NHK交響楽団第1849回定期公演

  • ショスタコーヴィチ:ロシアとキルギスの民謡による序曲、ピアノ協奏曲第1番、交響曲第12番 ヴォロディン (Pf) 井上道義(指揮) (2016.11.25 録画 [NHK ETV(2017.2.5)])
  • プーランク:六重奏曲、イベール:5つの小品 神田寛明 (Cl) 池田昭子 (Ob) 松本健司 (Cl) 菅原恵子 (Fg) 今井仁志 (Hr) 横山幸雄 (Pf) (2016.3.24 録画 [NHK ETV(2017.2.5)])
クラシック音楽館」にて、井上道義指揮のオール・ショスタコーヴィチのN響定期公演が放送された。序曲が取り上げられるのは珍しいものの、他の2曲は「客を呼べそうな」選曲。それでいて、いかにも「ミッチー」らしい選曲である。

井上氏の指揮ぶりや顔芸を楽しめるのは映像ならではだが、それゆえに、オーケストラから出てくる音とのギャップに戸惑ってしまった。巧みな作曲技術で整然と体裁が整えられているものの、その内側に秘められたショスタコーヴィチの歪さを抉り出そうとする指揮に対して、オーケストラは徹底して整然とした響きで応える。十分に盛り上がった立派な演奏だとは思ったが、手放しで賞賛するには躊躇する。

「コンサートプラス」では、「N響メンバーによる木管アンサンブル」と題してフランスの近代作品2曲が演奏された。音色においてもリズムにおいても一層の色彩感を求めたいところだが、手堅く折り目の正しいアンサンブルはさすがの貫禄。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター