スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パガニーニを楽しむ

最近なかなかヴァイオリンを練習する時間が取れず、オケの練習の時に技術の衰えを痛感することが増えてきた(ちょっと大げさかな)。夜中でも練習できるような広い家にでも住めたら良いのだけど、とりあえず今のままの身分では無理。どっかに金持ちの未亡人とかおらんかなぁ。

それはともかくとして、技術が落ちてきた時にはスケールとか練習曲などを地道にさらうのが最も効果的だ。でもちょっと退屈だと思う日は、パガニーニとかヴェニャフスキィとかヴュータンといった人達のコンチェルトをかじってみるのが楽しい。ここのところハマっているのがパガニーニ。高校生の頃、ラジオで聴いた5番の協奏曲の楽譜を最近購入したのがきっかけ。アッカルドの演奏した協奏曲全集のディスクを2日に1度は聴いている。3番はちょっとつまらないけど、6番の2楽章とか5番の3楽章なんか知ってる人はあんまりいないだろうけど、なかなか美しくて楽しい。

曲よりも楽しいのがアッカルドの演奏だ。勿論上手ではあるのだが、それだけではない。難しいところを「俺はこんな難しいことをやってるんだぜ」と言わんばかりに難しそうに、しかも鮮やかに弾いている。最近クレーメルもパガニーニの第4協奏曲を録音したが、クレーメルにはそうした嫌味がないのが物足りない。エルンストの「夏の名残のバラ」とか「魔王」とかびっくりするほど上手だし、恐らく現在のヴァイオリニスト達の中でも群を抜いてうまいことは分かるのだが、ああもあっさりと、しかも完璧に弾かれてしまうと、「はいはい、上手だね」なんてひがみたくもなる。

その点、アッカルドの演奏にはヴァイオリン弾きを燃えさせる何かがある。勿論、意気込んで楽器を手にしたところでアッカルドのように弾ける訳じゃないのだけれど、「ようし、ちょっと練習してみるか」なんて気分になってくるのだ。「24のカプリース」なんかもそう。ミンツ盤なんかはほとんど精密機械のノリなんだけど、アッカルドのような楽しさはない。

アッカルドのパガニーニで楽しいのは、かつてLPで発売されたオーケストラ伴奏付き作品集の録音。
  • アッカルド・プレイズ・パガニーニ:F. タンポーニ指揮/ヨーロッパ室内管弦楽団
    1983年録音(EAC-90278)
このLPは解説も面白い。「常動曲」では、「4分以内で弾くように指定されているが、アッカルドは9秒オーヴァーしている。これは伴奏がオーケストラであることが原因だろう」なんて、スポーツかなんかのようなことが書いてある。当時中学生だった僕は、こんな曲が弾けたら良いなぁとうっとりしながら聴いたものだった。自分にはそういう才能がないことを悟った今では、「アッカルドもこういう曲しかできないからなぁ」なんて通ぶったことを言って悔しさをまぎらわしている。
スポンサーサイト

theme : クラシック
genre : 音楽

comment

Secre

プロフィール

Yosuke Kudo

Author:Yosuke Kudo
B. モンサンジョン著『リヒテル』(筑摩書房, 2000)に、「音楽をめぐる手帳」という章がある。演奏会や録音などを聴いて思ったことを日記風に綴ったもので、実に面白い。

毎日のように音楽を聴いているにもかかわらず、その印象が希薄になる一方であることへの反省から、リヒテルに倣ってここに私も覚え書きを記しておくことにする。無論、リヒテルの深みに対抗しようなどという不遜な気持はない。あくまでも自分自身のために、誰に意見するわけでもなく、思いついたことをただ書きなぐるだけのことである。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
カテゴリ
タグツリー
★ トップ(最新記事)
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
人気記事ランキング
RSSリンクの表示
リンク
音盤検索
HMV検索
検索する

音楽関係のブログ(リンク・更新状況)
PopUp WikipediaⅡ
記事中の気になるキーワードをマウスで選択してください。Wikipediaからの検索結果がポップアップ表示されます。
Wikipedia
developed by 遊ぶブログ
Translation(自動翻訳)
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。