スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミトロプーロスのアテネ・ライヴ

  • ヴェルディ:「運命の力」序曲、ベートーヴェン:交響曲第3番、スカルコタス:4つのギリシャの歌、ブラームス:ハイドンの主題による変奏曲、ショスタコーヴィチ:交響曲第10番 ミトロプーロス/ニューヨークPO (Urania URN22.272)
  • ショスタコーヴィチ:歌曲全集第4巻(呼応計画の歌、女中の歌、「The Dawn is Rising」、平和の歌、M.スヴェトローフによる2つの歌、キスがあった、ロマンス「春よ、春よ」、S.チョールヌイの詩による5つの風刺、ラヨーク) エフトディエヴァ(S) シキルティル(MS) ルコニン(Br) クズネツォフ(B) セーロフ(Pf) フトレツカヤ/サンクトペテルブルク・ユース室内合唱団 (Delos DE 3313)
…というわけで(4月19日付け本欄参照)、取り置きしてもらった音盤を引き取りに、Tower Records梅田店へ。レジで清算すると「790円です」という、耳を疑うような言葉が。さすがに店員もおかしいと思ったのか「少々お待ちくださいませ」と言われた後、無情にも2600円前後の妥当な値段を告げられた。まぁ、それだって高くはないんだけど。

さてこの音源、もう何年も前からこちらのサイトでリリース予告(?)が出ていた。僕も一応「予約したいと思います」とのメールを送信してはいたのだが、全く音沙汰なし。今回のUraniaレーベルからのリリースとどう関係しているのかは知らないが、いずれにしても無事にCD化されたことを喜びたい。ただし、マスターの保存状態は悪かったみたいで、音声の乱れが随所に入っている。音質も決して良くはなく、無条件に誰にでも薦められるような音盤ではない。

ミトロプーロスが母国ギリシャへ凱旋公演を行った1955年10月1日と翌2日の演奏会が収録されたこのアルバムは、全体を通して異様なまでにテンションが高い。冒頭の司会者(?)のアナウンスから客席も大盛り上がり。これだけ歓迎されれば、嫌でも熱気に満ちた演奏になろうというものだ。お国物ということで、スカルコタスが典型的な熱~い演奏。エロイカやブラームス、ショスタコーヴィチも基本的にはこの路線。もちろんミトロプーロスらしい明晰な見通しの良さは失われていないが、全体的に抒情が勝っている印象が強い。ショスタコーヴィチでは、同曲のスタジオ録音が大変素晴らしいだけに期待も膨らむが、こうした演奏の傾向に賛否が分かれるかもしれない。第2楽章は、少なくとも僕が知っている範囲では最速の演奏だが、案外腰の軽いスマートさに戸惑わなくもない。スタジオ録音に聴かれた硬派な凄みは後退し、終楽章などでも、どこか発散するような生気が溢れているのが特徴的。とはいえ、こうした熱狂も悪くはない。

4月13日付けの本欄で「早く確保しておかねば」と言っていた、ショスタコーヴィチの歌曲全集の第4巻も店頭に在庫があったので、迷わず確保。世界初録音を含め、録音がほとんどない作品ばかりが収録されている、何とも意欲的な内容。しかも、5枚中で最も演奏のレベルが高い。こんな音盤を見逃していたとは、僕もまだまだ蒐集家とは言えないな。さて、最初の4曲は映画音楽中の歌曲。「呼応計画の歌」は溌剌とした歌心に満ちた、とても素敵な歌唱。この曲が流行歌となったことがよくわかる。「女中の歌」は、肩の力が抜けた美しい歌に魅了される。ただ、伴奏はピアノよりもギターの方が、僕にはしっくりとくる。「エルベ河での出会い」からは、組曲に収録されていない「夜明け」と有名な「平和の歌」の2曲。ディスクの表記では「平和の歌」が「ベルリン陥落」の一曲ということになっているが、これはおそらく1958年出版の楽譜における誤表記の影響だろうと思われる。

「M.スヴェトローフによる2つの歌」の「子守歌」の録音は、おそらく初めて。可憐な歌声が、メロディメーカーとしてのショスタコーヴィチの魅力を再認識させてくれる。「ランタンの歌」には、全ソ・ラジオ歌のアンサンブルによる土俗的極まりない録音もあり、その本能的で陽気な歌い上げも忘れがたいが、一般的にはエフトディエヴァの清らかさの方が受け入れられるだろう。「キスがあった」も、おそらく世界初録音。少なくとも僕は初めて聴いたのでそれだけでも嬉しかったのだが、演奏にも全く不満はない。なぜか演奏頻度が低い「春よ、春よ」は、オリジナルのピアノ伴奏による世界初録音だが、深く渋い歌声の中にも、どこか若々しい抒情が感じられる秀演。

本アルバムのメインは「風刺」だろうか。収録曲中、最も音楽的に充実した内容を持っているだけに、演奏者の気合の入り方が違うように感じられる。時に消極的な伴奏を聴かせるセーロフも、ここでは刺激的なまでに意欲に満ちた表現を披露している。エフトディエヴァの歌唱も堂々としたもの。名演。

今となっては「ラヨーク」の新録音ということ自体に特別な目新しさは感じられないが、本盤は独唱の見事さで他の追随を許さない。元々音楽的には陳腐な作品であるために、その背景を理解した芝居っ気さえあれば良いと思っていたが、これだけ見事に歌われると今までの録音が物足りなくなってしまう。現時点では決定盤と言ってしまっても問題ないだろう。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 作曲家_Shostakovich,D.D.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。