も挙げておきたい。ミャスコーフスキイの最高傑作の真価を知るに十分な、隙のない名演である。

HMVジャパン

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Myaskovsky,N.Y.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。