スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ABQのピアソラ

  • マツケンサンバII 振り付け完全マニュアルDVD (Geneon GNBL-1011 [DVD])
  • アストル・ピアソラ:タンゴ・センセイションズ、アローラス:エル・マルネ、コビアン:私の隠れ家、デ・カロ:ラ・ラジュエラ(石蹴り遊び)、シュヴェルツィク:アデュー・サティ、ピアソラ(ジョナー編):AA印の悲しみ グロルヴィゲン(バンドネオン) ポッシュ (Cb) アルバン・ベルクQ (EMI TOCE-55649)
いまさらながら、BIGLOBEストリームマツケンサンバII特設サイトを見て、居ても立ってもいられなくなり、振り付け完全マニュアルDVDを衝動買い。冒頭のマツケン様のメッセージから一部の隙もない完成度の高いエンターテイメント。振付師の真島先生のキャラも絶妙で、こんなに楽しい映像作品はめったにないだろう。これで約1500円というのは安い。

アルバン・ベルクQによるタンゴ・アルバムは、昨年6月のリリース。だが、全くその存在を知らなかった。何たる不覚!「タンゴ・センセイションズ」は、最晩年のピアソラとクロノスQによる「ファイヴ・タンゴ・センセイションズ」から第2曲「愛」を省略したもの。もっとも、この曲も1983年の「7つのシークエンス」という曲からの抜粋。クロノスQとの録音ではピアソラの衰えが痛々しいが、1983年の録音ではそうした不満はない。で、そのピアソラと比較すると、グロルヴィゲンの非力さはどうしようもない。まぁ、これはクレーメルとやった一連のピアソラ・アルバムでも分かりきっていたことなんだけど。逆に、弦楽四重奏の充実度はアルバン・ベルクQの方が圧倒的。確かに“タンゴ”じゃないかな、と思わなくもないが、多彩かつゴージャスな響きの魅力やアンサンブルの練り上げの見事さは、さすがこの団体ならでは。音楽的にもグロルヴィゲンを終始圧倒し続ける。ということで、3曲のバンドネオン・ソロにはさしたる魅力はなし。これだったら、アルバン・ベルクQだけで「Four for Tango」をやってくれた方がどれだけ良かったことか。

違和感なく楽しめたのは、ウィーンの作曲家クルト・シュヴェルツィクによる「アデュー・サティ」。タンゴの語法も使われているとはいえ、このアルバムの演奏会のために委嘱された作品だけにアルバン・ベルクQの威力が一層発揮されるものとなっている。バンドネオンとのバランスも良い。

期待した「AA印の悲しみ」は、まず編曲が今ひとつ。コンフント9とのオリジナル録音ではなく、晩年のキンテートのスタイルをとっているのに、盛り上がらず静かに終わるエンディングはいかがなものか。またポッシュのベースにドライブ感が欠けるのは、これもクレーメルとのピアソラ・アルバムで分かりきってたことだが、非常に物足りない。中間部でピッツィカートを使ったりするところなんて、逆にアルコでブリブリやってくれなきゃ。即興的な要素はほとんどない(それっぽい部分はある)が、この曲でもアルバン・ベルクQの存在感だけが際立っている。ピアソラ・アルバムとしては不満もあるが、アルバン・ベルクQのアルバムとして考えるならば聴き逃すのはもったいない一枚と言えるだろう。

それにしても、半年以上もノーチェックだったのは痛恨。コレクター引退か。(^^;
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_AlbanBergQuartet Tango_Piazzolla,A.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。