FC2ブログ

ウィーン・ゾリステンによるモーツァルトのセレナーデ

  • モーツァルト:カッサシオン ニ長調(セレナーデ第1番)、4つのコントルダンス(セレナーデ第2番)、セレナーデ第6番「セレナータ・ノットゥルナ」 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo 201 858 [LP])
  • モーツァルト:セレナーデ第4番 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo 201 856 [LP])
  • モーツァルト:セレナーデ第5番 ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo 201 857 [LP])
  • モーツァルト:セレナーデ第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」、6つのレントラー舞曲、ディヴェルティメント ヘ長調 、7つのメヌエットより ベッチャー/ウィーン・ゾリステン(amadeo 201.800 [LP])
  • アーノルド:イギリス舞曲第5番(第2集)、ヴォーン・ウィリアムズ:グリーンスリーヴスによる幻想曲、ヴェルディ:歌劇「イル・トロヴァトーレ」より「鍛冶屋の合唱」、ヘンデル:オラトリオ「ソロモン」より「シバの女王の到着」、J. S. バッハ:カンタータ第147番「心と口と行いと生活で」より「イエスは変わらざるわが喜び(主よ、人の望みの喜びよ)」、マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より「復活祭の合唱」、ヘンデル:オラトリオ「サムソン」より「輝けるセラフたちに」、J. S. バッハ:管弦楽組曲第3番より「アリア」、ショスタコーヴィチ(アトヴミャーン編):組曲「馬あぶ」より「ロマンス」、ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」より「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」、カントルーブ(編):「オーヴェルニュの歌」より「バイレロ 」、ロッシーニ:小荘厳ミサ曲より「聖霊とともに」 コバーン (S) ヒューズ/ハレO & cho(Classics For Pleasure CFP 41 4474 1 [LP])
Ars Antiqua / Mikrokosmos Mail Order Co.にて、ウィーン・ゾリステンによるモーツァルトのセレナーデをまとめ買い。恥ずかしながら、このジャンルは体系的に聴いたことがないので、ほとんどの収録曲を初めて聴いた。多くの曲でヴァイオリン独奏があるものの、全てがピヒラーという訳ではない。とはいえ、あらゆるフレーズの処理に至るまで細心の心配りがなされた丁寧でいて闊達なアンサンブルは、明らかにアルバン・ベルクQ以降の時代を予感させる。若い団体ならではの緻密さも傑出しているが、それでいて神経質にはならない潑剌さが何よりも魅力的な演奏である。


「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」を収録した1枚は、ジャケットの体裁や品番などから察するに、上記の3枚に先立って録音されたものと思われる。と言うより、メンバー表記を見ると、ピヒラー、メッツェル、バイエルレの初代ABQメンバーに加えてカクシュカの名前がヴァイオリン奏者の一人としてクレジットされていることから、この団体初期の録音であることが明らかである。彼らの後の音楽人生に思いを馳せると、何とも感慨深い。演奏内容自体は、この団体の他の音盤と同様の清新さに満ちた清潔で健康なもの。

ウィーン・ゾリステンの全ディスコグラフィーは把握できていないが、ピヒラー在籍時の約10年分については、そこそこ蒐集できたような気がする。


ウェールズの指揮者オウェイン・アーウェル・ヒューズが自身で選曲した「管弦楽名曲集」は、その嗜好がいかにも英国圏らしくて面白い。ショスタコーヴィチの「馬あぶのロマンス」などを聴く限り、やや濃口の表情付けがされているものの、基本的には奇を衒うことのない真面目な演奏である。

スポンサーサイト



theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_DieWienerSolisten 作曲家_Mozart,W.A. 作曲家_Shostakovich,D.D.

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター