再生不能になった音盤と10数年ぶりの再会

  • ショスタコーヴィチ:チェロ・ソナタ、ブラームス:チェロ・ソナタ第1番 ホマ (Vc) エティカー (Pf) (Centaur CRC 3100)
  • RIAS録音集第II集(シューベルト:弦楽四重奏曲第14、10、9、13、15番) アマデウスQ (audite 21.428)
  • ブラームス:五重奏・六重奏曲集 アマデウスQ アロノヴィツ (Va) プリース (Vc) エッシェンバッハ (Pf) ライスター (Cl) (DG 419 875-2)
またまた、当てもなくふらっとディスクユニオン 大阪クラシック館へ。

シャホフスカヤの弟子であるホマのチェロ・ソナタ集は、ロストロポーヴィチ~シャホフスカヤの系譜から想像されるような野太い力強さよりも、渋みのある伸びやかさが印象に残る。ショスタコーヴィチは考え過ぎたのか、いささか瞑想的に過ぎるようにも感じたが、ブラームスはロマンの香り漂う自然な歌が好ましい。


auditeレーベルのアマデウスQ初出放送録音集は、2016年7月19日のエントリーで現代曲集(第IV集)を紹介したところだが、第III集であるシューベルト選集を見かけたので、確保。この時期のアマデウスQは、まだブレイニンの奔放なプレイスタイルが確立しておらず、全体として(当時としては)現代的な洗練されたアンサンブルが際立つ。こういう颯爽としたシューベルトは、さぞかし人気があっただろうと推察する。これで、第12番「断章」と第8番なども収録されていたらなおよかったが、あまり贅沢を言うものでもないだろう。


アマデウスQといえば、何と言ってもブラームスの五重奏・六重奏集である。ピアノ五重奏曲とクラリネット五重奏曲は他により好む音盤もあったが、弦楽五重奏曲と弦楽六重奏曲に関しては、学生時代、問答無用のヘヴィーローテーション。CDだから擦り減りはしなかったものの、脳裏にはっきりと刷り込まれる程度には聴き込んだがゆえに、21世紀に入ってからは実際にスピーカーで鳴らす機会が激減し、棚の中で埃を被っていた。ある時、iTunesにリッピングしようと久し振りにケースを開けてみると、ウレタンのクッション材が劣化してCD自体が再生不能な状態に……(写真)。この音盤に関しては名盤中の名盤だけに、いつでも容易に入手することができたのだが、気分的に元々持っていた2枚組の輸入盤の形で買い直したく、今まで巡り会えずにいたところ、ついに発見。高校生の時にLPで初めて聴いた作品18を、久し振りに鳴らすことができた。至福の時である。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_AmadeusQuartet

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター