オーイストラフ、コーガン、ロストロポーヴィチ(Yedang)

  • ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第3番、シューベルト:ヴァイオリン・ソナタ イ長調 D. オーイストラフ(Vn) リヒテル(Pf) (Yedang YCC-0096)
  • サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番、組曲「動物の謝肉祭」、ブラームス:幻想曲集 作品116 E. ギレリス、ザーク(Pf) シャフラン(Vc) P. ベリルンド、エリアスベルグ/ソヴィエト国立SO (Yedang YCC-0066)
  • べートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9&6番 L. コーガン(Vn) N. コーガン(Pf) (Yedang YCC-0046)
  • ブラームス:チェロ・ソナタ第1&2番、べートーヴェン:チェロ・ソナタ第4番 ロストロポーヴィチ(Vc) デデューヒン、リヒテル(Pf) (Yedang YCC-0079)
  • べートーヴェン: 弦楽三重奏曲第1番、J. S. バッハ:管弦楽組曲第3番より「アリア」、ヘンデル:ソナタ集 作品1-13よりラルゲット、シューベルト:即興曲第3番、ショパン:序奏と華麗なるポロネーズ L. コーガン(Vn) バルシャイ(Va) ロストロポーヴィチ(Vc) ヤンポリスキイ、デデューヒン(Pf) アノーソフ/ソヴィエト国立SO (Yedang YCC-0090)
まだまだ、Yedang Classicsのクリスマス・ボックス。基本的に大好きな演奏家ばかりなので、毎日聴いていても飽きない。

オーイストラフ&リヒテルの二重奏は、非の打ち所がない名演。1966年のライヴ録音なので音質は今ひとつだが、高貴で深遠な極上の音楽の前では些細な問題。ブラームスの第3番はバウエルとの演奏を1月17日の本欄で取り上げたが、細部の表情等も含めてこのリヒテル盤の方が密度の高い仕上がりになっている。

「Shafran & Gilels」というアルバム、中身を見てみたらシャフランは「動物の謝肉祭」のみ。実態はギレリス・アルバム。ギレリスのサン=サーンスの第2番はクリュイタンス盤を持っているが、音楽の推進力と録音状態は本盤の方が格段に良い。一方、オーケストラの仕上がりは大分落ちる。ギレリスの名人芸的な魅力が、存分に発揮されている。「動物の謝肉祭」は録音が悪いのが残念だが、全体に覇気が満ちていて結構楽しい。シャフランの「白鳥」も美しい。このアルバムの白眉は、ブラームスの作品116。1983年というギレリス晩年の演奏だが、硬質で量感のある透き通ったギレリスのタッチが作品との相性抜群。全てのフレーズが渋い輝きを放っている。名演。

コーガン父娘によるベートーヴェンのソナタは、異様にテンションの高い大熱演。「クロイツェル」が凄まじい。両端楽章の狂気と中間楽章の繊細さの両立に、コーガンの懐の深さを感じる。第6番の方は、もう少し典雅な雰囲気があってもいいかな。それにしても、本当によく響くヴァイオリン。一度でいいから、こんな音を自分で出してみたい。

ロストロポーヴィチによるブラームスのソナタはR. ゼルキンとのDG盤が名盤の誉れ高いが、僕は聴いたことがない。柄の大きな歌が魅力的だが、第1番は少し締りがないようにも思われた。少々拍子抜けして第2番に進んでみると、これが格調高く素晴らしい演奏。慌ててジャケット裏を確認したところ、この曲だけピアノがリヒテルだった。ロストロポーヴィチが偉大なチェリストであることに異論はないが、肥大しがちな彼の音楽をきちんとコントロールできるパートナーが必要なのかもしれないと、この録音を聴いて思った次第。

コーガン、バルシャイ、ロストロポーヴィチの弦楽三重奏は、期待通りの演奏。それぞれがソリスティックな魅力を放ちながらも、不思議と一体感のあるまとまりを感じさせる。ロストロポーヴィチによる小品も、恥ずかしげもなくロマンティックでなかなか良い。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Oistrakh,D.F. 演奏家_Kogan,L.B. 演奏家_Rostropovich,M.L.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター