スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK交響楽団第1819回定期公演他

  • トゥール:アディトゥス、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番、バルトーク:管弦楽のための協奏曲 五嶋みどり (Vn) P.ヤルヴィ(指揮) (2015.10.23 録画 [NHK ETV(2015.12.20)])
  • ペルト:フラトレス P.ヤルヴィ(指揮) (2005.5.25 録画 [NHK ETV(2015.12.20)])
  • ヘンデル:ヴァイオリン・ソナタ第4番、フランク:ヴァイオリン・ソナタ、フォーレ:夢のあとに、ブラームス:ハンガリー舞曲第5番 ヴェンゲーロフ (Vn) パピアン (Pf) (2013.6.12 録画 [NHK BSプレミアム(2015.11.16)])
  • キング・クリムゾン:21世紀のスキッツォイドマン、ジェネシス:月影の騎士、ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第7番、エマーソン・レイク・アンド・パーマー:悪の教典#9第一印象パート1、キング・クリムゾン:暗黒(Starless) モルゴーアQ (録画 [NHK BSプレミアム(2015.12.22)])
昨年末に放送された演奏会等の録画を、遅ればせながら視聴。

まずは、「クラシック音楽館」から、N響の第1819回定期公演。録画し損なったものの、友人のご厚意で見せていただくことができた。

もちろん、目当ては五嶋みどりの独奏によるショスタコーヴィチの協奏曲。冷ややかで高貴な、それでいて内的な熱量が圧倒的な、とても素晴らしい演奏に、この作品の醍醐味を存分に堪能させてもらった。とりわけ第1楽章と第3楽章の抑制されたヴィブラートの音色が、作品の本質と深く共鳴しているようで心を奪われた。演奏頻度の高い曲だけに、オーケストラも手慣れたもの。第2楽章の冒頭こそ不安定だったが、それ以外は完璧な演奏と言ってよいだろう。

エストニアの作曲家トゥールの作品は、美しい瞬間もあり楽しい瞬間もあり興味深い音楽だが、一聴しただけでは捉えどころのない印象。何度か繰り返し聴き込んでみたい気がする。ただ、オーケストラ全体の方向が定まらずに少々散漫な演奏であるように感じられ、P.ヤルヴィの指揮は交通整理に追われているようにも見えた。

メインの「オケコン」は、技術的な見せ場を整然とこなしつつ、歌うべきは歌い、煽るべきは煽る、といった楽曲の魅力を余すところなく伝えるP.ヤルヴィの指揮が素晴らしい。コンサートマスターの交代もさることながら、管楽器も世代交代が進んだN響の、今の実力が存分に発揮された演奏である。若返ったオーケストラと新しい指揮者との、今後の進境に期待したい。

「コンサートプラス」は、遡ること10年前の公演から、ペルトの有名曲。聴き慣れたオーケストラの響きゆえか、作品の静謐な美しさをどこか寛いだ気分で味わうことができた。

私の世代にとっては“現代音楽”の範疇にあった作品群が、ごく馴染みのある響きとして自然に演奏され、そして聴取されていることに、時の流れを感じるプログラムであった。

クラシック倶楽部」からは、2つ。どちらも既に何度も再放送されている。

ヴェンゲーロフのリサイタルは、超有名曲2曲。ヘンデルではバロック弓を用いているが、彼ならモダン弓でも難なくこの演奏解釈を実現できるようにも思えるので、いまひとつ必然性は感じられなかったが、隅々まで生気に満ちた自在なアーティキュレイションが素晴らしく、この謂わば聴き飽きた作品が実に新鮮に響く。フランクは、さらに圧倒的。ヴァイオリンという楽器の魅力と後期ロマン派音楽の濃厚な魅力、共に最大限に表現し尽くされている。アンコールの2曲は、いずれも名人芸。ヴェンゲーロフが、好き嫌いを超えて、現代のヴァイオリン界の頂点に立つ奏者であることを再確認させられた。

モルゴーアQのプログレッシブ・ロック集は、その真中に演奏されたショスタコーヴィチの第7番目当てではあったが、全編通じて弦楽四重奏の愉しみを堪能できる内容に満足。ショスタコーヴィチはいささか激しさに偏った演奏ではあるが、これもまたこの曲の一側面であるには違いない。プログレッシブ・ロックの4曲はどれも原曲を知らなかったので、Youtubeでざっと聴いてみた。時代を感じさせる音響そのものはさておき、いずれの曲も原曲が驚くほど再現されていると同時に、弦楽四重奏としての完成度が高いことに感心した。ピーター・バラカンによるインタビュー部分も、各奏者の個性がよく伝わって面白い。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

年末の中古レコード・セールにて

  • モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第7&6番 カントロフ (Vn) ハーガー/オランダCO (Denon COCO-70455)
  • モーツァルト:ディヴェルティメント第8,9、12、13、14番 ベルリン・フィルハーモニー管楽アンサンブル (Orfeo PHCF-5309)
  • ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第13&14番 バルヒェットQ (Green Door GDCL-0082)
  • ブラームス:弦楽六重奏曲第1&2番 コチアンQ シュカンパ (Va) コホウト (Vc) (Denon 33CO-2141)
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集 ブレイニン (Vn) ルードヴィヒ (Pf) (Preiser PR 90703)
  • フォーレ:ラシーヌ讃歌、小ミサ、恵み深き御母マリア、サルヴェ・レジナ、見よ、忠実な僕を、マドリガル、金の涙、小川、タントゥム・エルゴ、アヴェ・ヴェルム・コルプス オールディス/グループ・ヴォーカル・ド・フランス他 (EMI CC33-3510)
年末の大掃除を一段落させて阪神百貨店の「中古&廃盤レコード・CDカウントダウンセール」を覗きに行くのが(そして、それを全て聴き終えるのが2月にずれこむことも)、ここ数年のお決まりのパターンになっている。といっても、隅々までじっくりチェックするほどの時間も気力もないので、主にCDをざっと眺めて目に付いたものを適当に拾い上げてレジへ。結果として今回は、ごくオーソドックスなクラシック音楽ファンのようなチョイスになった。

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は、第6番と第7番が偽作と考えられており、録音も極端に少ない。学生時代にティボーの弾いた第6番を聴いたことがあるくらいで、音盤は全く所持していなかったので、稀少盤ではなかったものの、いい機会だと思ってカントロフの有名な録音を。モーツァルトというよりは、ヴィオッティやローデのようなヴァイオリンの魅力が前面に押し出された音楽という印象で、美しく楽しい作品ではあるものの、モーツァルトに期待するのとは別の種類のように感じられる。カントロフの独奏は折り目正しい極めて清潔な演奏で、モーツァルトらしからぬ技巧的な箇所も軽々とモーツァルトのような自在さで奏でられるのを聴くと、作曲者が誰であるにせよ、これらの作品が十分に魅力的な楽曲であることを納得させられる。

HMVジャパン

カラヤン時代末期のベルリンPOの首席奏者達によるモーツァルトの管楽アンサンブル集といえば、何よりもセレナード第10&11番の闊達で見事な演奏が印象深い。今回入手したディヴェルティメント集も編成こそ地味ながら、技術的な完成度のみならず愉悦に満ちた音楽の活力が同様に傑出している。WestminsterレーベルのウィーンPOのメンバーのような鄙びた味わいとは全く趣が異なるものの、これは一つの極致であろう。私は、どちらも好き。

HMVジャパン

バルヒェットQのドヴォルザークには民族色があまり感じられないが、晩年の作品である第13&14番の解釈としては、このドイツ風の演奏スタイルがより相応しいのかもしれない。スケルツォ楽章はいささか武骨にも思われるが、とりわけ緩徐楽章の滋味に富む音楽には思わず居住まいを正してしまう。現代の弦楽四重奏団の技術水準を考えるとオールドファッションな団体であることは間違いないが、音楽的な満足度は高い。

HMVジャパン

録音当時(1987年)チェコの若手弦楽四重奏団の雄だったコチアンQと、解散目前の大御所スメタナQメンバーとの師弟共演によるブラームスの六重奏曲は、音楽的背景を共有する同一楽派ならではの、寛ぎを感じさせる柔らかな美しさとしなやかなアンサンブルが実に心地よい。とりたてて個性的な解釈はないが、それゆえに万人受けする仕上がりになっているようにも思われる。特に第2番の熱気は、聴き手の心を躍らせる。

HMVジャパン

アマデウスQの1st Vnを務めたブレイニンといえば、非常に癖のある、それでいて人懐っこいロマンティックな歌に満ちた演奏が特徴的で、既に2世代ほど前の演奏家ではあるものの、今なおその魅力は色褪せていない。ヴィオラのシドロフ逝去に伴ってアマデウスQが解散してすぐに録音された彼のソロ・アルバム、それもベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ全集という大物があったことは、不勉強にして今まで全く知らなかった。

独奏ということもあって、より奔放な演奏を期待して聴き始めたのだが、率直に言って技術的な衰えが著しく、彼の魅力の片鱗は随所に窺われるものの、あまり楽しめなかった。どこか窮屈そうな音楽を聴くと、彼の奔放さはアマデウスQという受け皿があってのことで、ピアノ1台で受け止められるようなものではないのだろう(ルードヴィヒのピアノ自体は、格調の高い、立派で美しい演奏)。

ただ、3枚組の最後の1枚(第6、7、10番)だけは、音楽的な仕上がりが他の2枚と異なる。録音時期が最後だったのか、それとも最初だったのかはわからないが、この3曲に関しては、名演奏家が晩年に至った深く美しい境地を聴くことができる。

HMVジャパン

「ラシーヌ讃歌」はフォーレの管弦楽曲集にも収録されているので、ふと「そういえばフォーレの合唱曲集は持ってなかったかな?」と思い、何も考えずに手に取ってしまったが、帰宅して棚を見たら思いっ切りダブり買い。大学時代に、当時の廉価盤「NEW ANGEL BEST 100 MORE 50」シリーズで架蔵済だったことを完全に失念していた。

こういう失敗が増えたなぁ……

theme : クラシック
genre : 音楽

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。