【楽曲解説】モーツァルト:弦楽四重奏曲第3番

Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756~1791)


Streichquartett Nr. 3 G-dur, KV 156 (134b)
弦楽四重奏曲第3番 ト長調 KV 156 (134b)



 「あの子(ヴォルフガング)は今、退屈なので四重奏曲を書いています」(1772年10月28日)と父レオポルドが手紙に記しているように、3回目のイタリア旅行中であった16歳のモーツァルトが退屈しのぎに書いたとされる6曲の弦楽四重奏曲が、いわゆる「ミラノ四重奏曲」(第2~7番)です。いずれも「急・緩・急」の典型的なイタリア風の3楽章形式を採っていて、全体としては前古典派の雰囲気を色濃く残しています。当時はまだ四重奏=4人の奏者では必ずしもなく、各パートの人数は自由なものでした。しかし、この第3番でモーツァルトは初めてソロ編成、すなわち4人の奏者による演奏を指定しました。また、短調で書かれた中間楽章の暗く情熱的な感情表現は、時代を大きく先取りしたものです。なお、最初に書かれた中間楽章は父レオポルドによって「聴衆に合わない難しい曲」だとされ、書き直されました。本日演奏するのは、この「第2稿」です。


シュペーテ弦楽四重奏団 チャリティーコンサート2016(2016年10月22日)

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Mozart,W.A. 演奏活動_DasSpäteQuartett

【楽曲解説】ボッケリーニ:弦楽四重奏曲 G.170

Luigi Rodolfo Boccherini
ルイジ・ボッケリーニ(1743~1805)


Quartetto per archi in la maggiore, G.170
弦楽四重奏曲 イ長調 G.170



 イタリア生まれの作曲家ボッケリーニは、ハイドン(1732年生)やモーツァルト(1756年生)と同時代を生きた古典派の作曲家です。チェロの名手として知られ、ウィーンの宮廷でも活躍しましたが、その後マドリッドの宮廷に招かれて後半生を過ごすことになります。自身が得意としたチェロを含む室内楽の分野、とりわけ、それぞれ100曲を超えるとも言われる弦楽五重奏曲や弦楽四重奏曲などにその手腕を遺憾なく発揮しました。当時の音楽界の中心であったウィーンから離れた地にいたせいか、ハイドンなどが志向したソナタ形式などの構造的な手法よりも、リズムや和声、旋律の感覚的な楽しさを前面に押し出した情緒的な作風で、ウィーン古典派とは異なる経路でバロックとロマン派との橋渡しを務めたともいえるでしょう。マドリッドに渡った1769年に発表された作品8(出版社によっては作品6とされることもある)の6曲は、ハイドンの作品9、モーツァルトの第1番と同時期の弦楽四重奏曲ですが、四声の対等な扱いという点では抜きん出て先進的な作品群です。本日は、この作品8の第6曲から第3楽章のみを演奏いたします。輝かしくも愉悦に満ちた音の奔流は、ボッケリーニの真骨頂です。


シュペーテ弦楽四重奏団 チャリティーコンサート2016(2016年10月22日)

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Boccherini,L. 演奏活動_DasSpäteQuartett

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター