スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショスタコーヴィチの作品便覧(第1巻)


  • Дигонская, О., Копытова, Г., Дмитрий Шостакович. Нотографический справочник. Вып. 1, Композитор, Санкт-Петербург, 2016.
ショスタコーヴィチの作品リストといえばHulmeの労作、というのが常識であったが、著者逝去に伴って第4版(2010年)が最後となってしまい、新たな発見の反映は望むべくもない……と思っていたところに、新たな作品便覧の登場。しかも、DSCH社の出版物でも著名な、一次資料に通暁している研究者のディゴーンスカヤ女史の手によるとなれば、これはもう書架に陳列するのがファンの務めというものだろう。

全部で3巻が予定されているようだが、第1巻は交響曲第4番までの情報が収録されている。各曲について、以下の項目が整理されている:
  • 曲名・作曲時期・作曲地・献呈・楽章構成・楽器編成・演奏時間
  • 公開試奏
  • 初演
  • 自筆譜
  • 出版譜
  • 引用・流用
  • 備考
  • DSCH社のレンタル譜
Hulmeのカタログとは異なってディスコグラフィはないが、現代ではもはや全ての音盤を網羅することなど不可能であり、また、さして意味を持たないことを考えると、そのことは何らマイナスではない。

逆に注目すべきは、各種の引用や流用について整理されていることだろう。ここに示されているものが全てではないだろうし、“たまたま”似ているフレーズも含まれているのだろうが、研究目的のみならず、一般の鑑賞においても示唆に富む情報である。

作品番号の確定した楽曲に加えて、これまでに知られていなかった未出版の作品や習作、実現に至らなかったプロジェクトなどを含む80曲のリストは、研究者、演奏家、愛好家といった、ショスタコーヴィチの音楽に関心のある全ての人達にとって極めて刺激的である。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。