FC2ブログ

ショスタコーヴィチの交響曲4題

  • ショスタコーヴィチ:交響曲第9番、ラヴェル:スペイン狂詩曲 コンドラーシン/イギリス国立ユースO(dbx RTS-3 [LP])
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第4番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0016112BC)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第7番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0017972BC)
  • ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送SO(Berlin Classics 0016152BC)
少し前のことになるが、とある方から、私が未架蔵の音盤を譲渡してもよい、という旨の連絡を頂いた。10年ほど前までは、こういうお申し出も少なからずあったのだが、ネットオークションが広く使われるようになってからは、めっきりと減った。私にとって何ら不都合のない話でもあり、数度のやり取りを経てお譲り頂いたのが、コンドラーシンがイギリスのユース・オーケストラを振ったライヴ盤LP。

アルバムの趣旨はdbxノイズリダクションを紹介するオーディオ的な関心にあるようで、ライナーの大半もこのシステムの説明に費やされている。残念ながらdbxのデコーダは所持していないし、それこそオークション等で入手も容易とはいえ、この1枚のためだけに揃える気にもならず、デコーダを通さずに聴取。適正な再生をしているとは言えないが、要するにドルビーのスイッチを間違ってカセットテープを聴くようなもので、演奏を知るという意味においては特段の不都合はない。

短めの2曲ではあるが、この苛烈なテンポと表現の振幅を、ユース・オーケストラ相手に一切の妥協なく要求しているコンドラーシンの指揮に、とにかく驚かされる。オーケストラは相当健闘しているものの、それでもついていけずに乱れている箇所も少なくないが、引き締まった剛毅な音楽が弛むことはない。ライヴ盤ならではの熱気にも溢れており、とりわけコンドラーシンのファンには愉しい録音ではなかろうか。

譲渡頂いた方からは、キリル・コンドラシン 演奏会記録一覧というサイトもご教示頂いた。膨大なデータ量もさることながら、その全てに緻密な検証の跡が見える労作。非常に参考になる優良サイトだ。


さて、このLPを聴いたのは9月のことだったが、諸事に忙殺されている内にアリアCDからまとまった数の音盤が届いたので、とりあえず、ヘルビヒ/ザールブリュッケン放送響のショスタコーヴィチのみ聴いてみた。この組み合わせの録音は他に第5番と第8番もあるが、今回入手できた第7番だけがなぜか廃盤になっているようだ。

第4番は、いかにもドイツ的なロシア音楽に仕上がっている。地味ながらも堅実なアンサンブルで、錯綜したスコアが見通し良くすっきりと整理されており、実に聴きやすい。先鋭的な箇所もまろやかに均されている点で評価は分かれるだろうが、交響曲としてのまとまりが卓越した渋い演奏と言えるだろう。


第7番も、第4番と同様の手堅い演奏。第1楽章や第2楽章のクライマックスで打楽器に乱れがあるものの、この録音だけが廃盤扱いになっている理由はよくわからない。ショスタコーヴィチの歪んだ響きよりも、素直な旋律美が前面に押し出されているので、極めて聴きやすく耳に優しい音楽となっている。


第10番も演奏者の確かな実力を感じさせるアンサンブルではあるのだが、そもそも交響曲としての緊密な構成を持っている作品だけに、それをただ音にしているだけのような退屈な印象が否めない。振幅の大きな突出した表現を随所に求めたくなってしまう。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

ストラディヴァリウス・コンサート2019


ストラディヴァリウス・コンサート2019
  • ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第5番(ベイルマン)
  • バルトーク:44の二重奏曲より(1st:イム、2nd:ベイルマン)
  • チャイコーフスキイ:「なつかしい土地の思い出」より「メロディ」(イム)
  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番(イム)
  • ショスタコーヴィチ(アトヴミャーン編):2つのヴァイオリンとピアノのための5つの小品(1st:ベイルマン、2nd:イム)
  • モシュコフスキ:2つのヴァイオリンとピアノのための組曲より第4曲(1st:ベイルマン、2nd:イム)【アンコール】
2019年10月30日(水) ベンジャミン・ベイルマン、イム・ジヨン (Vn) 萩原麻未 (Pf) いずみホール
前日にチケットを頂き、急遽いずみホールへ。事前に演奏曲目などの情報を全く知らずにホールへ向かったのだが、ショスタコーヴィチ作品がメインの曲目だったのは、我ながらさすがと言うべきか。日本音楽財団が保有するストラディヴァリウスと、それを貸与されている演奏家による「ストラディヴァリウス・コンサート」の存在は知っていたが、実際に聴くのは初めて。「エングルマン」(1709)を貸与されているベイルマンと「サセルノ」(1717)を貸与されているイムの2人が出演したが、当初出演予定だったヴェロニカ・エーベルレが貸与されている「ドラゴネッティ」(1700)もバルトークとチャイコーフスキイでイムが弾き、舞台に上がった楽器は計3台であった。

またこの大阪公演は、チケット収益の全額が京都大学iPS細胞研究所に寄付されるチャリティー・コンサートでもあり、演奏に先立って山中伸弥教授によるプレトークもあった。

若手演奏家2人の演奏はメカニック面では申し分のないもので、強奏部などでコントロールが利いていない音も散見はされたものの、純粋にヴァイオリンの美しさや楽しさを享受することができた。音色という点ではベイルマンの方に魅力があり、ベートーヴェンの第2楽章などは出色の美しさであった。イムも精度の高い繊細な演奏をしていたが、私の耳には痩せた音色に聴こえたのが残念。

ショスタコーヴィチは、いささか過剰な表情付けが意図されていたように思えたが、演奏家の若さゆえか、結果として嫌みのない自然な仕上がりになっていて、リラックスして愉しむことができた。第5曲のアンサンブルは雑然としていたが、そこまでうるさいことを言うべき音楽でもないだろう。

コンサート全体を通して、ピアノの地味ながらも手堅い表現力が演奏の水準を引き上げていたことも特記すべきだろう。おじさん好みの容姿ゆえに評価が甘くなっている可能性を否定するつもりもないが、それを差し引いても存在感のあるピアノであった。

このコンサートの趣旨の一つであるストラディヴァリウスの聴き比べという点では、圧倒的に「ドラゴネッティ」の素晴らしさが際立っていた。私が聴いたストラディヴァリウスの中では、ヴェンゲーロフの弾く「クロイツェル」(1727)に匹敵する銘器と感じた次第。

アンコールのモシュコフスキも楽しい演奏で、満たされた気分でホールを後にすることができた。

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター