FC2ブログ

BBC Legendsの買い漏らし分

  • ブリス:祝典ファンファーレ、ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第2番、チャイコーフスキイ:ヴァイオリン協奏曲 D. オーイストラフ (Vn) オーマンディ/ロンドンSO M. ショスタコーヴィチ/ロンドンPO (BBC Legends BBCL 4267-2)
  • ドヴォルザーク:テルツェット、ヤナーチェク:弦楽四重奏曲第1番、ドヴォルザーク:弦楽四重奏曲第14番 スメタナQ (BBC Legends BBCL 4180-2)
アリアCDで、BBC Legendsレーベルの在庫処分と思われるセールの告知があった。好みの演奏家や作曲家などに限って購入していたが、架蔵枚数だけでなく、愛聴盤となっているアルバムも少なくなく、文字通り質量共に私のコレクションの重要な位置を占めるレーベルの一つである。言われてみれば新規リリースもすっかりご無沙汰で、CDメディアでの新譜が減っている近年の情勢からしても、このセールが実質的に“最終”の意味合いを強く帯びているのは間違いのないところだろう。

私が是非とも入手しておきたいと、かねてからチェックしたまま買いそびれていたのは3枚。その全てを今回のセールでオーダーしたのだが、入荷したのは残念ながら2枚のみ。残る1枚は、1年以上前にHMV ONLINEでオーダーしたものの未だ手配中のまま。そう遠くない内に入手できることを願うのみ。

まず1枚目は、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第2番の西側初演ライヴ。さすがに無疵とは言えないものの、独奏・オーケストラ共に自らが奏する音の意味を的確に把握した、完成度の高い見事な演奏である。オーマンディの指揮ゆえか、オーケストラが協奏曲らしい華やかさを持っているのが面白く、オーイストラフの他の録音とは少し異なる盛り上がり方に興奮を禁じ得ない。

チャイコーフスキイの協奏曲は、さらに緊密かつ完璧な名演。こんな演奏を実演で目の当たりにしたら、もう二度とこの曲を聴かなくても良い……と言いたくなるほどの内容だが、録音状態がかなり悪いのがつくづく残念である。

ブリスのファンファーレは華麗な響きが素晴らしいが、あまりに短く、またオーイストラフ独奏の2曲との関連も感じられないので、アルバムの収録曲としての印象は極めて薄い。


スメタナQのライヴ盤は同レーベルにもう一枚ある(ベートーヴェン第1番、モーツァルト第20番、スメタナ第1番)が、ドヴォルザークとヤナーチェクという“お国物”のせいか、熱気も完成度も本盤はそのさらに上を行く出来。彼らの絶頂期のライヴがいかに凄かったかを余すところなく捉えた録音と言ってよいだろう。どの曲も優劣つけ難いが、敢えて言うならばテルツェットのシンフォニックなスケール感は特筆しておきたい。弦楽器の室内楽愛好家にはよく知られていながらも、そもそも音盤の種類が少ない作品であるが、この録音一つあれば十分だろう。

スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_SmetanaQuartet

ミーニン合唱団のスヴィリードフ&ラフマニノフなど

  • リームスキイ=コールサコフ(カバニーヒン編):歌劇「雪娘」より「道化師の踊り」、グラズノーフ(チェルノフ編):バレエ「ライモーンダ」より間奏曲(第1幕)、ブラームス(チェルノフ編):ハンガリー舞曲第7番、ショスタコーヴィチ(チーホノフ編):バレエ「ボルト」より「ワルツ=スケルツォ」、ドヴォルザーク(チェルノフ編):スラヴ舞曲第10番、ファルカシュ(チェルノフ編):バレエ組曲「小賢しい学生たち」より「チャールダーシュ」、コニャーエフ:演奏会用小品、ゴロドフスカヤ:ロンド、クリコフ:即興曲、リヴォーフ=カンパニエーツ:会話、トゥリコフ:奇想曲 チーホノフ (balalaika) ヤーコヴレフ (domura) ドゥブローフスキイ/オーシポフ記念国立ロシア民族楽器O (Melodiya 33 CM 02849-50 [LP])
  • スクリャービン:5つの前奏曲 Op.15、4つの前奏曲 Op.22、ピアノ・ソナタ第5番、ショスタコーヴィチ:24の前奏曲とフーガより第3、5番、プロコーフィエフ:4つの小品 Op.32、4つの練習曲 Op.2より第3曲 アレクセーエフ (Pf) (Melodiya 33 C 10-11159-60 [LP])
  • スヴィリードフ:室内オーケストラのための音楽、ペイコー:挽歌形式の詩「ミャスコーフスキイの思い出に」、ドビュッシー:神聖な踊りと世俗の踊り スミルノーヴァ (Hp) アガルコフ/グネーシン記念音楽教育大学CO (Melodiya C10 20931 005 [LP])
  • スヴィリードフ:カンタータ「夜の雲」、ラフマニノフ:「聖金口イオアン聖体礼儀」より ミーニン/モスクワ室内cho (Melodiya C10-15907-08 [LP])
最近、めっきり利用することがなくなったArs Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.だが、気まぐれに4枚ほどオーダー。

まずは、オーシポフ民族楽器オーケストラのアルバム。ショスタコーヴィチの小品が収録されている未架蔵の音盤である。A面はクラシックの名曲の編曲、B面はマンドリン・オーケストラなどで取り上げられることの多い作曲家の作品、という構成。選曲も編曲もこの編成によく合った秀逸なもの。B面の作品群はバラライカやドムラのためのオリジナル作品なのか、元来はマンドリンなどの他の楽器のための物なのかは判然としないが、少なくとも違和感は全くない。

演奏は鮮やかで愉しく、ロシア情緒に満ちた響きを堪能するに十分な仕上がり。ショスタコーヴィチ作品は、まるでバラライカのために書かれたのではないかと錯覚するほど、楽器の音色と楽曲の雰囲気とが一致している。編曲者でもあるチーホノフの独奏も、バラライカの魅力を存分に伝える見事なもの。


アレクセーエフによる20世紀前半のロシア・ピアノ音楽集は、微妙に渋い選曲が素敵。和声の変化が織りなす多彩な色合いの表現が秀逸で、特にスクリャービンの前奏曲集は素晴らしく印象的な演奏。一方で第5ソナタのような大曲になると、楽曲の大局的な構成力に不足するのか、全体に散漫な印象が否めない。ショスタコーヴィチの2曲は比較的地味な印象の楽曲ながらも、アレクセーエフの多彩な音色が耳を惹くが、フーガの造形に物足りなさが残る。


グネーシン記念音楽教育大学の学生オーケストラのアルバムは、非常に意欲的な選曲である。いずれも前衛音楽ではないのだが、演奏効果が派手でない割にアンサンブルの精度が求められる作品ばかりで、(プロ音楽家の卵とはいえ)学生オケの水準をはるかに超えた聴き応えのある演奏に感心する。


ミーニン合唱団による、スヴィリードフとラフマニノフのややマイナーな合唱曲を収録したアルバムは、ロシア風の野性味と洗練とのバランスが素晴らしく、ロシアの合唱の神髄とまで言ってしまいたくなるような内容。スヴィリードフの「夜の雲」は、以前にラストヴォローヴァ/モスクワ新合唱団の音盤を紹介したことがあったが(2010年3月22日のエントリー)、アンサンブルの緻密さ、響きの豊かさ、表現の彫りの深さなど、あらゆる点で本盤の方が上である。ラフマニノフの「聖金口イオアン聖体礼儀」は全20曲中7曲の抜粋だが、こちらは更なる名演。ただひたすらに美しい。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D. 作曲家_Sviridov,G.V.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター