スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソヴィエトの「四季」

仲間内では周知のことなのだが、僕は旧ソ連の演奏家に目がない。理由は簡単。ショスタコーヴィチの音楽にハマったからだ。そりゃ、初演時の録音とか、定評ある演奏とか片っ端から集めていたら、いやでも旧ソ連の人達の演奏を聴くことになりますわな。

ところが、どうもそれだけではないことに気がついた。実は、小さい頃家で聴いていたレコードというのが河出書房からでていた名曲全集の類だったのだが、そこに収められている演奏というのが旧ソ連製のものばかり。ベートーヴェンのエロイカなんかイワノフの演奏でっせ。あ、いや別に我が家が思想的にどうだったということはありませんよ、念のため。しかし、聴いている曲はごくごく普通の“名曲”なのに、演奏がひと癖もふた癖もあるものだったとは…。許光俊氏風にいえば、まさに“邪悪”な音楽的環境だった訳ですね(^^;。そりゃ、趣味も悪くなるわ。

さてその名曲全集の第1巻というのがヴィヴァルディ。LP2枚組なのだが、「四季」以外は比較的マイナーな協奏曲ばかりというマニアックな選曲。演奏はバルシャイ指揮のモスクワ室内管弦楽団。僕がヴァイオリンを始めた頃、そう幼稚園の頃から数年の間は、このLPが愛聴盤だった。本当にすり減るまで聴きました。だから僕にとって「四季」のリファレンスはこの演奏ということになる。何ということだ!しかし、残念ながらCD化はされていないようで、大学に入って京都に来てからはこの演奏を聴いたことがなかった。

それが、たまたま土曜日に梅田のタワーレコードをうろついている時に見つかったのだ。
  • Vivaldi: ‘The Seasons’ Op. 8、Double Concerto for Two Horns、Double Concerto for Two Oboes
    Rudolf Barshai/Moscow Chamber Orchestra (REVELATION, RV10043)
正確に言うと、この演奏はライヴで放送用音源か何かをCD化したものだと思われ、僕の聴いていた録音とは違うようだ。でも、聴いた印象はほとんど同一のもの。そりゃ、正確無比を売り物にしていた彼らの演奏だから、ライブだからといって大きく変わることもないだろうが。

いやあ、しかしこの演奏は“濃い”。ロシア式の奏法で音のすみずみまでしっかりとヴィヴラートをかけた上に、リズムもテンポも何もかもぴったりと揃っているものだから、ただでさえロマンチックな演奏の傾向が増強されている。古楽器派の人にはまったくもって許し難い演奏だと思う。でも、何か良いのですよね。僕の持っている「四季」のCDは、パールマン、ズッカーマン、シュバルヴェ、ムター、クレーメル、ヴィオンディそれにスターン・ズッカーマン・ミンツ・パールマンが1曲ずつ弾いているやつで、皆それぞれ個性的だし、ある意味で“イタリア的”な演奏は一つもないとさえ言えるのだが、その中でもこのバルシャイ盤はひときわ異彩を放っている。

それにしても、なぜこの演奏がこんなにもしっくりくるのだろうか?北海道生まれの僕とモスクワっ子の彼らとの季節に対する感覚が似通っているからなのでしょうかねぇ。とりあえず、“今さら「四季」なんて”という人達にはお薦めです。ヴィオンディ盤並の衝撃があるかも(^^)。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

tag : 演奏家_Barshai,R.B.

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。